アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

以下の文章を英語にしたいです。

順序や書き方で悩んでおります。
出版社の前に、Publisherとか付けた方が分かりやすいでしょうか?

英語にしたい文
「私が当時影響を受けたのは、村上春樹による「風の歌を聞け」(1979年、講談社)である。」

現在は、以下のように訳しています。
「At that time, I was influenced by "Kaze no Uta wo Kike(Hear the Wind Sing)" (1979, Koudansha).」

ご意見募集しております。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

publisher とあえてつける必要はありません。


我々日本人はこれは書物である事は何も言われなくてもわかると思いますが、外国人には 書名もわからなければ、koudansha 自身も何だか知らないわけです。従い、

At that time, I was influenced by a novel (called) "Kaze no Uta wo Kike" ("Hear the Wind Sing", 1979 Koudasha) written by Haruki Murakami. となります。

より原文に忠実にするなら

What influenced me at that time was a novel called "Kaze no Uta wo Kike"... 以下略

となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語文献の英語論文における引用のしかた

英語で出版されていない日本語の著作物を英語のMLA形式の論文でWork citedのところに記入する場合、どのように記せばいいかを教えてください。特に
・タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
・In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
・タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。著者名を英語で書く場合は、First name-Last nameの順にすべきか、Last name First nameにすべきか。(MLAの場合、英語名はLast-Firstですよね?本来氏→名の日本人名はどうすべきなのか、という意味です。)
・英語表記が公式に存在しない出版社名はどうするべきか
・そもそも外国人が読む場合、日本語で書いた場合それが日本語であると認識してくれない人が多いということを踏まえたうえで「これは日本語で出版されたものですよ」ということを明記すべきか。その場合は、どのようにすべきか
以上の点を教えていただきたいです。OWLのウェブサイトには、西欧言語からの引用の仕方は乗っていたのですが、それ以外のことはほとんど触れられていなかったので、質問させていただきます。
例えば、佐野洋子さんの「百万回生きたねこ」(講談社・1977/10/19発行)から、「百万回も死んで、百万回も生きたのです(He died a million times, but he lived again a million times )」を本文中で引用する場合、どのようにしたらいいのかを見せていただけると、さらに助かります。

宜しくお願い致します。

英語で出版されていない日本語の著作物を英語のMLA形式の論文でWork citedのところに記入する場合、どのように記せばいいかを教えてください。特に
・タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
・In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
・タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。著者名を英語で書く場合は、First name-Last nameの順にすべきか、Last name First nameにすべきか。(MLAの場合、英語名はLast-Firstです...続きを読む

Aベストアンサー

Q1)タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
A1)タイトルは英語と日本語の併記にします。英語部分を誰が翻訳したかは必要ありません。

Q2)In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
A2)誰が翻訳したかを明記する必要はありません。

Q3)タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。
A3)Work citedに表す場合、英語と日本語の併記になります。名前は比較できる英語翻訳済みのものがない場合、苗字→名前でも、名前→英語でもかまいません。大事なのはすべてのcitationの統一です。つまり、英語翻訳されていない日本語文献だけを参照するのであれば、すべてが苗字→名前もしくは名前→英語のどちらかに統一していればOK。ただし、参照するものが日本語文献だけでなく英語翻訳された文献も含まれる場合、英語同様、名前→苗字にする必要があります(統一する為)。また英語名のあとフォントをあけずに続けて日本語名を入力してください。タイトルは日本語名をそのままローマ字に変えたものを用います。正式な翻訳書籍がないので、原題をそのまま紹介してください。
(例-1)田中一郎さんの文献を参考にした場合
○Tanaka Ichiro田中一郎 もしくは Ichiro Tanaka一郎田中
×Tanaka Ichiro 田中一郎 もしくは Ichiro Tanaka 一郎田中

(例-2)田中一郎さんの本のタイトルが「日本人という名の生涯」だった場合(必ず全部イタリック体で。これで外国の単語=原語であることがわかります。)
Nihonjin to iu Na no Shougai日本人という名の生涯

(例-3)例1の本に~届かなかった最後の手紙~ という副題がついていた場合(イタリック体であるのは例-2と同じ)
Nihonjin to iu Na no Shougai: Todokanakatta Saigo no Tegami日本人という名の生涯:届かなかった最後の手紙

Q4)英語表記が公式に存在しない出版社名はどうするべきか
A4)まずその出版社の場所(都市名)と日本語名をそのままローマ字にします。そして名前同様日本語をすぐそのあとに続けます。
(例)東京にある岩谷書店で発行されたのが2005年の書籍
Tokyo: Iwatani Shoten, 2005. Print
※コロンのあと、1フォントあける。書店の名前の後は、コンマ。年号の後はドット。発行の月日はいりません。最後にPrintと必ず入れる。

Q5) そもそも外国人が読む場合、日本語で書いた場合それが日本語であると認識してくれない人が多いということを踏まえたうえで「これは日本語で出版されたものですよ」ということを明記すべきか。
A5)日本語に限らず、中国語、韓国語その他英語に翻訳されていない文献は星の数ほどあります。本文中でそういった文章を引用する場合は、MLAのParenthetical Citationsのルールどおりにすればよろしいです。つまり、ご質問の佐野洋子さんの文献の場合
(例1)文の最初に筆者の名前(苗字だけ)を紹介してから、参照した文章を続けて、文の最後にカッコで引用したページを示す

(例2)文の中には筆者の名前を出さず、参照した文章を記入後、最後にカッコで苗字とページ番号を入れる
のどちらかです。

ブリティッシュ・コロンビア大学のサイトは詳しく言語ごとにAPAやMLAなどでの書式の説明をしていますので参考になさってみてください。In-text citationの書き方についても説明しています。
http://wiki.ubc.ca/Library:How_to_Cite_Asian-Language_Sources

Q1)タイトルを翻訳する必要があるか。またその場合は自分が翻訳したということを明記すべきか
A1)タイトルは英語と日本語の併記にします。英語部分を誰が翻訳したかは必要ありません。

Q2)In-text citationをする場合は、自分が翻訳したことを明記すべきか。
A2)誰が翻訳したかを明記する必要はありません。

Q3)タイトルや著者名は英語・日本語のどちらで書くべきか。
A3)Work citedに表す場合、英語と日本語の併記になります。名前は比較できる英語翻訳済みのものがない場合、苗字→名前でも、名前→英語...続きを読む

Q英語卒論の参考文献

英語で卒論を書いているのですが、参考文献として日本語の論文や書籍、webサイトを載せたいと考えています。その場合、それらのタイトルなどはそのまま日本語で書いてよいのでしょうか?それとも直訳などでも英語に直したほうがよいのでしょうか?
個人的には訳すと元の文献が分からなくなってしまうような気がするのですが、確信がないので経験者の方や知識をお持ちの方にご教授願いたいです。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語と英訳を併記することになります。その日本語論文に英文アブストラクトがついていたら著者が英訳したタイトルを書きます。ついていなければ,あなたが訳します。さらに学会誌によっては,「日本語文献は最後に(J)と注記せよ」と指示している場合もあります。

たとえば,もとの日本語論文が「明治維新について」であれば,
A study on the Meiji Restoration(Meiji-ishin ni tsuite) となります。

Q英語で「個数」「件数」は?

質問は単純です。
英語で「個数」や「件数」をなんというか、です。

とりあえず、思いついたのは、numberでした。
たとえば、「りんごの個数」は"a number of apples"ですか?
でも、"a number of"は「いくつかの」という意味ですよね。

「データの件数」は"a number of data"でしょうか?

私は英語はほとんど出来ませんが、numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

>「個数」や「件数」をなんというか、です。
>とりあえず、思いついたのは、numberでした。
意外に思われるかもしれまんせんが、語の選択はnumberであっています、と思います。

>「りんごの個数」
the number of (the) apples

>「データの件数」
the number of (the) data

>numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。
実は、昔、私も、「個数や件数はなんていうのかな、え、number? え、本当?」と、奇異に感じたことを、思い出しました。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q雑誌記事への掲載・どこまで許可が必要?(編集者やライターの方!)

マイナー専門誌でライティングをしてます。

例えば「キタキツネ物語」という映画の特集ページを制作するとします。
映画に関連していろいろと載せたい場合。

(1)「キタキツネが見られる動物園」をピックアップする場合
 →動物園に企画の提出と掲載の許可が必要ですよね…?

(2)キタキツネのスナップをちょっと使いたい場合
 →動物園に行き自分で写真を撮った場合、動物園に許可が必要?
 それとも「○○動物園にて」などとキャプションを入れれば良い?
※「○○動物園のキタキツネ、××ちゃん」という紹介の仕方ではなく、どこで撮ったかわからないくらいの写真で記事の内容も動物園とは関係ない内容とします

(3)キタキツネをテーマにしたグッズ紹介
 →メーカーに問い合わせ、場合によってはリリース資料をもらうことが必要?

(4)読者投稿で「お気に入りのキタキツネグッズです」なんて写真が届いた場合
 →余程キャラクター性があるものなどでなければ、
 掲載にメーカー許可はいらないと思うのですが…

(5)筆者の個人的な感想を書いたコラムなどで使う場合
 →特に許可などはとっていないと思うのですが…
※本文ではなく。「北海道に旅行した時にキタキツネ牧場に行ってきたのよねー」みたいなノリで、その時のスナップをちょこっと置くようなものとして下さい(専門誌/ライターの作家性が少々あるページとお考え下さい)

これらのような場合は、どのようにされていますか?
また、ここでの「例えば」は映画や動物園になりましたが、
動物園以外にもテーマパークや商品メーカーなどは、こういった企画に応じてくれるのでしょうか?

また、特集に掲載することで広告料をもらうわけではありませんが、
(1)などの場合は、読者層と合う内容であり特集で紹介していれば
広告掲載を持ちかけるのもありですか?
(上野動物園など公的施設を除く)

マイナー専門誌でライティングをしてます。

例えば「キタキツネ物語」という映画の特集ページを制作するとします。
映画に関連していろいろと載せたい場合。

(1)「キタキツネが見られる動物園」をピックアップする場合
 →動物園に企画の提出と掲載の許可が必要ですよね…?

(2)キタキツネのスナップをちょっと使いたい場合
 →動物園に行き自分で写真を撮った場合、動物園に許可が必要?
 それとも「○○動物園にて」などとキャプションを入れれば良い?
※「○○動物園のキタキツネ、××ちゃん」という紹...続きを読む

Aベストアンサー

出版関係者です

(1)単に表組みを作る程度であれば許可は不要です。
公知の事実を列挙しているに過ぎないからです。
ただし、入園料や開園時間でミスがあった場合に、
かなり平謝りする必要はありますが。

(2)園内で撮影した写真を商業利用するには、まず
撮影以前に撮影許可が必要です。お金をとっている
施設では、動物に限らず同じ手続きが必要となります。

> どこで撮ったかわからないくらいの写真

 バレたときのリスクを考えると絶対に避けるべきです。
まあ、北海道の原野で撮ったキタキツネならいいですが。

(3) これも表組みを作るだけなら許可は不要ですが、
値段の変更などがありえるので、ふつうは問い合わせを
します。リリースはちゃんとした媒体名を出せばすぐに
送ってくれるところが多いですよ。画像を載せる場合は
もちろん、事前の許可というか問い合わせが必要です。

(4) これは通常、不要ですね。ただ、正直なところ
掲載する必然性がないと思うのですが……。

(5) どんな形で載せるにしろ、動物園内で撮影した
画像を使う場合は、必ず許可が必要だとお考えください。
ただ、動物園でその筆者が映っている記念写真などで
あれば大丈夫です。動物のみの画像なら、商業印刷物
に載せる限りは許可を取るべきです。

> テーマパークや商品メーカーなどは、こういった企画に応じてくれるのでしょうか?

 これはもう、ケースバイケースとしか言いようが
ありません。ディズニーランド( オリエンタルランド )
だって取材許可を取れば撮影させてくれますよ。

> 広告掲載を持ちかけるのもありですか?

 あり・なしで言えば、営業すること自体は問題あり
ません。ただ通常は、媒体が直接営業するのではなく、
広告営業担当者を通すものだと思います。

出版関係者です

(1)単に表組みを作る程度であれば許可は不要です。
公知の事実を列挙しているに過ぎないからです。
ただし、入園料や開園時間でミスがあった場合に、
かなり平謝りする必要はありますが。

(2)園内で撮影した写真を商業利用するには、まず
撮影以前に撮影許可が必要です。お金をとっている
施設では、動物に限らず同じ手続きが必要となります。

> どこで撮ったかわからないくらいの写真

 バレたときのリスクを考えると絶対に避けるべきです。
まあ、北海道の原野で撮った...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報