太陽の光によって色や濃度が変わるサングラスってありますよね。これって、どういう原理に基づいているんでしょうか?光化学反応が関係あると思うのですが。教えてください、お願いします。

A 回答 (3件)

皆さんかかれているとおりハロゲン化銀の反応を用いています


紫外線があたるとAgCl→Ag+Clとなり銀が遊離し黒っぽくなります。
時間がたつとまたAg+Cl→AgClとなり色が薄くなります。
写真フィルムとおんなじ原理ですね。(下イメージ図)

#ここで、レンズ中でのClの状態がわからないのでClと書いています。
実際はレンズの物質と結合してると思います。
AgCl  AgCl    光  Ag Cl Ag Cl
  AgCl  AgCl  →   Ag Cl Ag Cl
AgCl  AgCl      Ag Cl Ag Cl
  無色            黒
    • good
    • 0

「調光レンズ」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「偏光レンズと調光レンズ」
このページの説明によると「ハロゲン化銀の光反応」を利用しているようです。

さらに詳細が知りたければ、
http://www.optronics.co.jp/tosyo/zairyo.htm
(光機能材料マニュアル:第3節4)

ご参考まで。

参考URL:http://www.omi.gr.jp/i_mode/column/column6.html
    • good
    • 0

これは、調光レンズと云います。


調光レンズは紫外線の量に応じて濃さを調整するのです。

参考URL:http://www17.tok2.com/home/meganeyasan/mame/spec …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紫外線で顔がひりひりします。この時期になると顔だけひりひりしてかゆみも

紫外線で顔がひりひりします。この時期になると顔だけひりひりしてかゆみもあり、かさつきと薄く皮膚がめくれます。UVカットのクリームやファンデーションをしていますがダメです。もともと汗はかかない性質でサウナのような暑さでもTゾーン以外は全く汗をかきません(暑さで顔は真っ赤を超えて紫に近いような色になります)しっとりもしません。何か対策法はないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は主さんと似たような症状が20才になった途端に出てきました。
今23なんですが、未だに体質は改善されません。
夏だけでなく、日差しが強いときは必ずやられます。
さらに私の場合、酷い程顔が腫れるんです。かゆみ赤み腫れ全部が綺麗に治まる迄には1週間位かかります。

何回か違う病院の皮膚科を受診しましたが、いずれも『原因不明』と片付けられました。
皮膚科医曰わく、皮膚の炎症は原因が1つだけとは限らないからしぼるのが大変だし、大きい病院でないと紫外線アレルギーかどうかとか調べられない、だそうです。
徹底追及するにも時間・お金が大分入りそうです。
処方されたかゆみ止めは重宝しましたが皮膚科に行くのは90%無駄だったかも(´・ω・。)。。

それで、お金も時間もない私は自分で何がダメでどうしたら防げるか色々試すことにしました。
まだ完全には追及出来ていませんが、今の所効果があったことだけ上げます。


☆日焼け止めは絶対つける!!!!!

といっても、肌自体が過敏になってしまった私は日焼け止めの種類によって反応してしまったり大丈夫だったり…でした。
その中での原因は紫外線吸収剤とタルク。
少しでも入っているとダメなんです。(主さんが同じとは限りませんが)
日焼け止め成分を見直す価値は充分ありますよ。

成分について参考に↓
http://gxc.google.com/gwt/x?q=%3F%3F%3F%3F%3F+%3F%3F%3F%3F%3F%3F+%3F%3F%3F%3F%3F%3F&client=ms-kddi_blended-jp&start=1&hl=ja&inlang=ja&ei=zv8STJjCEZbu6wP47vO2AQ&ct=res&cd=2&ved=0CAYQFjAB&rd=1&u=http%3A%2F%2Fwww.slow-cosme.com%2Fmu18.html


☆日差しが強いときは帽子もしくは日傘必須(私は目が先に腫れてくるのでサングラスもつけてます)

☆とりあえず、こまめに顔をふく(ハンカチで押さえる程度でOKです)

☆面倒だけど、時々顔を洗い化粧水・日焼け止めをつけ直す
ただの水洗いでいいと思います。肌痛めたら逆効果なので。
これでも大分効きます。私はなんとか8月のディズニーランド丸一日乗り切れました。

何か一つでも主さんの助けになれば幸いです。

こんにちは。
私は主さんと似たような症状が20才になった途端に出てきました。
今23なんですが、未だに体質は改善されません。
夏だけでなく、日差しが強いときは必ずやられます。
さらに私の場合、酷い程顔が腫れるんです。かゆみ赤み腫れ全部が綺麗に治まる迄には1週間位かかります。

何回か違う病院の皮膚科を受診しましたが、いずれも『原因不明』と片付けられました。
皮膚科医曰わく、皮膚の炎症は原因が1つだけとは限らないからしぼるのが大変だし、大きい病院でないと紫外線アレルギーかどうかと...続きを読む

Q太陽光発電と太陽熱温水

以前は太陽熱温水器が住宅の屋根についていたものですが、最近はそれが太陽光発電のパネルに取って代わられたようです。そこで質問ですが、
もし太陽光発電をした電気で住宅の温水を作るとしたら。それはエネルギー効率から言って、太陽熱温水器よりも良いのでしょうか。

住宅の温水器は深夜電力を使うから安いと言うことを考えると、深夜電力で温水器を沸かし、昼は太陽光発電が良いのかもしれませんが、単純にエネルギー効率だけを見るとどうなんでしょうか。

太陽からのエネルギーはの光を電気に変える方がベターか、単純に太陽熱だけを温水に変えてしまう方がエネルギー効率から言うとベターなのかと言うところです。

Aベストアンサー

エネルギー効率で考えれば、熱温水器に勝るモノはない

こういう記事もある
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20081128/1021368/

Q紫外線吸収剤の危険性

日焼け止めを選ぶときに

紫外線吸収剤ってお肌に負担が大きいから、
紫外線拡散剤を使った、ノンケミカルのものの方が良い。

と多くの美容の本や、雑誌などで見かけます。

紫外線吸収剤ってそんなに良くないのですか??

私はゲランが大好きで、同ブランドから出ている日焼け止め下地を買いたいなと思っています。
でも紫外線吸収剤入りなんですよね。。。
(特にマイクロカプセルでコーティングされているなどの処方はないとのことです。)

サンプルを試した結果、お肌に赤みが出ているとかかゆみが出るとかなどの異常は出ませんでした。

でも私は基本的に敏感肌気味なので、特に肌に刺激を感じることは無くとも、紫外線吸収剤入りの日焼け止めなどは避けたほうが無難でしょうか??

Aベストアンサー

紫外線吸収剤には、毒性があります。発がん性も報告されており、日焼け止めクリームに配合できる量が規制されています。
それに対して、紫外線散乱剤の毒性は比較的低く、なおかつ通常はシリコーンなどでコーティングされていますから、安心だろうというわけなんですね。
紫外線吸収剤をシリコンなどでコーティングできれば、安全性はぐっと増します。ただカプセル化するのは技術的に難しく、カプセル化しているという記載があったとしても、果たしてすべての吸収剤がカプセルに入っているか、分離が起こりやすいかどうか…は別モノらしいんですね。

長くなりましたが、カプセルコーティングされていなくても、皮膚との間に油分やシリコーンが入れば、まあ大丈夫だろう、と。そして刺激を感じることがないのなら、使用しても良いかと思いますよ。

Q光センサー、タッチセンサーの原理と使い方

現在、光センサーとタッチセンサーの原理や使い方などについて調べているのですが、
検索エンジンで調べても、専門的なものしか
載っておらず、少し困っています。
詳しくご存知な方、ご協力をお願いします。

Aベストアンサー

光センサーは、フォトダイオードやCDSを使用し光の変化を見るものです。
反射型や透過型は光源にLEDを使用する場合もあります。

可視光以外にも赤外線、温度分布、紫外線を利用したものも光センサーです。

タッチセンサーは大よそ静電気のような電荷の移動量を検知する回路や人間をコンデンサーとして見立てた回路が多いです。
http://www1.rcn.ne.jp/~nm-matsui/touch3.htm

Q日焼け止め 紫外線吸収剤のアレルギー クレンジングについて

今年初夏から日焼け止めを常用し始めて、日差しの強い日と、数日前まで行ってた修学旅行の沖縄で湿疹とかゆみが起きてしまいました。
夏に湿疹がおきた時点で、こちらに質問させていただきまして、「紫外線アレルギーでは?」との回答を頂いたのですが、後に自分で調べた所、紫外線吸収剤があわないのだと考えました。

Q1
一度アレルギーが起きてしまった日焼け止めですが、強い日差しを浴びる以前は数日ほどは塗ってても何も起きなかったのですが、
冬の紫外線の弱い日などは化粧下地として塗って外に出ても大丈夫でしょうか。

Q2
次回は紫外線散乱剤(酸化チタン、酸化亜鉛)が入っている日焼け止めを選ぶことにしました。
クレンジング不要の日焼け止めを探していたのですが、なかなか見つからず。
調べていくとクレンジングしないというのはあまりオススメできないそうなので、クレンジングについて教えていただきたいのですが、
どんなクレンジングを使ったらいいのでしょうか。
今手持ちなのは、ポイントメイク落としとpdcのメイク落とし+洗顔しかないのですが、
体にも塗るわけですから、専用のクレンジングでも売られているのでしょうか。

長く読みづらくなってしまいすみません。
季節はずれだと思われますが、どなたかアドバイスお願いします。

今年初夏から日焼け止めを常用し始めて、日差しの強い日と、数日前まで行ってた修学旅行の沖縄で湿疹とかゆみが起きてしまいました。
夏に湿疹がおきた時点で、こちらに質問させていただきまして、「紫外線アレルギーでは?」との回答を頂いたのですが、後に自分で調べた所、紫外線吸収剤があわないのだと考えました。

Q1
一度アレルギーが起きてしまった日焼け止めですが、強い日差しを浴びる以前は数日ほどは塗ってても何も起きなかったのですが、
冬の紫外線の弱い日などは化粧下地として塗って外に出...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
専門家の方にご回答をいただいているので、差し控えようかとも思ったのですが、念のため補足させていただきます。

●Q1
まず、紫外線吸収剤のメカニズムを知っておきましょう。
紫外線吸収剤は、紫外線に当たると、自身の分子活動を活発化させ、熱エネルギーに変換して放出させます。また、この過程で、紫外線吸収剤の分子が変形・分解されてしまうことが指摘されています。
これらが、肌のほてりや痒み・アレルギー反応などを引き起こすと言われています。
従って、冬の紫外線の弱い日などは、化学反応(=毒性)も鈍いということがわかります。ですから、化粧下地として塗って外に出ても、夏ほどには問題は起こらないと考えられますね。

●Q2
紫外線散乱剤を使用した日焼け止めは、比較的毒性が弱いということが知られていますから、その選択は正しいと思います。
ですが、クレンジング不要のものはお勧めできません。
理由としては、「シリコーンが使われておらず、酸化チタンや酸化亜鉛が直接肌に触れる危険性が高くなる」からです。
では、いったい、なぜシリコーンがが必要なのか。
理由の一つは、ウォータープルーフ機能を持たせるためです。「シリコーン」は、水や油に溶けにくく、汗にも皮脂にも強いと言われています。
もう一つの理由は、酸化チタンや酸化亜鉛を、なるべく肌に触れさせないためです。毒性が低いと言っても、全くの無毒というわけではないからなんですね。
しかし、その代わりに、シリコーンは石鹸などでは落ちにくく、専用のクレンジング剤が必要になるんです。
とすると、クレンジング不要の日焼け止めとは何か。答えはシンプルで、シリコーンを使っていないものなのだ、と推測できます。
●Q2の続き
クレンジング剤には何種類もあります。
・水性リキッドタイプ
・オイルタイプ
・ミルクタイプ
・ジェルタイプ
そのどれもが、強力な界面活性剤を含んでおり、肌には負担です。
どれを使うか…で悩むよりも、なるべく素早く洗い流すことを考えた方が、現実的かと思われます。
「すぐ洗い流せる」観点からは、水性リキッドタイプがお勧めです。

こんにちは。
専門家の方にご回答をいただいているので、差し控えようかとも思ったのですが、念のため補足させていただきます。

●Q1
まず、紫外線吸収剤のメカニズムを知っておきましょう。
紫外線吸収剤は、紫外線に当たると、自身の分子活動を活発化させ、熱エネルギーに変換して放出させます。また、この過程で、紫外線吸収剤の分子が変形・分解されてしまうことが指摘されています。
これらが、肌のほてりや痒み・アレルギー反応などを引き起こすと言われています。
従って、冬の紫外線の弱い日などは...続きを読む

Q梃子の原理とコロの原理の関係

の間には何か関係がないでしょうか。はりがねのように細いものと丸太のように太いものだったら重量が同じとすれば丸太のほうが転がりやすいように思うので、そうだとすればこれは梃子の原理と関係があるのかと思いました。

Aベストアンサー

 コロが慣性モーメントと関わっている点で、梃子の原理と関係しているといえるかとおもいます。

 凸凹のないまっ平らな床面でコロを使ったとします。
 そのコロの材質が同じならば、細いコロの方が転がりやすいと思います。
 理由は、運搬物の下にあるコロのすべての慣性モーメントは細いほうが小さく、運動エネルギも小さいからです。

 コロを使わずに、物体を摩擦のある床面で運んだ場合、運び手は常に摩擦力に打ち勝って仕事をしなければなりません。そして、そのときの仕事は摩擦力の分だけ減じられていて、この分が無駄になります。
 一方、コロを使った場合は、物体と床面との間の摩擦力がなく、その代わりに、コロを回転させて移動させなければなりません。その損失分は、コロの運動エネルギになっていて、これはコロの質量と慣性モーメントが小さいほど少なく済みます。(その意味では、コロは運搬による損失分を摩擦力からコロの運動エネルギ分へと変換させる道具となっているといえるかもしれません。)
 コロは細くなるほど必要とするコロの本数は増えますが、それよりもコロの質量と慣性モーメントが減少する割合は大きいので、全体としては、細くなるほどコロの運動エネルギは小さくなるといえます。
 そのため、理想的な状況では、細いコロほど運ぶのが楽だと思われます。
 実際、運搬物をコロ2個で運ぶ状況と、小さなベアリングがたくさん付いたレールの上を滑らせる状況を考えてみると、この違いがよく分かると思います。

 コロが慣性モーメントと関わっている点で、梃子の原理と関係しているといえるかとおもいます。

 凸凹のないまっ平らな床面でコロを使ったとします。
 そのコロの材質が同じならば、細いコロの方が転がりやすいと思います。
 理由は、運搬物の下にあるコロのすべての慣性モーメントは細いほうが小さく、運動エネルギも小さいからです。

 コロを使わずに、物体を摩擦のある床面で運んだ場合、運び手は常に摩擦力に打ち勝って仕事をしなければなりません。そして、そのときの仕事は摩擦力の分だけ減じ...続きを読む

Q光線過敏症と腱鞘炎について教えて下さい。(冷湿布を紫外線にあててしまい

光線過敏症と腱鞘炎について教えて下さい。(冷湿布を紫外線にあててしまいました)

こんにちは。
光線過敏症の対処法について教えて下さい。

慣れない育児で腱鞘炎になりました。(左手首)
冷湿布を貼ると、幾分痛みが和らぐので、1日に1~2枚のペースで、1週間ほど使用していました。
説明を良く読まなかったのがいけないのですが、子どもを病院に連れていく道すがら30分ほど湿布を紫外線に当ててしました。
翌日より添付していた部分が赤く、ボツボツと腫れ、痛みとかゆみがあります。
「光線過敏症」かと思うのですが、対処法をご存知でしたら教えて下さい。
(手元にオロナイン軟膏があるのですが、塗布しても大丈夫でしょうか?別の方法ありますか?)

赤みがひくまで、湿布の使用を中止していますが、痛みを和らげるために何か良い方法ありますか?
それとも、赤みがあっても湿布を使用しても大丈夫でしょうか?

子どもをあずけられないため、皮膚科に行かずになんとかしようと考えております。

長文申し訳ありませんが、どうかご指導ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

光線過敏症ではなくても、湿布は長時間貼り続けてるとそれだけでかぶれちゃう事もありますよ。(2~3時間貼ってはがしても薬が浸透してるので効果はあります)
とりあえず湿布はしばらくやめて、今お手持ちの塗り薬で様子見て、症状が治まらないようであれば皮膚科受診でいいかなぁと思います。

腱鞘炎の痛みは冷やしたり、サポーターなどで手首を固定して安静にするだけでも多少楽になりますよ。

もし病院にいけるなら、整形外科で注射うってもらえればかなり楽なんでしょうけど…

お大事にしてください<m(__)m>

Q太陽光発電設置

太陽光発電について教えてください。トータルで見た太陽光発電は価格、環境にやさしいシステム
なんでしょうか。原発の事故以来脚光を浴びていますが、トータル的にみると損、あるいは環境に
やさしくないように感じでおります。よくご存知の方のご意見をお願いします。

私は
(1)価格について
 設置費用が高く、償却するまでに寿命がきてしまいそう。
(2)メンテナンスについて
 パネル面をきれい保つために、メンテナンスフリーとは言いがたい。
 DA-ACコンバーター(?)の寿命も気になる。
(3)環境について
 ソーラーパネルの製造時、又は廃棄時に環境を破壊する何かがありそう。(な気がする。)

と思っていて、将来的には自宅に設置するにしてもまだまだ時期尚早と考えております。
この考えは間違っていますでしょうか?

色々な情報を教えてください。

Aベストアンサー

すみません、****以下は 先程他の方に書いた内容です。

現状、太陽光発電は補助や買い上げを含めると、トントンだと思います。
環境に関しては製造、廃棄含め、通常の発電よりは環境に良いと思います。
現状での設置はエコノミー(経済的)なら賭けか、エコロジー(環境)なら優だと思います。

*******

私は色々とコスト計算して導入を決定しました。
コスト計算すると、費用回収までに約15年、ただ、10年経過後に装置が故障した時は約2年分の電気代がパァに成るし、10年後の東京電力の買取価格は保障されていない、買取無しも考えられると言う事で、普通なら太陽光発電はやら無いとの結論に成る結果でした。

ただ、私は電気関係が好きで、興味があるのと、当時48円の買取価格は今後は下がる一方だし、それに比較してパネル価格の下げはそれ程では無いとの考えから導入に踏み切りました。
当時、未だ発電効率は13%から15%、研究所段階では30%のものも開発されている時でしたが、当時の高効率パネルは安い標準パネルより割高で、その標準パネルが無くなり掛けているのも踏み切った理由です。

幸い、計算が間違っていなければ10年後の残高(当初の実質1957800円-かかった費用から補助金を引いた金額- 3.91Kw - )が15ヶ月後の先月、マイナス16000円、即ち16000円の黒字に成りました。
この金額は自家消費電力もそれなりに標準価格(48円では無く実購入価格に近い価格-実購入価格は電化上手プランの為、算出不能)で売り上げとして計上した金額です。

質問者さんも、PCでエクセルが使えるなら、色々計算して予想されて見てはいかがでしょうか。

すみません、****以下は 先程他の方に書いた内容です。

現状、太陽光発電は補助や買い上げを含めると、トントンだと思います。
環境に関しては製造、廃棄含め、通常の発電よりは環境に良いと思います。
現状での設置はエコノミー(経済的)なら賭けか、エコロジー(環境)なら優だと思います。

*******

私は色々とコスト計算して導入を決定しました。
コスト計算すると、費用回収までに約15年、ただ、10年経過後に装置が故障した時は約2年分の電気代がパァに成るし、10年後の東京電力の買取価格は保障されていない...続きを読む

Q女性のかゆみを伴う性病の症状

女性のかゆみを伴う性病の症状について教えて下さい。
もし、かゆみを伴う性病にかかった場合、このかゆみは完治するまで続くのでしょうか?放っておくと、いつのまにか かゆみは治まったりするのでしょうか?

本当に時々(数年に1回くらい・・)、おりもの増加と同時にかゆみを伴うことがあります。だいたい1週間くらいで症状は治まるのですが。。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

数年に1度なら雑菌による「かぶれ」かと思います。その場合は特に病気の心配はいらないと思います。
(もちろん、軟膏はつけたほうが良いかと)

でもかゆみがひどいようだと、カンジダ腟炎やトリコモナス腟炎の疑いもあるらしいです。(要治療)

参考URL:http://jfpa.info/wh/docter/q_sex2.html

Q太陽光反射鏡兵器?

古代ギリシャのアルキメデスが多数の凹面鏡らしきもので太陽光を集めローマの軍船に火災を発生させた話は多分伝説でしょうが、第二次大戦時、ドイツが衛星軌道上に巨大な凹面鏡を設置し、敵を焼き滅ぼす計画があったことは事実のようです。
しかし当時の科学力では衛星打ち上げは出来ず、せいぜいロケット兵器V2号程度で終わってしまうのわけですが、現在の技術力では軌道上に凹面鏡をとばすくらいは十分出来ると思います。
ところがそのような兵器が計画された話は聞いたことがありません。冷戦期のスターウォーズ計画にも無かったと思います。
これは凹面鏡衛星は実現しても実際は役に立たないということなのでしょうか?

Aベストアンサー

衛星軌道上に巨大な反射鏡を組み立てることは現在なら、技術的には可能なことでしょう。
その反射鏡をコンピュータ制御で角度を変え、集めた太陽光エネルギーを地上の一点に集中させれば兵器として十分通用するでしょうね。
ICBMとはことなり、事前に察知することもできず、焼かれる方は突然何が起きたのかもわからないうちに蒸発してしまうことでしょう。

ではなぜ作らないか?
あくまで思い付きですが・・・・。

まず、これをつくり運用する能力がある国は現在のところアメリカだけだと思われます。(ロシアには金が無い)
次に、たとえ作ったとしても、現在のような、対テロ作戦にはほとんど役にたちません。
アメリカと本気で戦争しようとする国があらわれない以上、この新兵器は費用対効果でみたら当然却下となってしまうと思われます。
北朝鮮が暴発して核戦争を仕掛けるかも知れませんが、そうなればアメリカはICBMをぶち込めば済むことです。反射鏡衛星の出番はないでしょう。

現に、第二次大戦時のドイツでも、その計画はそれほど優先度は高くなかったと思いますよ。それよりV2号をさらに改良して直接アメリカ本土を攻撃できるICBMが先決だったはずでフォン・ブラウン博士らが必死で研究していました。結局出来ませんでしたけどね。
そういった技術は戦後アメリカやソ連に引き継がれてミサイル軍拡競争になって行ったわけです。
破壊力を比べたらやはり核兵器でしょう。

衛星軌道上に巨大な反射鏡を組み立てることは現在なら、技術的には可能なことでしょう。
その反射鏡をコンピュータ制御で角度を変え、集めた太陽光エネルギーを地上の一点に集中させれば兵器として十分通用するでしょうね。
ICBMとはことなり、事前に察知することもできず、焼かれる方は突然何が起きたのかもわからないうちに蒸発してしまうことでしょう。

ではなぜ作らないか?
あくまで思い付きですが・・・・。

まず、これをつくり運用する能力がある国は現在のところアメリカだけだと思われます。(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報