出産前後の痔にはご注意!

乱文で申し訳ありませんが、
客観的なアドバイスをお願いいたします。
辛口すぎるご意見はご容赦下さい。

病院にはかかっていませんが精神的にもろく、
実家からの援助で生活している中年女性です。
私の理不尽な逆恨みなのですが、
両親に対し「子供の頃あれをしてくれなかったから、
これをしてくれなかったから私の人生はうまくいかないんだ」
という不満を常に抱いています。

何かと落ち込んでは延々と電話をかけて泣いたり愚痴ったりする私に
母は最初は励ましてくれていましたがやがて疲弊し、
もう自分には何も求めないでほしいと言いました。

ここ何年かは安定し、軽めのアルバイトや趣味の習いものなど順調だったので
資格の学校へトライしてみようと母に話したところ
呆れながらも後悔しないよう頑張るなら援助すると言ってもらえました。

しかし母と話した直後からまた急激に精神が落ち込んでいます。
多分母に呆れられたこと、親の金を浪費する罪悪感、自分がやっていることは
くだらないことなんだ、という思いが原因です。

人生を適切に導いてくれる存在を求めているのだと思います。
成功体験が少ないので自分を信じられず、
両親に判断を委ねながらも実際は信頼していないので
不満があるのに過剰に依存している状態です。
精神の調子がいいときはまったく連絡も相談もしようとは思いません。
両親以外に相談相手を見つけられないのが私自身の責任で、問題です。

病気というより性格だと思うので、カウンセリングで誰かと定期的に話す必要が
あるのでは、と思います。
人生相談を含めたカウンセリングは病院へ行くべきでしょうか、
それとも民間のカウンセラーでしょうか?
あるいは投薬でもよくなる見込みがあるのでしょうか?
決断ができず悲観ばかりする、迷った挙句に間違った選択をする、
そして終わったことをくよくよ考える、という症状です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これを読んだ時に自分の事を言われているような気がしました。

共感する部分があったといいますか。ただこれは私が勝手に感じたことで実際は違うかも知れません。だけど思ったことを書かせていただきます。貴方の成育環境がどうであったかは分かりませんが、お母様にしっかり甘えることが出来ずに大人になってしまったのではないでしょうか。お母様があなたに虐待をしたとかではないと思いますが、愛情をかけてもらったという実感がないと言いますか。お母様への理不尽な不満は、まだお母様を求めている表れではないかと感じました。お母様は励ましてくれたり、ちゃんとやるなら資格の学校資金を援助してくれると言うことですので、貴方の事が憎いわけでも嫌いな訳でもありません。それを貴方はちゃんと分かっていらっしゃる。だから余計に辛いのではないかと想像します。不満をぶつけて思っていることを吐き出して、それを受け止めてもらえたらどんなにか楽になることでしょう。私はそう思います。面と向かって一度話してみたらどうですか?お母様を非難するのではなく、辛い気持ちを聞いて欲しいって伝えてから、ゆっくりじっくり話せるといいのではないかと思います。ただお母様がそれを聞いて上手く受け止める事ができないかも知れません。だからそれなら手紙でもいいかも。こうして欲しかった、という不満を書いて、でもお母さんが好きだからと、それから感謝も伝えましょう。私も自分で少しずつ前向きになりたいと思っている、落ちたり上がったりしながらだけど頑張るから。そんな事を伝えられるといいと思いました。でもこれはあくまでも私の感じたことで、的外れな事を申し上げているかも知れません。それならごめんなさいね、スルーしてください。それから、導いてくれる人はいないのだと思います。でも時にそのヒントやアドバイスはお母様だったり友達がくれると思います。友達がいなければ本を読むとかでもいいと思います。そして自己嫌悪になるのはとても分かりますが、人と自分をなるべく比べないこと。少し前の自分と比べて少し何かできた、って思えばいいですよ!自分に自信がないってこともそんなに卑屈にならず、まずはその資格に挑戦してみてください。きっとできますよ!カウンセリングは当たり外れがあると思います。私は2度ほどカウンセリングを受けましたが、(一度で数ヶ月継続) 結局やめました。でも全面否定する訳ではないので、試しに受けられるのもいいですよ。気楽にね、合わないとか嫌と思えば止めてしまえばいいんです。薬のことは医者が決めることで、私は医者でもないので何とも言えませんが、貴方の書かれた内容だけでは、薬を必要とされていないようにも感じます。でもこれは無責任な発言なので脚下です!すいません。親子関係については子どもはいくつになっても子どもなんです。いい年をしたオバサン(私)になってもです。分かってるけど、もがいている間は気持ちが子どもに戻ってしまい辛い時期が長くありました。母にぶつけてお互い泣いたこともありました。でも今は少しずつよくなっています。母との関係もよくなってきています。元から凄く悪かった訳ではないのですが、あのときにこうしてくれなかった、あの時はこうして欲しかった、等の思いが溢れて泣けて仕方がなかった時期がありました。貴女が少しずつでも前向きになれるよう、心より応援しています。先程も申し上げましたが、的外れな事を書いていたらごめんなさいね。あまり自分を卑下しないでね。大丈夫ですよ。貴方は優しい方だと思います。元気になりますように☆
    • good
    • 0

>人生を適切に導いてくれる存在を求めているのだと思います。



これは誰でもほしい存在ですね。しかしいないんですよ、実際は。私もずっとほしいと思っていました。でもあるときからいないんだと感じました。そのつどそのつど歩いていると出会いがあります。そこで少しずつ覚えたり吸収して自分でつなぎ合わせて行きました。自分の目で、耳で体験しながら得た結論こそが自分にとって本物だと思います。

学校に所属するとメンターを用意しているでしょう。カウンセラーもできる限りそのコースを辞めない様にアドバイスをくれます。その方がお得パックです。具体性を持つアドバイスをもらえますから。いくらお母様に呆れられても、やってみなさい。やるだけやる。そこにあなたの人生の参考になる多くのサンプルが学友として存在します。そういう人達の生き様を見るんですよ。

あなたが困難を克服し卒業した日、もっと強くなっています。自信がつき職を得る。きっとご両親に感謝できるようになります。

何の資格かは分りませんが、国家資格が良いです。趣味とか習い事の領域はご飯の種になるかどうか良く考えて下さい。プライベートな資格証書は意味をなしません。国家が保障する資格で職があれば少しずつ親御さんに返せますね。

私があなたに回答したのは息子も数年前に同じ事を言ったから。誰か人生を教えてくれるメンターがほしい、と。私は言いました。できるだけ多くの人と握手しなさい。そこで何か話し、感じ取る事は経験になる。一人にすべてを求めなくても、モザイクのようにひとかけらずつ集めマスターピースにしていけばどうかな、と。

息子はその後年配の人達が多く集まる職場のバイトを探し出しました(ガバメント系)。”ヨーダがいた、面白い” と目を輝かせていました。多くのヒントを集めたようです。その後心に余裕が出たのか、新しい生徒達のメンターを大学で引き受け助けるようになりました。

投薬はナンセンスです。あなたの文章は至極正常ですよ。もっと自信をもちましょう。お母様が出してくれるなら、借りる気持ちでもう一度資格を最終チェック、思い切って踏み出してみては。お母様もあなたが生き生きすれば、出してあげてよかったと思うでしょう。それは親孝行の始まり。はじめたら絶対に最後まで頑張って。しっかり。
    • good
    • 0

「両親に対し「子供の頃あれをしてくれなかったから、これをしてくれなかったから私の人生はうまくいかないんだ」


という不満を常に抱いています」
→その気持ちはよく分かります。
しかし、大人になっていれば、そろそろ自分で自分を鍛えてはいかがですか。
そのための方法は幾らでもあります。
いろんな友人を作って情報交換をする。
いろんな本を読んで社会の勉強をする。
ということを少しずつやっていきましょう。
カウンセリングと書いてありますが、カウンセリングとは人生相談ではありません。
何かを教えてくれるのではありません。
自分で気づいてもらおうとするのがカウンセリングですよ。
あなたの場合は自分で社会を勉強するのが一番です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A


このカテゴリの人気Q&Aランキング