中古で白い(アイボリー?)革の鞄を購入しました。お店で見たときも汚れているので気にはなっていたのですが、デザインがとても気にいったので買ってしまいました。が、やっぱり汚れが気になります。
ペンで落書きとかそういう致命的な汚れはないのですが、全体的に薄汚れて黒ずんでいるかんじです。革そのものの状態は悪くないと思うのですが、皮革の汚れというのは落とせるのでしょうか?
目立たない箇所を、手持ちのミンクオイルを刷り込んでみましたがまあ当然ですが変化は無しです。
今後、白い革の財布も購入検討しているので、出来れば家庭でなんらかの方法で落とせればベストですが、専門店(鞄の修理を頼むとなるとネットで見つけるよりなさそうです。近場にはありません)に依頼したとして、どの程度の改善が望めるものでしょうか。
※極力色の染め替えはしたくないです。

汚れを落として革を復活出来る方法や、あるいは実際に修理に出されて綺麗になったor無駄だった、という方の経験談を聞かせて頂けると参考になります。よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

革は普段の手入れが重要になってくるようですね。


ブラシでほこりを取り、レザークリームやオイルケアを続ける事が大事みたいです。

・はじめての革メンテナンス / 土屋鞄製造所
http://www.tsuchiya-kaban.jp/contents/detail.php …

A 回答 (4件)

こんばんは、♯3です。


丁重なお礼のコメントをいただきましてありがとうございます。
ちなみに私は「専門職」の人間ではありません。
まぁ趣味の関係で一般の方よりは「レザーが好き」というレベルですので。
ただ、今回せっかくコメントまでいただきましたので前回は書けなかったことも含め補足的な意味で再度書かせていただきます。

まず「手入れ」に関してですが、今後購入される物も色々あるだろうということを想定してとりあえず「最低限必要なモノ」を挙げてみます。

(1)デリケートクリーム
白い乳化状のクリームで革の「保湿」のための物です。
新品はどんな物でもそれなりに乾燥していますから、まず初回の1発目には必ず塗ってください。
ただし、目的は保湿ですからどんなに塗っても表面に「ツヤを出す」ということは出来ません。
やたらと塗ればいいわけではないので塗り過ぎないようご注意ください。
(2)クリーナー
汚れ落としですので細かい説明は省略しますが、白い乳化状の物以外に液状の「リムーバー」という物もあります。
どちらがいい悪いとかは特に無いので対象の製品に合わせて選ぶといいですね。
ただ、クリーナー等を1度使うと汚れと一緒に前回まで表面に塗ってあったオイル、クリームなども落ちてしまいます。
クリーナーを使った後は必ず保湿用のオイル等を塗る、というのを厳守してください。
(3)オイル、クリーム一式
まぁこれは色んな種類があるのでその革に合わせて揃えるという感じでしょう。
ちなみに「ミンクオイル」は一見メジャーな感じはしますが、実はいわゆる普通の「牛革」程度の革の場合にはオイルの油脂分が強すぎます。
本来はブーツなどによく使われる「オイルドレザー」やその親戚の「ブライドルレザー」辺りに使うのがベストです。
一般的な牛革なら(1)のデリケートクリームを薄く塗っておく程度でも充分ですよ。
表面にもっと光沢を出したいなら色に合わせたワックスなどを塗ればいいだけですから。
(4)セームクロス
ペラペラの「鹿革」で出来た薄い布です。
オイルなどを塗った後にこれで表面をキレイに乾拭きすると見違えるようになります。
普段手入れをしない時でも、例えば週に1度程度で乾拭きをしてあげると後々革の寿命に「差」が出ます。
(5)サドルソープ
これも前回書いた洗剤ですが、現在は固形の物以外にやはり「液状タイプ」もあったりするのでこの辺はお好みで。
洗う際はやたらと強く擦るとかえって「キズ」になります。
それと、汚れが部分的であっても洗う時は必ず「全体を洗う」ようにしないと乾いた後に「色ムラ」の原因になりますから注意してください。

他にもブラシ類など色々ありますが、まぁまずはこれだけあれば凌げるだろうと思います。

次にレザーの「経年変化」の件ですが、コメントを読んだ限りでは質問者さんはおそらくヌメ革の「キレイなアメ色」を求めているようですね。
まぁ現実的には、白いレザーでヌメと同じ風合いを出すのはほぼ不可能と言っていいと思うんですが。
前回も書きましたがやはり白は「変色」だけは避けられません。
ですが、一方のヌメもアメ色にするのにただ長く使えばいいということではありません。
この辺はご存知かもしれませんが、最初は専用のオイルを塗り、表面を「天日干し」をして・・これを何度か繰り返すことであのアメ色になっていきます。
更に表面が独特の「黒光り」をするのは、実は持ち主の「手の脂分」が革に染み込んでいくからなんです。
なので、ヌメの製品は同じ物であっても持ち主によって色の出方が全て変わるんです。
ですから例えば白いバッグを使っていて、何時の間にか「持ち手の部分だけ真っ黒け」というパターンがよくありますが、これも全て手の脂分が原因ですから、これで変色した場合は元の色に戻すのはまず出来ません。

最後に「染色」についてですが、コメントにある「染めQ」は私も知っています。
今市販されている補色用品の中では比較的便利で使いやすいようですね。
ちなみに私の場合は部分的な補色をする際はコロンブスが出している「アドカラー」という製品を使っています。(実物は検索をするなどしてご覧ください)
ちょっとしたキズ程度ならこれで充分だなぁという感覚なので普段から愛用してます。
ですが、例えば白い物を丸ごと赤や青に塗りかえるという話となると、素人的にまず思うのは革の「通気」はどうなのか?、というところ。
前の色を全部落としてから塗るなら別ですが、そうでないなら「重ね塗り」になるわけですからここの部分はかなり不安要素ではあります。
で、重ねたなら長く置けば必ず「剥離(はがれる)」ということも起きるでしょうから、そうなったら余計に悲惨だと思うわけです。
この辺のことがあるので未だに使えないままでいます。
もし経験者の方などがいればお話をお聞きしたいですね。

今回も非常に長くなってしまいまして失礼しました。
革の種類の選択、色の選択も含め、今後新しい物を購入される際に参考にしていただければ嬉しく思います。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

大変丁寧にアドバイス追記下さりありがとうございます!
プロの方ではないのにとても詳しく記載してくださり嬉しいです^^

あれから靴屋まで出かけることが出来ずクリーナーも買えていないのですが、これだけいろいろ揃えるとなるとネットで見てまわったほうが良いかなと思いました。
知識に乏しいわりに皮革製品は好きなので、知っておかないといけないことばかりです。以前カービングの美しい財布を買ったのですが、私には大きすぎて重すぎたので主人にあげてしまいました。本人はなにもやらないので、私がたまに縁側に干したりミンクオイルを塗ってきました。たぶん4年くらい経ちましたが、適当にやっていたわりにはまあまあ良いかんじの色になったかなと思います。でも、黒ずみがなんとなく気になっていたので、これが落とせないにしても手の油だとわかっただけでも納得です。

白い革も経年を含めて考えるとなかなか難しいものなのですねえ。染めQで実験するのもちょっと危うそうですね;

あれ、でもそういえば、件の中古で購入した鞄はなんの素材かわかりませんが(たぶん牛)、ピッグレザーのやわらかい白のバッグを持っているのですが、これは経年のわりにさほど変色していないと思います。革によって経年変化が違うのでしょうかね??

皮革はいろいろあって面白いですね。もっと楽しめるように、じっくり調べてみようと思います^^

お礼日時:2015/01/10 10:55

おはようございます。


ご質問の革がアイボリーということなので段階的にお話させていただきます。

汚れの程度が少しなら、まずは市販の「クリーナー」で落とすということになります。
これでもダメな場合は次は「サドルソープ」などを使うということになりますね。
サドルソープは要は「洗剤」ですから革全体を湿らせて軽く擦るように洗うということになります。
どちらも靴売り場で普通に購入出来ますから、使い方等も含め店員さんに説明を受けるといいと思われます。
お持ちの「ミンクオイル」は革が乾燥しないように表面の油脂分を一定に保つための物ですから、普段からやたらと塗り過ぎるとかえってカビなどの原因になるのでご注意ください。

で、表面を洗っても思ったようにキレイにならなかった場合は・・その場合は残念ですがその革の「限界」です。
過去にあったご質問でも何度も書いていますが、白系の革は茶系や黒と比べて色んな点で不利な部分が多いんです。
汚れもそうですが、白はとにかく「キズ」が目立つ色です。
で、そのキズに汚れが入り込んでしまうので更に表面が汚くなってしまいます。
1度こうなってしまうと落とすのはかなり厳しいでしょうね。
そして更に、白独特の症状として「変色」というのが挙げられます。
新品時に「真っ白」だった物でも、経年変化とともに徐々に薄茶色になっていきます。
普段身に付けていて「直射日光」に当たっているだけでも変色は起こします。
極端な話、照明などに長く当たっているだけでも変わってしまうんです。
合成革でもなければこれは避けることは出来ません。
今回購入された物が中古品ということなので、もしかしたらそれも新品の時は真っ白だったのかもしれませんが・・

ご質問にある「色の染め替え」というのは私も含め素人では絶対にやってはいけません。
もし業者などに頼んだらとんでもない金額が掛かると思われます。
おそらく新しい物が買えるんじゃないでしょうか?

この辺の事情があるので、私の場合は友人などから相談を受けた際に白系は勧めていません。
変色なども「それもアジだから」というならそれでもいいんですが、やはり茶系や黒とはちがってちょっと微妙なんですよね。

長々と失礼しました。
別に「白を買うな」ということではないのでそこの所は誤解のないようご理解ください。
今後も別な物を購入予定ということなので、その際に少しでも参考になればと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます。

プロの方でしょうか。気にかけて下さりありがたいです。
革のお手入れが全然わかっていないことに気づけました。ミンクオイルをこまめに刷り込んでいれば良いのかなと…;カビの原因になるなんて!
そうですね、とりあえず、クリーナーorサドルソープで洗ってみます。
それでダメだったらまあデザインが素敵なので気にせず使っていこうと思います。

白の革は、最初は良くても経年したらどうなのかなとずっと気になっていて購入をためらっていたのです。経年による変化を楽しめるものではなさそうですね。実際、件の鞄も薄汚れたかんじで、ヌメ革のような飴色に変化するわけではなさそうです。
wwc57263さんのアドバイスで諦めがつきました。

ホームセンターに染めQなるものがあったので、色の染め替えはけっこう手軽に出来るのかななんて思っていましたが事情は異なるようですね。

今後のことも含めて大いに参考になりました。これからも皮革製品を楽しんでいこうと思います。

お礼日時:2015/01/05 05:31

こんばんは



参考までにですが

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

靴ですけど
参考までに
http://www.columbus.co.jp/~../how_to_care/mainte …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

上は合皮に対してなのでちょっと出来そうにないですが、下は革靴なので同じようにすればいけるかなと思いました。革靴へのアプローチは盲点でした。

お礼日時:2015/01/05 05:22

ミンクオイル、革クリームをたっぷり塗って拭き取るんですよ。


少しじゃダメですよ。皮が乾燥していたら、落ちないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ミンクオイルってたっぷり塗るものなのですね。なんとなく、うすーく塗るものかと思っていました。

お礼日時:2015/01/05 05:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学】「酸性の汚れに対してはアルカリ性の洗剤を使えば良く汚れが落ちる」 「逆にアルカリ性の汚れは酸

【化学】「酸性の汚れに対してはアルカリ性の洗剤を使えば良く汚れが落ちる」


「逆にアルカリ性の汚れは酸性の洗剤で良く落ちる」


なぜ逆性の物質を付けると良く落ちるんですか?

酸性に対してアルカリ性のものを合体させると中和するってこと?

本当に中和するの?

本当に中和して汚れが落ちてるの?

それとも全く別な化学の法則で落ちてるの?

なんで酸性とアルカリ性を混ぜると中性になるの?どういう化学式?

Aベストアンサー

>本当に中和して汚れが落ちてるの?
はい、中和しますよ。中和すると水や洗剤に溶けやすくなります。
>なんで酸性とアルカリ性を混ぜると中性になるの?どういう化学式?
世界中の化学式は書けません。疑って居る様ですが、何か理由があるのでしょうか?
もちろん、濃硫酸でぐつぐつ煮る、という絶対落ちるのもありますが、全部溶けて無くなります。

Qレザーバッグ(革鞄)の水洗いについて

黒のレザーバッグを会社用に使用していますが、
今日、中にあったマイボトル(水筒)の蓋があいてしまい、
入っていたお茶が溢れてしまいました。
500ml全てが溢れたため、びしょびしょです。

気持ち悪いので、水洗いなどを検討しているのですが、
しても問題ないでしょうか?
革靴はM.MOWBRAYのサドルソープなどによる水洗いが
一般的ですが、鞄となると、靴よりも革がデリケートだと
思いますので、その影響を心配しています。

どのような対処をすることがよいのか、有識者の方の
アドバイスを頂きたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

鞄の外側と内側と両方が濡れてしまったということですよね?
ならば、まずは内側を確実に乾かすのが先決です。
ここをちゃんとやらないと後々カビなどの原因になるのでご注意ください。
型崩れなど無いよう、紙や布を詰めるなりしてしっかり乾燥させてください。

で、次に外側ですが、まぁそこまで派手に濡らしてしまったなら今後のことも考えて1度洗ってしまう方がやはり確実だとは思いますね。
ただ、前提となるのは鞄の革が「洗える種類の革である」ということです。
一般的な牛革などなら問題はありません。
洗う際はやはりサドルソープ辺りを使うのが1番無難でしょう。
スポンジを湿らせてから少量を付けてクルクルと「回すように」洗うのがコツです。
直線的に擦るのは厳禁です。
強く擦り過ぎてもキズの原因になるのでご注意ください。

暫く置いたら汚れが「泡(あわ)」になって浮き上がってくるので、それをキレイに拭き取ります。
それから「陰干し」をしてください。
まぁ干すのは半日程度でいいでしょう。
サイズが大きいなら1日は余裕を見てもいいかもしれませんね。
ちなみに、乾かす際にドライヤーを使うなど要は「熱を加える」ということをしなければ革は縮みを起こしませんからその点は安心してください。

革が乾いたら、表面に「保湿用」のクリーム等を薄く塗ってあげてください。
「デリケートクリーム」辺りで充分です。
お持ちでなければ今後のこともあるので1個持っておくと結構便利です。

長々と書いてしまいましたが、大体こんな感じでいいように思いますから何かあれば補足などで遠慮なくご質問ください。

鞄の外側と内側と両方が濡れてしまったということですよね?
ならば、まずは内側を確実に乾かすのが先決です。
ここをちゃんとやらないと後々カビなどの原因になるのでご注意ください。
型崩れなど無いよう、紙や布を詰めるなりしてしっかり乾燥させてください。

で、次に外側ですが、まぁそこまで派手に濡らしてしまったなら今後のことも考えて1度洗ってしまう方がやはり確実だとは思いますね。
ただ、前提となるのは鞄の革が「洗える種類の革である」ということです。
一般的な牛革などなら問題はありません。
...続きを読む

Q汚れを落とすのは、アルカリ性?酸性?

よく、アルカリ性、酸性というのですが、体にいいのがどちらで、汚れを落とすのがどちらなのかよくわかりません。

手にやさしく、汚れも落とす台所洗剤をと思って表示をみると、弱酸性とか、アルカリ性と書いてあるのもあり、どちらがいいのか判断に困ります。

体にいいのは、どちらで、
汚れを落とすのはどちらなのでしょうか?

化粧水などは酸性が多いのですが、体にいいということでしょうか?

Aベストアンサー

私は仕事で多くの種類の洗剤を使っていた者です。アルカリ性洗剤、酸性洗剤、それに中性洗剤ともに長所があり、用途に応じて使い分けることで家庭用洗剤でもほとんどの種類の汚れを落とすことができます。
アルカリ性洗剤は総じてたんぱく質の分解を得意としており、衣服の洗剤に適しています。強力な食器用洗剤も多くはアルカリ性です。
酸性洗剤は窓やトイレにこびりついた水垢などの主成分である無機塩の溶解力が強いため、床、窓、トイレの洗剤に用いられることが多いです。マイペットなどが酸性洗剤の代表です。
中性洗剤は界面活性剤を主成分とすることが多く、油脂の分解に威力を発揮します。洗剤を必要とする食器汚れのほとんどは油脂による汚れなので、食器用洗剤はほとんどが中性洗剤です。「お肌にやさしい弱酸性」などとかかれている洗剤も、洗剤の区分で分ければ中性洗剤に分類されます。酸性にもアルカリ性にも傾いていないので、皮膚への刺激が少ないものが多いです。
s_momoさんが混乱されている理由の一つとして、洗剤の区分としての「酸性」「アルカリ性」の表記と、「お肌にやさしい弱酸性」などの歌い文句が紛らわしいことが挙げられます。洗剤の区分に「酸性」「アルカリ性」と書かれていても、それはあくまでも洗剤が働く上での性質を現しているのであって、体に優しいかどうかはまた別の問題なのです。「肌にやさしい洗剤がたまたま弱酸性である」だけなのに、「弱酸性でさえあれば必ず体にいい」かのような誤解を与える最近のコマーシャルは私もどうかと思います。

よって体に優しい洗剤が必要な際は、必ず「お肌にやさしい~」などと明記されているものを選ぶか、または中性洗剤が良いと思われます。
酸性洗剤やアルカリ性洗剤も手袋をすれば頼りになるツールです。使い分けて家事の達人を目指してください。

私は仕事で多くの種類の洗剤を使っていた者です。アルカリ性洗剤、酸性洗剤、それに中性洗剤ともに長所があり、用途に応じて使い分けることで家庭用洗剤でもほとんどの種類の汚れを落とすことができます。
アルカリ性洗剤は総じてたんぱく質の分解を得意としており、衣服の洗剤に適しています。強力な食器用洗剤も多くはアルカリ性です。
酸性洗剤は窓やトイレにこびりついた水垢などの主成分である無機塩の溶解力が強いため、床、窓、トイレの洗剤に用いられることが多いです。マイペットなどが酸性洗剤の代表...続きを読む

Q名古屋で革バッグが買えるおすすめ店

名古屋で買える革のショルダーバッグのお店を探しています。
色は黒か茶色で、A4が入るサイズ。
吉田かばんの記事は苦手です。
革靴よりもやわらかめの生地がいいです。

名古屋で目で見て買いたいです。
もしご存知でしたら教えてください。
もし購入できて、メンテが必要になったら利用させていただきたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

JR名古屋駅1階、大阪寄りの売店一番奥にブランド物専門店街が有ります。
ブランド物ばかりですから少々お高いですが、素敵な新作物が並んでいます。

Q【化学】重曹とクエン酸の話。 重曹はアルカリ性で、 クエン酸は酸性です。 湯あか水垢、アンモニア

【化学】重曹とクエン酸の話。

重曹はアルカリ性で、
クエン酸は酸性です。

湯あか水垢、アンモニアはアルカリ性なのでクエン酸の酸性で落ちます。

皮脂は酸性です。

皮脂汚れが湯あかだと思っていましたが、なぜ皮脂汚れは酸性なのに、お風呂の湯船の溜まり湯との縁に出来る湯あか汚れはアルカリ性なんですか?

Aベストアンサー

皮脂・・は、高級脂肪酸ですから酸性・・・(^^)なんてことはない。
アルカリとは、水溶液の性質、高級脂肪酸は水に全く溶けないので、酸性アルカリ性を問う意味がない。
 例えばステアリン酸 https://www.google.co.jp/search?hl=ja&site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1024&bih=622&q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8&btnG=%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%81%A7%E6%A4%9C%E7%B4%A2&oq=&gs_l=#safe=off&hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8+%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%BC

 そもそも皮脂による汚れは、金属石鹸--脂肪酸とカルシウムやマグネシウムの塩のこと。
  いわゆるグリス・・・
 一方、脂肪酸のナトリウム塩やカリウム塩は石鹸でしたね。
  ですので、重曹や水酸化ナトリウムで石鹸にすれば洗い流せる。

>湯あか水垢、アンモニアはアルカリ性なのでクエン酸の酸性で落ちます。
>お風呂の湯船の溜まり湯との縁に出来る湯あか汚れはアルカリ性なんですか?
 それは理解が根本的に違う。どこからの情報かな・・
 アンモニアは極めてよく水に溶け、それ自体洗剤になるよ。
  古代ローマの洗濯は、人尿を発酵させてできるアンモニア使ってた。

 湯垢・・いろいろあります。
・硬水を煮沸する沈殿するもの
  炭酸水素カルシウムが炭酸カルシウムになる
・硫酸塩や塩化物の場合
  石鹸や皮脂と結びついて金属石鹸をつくる。

 いずれにしろ、クエン酸を加えるとクエン酸塩になるし、重曹加えればナトリウム塩になる。

 というだけ・・

皮脂・・は、高級脂肪酸ですから酸性・・・(^^)なんてことはない。
アルカリとは、水溶液の性質、高級脂肪酸は水に全く溶けないので、酸性アルカリ性を問う意味がない。
 例えばステアリン酸 https://www.google.co.jp/search?hl=ja&site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1024&bih=622&q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8&btnG=%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%81%A7%E6%A4%9C%E7%B4%A2&oq=&gs_l=#safe=off&hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8+%E3%83%91%E3%8...続きを読む

Q鞄について質問です

皆様はじめまして
困っておりましてはみなさまの
お知恵を拝借したく質問させていただきます
添付の写真の鞄のメーカーをご存知の方いらっしゃいましたら
教えて頂けませんでしょうか
何卒おねがいいたします。
嫁のプレゼントにですがブックマークが消えてしまい困っています
情報はこの写真しか残っておりません
お助けくだしませ

Aベストアンサー

フェンディのピーカブーです。

Qアルカリ性と酸性

洗剤の容器等にアルカリ性とか酸性とか書いてありますが、
汚れを落とすには汚れに対して逆性の洗剤を使用する事により
中性レベルになり汚れが落ちると考えて良いのでしょうか。
例えばトイレ用洗剤は酸性と書いてありますが、汚れ自体はアルカリ性
になるのでしょうか?油汚れならその逆とか・・・。
洗剤を使用する事で何故汚れが落ちるのかいまいちわかりません。
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

中性になることで汚れが落ちることはありますが、それはあくまで汚れが落ちる現象の一部に過ぎません。
一般に使われている洗剤は、大まかに分けて、(1)石けん・洗濯洗剤・食器用洗剤などのいわゆる普通の洗剤類(弱アルカリ性)、(2)サンポールなどの強めの酸性洗剤、(3)ビオレの弱酸性洗剤になります。
(1)の場合は、洗剤の粒子が汚れを取り込み、物理的に水に溶けるようにすることにより、汚れが落ちます。
(2)の場合は、汚れの成分(水あか・尿石など)を酸で化学的に溶かすので汚れが落ちます。
(2)とは逆に、逆にトイレの配管の頑固なこびりつき(これも尿石)を落とす時に使用する強アルカリ剤(業務用)というのがありますが、これも汚れを化学的に溶かしています。
(3)の場合は、弱アルカリの石けんや洗顔料では肌の潤いや油分を取り過ぎてしまう為、人の肌と同じ弱酸性にしたそうです。
結局洗剤とは、いかに汚れを水に溶かせるようにするかが問題なんですね。

Qこの鞄オバさんぽいですか?

以前から使っているものなのですが、この鞄オバさんぽいですか?
私は今高校生です。



正直にお願いします。

Aベストアンサー

男の子っぽい格好なら使用感がかっこいいかもしれません。
でも女の子っぽい格好だと、色・使用感ともにおばさんくさくなっちゃうかも。

Q茶渋の汚れは漂白剤で除去するか物理的に除去するしかない?

物につく汚れのうち、汚れを化学的組成で分類すると、無機質系の汚れと、有機質系の汚れがあること、無機質系の汚れには、「化学的」には酸性洗剤が効果があり、有機質系の汚れにはアルカリ洗剤が効果があることがあり、特に油汚れには、界面活性剤が効果が高い事がわかりました。

しかし、ここで、茶碗や、浴槽(例えば、ウーロンチャ風呂に入ったとき)の茶渋汚れを除去する方法が漂白剤で漂白するか、研磨剤等で物理的に削り取る方法しか紹介されていないことに気がつきました。

茶渋は、無機質でも有機質系でもない汚れなのでしょうか?(つまり、酸やアルカリに溶けない汚れなのでしょうか?)

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

 茶渋が落ちるメカニズムに関してちょっと追加です。

 先程ちょっと重曹で実際に茶渋を落としてみたのですが、ぬれた手にちょっと重曹をつけてこすっただけで簡単に茶渋が落ちてきました。クレンザーではこれほど簡単には落ちないので、研磨の効果ではないと思います。また加熱もしていないので熱による効果もないと思います。やはり化学的な反応によるものだと考えています。

 またタンニンのポリフェノール部を形成しているのに近い化合物(カテコール)と鉄イオンの錯体の酸化メカニズムについて文献があったのですが、鉄とカテコールの錯体では酸素による酸化は受けにくいのですが、この鉄・カテコール錯体のカリウム塩は酸素に酸化されやすくなりカルボン酸を形成している例が報告されていました。これはタンニンが鉄錯体を形成して沈殿しているところに重曹を加え、さらに酸素が存在しているとカルボン酸が形成されることを示唆しています。このカルボン酸が重曹で中和され水に溶けていく可能性もあります。またちょっと怪しいのですが1920年頃の文献で重曹でタンニンを中和しているとの記述があったので、重曹でこすっただけで中和されナトリウム塩を形成して落ちている可能性があります。

 茶渋が落ちるメカニズムに関してちょっと追加です。

 先程ちょっと重曹で実際に茶渋を落としてみたのですが、ぬれた手にちょっと重曹をつけてこすっただけで簡単に茶渋が落ちてきました。クレンザーではこれほど簡単には落ちないので、研磨の効果ではないと思います。また加熱もしていないので熱による効果もないと思います。やはり化学的な反応によるものだと考えています。

 またタンニンのポリフェノール部を形成しているのに近い化合物(カテコール)と鉄イオンの錯体の酸化メカニズムについて文献...続きを読む

Qこんばんは。 鞄のことについてお聞きしたく質問しました。 こちらのカバンを譲っていただいたのですが、

こんばんは。
鞄のことについてお聞きしたく質問しました。

こちらのカバンを譲っていただいたのですが、ショルダーの根元?の部分が白くなっています。
デザインは可愛いので使っていきたいのですが、こういった感じの時はどう修理したら宜しいでしょうか?

また取れないとは思うのですが、取れにくくしたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金具の根元の部分は、カビっぽく見える。
金具本体の台座の白いのはトップコートが剥げていると思われます。
取り敢えず、家にあるであろう物と安価で手に入る物で。

これは双方とも一旦消毒用アルコールを綿棒に付けて拭いてください。
革の部分も拭いてOK。革部分のカビの系統はこれで死滅します。
金具台座は金属磨きで磨いた方が良いですが、なければ歯磨きかキッチン用クリームクレンザーで代用できます。
磨いたら固く絞った濡れタオルやキッチンペーパーで仕上げ拭き。
その後に、トップコート塗ります。
堅固な膜とは言えませんが、元のトップコートもラッカークリアですから、さほど差はないでしょう。
模型用のクリアが良いですが、筆も洗浄用溶剤もわざわざ買うのは勿体ない。
ネイル用トップコートを少しリムーバーで薄めたものを塗れば十分代用可能です。
革部分は、シューズケア用の「汚れ落としクリーム」で磨けば綺麗になると思います。
必ず先に台座の手入れを先に行うこと。

台座根元の黒い部分は、金具台座と革の間の硬質ゴムパッキンなのかウレタンパッキンなのか、写真で判別できません。
構造上一番重量がかかる箇所なので、作り手側もそう簡単に緩む様な作りにしていないはず。
台座が360°回転する仕様なら、表側から樹脂流し込んだり接着剤系を流し込んで取れにくく補強するのは止めた方が良いです。
裏から台座固定すしている部品がネジ式なら、締め込みで固定されているから、緩みが出ないようにすれば良いわけで。
あえて補強するなら、台座の裏側で止めている金具部品の縁から、液体瞬間接着剤を”少量”流し込むだけにした方が良いです。
付け過ぎると革がガチガチに固まってしまい、使っている内に革がひび割れてしまい耐久性が落ちます。

根元が凹んでいると言うのは、金具台座を緩まない様堅固に固定するために、革の厚み分圧縮されていることから来る止むを得ないものでしょう。
No.1さんに失礼ながら、エポキシ樹脂に水彩絵の具混ぜるのは、石油系合成樹脂と水なので・・・綺麗に混ざりません。
混ぜるならエナメル塗料(ネイルカラーも可)か油絵具。

金具の根元の部分は、カビっぽく見える。
金具本体の台座の白いのはトップコートが剥げていると思われます。
取り敢えず、家にあるであろう物と安価で手に入る物で。

これは双方とも一旦消毒用アルコールを綿棒に付けて拭いてください。
革の部分も拭いてOK。革部分のカビの系統はこれで死滅します。
金具台座は金属磨きで磨いた方が良いですが、なければ歯磨きかキッチン用クリームクレンザーで代用できます。
磨いたら固く絞った濡れタオルやキッチンペーパーで仕上げ拭き。
その後に、トップコート塗ります。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング