『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

A 回答 (8件)

※現在の中学社会・歴史分野 文科省検定済み教科書


【東京書籍】

「戦火は中国北部から中部に拡大し、日本軍は、同年末に首都の南京を

占領しました。その過程で、女性や子どもなど一般の人々や捕虜をふくむ

多数の中国人を殺害しました(南京事件)。」

「この事件は、南京大虐殺として国際的に非難されましたが、日本の国民

には知らされず、戦後の極東国際軍事裁判(東京裁判)で明らかにされま

した。被害者の数については、さまざまな調査や研究が行われていますが、

いまだに確定していません。」(側注)

【日本文教出版】

「日本軍は、各地ではげしい抵抗にあいながらも戦線を広げ、12月に

占領した首都南京では、捕虜のほか、婦女子を含む多数の住民を殺害しま

した(南京事件)。」



【帝国書院】

「南京では、兵士だけでなく、女性や子どもをふくむ多くの中国人を殺害し、

諸外国から『日本軍の蛮行』と非難されました(南京虐殺事件)。しかし、

このことは戦争が終わるまで、日本国民には知らされませんでした。」

【教育出版】

「12月に占領した首都の南京では、多数の捕虜や住民を殺害し、国際的な

非難を受けました(南京事件)。」

「この事件は、当時の国民には知らされず、戦後になって明らかにされま

した。」(側注)

【清水書院】

「この戦争での中国の民衆の被害は非常に大きかった。広大な中国大陸で

作戦を展開して十分に補給を受けられなくなった日本軍の部隊は、中国人を

労働力として徴発し、食料・物資の略奪もおこなった。また、敵がひそんで

いるとして民家を放火したり住民を殺すこともあった。南京占領の際は、

兵士のほか、捕虜や武器を捨てた兵士や老人・女性・子どもを含む非戦闘員も

無差別に虐殺され、国民政府の臨時首都がおかれた重慶への空爆でも多数の

民間人が犠牲となった。」

「南京大虐殺とよばれる事件。諸外国はこの南京大虐殺を強く非難したが、

軍の統制を受けた報道によって当時の日本人はこの事実を知らなかった。」

(側注)

【自由社】

「日本軍による南京占領の際に、中国の軍民に多数の死傷者が出たことが、

のちに『南京事件』として宣伝されるもとになった。」(側注)

【育鵬社】

「このとき、日本軍によって、中国の軍民に多数の死傷者が出た(南京事件)。

この事件の犠牲者数などの実態については、さまざまな見解があり、今日

でも論争が続いている。」(側注)

・「大」や「虐殺」かは、ともかく、そういうことがあったことは確かだろう。

しかし、数万数十万殺されたというのは妄想としか、いいようない。\(^^;)...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報ありがとうございます。私の時代より今のほうが教科書がオープンになっているので安心しました。

お礼日時:2015/01/04 20:39

高2の世界史などで勉強すると思います。



■南京事件について。
いわゆる中国の主張する南京虐殺はなかったというのは明らかになっていますが、日中事変そのものが、戦争状態ではないので、戦争という主張そのものが日本の誤用です。

日中事変は、事変であって、戦争ではないのです。
※同じ意味で、日華事変や太平洋事変があります。
第二次対戦そのものが、戦争に至らない”武力衝突”です。
なのでせいぜい紛争です。
しか~し!
日中事変については、日清戦争後からの連綿たる国家テロ行為です。
下関条約に不服だった軍閥が、抗日運動と称してその都度日本軍へ散髪な攻撃をしました。
その結果、日華事変、南京事件、盧溝橋事件、北平事変。第一次上海事変、第二次上海事変、南京攻略、武漢攻略・・・とその都度、何度か停戦協定を行っています。

これらを事如く″反故”にしてきたのが中国です。
これらのテロ行為で、その都度停戦までに戦死した者の数=虐殺と称しています。

捕虜が殺された件は、少なからずあったでしょう。
しかし、それは裏を返せば、条約を守らない国家起因すると思われます。
あれだけ条約を無視すれば、相応の対応でしかるべきです。
同じ論理で、米軍が現在イスラム国を空爆しています。
その前はイラクを滅亡させました。

日本も同じように、占領しても市民は殺しませんでした。
一時的に、南京攻略戦に於いて、停戦交渉の関係上、補給がままならない状況で南京城を早期攻略したので、物資(食料)を現地調達しました。
これを11軍司令も悔やんでいました。
なので自身の回顧録でそう記載しています。
南京虐殺支持派は、これらを虐殺の証拠としていますが、指令はあくまでも”食料を奪った行為”を反省しているだけです。
それを問われても仕方ないと。
しかも、中国側が南京虐殺を訴えてきたのは、朝日新聞の本多記者の南京大虐殺報道があってからです。
その後の経緯で、これらの朝日新聞の記事に使われた写真が、すべて日華事変以前の日本軍と中国人の日常をルポしたアサヒグラフの写真の使い回しだったことがバレました。
本多記者は、キャプションの誤用だと言い逃れましたが、この件依頼、朝日新聞もあまり取り上げなくなりました。
もうさすがにヤバイと感じたのでしょう。
これ以上やっては、慰安婦の二の舞ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。ご回答を目にした若者が、この問題への興味を強めると思います。

お礼日時:2015/01/04 20:59

>またみなさんは、この件をどう思われますか。


大きな戦いがあり、多くの人が犠牲になったのは間違いないでしょう

「南京事件」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC% …

なぜ犠牲が多くなったのか?も一緒に知る必要があります
(中国軍は非合法な便衣兵を使っていたなど)
上記はWikipediaのリンクですが、良ければ記事を一度読んでみてください。

極端に多い犠牲者の数については、貧弱装備の日本兵がどうやってあんなにたくさん殺せたのか?
死体が少ないのはどうしてなのか?など不自然な疑問も残ります


でも一番思うのは、中国政府の日本口撃のためのプロパガンダなんだろうなって事ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この問題に関しては、ご回答者それえぞれのお考えがあるようですね。思いの他多くのご回答をいただき光栄
です。

お礼日時:2015/01/04 20:55

中学、高校で教えられるかどうかは知りません。




>またみなさんは、この件をどう思われますか。

南京大虐殺に関しては全く証拠がありません。中共は20万人とか30万人とかが
虐殺されたと主張しますが、遺骨などは出てきません。
「大虐殺」の証拠とされる写真については、全く無関係なものや捏造されたものばかりで
全て関連が否定されています。中共でも以下の通りです。

南京大虐殺記念館、信憑性乏しい写真3枚を撤去
http://web.archive.org/web/20081218212930/http:/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これから先、事はますます立証不可能になっていくのでしょうね。

お礼日時:2015/01/04 20:49

便衣兵狩りと、それに伴って便衣兵に間違われた民間人の殺害はあったんじゃないかと思います。

でもそれは「南京事件」とするのが適当かと思います。

中国側が主張するようなウン十万人とかのレベルの大虐殺の証拠は無いのだから「南京大虐殺」と教科書に記載するのは良くないと思います。

私も「南京大虐殺」が何なのかという事に関心がありますが、なにぶん素人ですし自ら一時資料を探しに調査するわけにもいかないし、本を読んでも研究者によって意見が割れているしで、真実にはとても到達できません。ただ、政治的な駆け引きのための論争ではなく、冷静な学術的な研究を進めてもらいたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

賛成です。歴史認識が政治的思惑でゆがめられるのはマズいと思います。

お礼日時:2015/01/04 20:47

中国は、数か月に亘って日本軍は中国人を虐殺した、と言っています。


それに対して、或るアメリカ人が、友人の中国人に、「そんなに時間があれば、中国軍は何処にいても虐殺を防ぐために駆けつけることができたはずだ」「中国軍は、何処で何をしていたのか?」と訊いたそうです。
その中国人は思いがけない質問に驚き、調べてみたが、中国軍が何処で何をしていたのか、ということは分からなかったそうです。
資料もない・・・。
これは何を意味しているのか?
興味深い話しです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろな御立場がありますね。

お礼日時:2015/01/04 20:45

Q1、<南京大虐殺>の件は中学、高校で教えられますか?


A1、以下の通り。

【東京書籍】

戦火は中国北部から中部に拡大し、日本軍は、同年末に首都の南京を占領しました。その過程で、女性や子どもなど一般の人々や捕虜をふくむ多数の中国人を殺害しました(南京事件)

【日本文教出版】

日本軍は、各地ではげしい抵抗にあいながらも戦線を広げ、12月に占領した首都南京では、捕虜のほか、婦女子を含む多数の住民を殺害しました(南京事件)。

【帝国書院】

南京では、兵士だけでなく、女性や子どもをふくむ多くの中国人を殺害し、諸外国から『日本軍の蛮行』と非難されました(南京虐殺事件)。しかし、このことは戦争が終わるまで、日本国民には知らされませんでした。

【教育出版】

12月に占領した首都の南京では、多数の捕虜や住民を殺害し、国際的な非難を受けました(南京事件)

【清水書院】

この戦争での中国の民衆の被害は非常に大きかった。広大な中国大陸で作戦を展開して十分に補給を受けられなくなった日本軍の部隊は、中国人を労働力として徴発し、食料・物資の略奪もおこなった。また、敵がひそんでいるとして民家を放火したり住民を殺すこともあった。南京占領の際は、兵士のほか、捕虜や武器を捨てた兵士や老人・女性・子どもを含む非戦闘員も無差別に虐殺され、国民政府の臨時首都がおかれた重慶への空爆でも多数の民間人が犠牲となった

Q2、みなさんは、この件をどう思われますか?
A2、三笠宮崇仁親王の思いに共感します。

最近の新聞などで議論されているのを見ますと、なんだか人数のことが問題になっているような気がします。辞典には、虐殺とはむごたらしく殺すことと書いてあります。つまり、人数は関係ありません。私が戦地で強いショックを受けたのは、ある青年将校から「新兵教育には、生きている捕虜を目標にして銃剣術の練習をするのがいちばんよい。それで根性ができる」という話を聞いた時でした。それ以来、陸軍士官学校で受けた教育とは一体何だったのかという懐疑に駆られました。
また、南京の総司令部では、満州にいた日本の部隊の実写映画を見ました。それには、広い野原に中国人の捕虜が、たぶん杭にくくりつけられており、また、そこに毒ガスが放射されたり、毒ガス弾が発射されたりしていました。ほんとうに目を覆いたくなる場面でした。これごそ虐殺以外の何ものでもないでしょう。
(三笠宮崇仁親王)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答に感謝申し上げます。三笠宮のご発言は初めて知りました。

お礼日時:2015/01/04 20:43

かつては「南京大虐殺があった」と教えられていたように思います。


今は「あったという説がある」という表現ではないでしょうか?

「三光作戦」など日本人の語感イメージと違う名称がついていて、
30万人という数字も眉唾ものです。
ただし、当時の日本人は中国人を蔑視していて、いくつかの街で
小規模な虐殺はあったのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/01/04 20:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体部品、半導体製造装置とは

半導体製造装置とは、半導体部品(トランジスタなど)又は半導体装置の製造装置のことですよね。

だとしたら、なぜ、「半導体部品(又は半導体装置)製造装置」といわないで、
「半導体製造装置」と言っているのでしょうか?

Aベストアンサー

シリコンウェーハなどの材料基板上に半導体素子(デバイス)を形成する機械が「半導体製造装置」であり、切り出してパッケージングして「部品」にする機械とは違うと思いますよ。
パッケージングまで一気にしてしまう設備もあるかと思いますが、それは各装置の集合体であって、工程によって呼び名は変わるものかと思います。

Q南京大虐殺事件にはなぜ負傷者がいないのか?

秋葉原で刃物を振り回した人がいました。死者が出ました。倍の数の負傷者が出ました。
アメリカでライフルを撃ちまくった学生がいました。死者が出ました。倍の数の負傷者が出ました。
イスラエル軍の戦車が大砲を撃ちました。弾丸が炸裂し死者が出ました。その倍の数の負傷者が出ました。
どのような武器を使っても死者だけで怪我人が出ないというのはありません。むしろ死者が出るのは究極の場合であって怪我人ばかりということが多い。南京では三十万人も死んだのに怪我人の話は一切聞きません。60万人程度いたであろう怪我人はどうして怪我を見せて「この傷は日本軍にこのようにされて怪我したんだ」と言わないのか。「この足は日本軍の大砲が炸裂して吹っ飛んだ」と片足のおじいさんが言えばなによりも説得力があります。片腕のおじいさんが「この腕は日本軍の隊長から日本刀で切り落とされた」と涙で訴えれば日本人に大きなインパクトを与えるでしょう。どうして負傷者は語らないのか。南京事件における推定60万人の負傷者のかたがた。名乗り出ては如何ですか。もし亡くなられているのなら写真くらい残っているでしょうから遺族がそれを見せて訴えればいいのです。どうして負傷者は名乗り出ないのでしょう?

秋葉原で刃物を振り回した人がいました。死者が出ました。倍の数の負傷者が出ました。
アメリカでライフルを撃ちまくった学生がいました。死者が出ました。倍の数の負傷者が出ました。
イスラエル軍の戦車が大砲を撃ちました。弾丸が炸裂し死者が出ました。その倍の数の負傷者が出ました。
どのような武器を使っても死者だけで怪我人が出ないというのはありません。むしろ死者が出るのは究極の場合であって怪我人ばかりということが多い。南京では三十万人も死んだのに怪我人の話は一切聞きません。60万人程度...続きを読む

Aベストアンサー

No1です。
改めてあの大戦を考えるにあたって、朝鮮併合など様々な国際問題と、日本軍が行なった行為と、敗戦後日本に対して行なわれた行為を考えなければなりません。元々物量において大きく下回る日本は、その物量の補充を現地調達で行なっております。原油の確保など、戦線を拡大すればするほど、必要な物資は、厳しく現地調達されていきました。そうしないと、日本軍が行動出来ないからであり、略奪・虐殺は各地であったことは紛れも無い事実です。大戦参戦兵の方々もすでに70歳を優に超えてしまい、語り部不足が、日本では深刻な問題であると思います。平和を訴える日本は、大戦をもっと広く教育すべきなのは事実です。
朝鮮併合は、米国のハワイ王国併合を認める協力?体制の中で、国際的にも認められたものであり、戦後の朝鮮開放は、日本領土の剥奪になります。国際的に認められていない、満州国と一線を画して考えないといけません。
南京大虐殺と言う事件が、どれだけの規模で行なわれたのか?これは、立証が非常に難しい問題です。まず当時の南京の中国人人口と、日本兵の数。そして日本に不本意ながらも服従していた人の数とあくまでも敵対していた人の数。30万人と言う数は、これは根拠がないのは、事実です。当初発表は、数万だったはずです。それからどんどん数が増え、現在の30万人に至っています。このように、戦争と戦後の国際政治情勢を踏まえながら、大戦を振り返らないと、表面上の発表だけを事実だと誤認する結果を招きます。
ちなみに中国に捕虜として、強制労働させられた日本人の死傷者の数も正確には不明です。またその強制労働者の中の、日本兵が、中国空軍の基礎を作らされた事実など、まだまだ多くのことを学ばなければ、大戦を語れません。
ただいかなる大義名分を掲げようと、日本が当時行なった行為は、現在から見れば、明らかな侵略戦争であると言う事です。間違わないで下さい。現在から見ればです。歴史はその時々の国際イデオロギーにより、判断され評価されているということを。100年後もこの大戦の日本が行なった行為を侵略戦争だと言えるかどうかは、現在は分かりません。ただそう言える世の中であって欲しいと願うのみです。

No1です。
改めてあの大戦を考えるにあたって、朝鮮併合など様々な国際問題と、日本軍が行なった行為と、敗戦後日本に対して行なわれた行為を考えなければなりません。元々物量において大きく下回る日本は、その物量の補充を現地調達で行なっております。原油の確保など、戦線を拡大すればするほど、必要な物資は、厳しく現地調達されていきました。そうしないと、日本軍が行動出来ないからであり、略奪・虐殺は各地であったことは紛れも無い事実です。大戦参戦兵の方々もすでに70歳を優に超えてしまい、語り部不...続きを読む

Q「さては南京玉すだれ」の南京はどこ?

「あ、さて あ、さて さては南京玉すだれ」の南京玉すだれですが、南京玉すだれってそもそも何ですか?
踊りでしょうか?
また、ここで出てくる「南京」とは中国の南京でしょうか?
ぐぐったら、南京は「先進都市の代名詞」と書いてありましたが、具体的にどこのことかわかりません。

Aベストアンサー

 南京玉すだれは、すだれを用いた日本の伝統芸能です。歌を歌いながら演じます。ステップも踏みますから、踊りにも見えます。糸の結びによって伸縮自在のすだれになるので、それを駆使して型を決めます。糸が切れることがあるので、個人的にはいつも2本用意しています。途中で切れたことが何度かありました。

 主に舞台や大道で演じます。ときどき「中国の南京から由来したんです?」と聞かれることがあります。「その当時、珍しいものがあるといえば、中国の南京だったのです。世界貿易の拠点ですから、何でもそろっているというわけです。しかし、その南京にもないという大変珍しい貴重なものが、この玉すだれだよということで、南京玉すだれなんです」と答えています。

 口上のはじめに「そこにもない。ここにもない。南京にもないという珍しい玉すだれ。南京玉すだれのはじまりー、はじまりー!」といってから、はじめることがあります。こどもから大人まで楽しんでいただけます。終演後「あさて、さて・・」といいながら帰るこどももいたりして、やっていてよかったなと思う瞬間でもあります。

Qスピルバーグが南京大虐殺の映画を制作

スピルバーグが南京大虐殺の映画を制作してるそうですが、日本はこれになんか対抗しないんでしょうか。対抗するとしたらどんな手がありますか?

Aベストアンサー

えーと、そもそも「スピルバーグが南京大虐殺の映画を製作」という情報がヒットしません。
渡しが知る限りだと、スピルバーグではなく、クリント・イーストウッドが硫黄島二部作の後にそれをつくると中国メディアが報じたモノの、全くのガセであった、という話
http://blogs.yahoo.co.jp/onogorosima_inhabitants822/27845122.html
がありましたが・・・

Q10月に南京、黄山のツアーに参加します。情報をお願いします。

10月10日から5日間の南京、黄山のツアーに参加します。

気温は12度~22度とのことですが、この時期雨はどうでしょうか。

その他、南京、黄山へ行かれた方の経験談やサイトで情報を集められるURLをご存じの方、是非教えていただけませんか。

Aベストアンサー

回答を送信したあと気がつきました。ツアーで行かれるんですね。

あとURL追加です。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/6729/nankin.htm
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/6729/nankinhu.htm

何度も失礼しました。。。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/6729/nankinhu.htm

Q中国や韓国に対し首相が弱気なのはなぜ?南京大虐殺など

首相が南京大虐殺は捏造だと日本国民や中国に訴えないのはなぜなのでしょうか?
なぜ日本の首相はいつも弱気なのでしょうか?
言ったら何かに命を狙われるのですか?
どうなっているのか教えてください。

また、安部元総理が辞任した本当の理由と、
自民党が公明党創価学会と組んでいる理由を教えてください。

Aベストアンサー

訴えると中国や韓国だけでなく朝鮮勢力の息のかかった民主党や自民党の中に隠れてる売国奴たちの総攻撃に加えマスコミの叩きにあいます。
民主党は朝鮮企業が全力で押す政党、そしてマスコミのスポンサーも朝鮮企業、また、自民党の中にも売国奴は居て朝鮮企業の力を受けている場合が多い。

安倍総理が辞めたのは体調のほかに野党の攻撃はもちろん、自民党内部の保守ではない議員(売国奴)の攻撃、参議院惨敗(原因:マスコミの政治的に中立でない報道で攻撃、今の麻生批判も同類)のせいでしょう。

自民党と公明党が組んでるのは自民党が野党にならないために過去に連立して続いている、公明党と民主党は(売国)政策で一致しているので公明党が民主党に付かれると自民は困る。

歴史問題の捏造は日本が常にあちら側に譲歩してきた結果ですが、やはり、日本の内側から足を引っ張る存在は大きいです。
マスコミが居なければ、常に国益を無視する売国奴は存在できないでしょうから項はならなかったんで所受けど、マスコミの偏向・捏造報道に国民が踊らされる限りこの状態は変わらないでしょう。ですからすべてマスコミのせいと言ってもいいかもしれません。
何度か国会中継見れば気づくと思うんですがね・・・

何より今のハングル語の普及具合、発展などすべて日本の統治おかげだというのに恩を仇で返す韓国人の気が知れません・・・中国も同類だし、
自称虐殺にあったとかいいながら虐殺・侵攻中かつ自国民も虐殺も厭わない中国など世界一の野蛮国家。どちらも恥知らずのトンデモ民族、そんな国と”仲良し”の民主党が政権盗ったらと思うと虫唾が走る。教育も韓国式の野蛮な鬼畜性教育を進める日教組の配下になって、日本も野蛮国家の仲間入りしてしまう。いきなりこれやったらもう民主党は次の選挙からなくなると思いますが、外国人参政権と移民やられるとまずい・・・。

↓まとめみたいなもの?
民主党「外国人参政権」「人権擁護法」「国家主権の移譲」など売国政策
→中国・朝鮮系支援→民主党活動拡大・資金確保

朝鮮企業スポンサー→テレビ・新聞マスコミ資金確保→民主擁護&自民叩き→民主党票確保

その流れの一部として
自民党「それは歴史の捏造だ」→民主・マスコミ自民叩き→自民党「・・・」

だから民主党や日教組、マスコミなどが日本を貶めるために動く。
自民党・保守の行動はすさまじく制限される。
その結果、売国的行動に自民党が譲歩してしまう。(譲歩しなくても黙殺)
田母神前航空幕僚長がその犠牲の典型的な例なので、ニコニコ動画やyotubeにあるチャンネル桜の「田母神塾」や講演会などを見てみると良いかもしれません。
特にチャンネル桜はマスコミが言いたがらないことをためらい無く言ってくれるのでお勧めです。
あと、核保有などの防衛に関してなら田母神前空幕長と石原都知事の対談の動画があったと思いますので参考にしてください。
まあ、これに限らずいろいろ動画で見ると分かり易くて良いですよ。
でも、テレビ番組のコメンテーターの中身無い保守叩きのコメントには要注意です。

なんだか同じこと何度もいってる感じで申し訳ないですが、参考程度でお願いします。

訴えると中国や韓国だけでなく朝鮮勢力の息のかかった民主党や自民党の中に隠れてる売国奴たちの総攻撃に加えマスコミの叩きにあいます。
民主党は朝鮮企業が全力で押す政党、そしてマスコミのスポンサーも朝鮮企業、また、自民党の中にも売国奴は居て朝鮮企業の力を受けている場合が多い。

安倍総理が辞めたのは体調のほかに野党の攻撃はもちろん、自民党内部の保守ではない議員(売国奴)の攻撃、参議院惨敗(原因:マスコミの政治的に中立でない報道で攻撃、今の麻生批判も同類)のせいでしょう。

自民党と...続きを読む

Qニュースの「NNN」って、何でしょうか?

ニュースで、「NNN」からの情報というということがありますが、この「NNN」って、何でしょうか?

Aベストアンサー

JNN(TBS系列)
NNN(日本テレビ系列)
ANN(テレビ朝日系列)
FNN(フジテレビ系列)
が有名ですね。

No1氏の言うとおりで
Nippon News Networkとなるようです。

この名称は各局が独自に決め、系列各局と協力して
情報収集をする組織となっております。
収集された情報は、大きいもので全国ニュースになります。

Q南京大虐殺があったがどうかを簡単に証明する方法があ

ると思いますがどう思いますか?
あったことを証明するのは比較的簡単だが、なかったことを証明するのは難しいと言われています。
しかし、以前から思っていたのですが、昭和12年当時の中国の新聞を調べてみるというのはどうでしょう。
こんな、私でも思いつくようなことがなされていないのは、恐らくできない理由があるのでしょうね。
まさかそもそもその当時は新聞がなかったという訳でもないと思うのですが。もしあったとしても隠匿か焼却かしてしまっているのでしょうか。
もしこのことが可能なら、本当にあったのなら必ず記事になっているはずだし、なかったのなら当然記事になっているはずはないのです。しかもそれが中国の新聞ならこれ以上の証拠はないでしょう。
日本なら過去の新聞の縮刷版などどこの図書館でも置いていますが、中国ですからそんな証拠品を置くわけはないでしょうね。当時の中国の新聞、日本にはないのでしょうか。なにか方法はないのでしょうか。

Aベストアンサー

当時の南京は中華民国の首都でしたから、諸外国の外交官やジャーナリストがたくさんいました。彼らの公文書や報道もたくさんあります。それだけの客観的な傍証がありながら、30万人の死体の山とか、虐殺の現場写真などは一切ありません。当時の南京は城壁で囲まれた狭い地域で、もし30万人も殺されていたら街中に死体が溢れかえっていなければ不自然です。そう言う証拠写真やその現場を見た人の(中国人以外の)経験談すらないのです。それと匂わせるような文書や記事はありますが、ほとんど伝聞で、自身の見聞記ではありません。南京占領後も20万人の中国住民が城壁内で生活してましたから(これははっきり記録が残っている。一説には占領前より多かったという話もある)、中国側が躍起になって探しても、そう言う直接証拠が一つも見つからないのは不自然です。ほとんど無かったことの証明に近い。もし一つでもあったら、彼らのことだから鬼の首を取ったように世界中に喧伝するはずです。しかしながら今のところそう言うことがまったく出来ていません。伝聞と事実とまったく無関係な写真などしか見せられていません。一つでも直接証拠を見せられたら議論は終わります。日本人は頭抱えて穴に入ります。
これは探偵ごっこではなく、中国の対日戦略の一環です。ですから証明して見せたりすることはまったく無意味です。証明しても(すでにしている)、嘘だと全否定するだけです。いつも彼らはそうしています。中国では南京虐殺は小中学校から繰り返し教え込まれています。中国人にとってはもはや真実になっているのです。いくら否定しても彼らは耳を貸しません。
解決の方法は中国との距離を置くことです。それ以外解決の方法はありません。

当時の南京は中華民国の首都でしたから、諸外国の外交官やジャーナリストがたくさんいました。彼らの公文書や報道もたくさんあります。それだけの客観的な傍証がありながら、30万人の死体の山とか、虐殺の現場写真などは一切ありません。当時の南京は城壁で囲まれた狭い地域で、もし30万人も殺されていたら街中に死体が溢れかえっていなければ不自然です。そう言う証拠写真やその現場を見た人の(中国人以外の)経験談すらないのです。それと匂わせるような文書や記事はありますが、ほとんど伝聞で、自身の見...続きを読む

QキャノンFLレンズの使用法について

キャノンFLレンズの使用法について
キャノンFLレンズを購入しました。「マクロキャノンレンズFL50mmmm 1:3.5」使用するカメラは「キャノンA-1」です。質問は、レンズにある AとMの切り替えについてです。FLレンズなのでカメラのプログラムやシャッター優先機能、絞り優先機能は使えないと思います。マニュアルカメラに精通している方、アドバスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

古い記憶を辿って・・・コメントします。

キヤノンA-1にFLレンズを装着した場合、マニュアルと絞り込み実絞りAEが使えます。
「AとM」は、絞りを開放と設定値までの絞り込みを切り替えるリング。
「A-M」リングで、明るい絞り開放でピントを合わせて、次に、設定絞りに絞り込んで露出を決めてからシャッターを切ります。
確か、こんな方法だったと思います。

Q南京虐殺の犠牲者数はどれくらいだったのか?

南京虐殺の犠牲者は中国側によると30万人です。
わたしの見解は東京裁判で確認された1名ですが、しかし確信はありません。おそらく戦争中ですし、南京は抵抗が激しかったと聞いておりますので多少はあったと思います。
ただ、言明しておきたいことが一つだけあります。中国は火器において劣勢であった。劣勢であった側の武器は何か? 国際世論です。たとえば体力に劣る女性の武器はなにか? 悲鳴です。だからこそ神様は女性の声を高くした。女性の悲鳴は遠くからもよく聞こえます。それと同じことで弱者の武器は国際世論に他なりません。もし死体の山があったのならそれを写真に収め国際世論に訴えることを弱者ならだれしも思いつきます。国際世論が日本憎しに傾けばそれは戦車千輌にも匹敵します。カメラは江戸時代にもありました。15代将軍徳川慶喜の写真を見たことがあります。それから70年も経って飛行機や戦車のような武器があった世の中で大都市南京にカメラがなかったのでしょうか? いえいえ、あったはずです。外国人もいました。ところが本物の写真が一枚もないのです。この事実から次のことが推測できます。
1.虐殺が存在せず単なるデマであった。
2.犠牲者はあったが、写真に収めてもあまりインパクトがないレベルであった。せいぜい数名で大量死体ではなかった。
3.大量死体、たとえば100人程度のものはあったが、たまたま現場にカメラがなかった。またはあったけどカメラに撮ることが禁じられた。または撮ったが没収された。
4.大量死体が一箇所のみならず3,4箇所あったが、いずれも上記のようにカメラに収めることはできなかった。但しせいぜい3,4箇所までです。それ以上あったとすれば写真が必ずあるはずですから。

本物の写真が一枚もないということは、上記を分析して考えれば千人を超えることはないのではないでしょうか? なお一つお断りしておきますが、30万人でも1万人でも大量殺人ということでは同じだというご回答はお断りします。なぜなら人の命は尊いからです。30万人の死者のところが実際には1万人だったなら29万人の尊い命が救われたことになるからです。死者の数が30万人であるか1万人であるか一人だったのか、もしくは一人もいなかったのか、尊い人の命の数であるだけに決していい加減にはできないと思います。

南京虐殺の犠牲者は中国側によると30万人です。
わたしの見解は東京裁判で確認された1名ですが、しかし確信はありません。おそらく戦争中ですし、南京は抵抗が激しかったと聞いておりますので多少はあったと思います。
ただ、言明しておきたいことが一つだけあります。中国は火器において劣勢であった。劣勢であった側の武器は何か? 国際世論です。たとえば体力に劣る女性の武器はなにか? 悲鳴です。だからこそ神様は女性の声を高くした。女性の悲鳴は遠くからもよく聞こえます。それと同じことで弱者の武器...続きを読む

Aベストアンサー

 参考までに。

<中国人の金持ちって悲しい人たちですね。日本人ならもし武力が劣っていて多数の日本人が虐殺されたら写真を撮って国際世論に訴えるという武器を対抗手段として使っていただろうと思います。金持ちが自分の保身しか考えない - 悲劇です。その点、日本人は凄いです。明治維新で見せたエリートたちの国を思う心。日本のエリートは保身ではなく国を思う。偉いです。日本人の凄さは頭脳プラス倫理観と使命感です。頭がいいだけなら中国だってたくさんいる。でも中国のエリートはカナダに行って生活するのが夢です。だからあの国はだめなんです。>

 明治維新の原動力となったのは、エリート武士ではなく、下層武士です。明治維新に活躍した幕府の旗本や各藩の上士出身者=エリートは、数えるほどです。

 それに対して、中国のエリートである士大夫階級は清朝滅亡期でも気概を失わず、曽国藩・李鴻章などが改革の先頭を切っています。(中国の士大夫階級は、地方の大地主層と重なっています。)

 それに対して、首都南京など都市部のの大金持ちは、欧米資本の流入などに伴う産業の活発化によって生まれた、「成金」集団です。
 どこの国でも、自分個人が時流に乗って大金を掴んだ「成金」集団は、ごく少数の人を除いて個人主義者で、資産に見合った社会的責任を果たさなければならないという意識は低いものです。

 六本木ヒルズ族・現代中国の成金、社会的責任の認識は似たようなものでしょう。(カナダにいって生活するのが夢というのは、エリートではなくてただの成金です。)

 どの国の国民も人間としての資質は同じ。他人・他国を見下したり、甘く見るのは、隙を見せることとなり油断大敵。
 自己中心的発想をする者が増えれば、国家は衰弱します。

 現代中国には、エリート層がほとんど存在しないのが弱点でしょう。共産主義と猛威をふるった文化大革命で、モラルの高いエリート知識階層が崩壊してしまいました。(付け加えると、日本も戦後のGHQの政策でエリート層の経済基盤が崩壊しました。) 

 参考までに。

<中国人の金持ちって悲しい人たちですね。日本人ならもし武力が劣っていて多数の日本人が虐殺されたら写真を撮って国際世論に訴えるという武器を対抗手段として使っていただろうと思います。金持ちが自分の保身しか考えない - 悲劇です。その点、日本人は凄いです。明治維新で見せたエリートたちの国を思う心。日本のエリートは保身ではなく国を思う。偉いです。日本人の凄さは頭脳プラス倫理観と使命感です。頭がいいだけなら中国だってたくさんいる。でも中国のエリートはカナダに行って...続きを読む


人気Q&Aランキング