人気雑誌が読み放題♪

バイオリンに関しての質問です。
Petrus-Antonius a COSTA
1822
と中のラベルに書かれているバイオリンを持っているのですが、このバイオリンの制作者、又は情報に関して何か知っている方がいたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



情報は皆無に等しいのですが、1922年にドイツのフランクフルトで出版された、「中世から現代までのヴァイオリン・リュート製作者」という書物の中に、わずかながら記載があります。イタリア・トレヴィーゾのヴァイオリン製作者で、有名なアマティ兄弟のヴァイオリンの優れた複製者として知られていたようです。本人も、アマティの複製をしていると言っていたようですが、実際にはストラディヴァリの複製もしているということです。生没年が記載されていないのですが、もう一人、Marco dalla Costaという人が載っていて、17世紀の人ですが、これがPietro Antonioの父親か祖父と推測されています。Pietro Antonioのヴァイオリンは、赤茶色または黄色のニスが見事であるそうで、マントヴァやヴェニスでも仕事をしていたと言われていますが、これは1720年以前、もしくは1757年以降のことらしいとのことです。ただ、Pietro Antonio dalla Costaの名前は、偽造者によってしばしば利用されたらしく、そのため、制作年代がかなり長期に渡っているとありました。偽造品の場合は、ラベルにしばしば間違ったラテン語が書いてあるとのことです。1822年という年号が気になるところで、同じ銘の入ったヴァイオリンがかなり安価でオークションに出ているようですが、わずかな情報では何とも言えません。気になるようなら、専門家に鑑定してもらう方がよいでしょう。

以上、御参考まで。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング