プロが教えるわが家の防犯対策術!

オオカナダモを使って、光があたると葉緑体ででんぷんが作られること(光合成)を実験で確かめようと思い、事前に実験をやってみました。
手順は
1.オオカナダモを10~15時まで太陽に当てておく
2.30秒湯煎する(湯温は80度程度でした)
3.エタノールで湯煎する(さっきのお湯で色素が抜けるまで湯煎した)
4.お湯でゆすいで、ヨウ素液につけた
5.顕微鏡で観察する
この手順で行いましたが、見事失敗しました。全体的ヨウ素液の黄褐色が目立ち、青紫色に全くなっていませんでした。この実験って、教科書のようにうまく青紫色に着色するのでしょうか?
こうやって方がうまくいくって秘訣ありますか?お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

考えられることは



(1)ヨウ素液の濃度が濃すぎなかったか。
一般的には市販の濃度では観察できないのではと思います。

(2)光は充分だったか,その際の水温は上がりすぎなかったか。容器はどうか。
試験管や小さなビーカーでは水温上昇がひどく,また含まれる二酸化炭素も充分ではありませんから光合成はそこそこで行われなくなります。BTBでは短時間ですみますので試験管でも良いですが…

(3)オオカナダモは若くて充分に活発か。
オオカナダモも生ものです。外に生育していたものを,部屋の水槽等に入れておきますと,すぐに元気がなくなります。

参考にどこかの中学校の先生のようですが,同じ実験のURLがありましたのであげておきます。
http://www.edu.pref.kagoshima.jp/kari/rika/tyuug …

参考URL:http://www.edu.pref.kagoshima.jp/kari/rika/tyuug …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL大変わかりやすかったです。雨の日でしたので、電灯3つ(左右と上)から照らし、何とか2時間で多少見れました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/12 11:16

的はずれの可能性がありますが、オオカナダモは窒素の大食いで、水槽などで増やす場合、必ず金魚などの動物といっしょに飼育するのが一般的です。

そうしないと葉が白く透明になってきてしまいます。また、直射日光を嫌い、直射日光などを当てておくと葉が固くなってきたり(枯れる?)、糸状の藻が絡んできてしまいます。むしろ電灯などの光のほうがそうしたこともなく、どんどん繁茂していくようです。そんなことも関係していたのではと推測します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由研究「光合成と温度の関係について」

こんにちは、はじめまして^^
初めて書き込みをさせて頂きます。
夏休みももう少しとなり、宿題に追われる毎日です。
そこで質問なんですが、まだ私は自由研究が終わっていません。一応、調べるものは決まっているのですが、「光合成と温度の関係」なんですが、
オオカナダモで調べようと思っています。
ビーカーの中に温度調節した水と、オオカナダモを入れて蛍光灯を一定の時間あてて、でてくる気泡の数をしらべるというのですが・・・
やりやすいでしょうか?
それと、カナダモが浮いてしまうのは、粘土でとめても問題ないでしょうか?
そのほか、アドバイスがあったらお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

水草の固定に粘土を使うことに関しては、特に問題ないと思われます。

ただ…
水草は呼吸によって水中の酸素を取り込み、二酸化炭素を放出し、光合成によって二酸化炭素を取り込み酸素を放出していることは知っていると思いますが、
1.二酸化炭素の気泡か、酸素の気泡か見た目で判断できるのか?
2.そもそも気泡は発生するのか?
3.温度によって気体の溶解度が違う
4.いろんな箇所から発生する気泡を数え切れるか?
ざっとこの4点が実験を根底から覆すほどの大きな欠陥です。

おそらくは理科の実験で、オオカナダモの光合成の観察はしたと思います。そのときはどのような方法でやりましたか?
おそらくアルカリ性にした水に息を吹き込んで酸性にしたと思います。
アルカリは重曹で代用できます。
またBTBを指示薬に使ったと思いますが、ハンズなどの理化学用品を扱うお店ではpH試験紙があるので、それで代用可能でしょう。

あとはどうしたらよいか、自由研究ですので自分で考えてみましょう。

Q温度と光合成の関係

自由研究で
「温度の変化によって植物の光合成の量(酸素の発生量)は変化するか」
という実験を
「水草の茎を切り、そこから発生する気泡の量を数える」
という方法でしていたのですが、0度から温度を20度程度まで上げてみても気泡がまったく発生しません。

蛍光灯で光を当て、水草はオオカナダモを使用しています。
これは、蛍光灯の光が弱いのでしょうか?
それとも、オオカナダモに問題があるのでしょうか?

説明に不足部分が多数あると思いますが、お願いします。

Aベストアンサー

私は短くていいから何回も計測し、安定したところを探すべきかと考えました。その系で温度を長時間一定に保てればの話ですが。その辺のデータの取り方が腕の見せ所ですから、いろいろなデータのとり方を探してみてください。


人気Q&Aランキング