スキーでコブを滑りますが、コブの中でもコブの溝が船底のようにえぐれている、言い換えますとコブの裏(横滑りでずらす面)が切り立ったコブが上手く滑ることができません。
ビビッて後傾になっていることが原因と思われますが、上手く滑るコツがありましたら、是非教えて下さい。お願い致します。バンクターンも外側の面が切り立っていて難しいところです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

言葉でスキー操作が説明できればスキースクールはいらないし、本を読めば誰でも上級者。


難しいところですね。

スキーで後傾は全てNGなのでなんとか克服してください、後傾の原因は沢山あるので原因が特定出来にくいんです。
モーグル的な滑りは別として、イメージ的にはコブの腹を滑ることです。
ストック付くポイントは、コブのトップを目指すのも良いと思います。
視線は滑ろうとする次のコブです。
コブの腹を横切りコブの向こう側でスキーをずらしてスピードを制御し、スキーが真横になる前に次のコブへ移ります。
最初はゆっくりでいいのでスピードコントロール出来るようになったら徐々にスピードを上げてゆきます。
理想は谷まで落ちないこと、谷まで落ちると上下運動が大きくなるのでショックが吸収しづらくなるしスキーが跳ねると制御できなくなります。
上手な人ほどスキーを落とさないので体が上下しません。
デモレベルになるとトップの僅かなスペースでターンとスピードコントロールするので、落ちているほどのスピードでも体はわずかに上下するだけです。

やっぱり文章ではキツイです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/03 08:22

こぶに突っ込んで行く滑りをするスタイルなんでしょうか?


それとも出来れば避けたいがゲレンデの一部がコブでどうしても通らなければならないので、そこを上手く滑りたいのでしょうか?

わたし、高齢者で、変形性質膝節症があり、さらに膝の靭帯が緩んでいるので、出来ればコブは避けたいスキーヤーなんですが、どうしても滑らなければならないときは、ほぼ横滑りの連続で右を向いたり左を向いたりしてターンっぽっく滑っています。
昔のウェーデルンより大きく、今の小回り程度のターン弧で100%ズラシで滑っています。
練習したときを思い出して書くと

コブ斜面の最初から最後まで横滑り、右でも左でもスムーズに滑れるまで。
谷にあるときは、体を伸ばして、山に上がったら足腰を縮めて、頭の上下が出来るだけ無いように。
スキーはほぼ真横。
スムーズに降りられるようになったら、山の頭で、ヘリコプターの羽根のように瞬間的にスキーを回して、スキーの向きを変える。進行方向は変えず、ほぼ真下に滑り降りる。

コブの頂上で方向転換したら、ミゾに降りていくときは体を伸ばして、ミゾの底から山に乗り上げるときは体を縮めて、頂上に着たら、くるっと方向変換。
コブの頂上で方向を変えて(スキーの向き)ミゾに降りて上がって来たら又方向変換。
これの連続で下から見ていると、いかにもコブの中を小回りしているみたいに見えます。
言葉で言うと、ベンディング系のターン。ターンの切り替え時に脚部をたたみこんで切り替える。

横滑りも、いきなりコブでやるとバランスを崩すかもしれないので、整地された30度くらいの斜面で出来るだけスピードを出して横滑りでリフト一本。
右も左も出来るようになったら、ヘリコプター、出来るだけ雪に引っかからずに、滑らかに。

この方法でコブを滑ると、進行方向とスキーの向きが違うので、かかと荷重になりにくいです。
体が遅れたら、エッジを立てれば、スキーが待っていてくれます。

今は、ストレッチ系(伸ばすことでターンの始動をする)の滑りが多いので、どうしても食いつかせようとするのと、カービングスキーで、食いつきやすくなっていますので、どうしても遅れますよね。

年寄りが足腰に負担をかけないで一日滑るには、昔の技法も、今の技法も、さらには用具に助けてもらって、滑れるふりをして滑っています。

これからどんどん上達する若い方には余計な技術かもしれませんが、恐怖心を和らげるのに効果がありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/03 08:24

単に慣れですよ。


何回も滑ってると感覚が出来て滑れます。
もっと上級になると、コブに板をぶつけて反動で次へ、となりますけど。
質問者さんも言われるように、原因は怖がっていること。
数を滑ることで恐怖心も薄らぐのは、初心者の頃と同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/03 08:24

斜面に出来たコブの腹を滑るとき


そのコブの腹を局所的に見ると、切り立った断崖の様な角度になります

その様な場所で後傾になれば、エッジも容易に外れてしまいます

何とか根性で身体を斜面側に倒してエッジの効きを確保するしかない

あと一瞬の気の緩みでスピードが載ってしまうので、常に膝のバネを使ってエッジが常に雪面に接するようにする


とまぁ「言うは易く行うは難し」の典型的なモノだけど
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/03 08:23

根性で、板のトップを下に下にと回しこむこと。


ほとんど体育の時したうさぎ跳びしてる感じでね。
止めれるようにとかコントロールとかは後回しでいいんで
ひたすら根性で突っ込めばよろしいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキーを上手に滑るコツを教えてください 。゚(゚´ω`゚)゚。 高校2年生女子です。 1月にスキー授

スキーを上手に滑るコツを教えてください 。゚(゚´ω`゚)゚。

高校2年生女子です。
1月にスキー授業があります。ほぼ初心者です。1年生の時にも学校で行ったのですが、トラウマしかありません。体育のテストと称して急すぎる斜面を滑らされたり、変なところに突っ込んでクラッシュしたり本当に怖いです。
斜面にスキー板をベッタリ付けて友達はすいすい滑るのですが、私は地球に対して垂直に立っていないと不安で、エッジの部分だけを雪の斜面に刺して滑ってしまいます。また、斜面が怖すぎて足に力が入ってしまいます。八の字で滑るとゆっくり滑れるとインストラクターの方からよく言われるのですが、八の字は逆に全然進まなくて斜面で一時停止してしまいます。

こんな私にざっくりとしたコツでもいいのでアドバイスよろしくお願いします (p_-)

Aベストアンサー

>地球に対して垂直に立っていないと不安で
 極端な表現をすると、
 45度以上の斜度でそれをやったら
 ほぼ「寝そべった状態」になるから、それは滑降ではなく滑落。
 スキーは、斜面に対して垂直に立って滑るスポーツで、
 そうすることで、コントロールするものです。

>エッジの部分だけを雪の斜面に刺して滑ってしまいます。
 エッジは「曲がる」ためにあります。
 滑るためにあるのは「ソール」、だからワックスはソールに塗ります。

>ざっくりとしたコツでもいいのでアドバイス
 スキーは「滑るスポーツ」ですが、初心者はスピードに恐さを感じ
「止まる」ことを意識しがちです。
 滑ることを意識して、励んでください。

>八の字は逆に全然進まなくて斜面で一時停止してしまいます。
 斜度の割に「内股になり過ぎている」のが原因です。
 ハの字の姿勢をとると、スキー板は雪面に対して斜めに傾きます。
 いわゆる、内(側の)エッジが雪面に刺さり、
 ソールが雪面を押し退けようと踏ん張ったラッセル状態になります。

◆山麓に対してスキー板を横や斜めに向けた時
谷足-山麓、坂の下側に来る足のことを言う。スキーは基本、谷足荷重で滑る。
山足-山頂、坂の上側に来る足のことを言う。山足の荷重で左右のバランスを取る。

●準備
 スキー板を2本とも、谷(山麓)に対して横向きに置いて履く。
 周りの人に気を付けて「両腕をグルグル回し、上半身を左右に捻り」柔軟にする。
 慣れてきたらストックを突いたまま、軽くジャンプをしても良い。

●滑り出し
1.平行状態にあるスキー板の谷足に重心を載せ(谷足荷重)
  山(坂の上側)側のスキー板を開いて「ハの字/やや内また」の姿勢を作る。
  重心を谷足に載せていれば急斜面でも滑り出すことはないが、
  例外として、アイスバーン(雪ではなく氷状態)だと、
  エッジが効かずに滑落することがあるが、
  それでも谷足荷重を続けていれば雪だまりで停止する。

2.上半身を捻り谷に向け
  (この後、止まるまで上半身(特に胸)は絶えず谷に向けたまま!)
  荷重を山足側に移動すると滑り出します。
  そのまま、荷重を載せていれば(山には登って行かないから)
  180°ターンして止まる。
  そう、滑り出した方の足が「山足→谷足」になった訳です。

  滑るためには、ターンした後、止まる前に「山足→谷足」の荷重移動を
  すれば良いのです。

  回り込むターンを
  多目に取れば「減速する」し、
  少な目にすればスピードは上がる。
  スピードをコントロールする方法の一つです。

3.斜面に対して垂直に立つ
  スネ(弁慶の泣き所)がブーツの前方に当たり
  腰はスキー板の重心の真上に来るハズです。
  斜面でも滑っている間は、この状態が続くのが基本です。
 (地球に対して垂直に立った姿を横から見ると「へっぴり腰」になり、
  重心が後ろに来て、エッジが効かなくなります。)

先ずは「止まる」技術を身に付けましょう。
右向きでも左向きでも良いから「止まる時に得意な向き」を習得しましょう。
そうすれば「危ない!!!」って時にもグイッと停止して危険を回避出来るし
ゆとりが持るので、周りを見ながら安全に滑走することが出来るようになります。

両足のスキーを「山麓に対して真横90°」になるように
ハの字から平行に戻し「谷足のスキー板に体重が掛かるように」
足の裏全体で踏み込めば、止まります。
ハの字から平行に戻す時「左右のどちらの方が早く、確実に出来るか」で
得意な方を身に付けてください。

>地球に対して垂直に立っていないと不安で
 極端な表現をすると、
 45度以上の斜度でそれをやったら
 ほぼ「寝そべった状態」になるから、それは滑降ではなく滑落。
 スキーは、斜面に対して垂直に立って滑るスポーツで、
 そうすることで、コントロールするものです。

>エッジの部分だけを雪の斜面に刺して滑ってしまいます。
 エッジは「曲がる」ためにあります。
 滑るためにあるのは「ソール」、だからワックスはソールに塗ります。

>ざっくりとしたコツでもいいのでアドバイス
 スキーは「滑...続きを読む

Qスノボ フロントサイドの横滑り

還暦間際のスノボ初心者です。
初回は、スノボスクールに入りました。
その後、3回自分で練習しました。
バックサイド横滑りや木の葉は出来るようになりましたが。
フロンドサイドの横滑りが上手く出来ません。

上手くできるようになるコツがありましたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

スノーボードの特性上やはりフロントサイドの横滑りは難しいと思います。初級者に教えてもバックサイド側はきれいに出来てもフロントサイド側は苦労するケースによく遭遇します。

まず視界が見にくいという原因があります。肩越しに前を見るのがよろしいかと思います。

そしてフロントサイドではエッジがズラしづらい、エッジが引っかかる、という原因があります。

フロントサイドの横滑りの練習を増やすのが地道ですが一番の方法だと思います。横滑りをしながら、板を立てたり寝かしたりを繰り返してみてください。板を寝かすと速く横滑りが出来て、板を立てると横滑りが止まります。その加減を練習すれば上達できるかと思います。練習斜面は15度くらいの中斜面が最適です。緩斜面だと逆エッジになりやすく板の加減が難しいでしょう。

また連続ターンからの停止を毎回フロントサイド側で止まるようにするとフロントサイドの横滑りの感覚を磨くことができるかと思います。

段階的にそろそろ連続ターンですね、前足荷重を意識してチャレンジしてみましょう。スクールで先落とし(ノーズドロップ)を習われると効果的かと思います。

年配の方でかっこいいスノーボーダーをよく見かけます。若い人には真似の出来ないスノーボードに対する造詣の深さを感じます。これからも楽しんでください。

スノーボードの特性上やはりフロントサイドの横滑りは難しいと思います。初級者に教えてもバックサイド側はきれいに出来てもフロントサイド側は苦労するケースによく遭遇します。

まず視界が見にくいという原因があります。肩越しに前を見るのがよろしいかと思います。

そしてフロントサイドではエッジがズラしづらい、エッジが引っかかる、という原因があります。

フロントサイドの横滑りの練習を増やすのが地道ですが一番の方法だと思います。横滑りをしながら、板を立てたり寝かしたりを繰り返してみてくだ...続きを読む

Qコブの滑り方を教えてくれるスクール教えて。

スキー暦は長いのですが、コブがさっぱりうまく滑れません。
本を読んだり、ビデオを見たりして色々研究したのですが、実際にコブ斜面に立つと、びびって後形するは、ルートは飛び出すはで、散々な状態で降りています。
何とか今シーズンこそ、コブを攻略したいので、コブの滑り方を教えてくれる良いスクールを教えてください。
私自身は中年のスキーヤーで中学生の息子と一緒に学べるようなおすすめのスクールがありがたいと思います。スキーの腕前は息子も私も3級と2級の間くらいだと思います。

Aベストアンサー

新潟県の者ですが、浦佐スキー場がお勧めです。
新潟県南魚沼市にある大変小さなスキー場ですが、
スキースクールの質は高く、カリキュラムも豊富で、各レベルに合わせた授業を実施しています。
スキー場自体の規模は短いリフトが一本と庭のようなスキー場ですが、
それゆえにスキースクールの充実に力を入れ国内有数と言ってもいいくらいのスキースクールに育てました。
例年小雪に悩まされてきましたが、今年は雪も十二分にあります。
スキー場自体は小規模ですが、スキースクールのためにレッスン用にコブ斜面もきっちり作ります。

交通手段は上越新幹線の浦佐駅前です。
お車でしたら関越自動車道六日町インターから20分弱、ETCをお持ちでしたら
六日町の先の大和PAからも降りれます。

スキー場とは関係ありませんが、3月3日には日本三大奇祭の一つと言われている
「毘沙門堂 裸押し合い祭り」もあります。
よろしければこちらも参加なさっては?

Qコブの滑り方

コブの滑り方について質問です。
先日、スキーで、モーグルレーンを滑り、滑走中を撮影しました。確認したところ、足が少し開いた後、足を揃えるようなフォームになってました。急傾斜、深い凹凸、ガリガリ雪面の状況が強くなると、足の開きが大きくなり、身体がバタついてしまいます。
無理に足を揃えると、スピードが殺せなくなるか、板が重なるかで、転んでしまいます。
いろいろ研究するのですが、直せません。良い練習方法や的確なアドバイスがあれば、御伝授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

緩斜面のコブでしっかりと吸収動作を身につけてください。
低速でできないことは高速ではできないです。
また最初は極度の膝の屈伸を意識してみてください。

Qザウスで安く滑りたい!

今度、友達とザウスに行くのですが
料金が5000円は・・・。
ちょっとでもいいのですが、
安くなる方法があったら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

ザウス公式HPは http://www.ssaws.com/wbp/wn1.amb?wn_no=1&fs=33 です。
9/2までは1日券4000円、土・日は4500円らしいですよ。
(横浜ウォーカーによると。確認してくださいね)

ローソンの端末で前売りを買うと少し割引があったと思います。
ちなみに http://begin.cplaza.ne.jp/pre1999/pre2.html で応募すれば
当たるかもしれません...
ダイエーのhpでもよく抽選してました。
(今は不明ですが、行く前に必ずといっていいほど当ててた記憶あり)

お役に立てずごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報