人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

徳川幕府の歴代の将軍は、征夷大将軍であると同時に源氏の氏の長者の職にも任じられました。
この氏の長者の職について教えて頂きたいことがあります。
1.源氏の氏の長者の源氏とは、清和源氏だけのことでしょうか。
宇田源氏や村上源氏など他系統の源氏も含まれるでしょうか。
2.他の氏、藤原氏、平氏、橘氏などにも氏の長者はいたのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (6件)

まずは


徳川幕府の将軍全員が源氏の氏の長者になったわけではありません。秀忠はなっていませんので
1 源氏の氏の長者は源氏全体から選ばれるので「清和」源氏だけから選ばれるのではありません。
  本来は公家源氏がなっていたのを足利義満がなっていわゆる武家の源氏もなり始めました。それでも室町時代では久我家の当主もなっています。最後の源氏の氏の長者は久我建通です(久我家は村上源氏)
  くわしくは講談社新書 岡野友彦「源氏と日本国王」に記述されています


2 藤原氏は他の方が回答しておられますし、平氏は私はわかりませんので橘氏(それも江戸時代ですが)だけお答えします。
  江戸時代の橘氏の氏の長者は梅宮社の社家「橋本氏」がなっていました。(梅宮社は橘氏の始祖諸兄と嵯峨天皇皇后橘嘉智子ら橘氏4柱を御祭神として祀っています)ただ、朝廷からじかに任命されるのではなく、五摂家筆頭近衛家から任命されます。
  ここの詳しい経緯の出典は失念してしまいました。もうしわけありません。
    • good
    • 0

ご指摘ありがとうございます。


確かに長子相続が確定してない時代ですから、血統は関係ないですね。
兄の血統/弟の血統に関しては、私の知人(女)が「伊周さんがしっかりしてたらわが家が氏の長者なのに」--(確かに道長に出し抜かれない前提なら、本家は可能性ありだけど、あんた分家の分家(神社)の枝の枝じゃないの)とか紀宮さまのお相手として話題になった坊城さんをうっとりと見ては「わが家は坊門家の流れだから」--(坊門も「坊」の字がついて似てるようだけど違うような)、皇太子さまを見ては「世が世ならお知り合いになって・・・・。」---(皇太子様も美的感覚があるからムリムリ)
という事があってちょっと血統と「氏の長者」に興味を持ちました。

>平安末期に藤原本家が近衛家と九条家に分かれるまでは
これは興味があるので調べてみます
    • good
    • 0

#2です。


#3さん:
>まず氏の長者ですが、複数いる場合もあります。
>藤原氏:近衛家と九条家
氏の長者は、家じゃなくて人なので、それぞれ長者がいたということではなく、藤原氏の長者になれるのがこの二家に限られたと言うことだと思います。家毎にいたなら単なる家長(当主)です。摂政関白になれるのはこれ以外に両家の分家である鷹司・一条・二条家もあるので、摂政関白=氏の長者でないケースも増えたんでしょうね。
平安末期に藤原本家が近衛家と九条家に分かれるまでは、原則として(#2に書いた時期を除き)摂政関白=氏の長者だったんだろうと思います。

>足利氏は新田より血統的には下なのに、源氏の正嫡と言われるのもよく分からないことです。
長男が本家を継ぐとは限ってないので、本家を継いだ足利氏が分家した新田氏より領地も広く、鎌倉時代末の段階で一番勢力の大きい源氏の家柄だったので、他の武士が武家の棟梁と仰いだということでしょう。頼朝の家系と同じく、八幡太郎義家の子孫(新田氏もですが)というのもあるでしょう。
    • good
    • 0

これに関しては私もよく分からず、中間の回答になります。


まず氏の長者ですが、複数いる場合もあります。
藤原氏:近衛家と九条家

源氏も賜姓源氏(公家)と武家の源氏があり、前者で有名なのは村上源氏で氏の長者は久我家。
(頼朝などは武家の源氏で、村上源氏は久我以外に堀川・六条・岩倉・千種・中院・北畠・土御門が公家)

足利氏は新田より血統的には下なのに、源氏の正嫡と言われるのもよく分からないことです。

参考URLは結構面白い。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/catacow/rekisi/kizoku …
    • good
    • 0

「源氏の長者」で検索してみると、足利義満が、村上源氏系の久我氏から源氏の長者を奪ったと言う記述があるので、やはり同一時点では源氏の長者は一人だったのではないかと思います。

源氏の長者は淳和院・奨学院の別当も兼任することになっていたので、もし複数人が名乗っても両院の別当を兼任している人が、正当な長者ということだと思います。

長者は氏ごとにいたと思いますが、平氏・橘氏はあまり聞きませんね。藤原氏の場合は、相続争いで、氏の長者と、摂政関白が別の人であったこともあります(保元の乱の原因のひとつ)。
長者の権限としては氏族全体に伝わる資産の管理者だったと思います。(氏族の中でも特定の家だけに伝わる資産は除いて)
    • good
    • 0

下記サイトをみつけました。



村上源氏にも、氏の長者がいたようですね。
また、他の氏にも。

参考URL:http://powerplanet.at.infoseek.co.jp/junkdata/ba …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国時代に乗っていた馬

戦国時代に武将たちが乗っていた馬はテレビとかでみて知っている 大きなものではなく
ずっと体の小さな馬だったと聞いたことがあるのですが 本当ですか?

だとしたら 迫力なくてしょぼい気がしますが…

Aベストアンサー

毎度どうもね。

諏訪湖の辺りだったかな、場所はちょっとうろ覚えですが、あの武田家の領地から戦国時代の馬の骨が出土したそうです。かなり丁寧に埋葬されていたそうで、馬といえども大切に扱われていたことがうかがえるそうです。
その大きさは、ほぼポニーと同じ。幕末の写真を見ても平均身長150センチの時代にまたがったら足がつきそうなほどだったので本当に小さかったようですね。
また、戦国時代当時は蹄鉄がありませんでした。だから、ワラで作った沓を履かせていたようです。ゆえにあまり無茶はできません。実際問題、当時の宣教師が残したものには「ヨーロッパの騎士は戦闘になると馬に乗るが、日本の武士は戦闘になると馬から降りる」と書かれてあります。馬ってのは基本的にかなり「高級な乗り物」なんです。皮膚が弱いので衛生状態をよくして世話してやらないとすぐ皮膚病になるし、水をちゃんと飲ませてやらないと便秘になってフン詰まりで死んじゃう。はっきりいえば、人間より手間がかかるんです。

さて、その日本の馬のしょぼさが明治近代陸軍の最大の問題になります。馬が小さすぎて物資や大砲を引っ張る駄馬はもちろん、騎兵馬がどうにもならない。しかも日本の馬というのは当時去勢されてなかったそうで、優秀な軍馬を集めようと明治陸軍が馬を一堂に集めたら、牡馬が一斉に盛ってしまって収拾がつかない大混乱になったと記録に残っています。
そのため、日本の内国産馬の育成の奨励のため競馬が行われるようになりました。JRAは元々は優秀な軍馬を育てるために発足したのです。
日露戦争でも、コサック騎兵で有名なロシアの軍馬に比べると日本の馬はかなり見劣りしたそうです。そのせいか日露戦争では騎兵同士の会戦というのはほとんど行われていません。日本軍があえて回避したようです。遡って日清戦争のときは「騎兵がしょぼい」のが悩みだったようです。
なにしろ、幕末の日本馬でもポニークラスなのに、それよりやや時代が古いナポレオンの軍隊の騎兵馬ときたひにゃ体重が800キロくらい(ちなみに今のサラブレッドが500キロくらいです)、こんなに大きな馬は日本ではばんえい競馬くらいです。重さ800キロが時速40キロくらいで突っ込んでくるんですから、ほとんど軽自動車が突っ込んでくるようなもんですわ。それを肉体で受け止めるスコットランド歩兵もどうかと思います。ワーテルローのネイ将軍の突撃は、さぞや迫力があったと思いますよ。

毎度どうもね。

諏訪湖の辺りだったかな、場所はちょっとうろ覚えですが、あの武田家の領地から戦国時代の馬の骨が出土したそうです。かなり丁寧に埋葬されていたそうで、馬といえども大切に扱われていたことがうかがえるそうです。
その大きさは、ほぼポニーと同じ。幕末の写真を見ても平均身長150センチの時代にまたがったら足がつきそうなほどだったので本当に小さかったようですね。
また、戦国時代当時は蹄鉄がありませんでした。だから、ワラで作った沓を履かせていたようです。ゆえにあまり無茶はできませ...続きを読む


人気Q&Aランキング