アドビのFLASHだとグラデーションや線が綺麗なまま
なのに、なぜイラレやフォトショはバンディングや画
像サイズを変えたりすると汚く、焼けたような感じに
なったりしますか?

私はわりと古いバーションのフォトショップとFLASH5
とソースネクストのペイントグラフィックでイラストなど
を書いてますが、FLASHのセル画を重ねるような機能を
フォトショのレイヤー代わりに使って描くことが多いです。

何故なら、FLASHだと余分な部分や背景を削ったりして
も、線がかけたりして汚くなることもないからです。

ドット柄?というのでしょうか、フォトショなどは四角
い小さい積み木を重ねてデジタル画像を形成するみたい
で、グラデーションにしたり、背景を透過で抜いたりな
どをすると、バンディングでまだらになったり、線がガ
タガタになることが多いからです。

FLASH5だと線はいつまでもきれいで、色数が限られて
ますがグラデーションをしてもバンディングは起きませ
ん。

しかしFLASH5だと影をつけたり、スプレーでぼかした
りなどができず、基本は単色しか使えませんので、イラ
ストスタジオというソフトの体験版を使いましたが、や
はりドットの四角で線を形成し、グラデーションもたぶ
ん保存したらまだらになりそうな気がします。

とにかくFLASHのように、線がなめらかで、つまり四角
いドットの積木ではなく、透過というか部分的に抜いて
も線が汚くならず、尚、スプレーブラシなどで影がつけ
られるイラストソフトを探してます。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

CG(コンピュータグラフィックス)を扱う時に重要な基礎知識ですが、


・ラスターグラフィックス( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9% … )
・ベクターグラフィックス( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%AF% … )
という、異なるふたつの形式があります。

 それと
★画面に表示するときや印刷するときは、ベクター形式であっても必ずラスターに変換される
 ということ。

 最終的に必要な画素数--印刷目的で600dpiで印刷するのか、ディスプレイに96dpiで表示するのかなど---に合わせて画像を作成することも考えなくてはなりません。

 グラデーションを含めてベクター形式だと画像サイズに関わらず期待通りになるはずですが、保存する時に(ディスプレイ向きに96dpi)ラスターで保存して、他のサイズ(600dpiで印刷とか)にして利用しようとすると当然画像は使い物になりません。

 まず、最初にあげたふたつの画像形式の違いを徹底的に読んで理解してください。そしたら、あなたの悩みは解決するのではないかと・・
    • good
    • 0

Adobeのイラストレターを使えば良いのではないですか、FLASHはベジェ曲線やスプライン曲線と言った、座標データーを中心に数式で曲線を描いているもので一般的にドローイングソフトと言います、以前はフリーハンドなどがあったのですがAdobeが買収して廃版にしてしまいましたので、現在はイラストレター位となりました。


フォトショップなどはペインティングソフトと言う物でたんに1ドットを並べた物なので分解能は固定ですから、拡大すればガタガタになります、それを多少でも補正するためにアンチエリアスと言う物を使いますが、それでも拡大するとぼけたような感じになります。ただし、プラシツールなどの種類が多く、感性的な作画が可能です。
イラストレーターなどはすうしきを使って作画しているので、グラデーションはできますが、貴方の言われるスプレーブラシはほとんどありません、それをやると莫大な座標データーなるからです、なのでイラストレーターで基本的な作画と塗りを行った物を、フォトショップのブラシを使って仕上げて行くのが普通です。
一つのソフトで全部こなすのは元々不利ですから、用途に応じて適合するソフトを使うのが、一般的ではないでしょうか?
私が絵を書くときは、フォトショップで線画を買て、それをAdobeのStreemLine(現在は無い)を使ってベジェ曲線に変換して、それをイラストレターで色塗りやくらでーションを行った物を、再びフォトショップでブラシを使い仕上げます。まあイラストレターで直接全を書いても良いのですが、フォトショで書く方が慣れているからと、作画の線の太さを強弱をつけられるのでペン画の様に仕上げられると言う点が大きいのでこの方法をとっています。
「イラレやフォトショはグラデーションや線が」の回答画像1
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPhotoshopでドットのサイズグラデーションを作るには?

こんにちは。
Photoshop5.0(または7.0)でドットパターンを作りたいのですが・・・。

・ドットの大きさを拡大/縮小していくつか配置(グラデーション状に)したいです
・できればシームレスの追加工の手間が省ける方法で。
・列並び以外での作成方法もご存知でしたらお願いします。
 (※放射状、または自由にドットグラデーションを配置)

分かりにくい説明かもしれませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ええっと、
ごめんなさい、書かれている内容がいまいち理解できないのですが、
(WEB系のものだったら専門外なので、私の回答は見当はずれなことを書いてるかもしれません。)

ドットに色がつけばいいのでしょうか?
それは単一の色?それとも濃淡のある色?

単一の色だったら、チャンネルミキサーを使ったほうが早いです。
チャンネルミキサー以外にも色調補正の所に色を変えるものがいろいろあります。

濃淡のある場合は選択範囲が必要なので、アルファチャンネルやら使いますが、
「手間」に限ったことでは、ご質問と変わりない回答になりそうなので、割愛します。


周囲にピンクのふちどり・・・・は
その赤が完全な赤じゃなくてピンク寄りの赤だと、
赤を構成するイエローとマゼンダのドットの大きさが、マゼンダの方が大きい為、
マゼンダのフチができているように見えるのだと思われます。
試しに、R255、G0、B0で作って見て下さい。

Qフォトショで背景の色にグラデーションをつける方法

下の画像で、白い帯のぶぶんが、左から右に向かうにつれて
じょじょに色がうすくグラデーションしています。
このようなグラデーションの背景を作るにはどうすればいいですか?

Aベストアンサー

グラデーションツールを使用します。
使用方法は、参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.pclesson.net/pslsn05.html

Qフォトショでドット風の絵を描く

フォトショでドット風の絵を描きたいのですが、フォトショ初心者なのでいまいち操作方法がわかりません。
アイコンやちびキャラなどではなく、大きなドット絵を描く場合はどうすればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

ドット絵を描いた後、サイズを拡張すればOK。

表示を800%位に拡大表示して作業をすると良いでしょう。
その際グリッドを表示させておくと作業しやすいと思います。
あとは、できあがったモノを拡張しましょう。

一つ一つの操作をこの場でレクチャーするにはスペースが少なすぎです。
チュートリアルを一通りこなすか、解説書を購入して基本操作は覚えるようにしてください。

Qフォトショで角丸の四角描けますか?

イラレ(イラストレーター)には角丸の四角を描くツールがありますが、
フォトショップで角丸の四角を作りたいときってどうすればいいのでしょうか?

イラレで描いた角丸の四角をフォトショに持ってきてもあまりキレイにできませんでした。(=_=;)ナゼ???
どなたかお答えいただけるとありがたいのですが・・・。

Aベストアンサー

Photoshop3だったら、四角ツールを長押しすればその他の多角形が出てきます。


フォトショにイラレ・・・つまり写真にイラレのデザインを重ねると確かきれいにならないんです。出来ればあまり使わないほうがいいです。
写真の画質が悪くなると言うことだと思います。
ディサ化するんです。(確か・・・)

QPPT→PDF時、PNG画像の透過が破棄され汚い

ロゴから白い光彩(白→透明)加工されているpng画像があります。
それをPPTの資料に貼り付け、PDF化したところ、
その光彩部分の透過が破棄され、真っ白い太い白枠が付いたようになります。
また、光彩内部のロゴ自体も左右にこすられたようなギザギザが出来て汚くなってしまいます。

透過を維持し、綺麗にPDF化するにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

Officeアプリケーション上に縮小された画像を添付していると、
Office上では綺麗に見えるのに、PDF化すると画質が悪化する場合がよくあります。

その場合に私がよく使う手段としては、画像を貼り付けたOfficeのスクリーンショットを撮ってペイントに貼り付け、画像部分のみを切り取った後で再度Officeへ貼り付ける方法です。

Office上では一見全く同じ画像に見えるのですが、画像のプロパティでは画像の形式と縮小率が変化しています。

ただ、この方法では透過は維持しませんので、画像のレイアウトを変更するとボロが出ます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報