ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

小1の娘が算数のプリントをもらってきました。今3つの数の足し算をしていますが、一問ひねった問題があり、どうやって教えたらいいかわからないのです。

A、B、Cの3つのバスケットがあって全部で10個の卵が入っています。
AはBより1個多く、BはCより3個少ない数がそれぞれのバスケットに入っています。
それぞれのバスケットには何個卵が入っているのでしょうか?

10個のおはじきでやったり、数式にして考えたら答えは出たんですが(A=3, B=2, C=5)、これをどうやって一年生がわかるように教えられるか、どなたか助けていただけませんか?

学校の先生はお家で考えてらっしゃいと、特にヒントは出さずに渡されたようです。
数字をいじりながら答えを見つけるやり方なんでしょうか。それとも何か驚くほど簡単なやり方があるのでしょうか。どなたか教えていただけませんか?よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一年生なのでおはじきを並べながらで良いのではないでしょうか?


例えば色々並べたら、問題通りになる個数に(偶然)なった、でも良いのでは?

もう少し数学的に考えるのであれば、A、B、Cのうち一番少ないのはどれか?(B)
A、Cは、Bよりそれぞれ何個づつ多いか? (A 1個、C 3個)
10個からその分を取り除いて、残りをA,B,Cに同じ数だけ分けたらどうなるか?(それぞれ2個ずつ)
さっき取り除いた分を元に戻してみよう。(これで、A 3個、B 2個 C 5個になる)

具体的にはおはじきを並べるとき、下の様にしてみてはいかがでしょうか。

多い分だけ並べて、その分を10個から引く。
A ?   | ○
B ?   |
C ?   | ○ ○ ○

残った分を同じ数になる様に分ける。
A ○ ○ |
B ○ ○ |
C ○ ○ |

さっき取り除いた分を元に戻す。
A ○ ○ | ○
B ○ ○ |
C ○ ○ | ○ ○ ○
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすく説明していただきましてありがとうございました。
本当にわかりやすくて、思わずホウホウと言ってしまいました。
数式にして考えたものの、一年生が理解するにはとても難しくどんどん頭がぐちゃぐちゃになって、おはじきで試したものの、説明するにはいまいち説得力がなくで。。。
これでわかりやすく教えることができます。
素晴らしいの一言です。どうもありがとうございました。

お礼日時:2015/01/16 15:30

 早々に締め切られてしまったので回答が間に合いませんでしたので、指導方法


に準拠して回答を追加させていただきます。

 算数と言うより国語の問題だということを親御さんもしっかり理解して置いて
ください。
 算数・数学は具体的なものを数字と言う抽象的なものに置き換えることから始
まります。それがすべての出発点です。
 文章を読み、言わんとしている事を正確に理解すること。
「AはBより1個多く、BはCより3個少ない数がそれぞれのバスケットに入ってい
ます。」
★ふたつの数を比較する用語が、「多い」「少ない」の二種類使われています。
それをどちらかに統一しましょう。
「AはBより1個多く、BはCより3個少ない数がそれぞれのバスケットに入ってい
ます。」

「AはBより1個多く、CはBより3個多い数がそれぞれのバスケットに入っていま
す。」
または
「BはAより1個少なく、BはCより3個少ない数がそれぞれのバスケットに入って
います。」でもよい。

さて、それでどれが一番多いか分かるはずですから、多い順に並べてみましょう。
C:●●●
A:●
B:
 そして、この説明が元の説明とあっているかを何度も確認してみましょう。ま
た別の言い方もあることを確認しましょう。

・AはBより1個多い
・BはAより1個少ない

・BはCより3個少ない
・CはBより3個多い

・AはCより2個少ない
・CはAより2個多い

ここまでが最も大事です。これが文章から読取れるように・・

さて、
C:●●●
A:●
B:
これでは全部数えても4個しかありませんから、数の大小の関係が変わらないよ
うに、ABCすべてに同じ個数を加えていきます。
 --これは高学年で学ぶ移項手続きの考え方になります。---
 --=の関係にある両辺に同じ処理しても関係は変わらない---
C:○●●●
A:○●
B:○    合計7個

C:○○●●●
A:○○●
B:○○   合計10個

[ここでのポイント]
1) 多い⇔少ないをいつでも置き換えられるように
2) 多い順、あるいは少ない順に並べる
3) 大小関係が変わらないように全体の数を合わせる。

 これが大人になると
「AはBより1個多く、BはCより3個少ない数がそれぞれのバスケットに入ってい
ます。」
 ||
A = B + 1,B = C - 3,A + B + C = 10
という方程式で解けますよね。
    • good
    • 0

おはじきだから駄目なのです



実物の卵(ゆで卵にすれば危なく無い)と バスケットを3つ使えば 後はABCを書いた紙を張り付ければ良いだけ

形が変われば 考え方が変わるのが 子供の脳なのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に、子供の目線の違いには驚かされることが多いです。
茹で卵10個、どうやって消費するかまたこちらで伺わねば。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2015/01/16 15:22

まず説明にある通りの状況を作ってしまうのが良いかと思います。

(おはじきでやられたことと同じかもしれませんが)

1:AはBより1個多い
 →Aに卵を2個いれます
 →Bに卵を1個いれます

2:BはCより3個少ない
 →いまBには1個卵が入っていますので、Cに4個入れます
 →残りの卵は 10 - (2+1+4) = 3こ

3:1と2の状態を壊さないようにするには?
 →A,B, Cそれぞれに1個ずつ卵を入れる

小学生相手となるとなかなかハードルが高いですが、

・Bに1個卵が入っていると、Aに何個卵が入っていたら1個多いことになる?

くらいの問いかけからはじめてみると良いかもしれません。
大人だとすぐ数学に持って行ってしまってだめですね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく教えていただきまして、ありがとうございました。
小1の子供がわかるように、となると逆にとても難しくおもえてしまって1人でこんがらがっていました。
数式にしたものの低学年が理解するには程遠く、おはじきでやってはみたものの説得力ゼロの回答しか出せずで。。
子供の思考は単純明快なんですよね。教えて頂いたやり方を遊びながら一緒にやったら、また違うやり方を見つけるかもしれませんね。子供は柔軟です。わたしはカチコチです。。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2015/01/16 15:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一年生 算数がわからない  どう教えたらいいかわからない・・・。

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・・・どうも私が教えると回りくどくなってしまって余計に混乱するらしいです。
教えようとせずに同じような問題を毎日出していくのがいいですか?
それともこれからは+-で計算するのだから○は□と?という問いにこだわらなくていいですか?

私たちのころは1+1=みたいなのが普通で?+1=3みたいなのはなかったように思うのですが
最近は足し算でもいろんなバリエーションがあるのでしょうか?

他の方の質問で「差が出始めている」との言葉もうなづけることがあります。
自分の教え力のなさに参ってしまいます・・・。
問題を教えるにはどういうアイテムを使ったほうがいいのか?
ひとつのことにこだわらなくていいのか、教えてください。
又、ドリルも与えてありますが授業がゆっくりなのか毎日持ちません。
(入学当初、「宿題のほかにドリルを一ページね」といって始めましたが
ドリルのほうが進んでしまい結局宿題のみになってしまっています。)
ドリルを増やすべきなのか、別の教材にするべきなのか(でもチャレンジとかも結局一緒ですよね?)
他のご家庭ではどうしていますか?

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません。

同様に、「10」までやってみてください。

次に、「10」以上の数です。

○○○○○ ○
○○○○○

を見せて、「11」とすぐに出るか。

○○○○○ ○○
○○○○○

を見せて、「12」とすぐに出るか。
これも、左側が、「10」と一目で認識でき、右側が、「2」と認識できることが大切です。

フラッシュカードのように、○だけを画用紙や自由帳に書いて、
どんどん言いながら、テンポよくめくっていき、
イメージを定着させるのもいいでしょう。

計算だけを繰り返すより、
おはじき、ブロック、フラッシュカード なども上手に活用しましょう。

また、こんな方法もあります。
「11」~「19」までのカードを作って、机の上に裏返して適当におき、1枚めくります。
「16」がでたら、「10と?」と聞きます。
数秒で答えられなければ、親が「6」と答えを言ってしまい、またカードをもとにもどします。
そして、違うカードをめくります。
こうやってゲーム感覚で繰り返しているうち、子どもは答えを暗記しますから、言えるようになります。

あとは、
「1」~「9」のカードを用意しておいて、今度は数字を見せて机の上にばらばらにおいておきます。
先ほどの、「11」~「19」のカードは、裏向きに一山にしてつんでおきます。
その山から一枚とって、例えば「13」がでたら、子どもに見せながら、「13は10と?」と聞きます。
子どもは、「3」をとるわけです。
数字を見ながらですから、言葉だけより簡単だと思います。
「3!」をとったら、今度は、カードを一旦ふせさせて、
「13は10と?」と再び聞きます。
すると、子どもは「3」といえるわけです。

コツは、楽しく、テンポよく、いろいろな方法を組み合わせながら飽きないように、です。

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません...続きを読む

Q1年生 算数でつまずいています

この春1年生になった息子なのですが、算数がわからなくて困っています。

まだ入学して1ヶ月かそこらなので、まさかわかってないとは思わなくてビックリなのですが、本人は本当に悩んでしまっているので何かいい教え方があればと思い投稿しました。

何がわからないのかと言いますと

「4個のボール は1こと3こにわけることができる。」

というようなことです。
4は、1と3をあわせたものであるというのがわからないようです。

なので、
 5→1と4
   2と3
   3と2
   4と1
のように、5という数字を分解するような問題もわかっていません。

指ももちろん使っていますが、それでも問題本来の意味がわかってないので、指をどう使えばいいかもわかっておらず、5は1といくつ?と聞くと「5」などと答えたりします。

おはじきやビー玉を使ったり、あめ玉を2個と3個にわけたり・・・といろいろな方法で試していますが、なかなか理解できません。
2と4で6になる、というようなことはわかっていますが、では6は2と何?というとわかりません。

普段の生活では、5人なのにお皿が3つしかないからあと2つ出しておくねーとか、6こアメがあったのに5個しかない、1個食べたでしょ!などと言うことも多く、「ちゃんとわかってるじゃん。」と思っていただけにまさか算数でつまずいているとは考えてもみませんでした・・・。

教えるのも「5このアメをわけます。3個と何個?」とか「6本の鉛筆は2本と何本?あと何本あれば6本になる?」のようにワンパターンになってしまってるし、そうこうしてるううちに授業はどんどん進んでいくのでどうすればいいかわかりません。

何かいい方法はないでしょうか。

この春1年生になった息子なのですが、算数がわからなくて困っています。

まだ入学して1ヶ月かそこらなので、まさかわかってないとは思わなくてビックリなのですが、本人は本当に悩んでしまっているので何かいい教え方があればと思い投稿しました。

何がわからないのかと言いますと

「4個のボール は1こと3こにわけることができる。」

というようなことです。
4は、1と3をあわせたものであるというのがわからないようです。

なので、
 5→1と4
   2と3
   3と2
   4...続きを読む

Aベストアンサー

実生活に於いては難なく個数というものを理解出来ていますよね。5人居れば5枚のお皿が必要だと解ってる。

しかし、問題として5枚のお皿を分ける意味がまだ理解できていないだけじゃないでしょうか。仮に4個のアメをお子さんが持っていて友達3人が遊びに来た時に分けてあげてと言えば普通に分けれるでしょ。

それは分ける意味が目に見える形でちゃんとあるからなんです。算数の足し算が出来ない子でも、お金の計算なら出来てお買い物できたりする子もいるんですよね。つまり欲しい物はこれだけお金がいるという意味がよく分かるからなんです。

1年生だし、つまずいたとは言えませんよ。意味がある実生活での経験が算数として出てくる問題にリンクする日がきっときますよ。私の子供もそうでしたが、何をトンチンカンな事言ってるの?ってのが多々ありましたよ、特に算数で。

計算は慣れも必要だし、繰り返してやる事で力は自然とつきます。まだ1年生じゃないですか、そこまで心配しなくても大丈夫ですよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング