初めて質問します。3年前に浸潤性乳がんのステージ2Aで左胸の全摘手術を受けました。リンパへの転移はありませんでした。術後CEAの値が7~10の間で毎月変動しています。昨年1月PET検査を受け右足付け根に気になる部分があるが転移性のもとは違うという結果でした。その後主治医が再度確認したいということでMRIの検査をしました。結果やはり気になるが、骨転移とははっきり言えないということでしたが、4週間に1度の注射を打っていくことになり昨年2月から続けています。薬品名が分かりません。腫瘍マーカーは昨年12月の血液検査の結果はCEA9.4、NCC-ST-439が
2.5以下CA15-3が4.9でした。昨年8月に1度ALP検査をし115でした。それ以外ICTPの検査は項目に入っていません。長くなりましたが質問は、骨転移とはっきり結果が出ていないまま今の注射を打ち続けた方がいいのかということです。初めての質問で分かりづらいかもしれませんがよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

がん治療は、本人と医師との意志の疎通が重要です。


「骨転移とはっきり結果が出ていないまま今の注射を打ち続けた方がいいのか」
ということを医師と話し合わずに、何のデータも持っていない第三者
にお聞きになるのは、正しい方法とは思えません。
血液データの数値は、参考程度にしかなりません。

一口に、乳がんと言っても、様々タイプがあり、
そのタイプによって、骨転移した場合の治療方法も異なってきます。
ご質問の内容では、それらのデータが抜けています。
また、ご自分が治療を受けているのに、その薬剤名を知らない
というのも問題です。

一度、医師と、とことん、話し合うことをお勧めします。
その上で、疑問があれば、セカンドオピニオンを受けてください。
セカンドオピニオンについては、下記を参照してください。
http://www.2og.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有難うございました。
そうですね・・・
遠慮せず次回の診察の時にしっかりお話してきます。
本当に有難うございました。

お礼日時:2015/01/07 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸がんの転移について 家族が大腸がんで切除手術をした1年半後の血液検査で腫瘍マーカーのCEAが90

大腸がんの転移について
家族が大腸がんで切除手術をした1年半後の血液検査で腫瘍マーカーのCEAが90まであがり転移が疑われたため、CTとPETを受けましたが転移を確認することができませんでした。
現在は抗ガン剤を使っており、CEAは下がってはきているものの大きな奏功ではありません。このまま抗ガン剤を続ける場合、ガンは小さいながらもそこにあり、他臓器への転移もあるのではと思います。
ドクターからは肝臓への転移があるのだろうと言われましたが、抗ガン剤をやめて存在を確認したら切除できるのでは?とも思いますが切除できない場所である可能性もあり、このまま抗ガン剤を続けたほうがよいのかとも思います。
ご意見をいただけると助かります。

Aベストアンサー

>CEAは下がってはきているものの大きな奏功ではありません

CEAが下がれば奏功が有るということです。
抗がん剤は、固形ガンには効果がないと言われますが
血液やリンパにある細胞レベルのガンには効果があります。

>なので抗ガン剤を受けないでガンが見えたところで切除するっていうのはどうなのかと楽観視に考えてしまいます。

CTでもPETでも5mm以下のガンは確定できません。
大腸や胃は、カメラで見るから1mmのガンでも見つかるんです。
肝臓はCT、PET、MRI以外に見つけられません

私は、最初に見つかった時は7個です。(次が3つでしたが大きかった)
大腸ガンからの転移は、小さいのが沢山できます(肝臓癌は大きいのがドンと一つ)
また、怪しいのがポツポツとできるんです
(何度も見せられました)

>1クール目で胆嚢炎にまでいたる重い副作用があり抗ガン剤に対して積極的になれません。

肝臓に転移し手術を受けたら胆嚢も取ってしまいます。
胆嚢とは、胆汁を貯める袋だから無くても良いそうです。
胆嚢炎では死にません。

Q先日会社の健康診断のオプションで癌の血液検査をしました。 結果、腫瘍マーカーCEA-Sの数値が高く1

先日会社の健康診断のオプションで癌の血液検査をしました。
結果、腫瘍マーカーCEA-Sの数値が高く18.3もありました。
病院へ行き2日間の検便検査をしたところ血便はなかったので大丈夫とのこと。
次に胃カメラをしました。
胃潰瘍が見つかったものの腫瘍は ありませんでした。
やはり 次は大腸内視鏡ですか?
初めてのことで怖くて怖くて…。
どちら様かお答え願います。
49歳主婦です。

Aベストアンサー

便潜血検査で陰性ですから、大腸内視鏡の可能性はあるが不要な検査かも。

数値が高値の時は、症状にあわせてほかの血液検査やX線造影、超音波、CTなど消化器系を中心に、肺や婦人科などの精密検査も必要になります。
また、がんは進行性であり、高値ががんによる場合は上昇傾向を示すため、1~2ヵ月後に再検査を行います。これで変動がなければ、高値でも心配ないことがあります。

腫瘍マーカーとは
癌細胞または癌に対するからだの反応によって作られ、血液や尿、組織などで増加している物質のことです。しかし、癌細胞だけでなく、正常細胞でもつくられますので、健常な人の体内にもわずかに存在します。また、悪性腫瘍だけでなく、良性の疾患でも上昇することがあります。
このように、癌以外の原因で腫瘍マーカーが陽性になることを「偽陽性」といいます。

以上を参考になさって、主治医とよく相談してご自分で納得できる検査を受け
(納得できない検査であれば、何度でも説明を求め 言いなりにならないで)
原因を調べてもらいましょう。

Q骨転移、リンパ転移の治療に強い病院を教えてください

岐阜多治見に住んでいる、61歳、男性です。5年前の膀胱がんが骨とリンパに転移しており、現在放射線と化学療法(GC)を受けております。近くで骨転移、リンパ転移に強い病院を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

全くの素人ですが、私は乳がんになったとき、乳がんの症例数の多い病院が治療に慣れているのでは?と考えて今の病院にたどりつきました。
他人事とは思えず、膀胱がんについて調べてみました。

http://hospia.jp/wp/archives/3057/
これによれば、6位、12位 でしょうか?

http://caloo.jp/dpc/disease/368
このサイトだと9位、22位でしょうか?

乳がんではなく他の部位のガンになった知人の話ですが、地方の病院で相当厳しいことを言われ、夫が安易な気持ちで、私の経験から乳がんの症例数の多い病院を教えたところ、知人は地方からはるばるその東京の病院にセカンドオピニオンでかかり、とても気に入られてそのまま素早く手術を受けて、夫は感謝されました。
初めに告知を受けた病院の治療法とかなり違い、病院によってこんなにも違うのか?と驚いていました。

今の時代、セカンドオピニオンは普通だと思いますので、よさげな病院をお探しになられて、トライしてみるのも一つの手ではないでしょうか。
乳がんでは骨転移、リンパ転移していても、かなり長く生きていらっしゃる方もたくさんいますから、あきらめないで頑張ってください。

全くの素人ですが、私は乳がんになったとき、乳がんの症例数の多い病院が治療に慣れているのでは?と考えて今の病院にたどりつきました。
他人事とは思えず、膀胱がんについて調べてみました。

http://hospia.jp/wp/archives/3057/
これによれば、6位、12位 でしょうか?

http://caloo.jp/dpc/disease/368
このサイトだと9位、22位でしょうか?

乳がんではなく他の部位のガンになった知人の話ですが、地方の病院で相当厳しいことを言われ、夫が安易な気持ちで、私の経験から乳がんの症例数の多い病院を...続きを読む

Q乳癌の骨シンチ&骨転移について

 重い話ですみませんが、専門家の方等見られていたら教えて下さい。
 乳癌術後6年余りが過ぎすでに病気のこともわすれかけていた矢先、
 毎年恒例の骨シンチ検査をしたところ、1ケ所だけ真っ黒に集積がありました。
 それと前後してちょうどその辺りに痛みがあったので内科を受診しようかどうしようか迷ってたところだったので、「あ~ついに骨転移っていうのがきてしまったんだなあ・・・」とガックリし、診察をしたら、
病院の先生は、「骨転移の場合は1ケ所だけ真っ黒に写ることはめったにない。薄く最低でも2、3箇所は転々とできるものだから、これは心配することはありません。腫瘍マーカーも変化ありませんし。」と言われました。
でも実際自覚症状がある訳なので、安心と言われても疑問が残ったので、半年後に再度骨シンチ検査をしました。
そして検査結果を聞く時、先生は私の前で始めてフィルムを開け、1秒みるなり、「さあ、どうかな?そら消えてるでしょ。問題ありません。」でした。
問題なかったのだから、よかったのですが、なんとなくすっきりしなくてここにおじゃましました。
私の疑問は、たとえばx線フィルムとか超音波画像とか、そういうものってじーーっくりみないとなかなか癌とかってわからないと思うのですが、そんなに簡単に1秒ほど見ただけで、癌の転移があるかどうかなんてわかるんでしょうか??
どなたかそういうことを専門にされてる方がおられましたら教えていただきたいのですが。
それともうひとつの腫瘍マーカーの件ですが、骨転移を見る「ICTP」というのはしていませんが、他のCEAとかをしてるんですが、
それの数値が上がってないってどれくらい信憑性があるんでしょうか?
今も肋骨とか腕とかなんとなく痛みがあるというか違和感あるし、なんとなく胸が締め付けられるような時があるので、どうしても骨転移を疑ってしまうんですが、そういう経験をした方おられたらぜひアドバイスをお願いします。

 重い話ですみませんが、専門家の方等見られていたら教えて下さい。
 乳癌術後6年余りが過ぎすでに病気のこともわすれかけていた矢先、
 毎年恒例の骨シンチ検査をしたところ、1ケ所だけ真っ黒に集積がありました。
 それと前後してちょうどその辺りに痛みがあったので内科を受診しようかどうしようか迷ってたところだったので、「あ~ついに骨転移っていうのがきてしまったんだなあ・・・」とガックリし、診察をしたら、
病院の先生は、「骨転移の場合は1ケ所だけ真っ黒に写ることはめったにない。薄...続きを読む

Aベストアンサー

ふつう骨シンチは既に専門の放射線科の先生が所見を書いているので、担当の先生は既にそれをみていて把握しているのだと思いますよ。

患者さんを部屋に入れる前に、レントゲン等を確認しておくことも多いです。

骨シンチは注射の部位が黒く染まったり、肋骨や脊椎などでは外傷や加齢性の変化で黒く写ることもあります。あくまで一般論ですし、写真を実際見ないと何ともいえません。

ただ、症状についてはしっかり主治医の先生と相談するのが良いと思います。どうしても納得がいかなければ、セカンドオピニオンですね。

Qレントゲン検査での浸潤影とは?

43歳の男子です。健康診断の肺のレントゲン検査で「浸潤影」と診断され、再度精検する予定でいますが、浸潤影とは、具体的にはどういった病気の可能性があるのでしょうか?場所は左肺の下です。
インターネットで調べてみると、結核、肺炎、気管支肺炎等の病名があげられていますが、一番怖い癌の可能性は低いと考えても良いのでしょうか。癌の場合、結節影、腫瘍影などの言葉が使われているように思えますが、いかがなものでしょうか。よろしくお願いします。
ちなみに、タバコは吸いません。

Aベストアンサー

浸潤影というのは、肺の基本的構造である肺胞の中で、空気が残っている部分と肺胞が水のような成分で置換されている部分が混在している時に出来る陰影です。

頻度的には肺炎の時によく見られますが、その他にも浸潤影を呈する疾患はあります。
肺癌がご心配かと思いますが、肺癌の中でも肺胞上皮癌という特殊なタイプの癌は浸潤影を呈して、レントゲン写真だけでは肺炎と区別がつきません。

肺癌の中で、浸潤影を呈するものの頻度が低いのは事実ですが、だからといって浸潤影だから肺癌ではないとは断定できないのです。

レントゲンの経過で、陰影が消失傾向に向かうことが確認されて、初めて安心できるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報