人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

義父が食道ガンになりました。
発覚時は腫瘍が大きくステージは3~4。リンパ転移ありで抗癌剤治療後、手術を行いましたが、手術後の先生の話では
ガンが声帯まで浸透しており声帯を取れば全て取り切れるが、声帯を取ると今後の生活も不便になるし、リンパ転移もしてるので他の臓器にも転移してる可能性が高いので声帯までの癌は取らなかったとの話だったそうです。
そこで質問なのですが、他の臓器に転移の可能性が無ければ声帯まである癌も摘出してたが、他の臓器への転移がかなり高かった為摘出しなかった事でしょうか?
素人考えでは今、他の臓器に転移が見られないなら腫瘍は全て取り切った方が良いのでは?と思ってしまいます。
後、今後の治療は抗癌剤と放射線治療になる様ですが、もう声帯の癌は手術不可能との事ですが、その腫瘍は今他の臓器に転移してなくても今後転移してしまう可能性もあり得るとの認識であってますでしょうか?
長くなりましたが、一般論で構わないのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一般論としてお答えします。



癌は、それ自体が毒素を出すわけではないので、
そこにあるだけならば、何の問題もない。
例えば、食道が癌で狭くなったら、その部分だけ
切除して広げればよい。
ならば、どうして、手術で切除するのか?

それは、重要臓器への転移を防ぐためなのです。
肺、肝臓、腎臓、脳などの重要臓器に転移して、
その臓器の機能が失われれば、死亡につながります。
なので、そのような臓器に転移する前に、切除する
というのが、癌を切除する目的です。

「リンパ転移もしてるので他の臓器にも転移してる可能性が高い」
ということは、現実には、すでに手遅れ状態ということです。
なので、次善の策として、
(1)食道が狭窄して、食べられないようになることを防止する
(2)声帯を残して、意志の疎通がしやすいようにする
ということを優先したのだと思います。

(Q)他の臓器への転移がかなり高かった為摘出しなかった事でしょうか?
(A)その可能性が高いということです。

(Q)他の臓器に転移が見られないなら腫瘍は全て取り切った方が良いのでは?
(A)おっしゃる通り、転移がないならば、そうすべきですが、
食道がんは、転移しやすいがんであり、すでに、リンパ節への転移が
見られるということから、他の臓器に転移していると考えた方が良い。

初期の転移は、細胞レベルで起きるので、最初は目に見えない、
検査に引っかからないのです。

(Q)今他の臓器に転移してなくても今後転移してしまう可能性もあり得るとの認識であってますでしょうか?
(A)ちょっと違う。
すでに、転移を起こしていて、それが、どこに転移をしたのか、
分からない状態と考えた方が良い。
「今後」転移するならば、すべての癌を切除するのが原則です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございました。
素人の私にも非常に分かりやすいお答えで良く理解出来ました!
治療も大切だと思いますが、充実した生活がおくれると良いと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2015/01/18 20:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食道ガン。術後治療なしの場合は?

食道ガン。転移が検査や自覚症状が出るのはどの位からですか? 質問よろしくお願いします。
親族が食道ガンの手術をしました。
ステージは3~4。リンパ転移ありで抗がん剤治療後に摘出しましたが、声帯までガンが進行しており今後の生活を考え声帯は残しました。
現在は目に見えるガンはなく、術後の治療(抗がん剤等)はせず、月一回の経過観察のみなのですが、
この状態で何年も過ごせる可能性はありますか?
ガンは検査や自覚症状に出るのは何年も掛かると聞きますが、細胞レベルでも急に大きくなるのでしょうか?
術後に抗がん剤や放射線治療をするのかと思ってましたが、月一回の経過観察はこのような場合一般的なのでしょうか?
一般論でも構わないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ある程度ご高齢になるとガンの成長は遅くなるようです。
最近は、少量の抗がん剤を使ったり(私も80%の量にしています)
2週間のサイクルを3週間や4週間にしたりして
体に負担をかけない抗がん剤治療もあるようです。

抗がん剤を使って身体中のガンを全て無くするという考え方から
体に負担をかけない程度でガンと共存するという考え方も増えているようです。
体を壊してしまったら元も子もありませんからね。
おだいじに。

Q食道がん、再発?

父は去年、食道がんのステージ(3)と診断され、
放射線治療と抗がん剤の化学療法で、ガンが消失しました。

しかし、昨日、定期検診に行ったとき、肺にガンが
あるようなことをいわれたそうです。
それは、去年からあった小さな影だそうですが、
明らかに大きくなってるそうです。
(父は過去の結核の痕だと思ってたようです)
明日は全身も転移していないか検査に行くようです。

食道がんは、再発すると余命は1年以内だとか…。
原発性だという可能性もあるんでしょうか。
また、再発だとしても治る可能性はあるんでしょうか?

よく分かっていない段階でお聞きするのもとも
思うんですが、なんだか不安で。
すいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結果がはっきりしないうちはお辛いものがあるでしょうね。

ガン専門病院の食道外科に勤めていました。
かなり厳しい現実になりますが、食道ガンはガンの中では予後はよい方ではありません。なので、再発の場合は厳しいものがあるのが現実です。ですが、転移であっても、治療できないというわけではありません。
同じ食道ガンであっても予後は本当に人それぞれですので、まり思い詰められませんように。

肺の方は調べてみないとわかりませんが、はっきりガンであるかどうかは腫瘍マーカーをするか、生検(細胞を一部とって調べる)をしなければ確定はできません。
肺生検はリスクを伴う検査なので、まずは全身に転移があるかどうか検査してその結果から、肺生検の必要があるかどうかを判断すると思います。
肺の陰が、ガンの疑いで調べてみたら実際は血液の塊だったり、古い結核のあとだったりする事はとても多いのですが、陰自体が短期間に大きくなっいると言うことはガンである可能性は否定できません。
仮に肺の陰がガンであった場合、それが食道からの転移ではなく、肺ガン自体も原発の可能性があるかと言うことですが、それはあります。
実際に、2つのガンが見つかり転移かと思ったら、どっちも違うタイプのガンであるという場合も何件か有りました(私たちはダブルキャンサーと言ってます)。

結果がはっきりしないうちはお辛いものがあるでしょうね。

ガン専門病院の食道外科に勤めていました。
かなり厳しい現実になりますが、食道ガンはガンの中では予後はよい方ではありません。なので、再発の場合は厳しいものがあるのが現実です。ですが、転移であっても、治療できないというわけではありません。
同じ食道ガンであっても予後は本当に人それぞれですので、まり思い詰められませんように。

肺の方は調べてみないとわかりませんが、はっきりガンであるかどうかは腫瘍マーカーをするか、生検(...続きを読む


人気Q&Aランキング