学生時代に鳥取にある三仏寺に参詣し、投入堂まで登りました。
それ以来あの建物の謎にとても関心があります。
とくに建築方法については、いろいろ調べてみたのですが、イマイチ納得できるものが見つかりません。

建築の専門家の方にお聞きしたいのですが、

1.投入堂は本当に、どのように建てられたのでしょうか?当時において足場はどうやって作ったと思われますか?
2.全体を支える柱は、岩場のくぼみにちょこんとのっているだけのようなのですが、あれで1000年近く大丈夫だったとは。地震や台風だって何度もあったでしょうに。いまだに信じられません。現代の土木技術からみてどのような感想を持たれますか?
3.投入堂もびっくりですが、途中にある鐘楼なども驚異です。あんな大きな鐘を、急斜面で足場もないのに人力でひっぱりあげることは可能なんでしょうか?
4.もし今の技術で同じものを作ることになったら、可能でしょうか?深い山奥で重機やクレーン車が入れないという前提でいかがでしょう?

いろいろ質問してすみません。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

三徳山三佛寺・投入堂は、日本一危険な国宝といわれ有名な建築物のため、海外からも高い評価をうけているようです。


登山客の事故も多いので気をつけたほうがいいですね。

・三徳山三佛寺・投入堂 口コミ・写真・地図・情報 - トリップアドバイザー
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g11 …

A 回答 (1件)

同じような興味を持った人がいてCGを駆使して薀蓄を傾けています。


是非一度目を通されることをお勧めします

投入堂 完全解剖【CG】 | Kazz zzaK(+あい。)
kazzzzak.blog74.fc2.com/blog-category-16.html

足場については大正時代の修理の際に使われた足場の写真があります

三徳山を守る会 会報[第10号](PDFファイル1.5MB)
www.pref.tottori.lg.jp/secure/458939/kaiho10.pdf

上記のサイトの本文中の(大正三年に始まった「三徳山三佛寺」の」修理設計書に書かれている事)の記事の添付写真として当時の足場の様子がわかる写真があります。
大正時代には現在のような重機の類はありませんでした。

1.岸壁に張り付くような寺院建築物というのは国内の各地に沢山あります。
海外のものとしては古代中国の石窟寺院などが有名です。
基本的な構想はおそらく中国伝来でしょう。

日本の懸造り
www.geocities.jp/kakezukuri/
各地の事例の紹介や様式を分類しています。

2.日本の古建築と呼ばれる寺院などの木組みには独特の手法があります。
組み上げる際にキチキチに組まずに、わずかに余裕をもたせて、ある意味ではぐらつくように組み上げてあります。
地震などの際に、この余裕部分がずれることで振動を吸収して建物全体が崩壊することを避けるようにしてあります。
上記のCGにも一部紹介されています。
この余裕をどこにどのようにどれだけとるのか、というのが宮大工の腕です。
ガチガチに組み上げて強度だけで地震に耐えようとする西洋建築の考え方とは基本的に異なります
古建築物で釘を使わないというのもこの考え方に基づいたものです。
まぁ~自然と共生する日本人の考え方と、なにがなんでも自然を克服するキリスト教文化圏との考え方の違いでしょう。

「現代の土木技術」とはどういう技術とお考えでしょうか
西洋建築に基づいて作られた建築基準法がトラブルを引き起こしたことがあります。
法隆寺などの解体修理の際に、建築基準法に基づいた構造梁を入れろと役人が言って解体修理が一時中断したことがあります。
現在は柔軟な対応になっています。
五重塔に使われていた技術は近年見直されて高層ビル建築にも積極的に取り入れられています。

明治時代の修理の際に鉄骨が組み込まれているのが見つかり、調べてみたら建物の寿命を短くしてたことが分かったケースもあります。
平成の修理の際に、その鉄骨も歴史遺産の一つと看做して建物への影響が少ないようにして温存したそうです。
日本人は器用なことをやります。

日本建築の特徴は下記のサイトをご参照ください

木造在来構法 - 一般財団法人住総研
www.jusoken.or.jp/pdf_paper/1983/010-03.pdf


3.人手をかけて少しづつ引き上げれば充分可能です。
寺院建築などの場合には完成を目指すだけではなく、作る過程も一つの行事と考える考え方があります。
過程を少しづつ積み上げた結果で建物が出来上がってしまい、もうやることが無くなったという考え方です。
これの思考方法というか物作りの捉え方は、現在の模型マニアにもよく見受けられます。
作る過程が楽しみで、出来上がると余り興味を示しません。
模型マニアがやたらに沢山似たようなものを部屋中に積み上げてあるのはこの為です。
何がなんでも重機を使って納期どうりに作り上げて、できたものを利用するという考え方とは異なります

重量物を移動させる技術というのは古来世界中にあります。
時間と労力(人手)をかければ解決できます。
時代は下りますが、大阪城の石垣の石も半端な大きさではありません。
人力だけで運んできて据え付けて組立ました。
二又とかボウズとか呼ばれる梃の原理を利用した簡易クレーンのようなものは古くからありました。
現在も小型のものは植木屋さんなどが現場で組み立てて使っています

人力による運搬組立て工法の手引 - 日本造園組合連合会
jflc.kir.jp/media/niwa_navi/20120330_1246_33_0706.pdf

4.経済効率がどうの納期がどうのという考え方をしなければ、現在でも充分可能です。
木組みの技術は幸い継承されています。
かつての宮大工の組織をゼネコンの企業体制に組み込んで運営しいる大手ゼネコンが健在です。
薬師寺などの再建や各地の国宝や文化財の修復に大忙しです。
ただ企業経営という観点からは同業他社よりも業績が見劣りします。
今後は経済効率だけが企業の社会的責任ではなくなるでしょうから、将来も大切な会社とされるでしょう

木造建築の解体修理という考え方がキリスト教圏の人々には理解しにくいようで、法隆寺が世界遺産に登録される際にあーだのこーだのと議論が延々と続いたようです。
建て直したものはダメという単純なものの考え方を変えさせるのに苦労したようです。

それにしましてもご質問の投げ入れ堂はアイディアの勝ですね。
一見すれば、人智を超えた力でエイヤと崖に放り上げたとしか見えません。
文字通り神業に見えて、ありがたいお寺として尊崇されたことでしょう。
現代も人々の関心を引き付けています。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

大変遅くなりましてすみません。
詳しく教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/27 21:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q投入堂へのルートを教えてください

鳥取県にある安蔵森林公園オートキャンプ場へ宿泊することになりました。次の日は三徳山を訪れる予定なのですが、地図を見たところキャンプ場と三徳山は直線距離は近いように感じるのですが、三徳山方面へ抜ける道はあるのでしょうか?よろしくお願いします!

Aベストアンサー

http://www.highlight.jp/mitokusan/index.html

ここの投げ入れ堂の売っている写真を見れば解りますがとても道路が有るような所ではないです。

また川原町経由で広域農道から県道33号線の子鹿渓谷を抜ける道も有りますが、こちらもこれからの時期に大雨が降れば土砂崩れなどの心配もあり、また広域農道は道路も広いですが県道33号は1車線の所が多くなれない人には厳しいかも・・・

何度かその辺りは走っていますがそれ以外の道路は知りませんから何とも言えませんが、河原町から広域農道に向かえば標高も1000メートル程度の所を超えます(手持ちの高度計で計測)逆に鹿野方面は全く知りませんから、もしかしたら良いルートが有るかも知れません。

広域農道を厳しいのを覚悟で走るのでしたら途中に高山などの名水もあり私はそれを楽しみにして行きます、なお、事前に良く調べないと通行止めに成っている可能性も時期に寄れば有ります(以前も数年通れなかったみたいです)都市部の方でしたら勧めません(AUは繋がりますがトラブルと大変です)

なお、正式な広域農道の名称は失念しました、また今年は冬季閉鎖から行ってないため道路状態は全く解りませんのでそのおつもりで・・・

後は他の詳しい方がいれば良いのですが・・・

http://www.highlight.jp/mitokusan/index.html

ここの投げ入れ堂の売っている写真を見れば解りますがとても道路が有るような所ではないです。

また川原町経由で広域農道から県道33号線の子鹿渓谷を抜ける道も有りますが、こちらもこれからの時期に大雨が降れば土砂崩れなどの心配もあり、また広域農道は道路も広いですが県道33号は1車線の所が多くなれない人には厳しいかも・・・

何度かその辺りは走っていますがそれ以外の道路は知りませんから何とも言えませんが、河原町から広域農道に向かえば...続きを読む

Q建築の技術職とは一体どのようなものでしょうか? また、技術職には研究・開発職も含まれるのでしょうか?

建築の技術職とは一体どのようなものでしょうか?
また、技術職には研究・開発職も含まれるのでしょうか?

私は大学の建築学科3年で今、業界研究や企業研究をしている最中です。

就職活動をする上で、建築に関する役立つ情報などがございましたら、それも踏まえてご回答お願い致します(_ _)

Aベストアンサー

建築の技術職といっても設計と施工、メーカー、HMで中味は違います。

設計関係ではかなりの大手でも研究開発部門は単独ではないと思います。(物件毎にメーカーやゼネコンとの共同はある)
設計はある意味物件毎に研究開発しているような感じがあるのですが、物つくりでは別の研究開発があり(新工法等々)
大手ゼネコンでは研究開発部門があるようですし大手メーカーには必ずあると思います。
ハウスメーカーも大手なら研究開発部門があると思います。
でも就職でそれらの企業狙っても必ずその部門に配属とは限りません、異動も多いと思います。
その辺も踏まえて就活して下さい。

Q投入堂に行こうと考えています

鳥取の国宝投入堂に行こうと考えているのですが、下のサイトではJR倉吉駅からバスで40分と書かれていますが、投入堂行きのバスがあるのでしょうか?
  http://yokoso.pref.tottori.jp/dd.aspx?itemid=1471
また、投入堂まではかなり急な坂を登らなければいけないらしいのですが、経験者の方はやはりきつかったですか?教えてください

Aベストアンサー

バスは分かりませんが、投入堂は補助用の鎖で登る所もあります
細い尾根を渡る所もあります
軽装と言うより、履きなれたアウトドア系の靴と汚れても良い服装で登山してください
登山自体はたいした距離ではありません
でも十分ご注意を
お堂で安全祈願のたすきを掛けるんだったと思いますw

Q高校一年生男子です 将来建築家になりたくて建築学科に行きたいんですけど美大の建築学科と理工学部の建築

高校一年生男子です
将来建築家になりたくて建築学科に行きたいんですけど美大の建築学科と理工学部の建築学科では何が違うのですか??
あと美大の建築学科は入試で何の教科を行いますか??実技とかありますか??

Aベストアンサー

基本的に建築士の受験資格として、修得しなければならない指定科目については、工学部でも美大でも違いはありません。(一級建築士を大学卒業後2年の実務経験で受験したい場合は、指定科目60単位の修得が必要です)
美大の場合は、その性格上、デザイン重視の教育を行っている場合が多いでしょう。(最近はデザインスタジオ制をとる工学部の建築学科も増えているので、必ずしも美大だけの特徴とは言えません)
また、美術系の他学科の授業を履修する事も可能な場合が多いです。
工学部の場合は、逆に工学的授業が充実している例が多いです。
工学部の他学科の授業を履修する事も可能な場合が多いです。
入試に関しては、美大の場合はデッサンなどが受験科目に含まれている場合が多いですが、建築が工学的要素が必要な事から、デッサン以外での受験も可能としている大学もあります。
工学部では、現在は早稲田大学の創造理工学部建築学科は、空間表現という名称の科目で、デッサンなどの試験を行っています。
昔は、工学部でもデッサンの試験を行っている大学がありましたが、現在は早稲田大学だけでは無いでしょうか?

Q京都から鳥取へ(鳥取砂丘、投入堂、境港へ)

京都から鳥取へ土日で1泊二日の車での旅行を計画しています。
あまり運転が得意でない、女二人の旅行なので
余裕を持って廻りたいのでアドバイスお願いします。

鳥取砂丘、投入堂、堺港へ行きたいです。

一日目
午前中に高速道路の中国道路→米子道路を使って一気に、堺港へ。
高速ナビで検索したら4時間ぐらいでした。
水木しげる館へ行って、水木しげるロード散策。

その後、三朝温泉へ移動して1泊。

二日目
朝9時頃出発。
三朝温泉の宿から、車で30分の投入堂へ。登山のような所です。
往復2時間を見て投入堂を登る。

その後、鳥取砂丘へ行って京都へ戻る。

質問。
境港-倉吉-鳥取と海沿いの9号線を通るルートがありますが
この道は渋滞はないような道でしょうか?
通常ルートと考えていいですか。

長距離運転になるので、公共交通機関を利用しようと思ったのですが
乗り換えに時間がかかるようなので辞めました。
しかし、実際に上手く時間を見れば車でなくても行けるような所
ばかりでしょうか?

Aベストアンサー

車があった方が良いと思います。

米子から境港に向けては、交通量は多いのですが、渋滞はあまりしません。

米子インターをおりたところで、お城のようなものが見えます。
これは、お菓子のテーマパークのようなもので、立ち寄られるとよいです。
http://www.okashinet.co.jp/kotobukijo/

お菓子も各種ありますし、ここで作っているものもありますが、
ここで販売している鯖ずしはとてもおいしいです。
もともとは米子の駅弁だったものですが、駅弁にしてはお値段が高い・・・。
週刊文春で立川談志が紹介していたのをみて購入したらとてもおいしかった。
http://www.komego.co.jp/gozaemon/

境港に向かって、左側の日本海という店が、魚料理が安くておいしかった。
店内に生簀があり、新鮮です。
http://r.tabelog.com/tottori/A3103/A310301/31000184/

境港の峰という店も、新鮮でおいしいのですが、いつも混んでいるイメージです。

鳥取砂丘ちかくに、カロという町があり、市場があります。
最後の買い物にいいですよ。
http://www.karoichi.jp/

車があった方が良いと思います。

米子から境港に向けては、交通量は多いのですが、渋滞はあまりしません。

米子インターをおりたところで、お城のようなものが見えます。
これは、お菓子のテーマパークのようなもので、立ち寄られるとよいです。
http://www.okashinet.co.jp/kotobukijo/

お菓子も各種ありますし、ここで作っているものもありますが、
ここで販売している鯖ずしはとてもおいしいです。
もともとは米子の駅弁だったものですが、駅弁にしてはお値段が高い・・・。
週刊文春で立川談志が紹介してい...続きを読む

Q建築学科2年の学生ですが・・・

建築ってものが、わかりません。(むしろ、入ってからのがわからなくなったような…)知識不足は、わかっているんですが、何をしたらいいのかもわからず、1年過ごしてしまいました。そこで、お願いがあります。建築学を学ぶ上で、これは、知っておかなきゃいけないだろ?という建築物や、人、構造やためになる本、ためになるホームページetc…を教えてやってください   (m。_。)m オネガイシマス

Aベストアンサー

あなたは、将来何を仕事にしたいのでしょうか?
今、貴方のように大学にはいったけれど、やりたいことがわからない、4年間過ごして卒論テーマも何にしていいかわからない、おおインですよ。
多いからいいってわけじゃなく、こまった現象だということです。
まず、興味を持つことが出来ず、そのまま4年間過ごすのも苦渋の期間でしょうし
無駄な期間でしょう。学部をかわるか、大学をかわるしかないでしょう。
ここで、建築の参考になるといっても分野は広いし、人の財産となり、命を守る
そして、機能的で美しくというのが、建築のテーマだと思うのですが
自分は、基本的に最先端の建物は興味が湧かず、もっぱら、文化財の方に興味を持って、文化財保存の仕事につきたいと思ったのですが、親元を離れるわけにいかず
地元の建設会社に入りましたが、いまでも古い建築には興味を持ちつづけています。
仕事で,寺社や数寄屋の建物を設計する機会もあり、かつての知識が役立った思いです。
建築は広い意味、周囲の環境との調和も問われ、その環境を守るための取り組みを
することもあります。
建築には、国内外をとわず、人体モジュールといったものが、あります。
日本建築の場合、江戸時代には、畳、襖、障子等、規格化されわりとどこの長屋にいってもあうように作られていたりしました。
人間の背の高さ、広げた手の幅を元に、効率的な生活が送られるように、モジュールが生まれてきたのはいうまでもありません。
現代日本ではそのモジュールが乱れ始め、生産効率がいちぢるしく悪くなってきています。
今は、バリやフリーなどといって、高齢者、子供、障害者に使いやすく建物や、設備、都市環境を整えるようになってきました。
そこで、車いすが通ることができる、廊下の幅や、段差など新しいモジュールが生まれてきました。
 数寄屋建築は、うっかりすると、古めかしい建物で、自然の素材を巧みに組み合わせたつくりや色使いと考えるかも知れませんが、江戸の当時は、最先端の素材を使い大胆な構図をつかった演出で、人々を驚かせる建物であったようです。
 それをいえば、建築物とは、その時代その時代の先端技術が結集したものかも
しれませんね。
 今では、大多数の国宝寺院は黒っぽくあせた木部の色合いですが
かつては、朱の柱に白壁、蒼瓦。金の飾りもまばゆいばかり、絢爛豪華な装飾の
ものが多くありました。
 今の私たちの感覚とは随分違っていました。
おそらく、半島や大陸の最先端の技術を結集したのでしょうね
あなた自身が建築に興味は湧きませんか?ふとした生活の中で、貴方が興味もつ物を探して下さい。
あまりにも、なにげなく当然のようにやりすごしていないでしょうか?
頑張れ!!

あなたは、将来何を仕事にしたいのでしょうか?
今、貴方のように大学にはいったけれど、やりたいことがわからない、4年間過ごして卒論テーマも何にしていいかわからない、おおインですよ。
多いからいいってわけじゃなく、こまった現象だということです。
まず、興味を持つことが出来ず、そのまま4年間過ごすのも苦渋の期間でしょうし
無駄な期間でしょう。学部をかわるか、大学をかわるしかないでしょう。
ここで、建築の参考になるといっても分野は広いし、人の財産となり、命を守る
そして、機能的で...続きを読む

QGWに投入堂・石見周辺の渋滞は?

地域別のカテが出来たのでそちらに質問立てたのですが
全く情報がないので従来あるこちらのカテで質問させて頂きます。

タイトル通りですがGWに投入堂・石見銀山に
行きます。
石見銀山は交通規制をするなど一応HPなどで
いろいろ情報は収集していますが
例年投入堂や石見周辺は渋滞ってしますか??
だいたいこんな感じって程度でもいいです
ご存知の方どうぞ情報を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

投入堂・石見銀山ともに渋滞の心配はないものと思われます。ただし両方共に道が狭く駐車スペースも少ないですので、路上にクルマがあふれるおそれはあります。特に石見銀山は世界遺産指定を控え観光客の増加は必至ですので。

それより問題なのが投入堂と石見銀山の間の移動です。日本海沿いの国道9号を走りますと出雲市内で慢性的な渋滞に巻き込まれるのは必至です。米子道~中国道~浜田道と走れば渋滞知らずです。でも結構時間かかりますよ。

Q建築学と建築工学の違い。

建築学と建築工学の違いを教えてください。
どのような人が建築/建築工学に向いているのか、
将来の仕事の違い、etc.

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

広い意味では、ほぼ同じ意味合いです(建築工学ではなく、建設工学となると土木系の意味合いが強くなりますが)。狭い意味では建築学は建築に関する芸術的・工学的学問全体を示し、建築工学は工学的な学問ということです。
でも最近はデザイン工学というように意匠的な面も工学の分野としてとらえることもありますので、ほとんど意味合い的な差はないと思います。

大学の学科の名称のことでしたら、芝浦工大や昔の千葉大学には同じ工学部で建築学科と建築工学科の2つありましたが、基本的には同じような内容で、建築学は意匠的な授業が多くなっていたようですが、就職先などの傾向は変わらなかったと思います。
他の大学では単に名称の違いだけのようです。

将来の仕事の違いは最終的に選択する研究室・専門による影響が大きいと思います。

なお、建築(工)学科については工学部がほとんどですが、芸術学部などにあることもあります。この場合は工学的な授業は少ないようです。

Q投入堂の建て方

この投入堂はどうやって建てたのでしょうか?
建築の専門家の方々、どうやって建てますか?
http://homepage2.nifty.com/kaopi/tabinageiredo.htm

Aベストアンサー

参考に。
投入堂修復工事
http://www.izanro.co.jp/news/archives/2006/04/post_20.html

参考URL:http://www.izanro.co.jp/news/archives/2006/04/post_20.html

Q建築学、建築家について教えてください!

僕は、現在高校一年生で大学の進路を考えているんですが調べるうちに建築学に興味を持ちました。とくにひかれたのは意匠設計についてです。そこでいくつか質問があるんですが

1、建築学というのは具体的にどのような授業を行っているんでしょうか。(たとえば計算や製図が主だとかデザインをするとかでしょうか)

2、建築学を学ぶのにいいとされている大学(できればある程度有名な国公立でおねがいします。わがまま言ってすみません・・・)はどこなのか。京都大学はどうでしょうか?

3、どうすれば、巨大なビルや、駅などの設計に携わる人間になることができるのか。

4、やはり現実的に考えれば仮に有名な大学、大学院で学んだとしても上記の3のようなことや、独立して事務所を構えることは難しく会社に就職し、あまり自分の思った通りの設計をしたりすることはなかなか難しいものなのか。

5、有名な建築家たちはどのようにして3、や4のようなことをできる様になったのか。

色々とあってすみません。しかし将来のことなので入った後で後悔したくないんです・・・ どれか一つでも、どんなことでもいいのでだれか教えていただけないでしょうか??おねがいします!

僕は、現在高校一年生で大学の進路を考えているんですが調べるうちに建築学に興味を持ちました。とくにひかれたのは意匠設計についてです。そこでいくつか質問があるんですが

1、建築学というのは具体的にどのような授業を行っているんでしょうか。(たとえば計算や製図が主だとかデザインをするとかでしょうか)

2、建築学を学ぶのにいいとされている大学(できればある程度有名な国公立でおねがいします。わがまま言ってすみません・・・)はどこなのか。京都大学はどうでしょうか?

3、どうすれば...続きを読む

Aベストアンサー

東大建築を出た一級建築士です。
しかし意匠設計はやっていません。

1.講義については、シラバスを見ればわかります。
計画、構造、設備系の講義を満遍なく受けることになります。
https://www.ets.t-adm.t.u-tokyo.ac.jp/todaien/pdf/syllabus/JCodeIchiran_0314_1.html

東大の場合は進振りがあるので2年の冬学期からとなっています。

2.東大と早稲田が双璧です。日本の建築界をリードしています。
他の国公立ならやはり東工大と旧帝大。京大に行けるなら東京進出を
狙うほうがいいかもしれません。建築は都市型なので情報量が違います。
日大も強いですが建築というより建設業に強い。

3.大きな建築物なら、意匠や計画系の研究室を経て大手設計事務所
(日建設計や三菱地所設計など)に入るのが最もメジャーです。しかし
それにもやはり学歴はモノをいう。

4.大手事務所に入るのは有名大を出れば難しいことではない。
しかし独立は難しいですよ。スタッフまで食べさせられるようになる
には、芸能人やプロスポーツ選手になるのとあまり変わらないのでは。
営業力も必要なのでブレーンが要る。そこで東大や早稲田など
各界にOBがいる大学のほうがいろいろ「便宜が図れる」わけです。

5.まず、『若いころの薄給を覚悟すること』。それだけの資産があることと
言い換えてもいい。大手はそれなりの待遇ですが、有名建築家で大手事務所を
経た人はそんなに多くない。アトリエ系の個人事務所で修行をするのです。
「40歳デビュー」とも言われます。

あとはコンペに積極的に参加すること、それには学生時代から始めて
名を売るのが常道です。ひとりの図抜けた才能というよりチームで
取り組むことが多いので、寝食を忘れて設計行為に打ち込める、
同じ志の友人をどれだけ募れるかにもかかっているでしょう。著名建築家は
筆力もある(私はある種の思想家だと思う)ので、作品を見に行くと共に
著作を読むと、彼らがどうやって今の位置にいるかがわかってきます。

建築は今後とも斜陽産業(負け組確実)なので、身を投じる場合は
それなりの覚悟が必要です。好きなら続けられますが。

東大建築を出た一級建築士です。
しかし意匠設計はやっていません。

1.講義については、シラバスを見ればわかります。
計画、構造、設備系の講義を満遍なく受けることになります。
https://www.ets.t-adm.t.u-tokyo.ac.jp/todaien/pdf/syllabus/JCodeIchiran_0314_1.html

東大の場合は進振りがあるので2年の冬学期からとなっています。

2.東大と早稲田が双璧です。日本の建築界をリードしています。
他の国公立ならやはり東工大と旧帝大。京大に行けるなら東京進出を
狙うほうがいいかもしれま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング