個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

ホテル代りに契約した賃貸マンションの賃料・光熱費は経費(地代家賃)
となる理解でいますが、そのマンションで使用する家具家電も
経費として計上できるのでしょうか?
できる場合、勘定科目は何でしょうか?消耗品費?雑費でしょうか?

月-金で、大阪-東京を往復しています。
現在ホテル宿泊ですが、ホテル・マンスリーマンションより
経費を抑えれると思い賃貸契約にしようと思っています。

アドバイス宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

机・椅子など金額にもよります。


安い物でしたら

科目を事務用消耗品と作ればよろしいと思います。

最近高級品場合 事務用品でも資産ですし減価償却できます。
備品台帳記録に資産として残しいずれ法人可もありです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主で宿泊用に契約した賃貸マンションは経費?

ITで個人事業を営んでおり、栃木在住ですが常駐で東京に通っています。
現在は自宅を事業として届け出ており、自宅の賃料の一部を経費としています。
栃木から東京までの定期代と、仕事が深夜に及びホテルに宿泊した際の宿泊費は経費として計上しています。

もし、都内に宿泊用として賃貸マンションを契約し、仕事のある日のみそこに泊まるという形にした場合、その賃料などは経費として計上できるのでしょうか?

経費として計上できるのであれば、賃貸から職場までの定期代と、休日に自宅に帰るための切符代は経費として、栃木東京間の定期は買わない形にしようと思っています。

自宅でしたら一部は生活に使うため、一部のみ経費となるかと思いますが、仕事用として借りるし、仕事のない休日は自宅に帰りますので、完全に仕事でしか使わないという形になるため全額経費にできそうな気がしているのですが…いかがでしょうか?

Aベストアンサー

業務上必要な賃貸マンションなのですから、当然に経費です。
全額経費です。
そのマンションへの行き来にかかる交通費も無論経費です。

仮の話ですが、業務だけでなく私用に用いてると税務調査官が言い出したら、その根拠を求めればいい話です。
立証責任は税務署長にあります。

あなたの事業規模と売上、納税額によりますが、上記のような問題解決や、いざ税務調査への対応用に顧問税理士を持つと良いと思います(平たくいえば保険です)。
現在は税理士が余ってる状態ですので、廉価で顧問になってくださる税理士は必ずみつかります。

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング