人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

証拠がない=やってないってこと。
尖閣ではビデオ映像が出したんだからサリン事件も犯人がそう行動してるところのビデオ映像が出せるはずだ。
学校でお金が盗まれた?じゃあ証拠写真や映像を出せ?監視カメラの映像は?出せない?じゃあ悪魔の証明だな。

証拠があればどんな悪党でも認めるしかないと思います。
長年あのテーマが教育教材として用いられてきたのは、証拠が一切ないのに認めたというのは教育的に意味が大きかったのでしょうか。

・私たちの祖先は証拠はなくても認めて謝罪した立派な人たちで、私もあなたもその血を引いている。やったなら証拠がなくても認めて謝罪すべきそれが誇りある日本人の姿だ。

・証拠がないなら認める必要性なし。証拠カメラ映像や決定的な記録文書が出るまで認めてはいけない。嘘をついても勝つことに執着する競争心が日本男児だ。善悪で考えるな損得で考えろ。

前者と後者で教育者に向いてるのってどっちでしょうか。
南京大虐殺論争も慰安婦の強制連行もガマの手投げ弾も事実がどうであれひっくり返すことって本当に道徳教育的に良かったんでしょうか。
冤罪で死んだ人たちは未来の子供世代が倫理より私的利益優先することを恥じない悪党に成長して皆が嘘吐きの不幸な日本を作ることを望んでいたんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>南京大虐殺論争も慰安婦の強制連行もガマの手投げ弾も事実がどうであれひっくり返すことって本当に道徳教育的に良かったんでしょうか。



よくなかったでしょうね。
70年以上経った今となっては、証拠といってもねえ。事実はいつまでも不明なままでしょう。

日本人の中でどうしてもみじめったらしくおさまりがつかず、はっきりいわないまでもかげでぐだぐだ反発したり未練っぽいひとたちが最近いるから、共産中国だって韓国だってやはり感情的にいきりたって「30万人の犠牲」とか、「20万人の性奴隷強制連行!」とか極端に反発するのだと思います。とくにあべさんが未練たらしく村山談話を見直すとか嘯いたから今のひどい険悪な状況になっているんではないですか。

いちがいに比べられないけれど、戦後ドイツはいろいろ証拠もなく言いたいことはあったはずだろうけれど「ユダヤ虐殺600万人、ひとりもねぎらない、値切るやつは犯罪!」とかいさぎよかったです。ソ連の犠牲者2000万人だってあやしいし。だからこの点にかんしてはすっきりしてあまり目立った問題にはなっていないしみあげたもんです。日本も早いうちから煙が立って、まったくなかったはずはないのですから、はやいうちに「南京7000人死亡、韓国人慰安婦200人、これ以上も以下も法的にみとめません。」と公に先取りしていってしまえば良かったのではないですか。
    • good
    • 0

私が学校教育で実感したのは


日本人は道徳性が低いのではないかと
ずっと思い込んでしまったことです。

南京事件もそうですが慰安婦など
戦争となれば人殺しや、強姦などを平気で行うのだと
そう思い込まされ、何のプライドもなくなりましたね。

本当、教え続けるのはよくないです。
プライドがなくなる→自立心もなくなる→自己否定→社会性の欠如

にまでつながった記憶があります。

大学のころ、そういった教育がおかしいと
本を読んで気づきましたが・・・
    • good
    • 0

道徳という観点でいえば



質問の内容で教材となりえるのは、大雑把に言うと
・事実でも無いことを、他人をおとしめる為に嘘をついてはいけない。
・悪い事をしたならば、正直に言いなさい。
の2点かと思います。

日本側には心当たりがなさそうなので、
他国の行いを反面教師とするしかなさそうです。

・証拠が無くても謝罪する
というのは自分に心当たりがあれば道徳的には当然ですが、
やってもいないことであれば、単なることなかれ主義のバカです。

そもそも
現在の日本人の行動などは海外で高く評価されています。
その先祖である戦時中の日本人は、何処かの国が宣伝するような
酷い人たちであったと考える方が、不自然極まりないことです。

逆に、日本を貶めている国は戦時中はとても善良な人であったような
宣伝をしていますが、現在のその国民の行動を観察してみれば
その先祖がどういう人たちであったか容易に想像できます。

なぜ、そんな簡単なことが、わからない人が多いのでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/23 23:04

「当たり前の事」の説明が最も難しい と言われているようです。



質問者様は議論や裁判のルールである【告発側の立証責任】と【悪魔の証明】や、そこでの【証拠】の定義や扱いについて無知か誤解をしていると思います。

1:>証拠がない=やってないってこと。

違います。
「やった証拠」がない→「やったかやっていないかわからない」→「推定無罪」ということです。
「やっていない」という証拠を否定できても、同様に「わからない(推定無罪)」となります。

以上から、「やったという証拠」を出さない限り「やったと言う側」の勝ちにはなりません。

これについては、↓の私の回答(No4)をご覧になって下さい。

【慰安婦を強制連行した証拠を下さい。】
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8674028.html


2:>尖閣ではビデオ映像が出したんだからサリン事件も犯人がそう行動してるところのビデオ映像が出せるはずだ。

↑は 証拠の一形態に過ぎないビデオを 証拠=ビデオ という誘導をして それを適用できない他のケースの証明にも要求し、ビデオがない事を理由に「A」を否定しようとしています。

「特殊な事例」を一般則にも適用できると主張し、それができないことを理由に自分の主張の正当性の根拠とするのは詐欺や詭弁でよく使われる方法と言われています。



A:>長年あのテーマが教育教材として用いられてきたのは、証拠が一切ないのに認めたというのは教育的に意味が大きかったのでしょうか。

↑ですが、「認めた人物や集団」と、それらと教育の関係が不明なので回答不能です。

私の知識では、日本政府は南京事件については中国の主張を認めたわけではないと思います。
日本国内で認めているのも、いわゆる「人権サヨク」であり、「日本人の総意」ではないだと思います。
「人権サヨク」については↓の私の回答(No4)をご覧になって下さい。

【伝統を守る事=ナショナリズム?】
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8808276.html



質問の主旨ですが↓でしょうか。(→いわゆる南京事件の真偽は問題にしていない)

B:>前者と後者で教育者に向いてるのってどっちでしょうか。

↑ですが「前者と後者」という表現から、↓の「B1aとB1b」と「B2aとB2b」のグループからの2択と解釈しました。

B1a:>・私たちの祖先は証拠はなくても認めて謝罪した立派な人たちで、私もあなたもその血を引いている。
B1b:>やったなら証拠がなくても認めて謝罪すべきそれが誇りある日本人の姿だ。

B2a:>・証拠がないなら認める必要性なし。証拠カメラ映像や決定的な記録文書が出るまで認めてはいけない。
B2b:>嘘をついても勝つことに執着する競争心が日本男児だ。善悪で考えるな損得で考えろ。

↑ですが、どちらも不適当な部分があるので回答不能です。
(B1bのみなら可)
質問者様がこのようなグループ分けをした理由についても疑問を感じています。


B1aですが、前述のAより認めたという証明がされていません。
「証拠もなく認める=立派」という理由も不明です。

B1bについては、確かに「やったなら証拠がなくても認めて謝罪すべき」だと思います。
しかし、それとやってもいない事(当然「やったという証拠」はない)を認める事とは全く別の事だと思います。

以上からB1については、質問者様は、B1a とB1bを同じグループにすることで
【B1b(行為が事実なら証拠の有無に関係なく謝罪するべき)】という証明済の論理を
B1aにも適用できると誤認させることで、【証拠がなくても謝する事が立派な行為】という誤解に誘導しようとしているように思えます。

「特殊な事例」を、それが適用できない「他の事例」についても適用して、それにより「他の事例」も正しいと誤解させるのは詐欺や詭弁でよく使われる方法と言われています。


B2についてですが、
私は「B1b」については認めているので、
B2aの「証拠がないなら認める必要性なし」や、
B2bの「嘘を使ってでも勝つべき」という考え方は、
裁判で勝つ為には有効であるかもしれませんが、【教育】として正しいとは思えません。

それに、「証拠がない→認めない」と「勝つ為なら嘘もOK」を同じグループにする考えも理解できません。

更に、私には善悪より損得を優先し、嘘をついてでも勝つのが「日本男児」とも思えません。
質問者様はそのように考えていらっしゃるのでしょうか
(この価値観ですが、私には日本より大陸や某半島の方々に近いように思えます。)


C:>冤罪で死んだ人たちは未来の子供世代が倫理より私的利益優先することを恥じない悪党に成長して皆が嘘吐きの不幸な日本を作ることを望んでいたんでしょうか。

回答C:望んでいないと思います。

まず、「冤罪で死んだ人たち」とは、どのような「冤罪」と「人達」なのでしょうか。

それに、↑から質問者様は「冤罪」(=証拠の有無以前にやっていない)であると理解していると思います。
それならば、私はそれを主張する事は当然であり「倫理より私的利益優先すること」とは思えません。

なので「倫理より私的利益優先すること」とは、

【やってもいない事をやったと認めて日本の為に戦った先人を貶めることで、他国や売国集団から得られる利益や、善人だけが取り柄の無知な人達からの良識人としての名声】

だと思いますが、それで合っていますでしょうか。
であるなら、「冤罪で死んだ人たち」がそのような事を望んでいない事は、まともな日本人なら考えるまでもなくわかる事だと思います。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/23 23:04

> 前者と後者で教育者に向いてるのってどっちでしょうか。



「ドッチも向いてない」と思いますが、どちらかと言えば後者(認めてはいけない)がマシかと。

前者は、話にならないレベルで、そもそも「道徳」の本質を、根本的に履き違えています。
後者は道徳論と言うよりは、ほぼ純然たる法律論ですよ。

「道徳律」とは、基本「法律」より厳しい規律であって、またそれは「自己規制」であらねばならず、「謝罪すべきだ」などと強制するモノでは無いのですよ。

言い換えりゃ、「法律を守りなさい」は正しいですが、「道徳律を守りなさい」には、実質的な意味や有効性とか、強制性は皆無です。

たとえば、道徳と言えば「走れメロス」と言うくらい、超メジャーで、登場人物が三者三様の道徳心を発揮するお話しですが、なぜコレがメジャーか?と言うと、ほど良い道徳のお話だからでしょう。
ホントはメロスの親友(セリヌンティウス)とか、メロスを処刑しようとした王(ディオニス)の方が、超道徳的なんですよね・・。

王は、メロスたちの友情に感銘し、メロスを無罪放免にする役どころですが、そもそもメロスが犯した罪は、王の暗殺未遂で・・。
「自分が殺されかけても、道徳的な犯人なら許しなさい」なんてのは、まずムリで。

親友に至っては、メロスに裏切られたら処刑される立場です。
「親友から頼まれたら、その罪を被って死ぬ覚悟をしなさい」なんてのは、なおさらで、教訓にも何にもなりません。

「そんな道徳を守るのはムリ!」なので、太宰治は、ほど良い道徳心を発揮したメロスを主人公にし、また、太宰が天才であるがゆえに、作中に過酷な道徳が潜んでいることなど、余り感じさせませんけどね。

ご質問の「証拠がなくても認めて謝罪すべき」なんてのは、太宰がクローズアップするのを躊躇した、王や親友の道徳心を、「強制/強要」するものに他なりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/23 23:03

"尖閣ではビデオ映像が出したんだからサリン事件も犯人がそう


行動してるところのビデオ映像が出せるはずだ。"
  ↑
これは無茶苦茶な理屈ですな。
一年に何万件も発生している犯罪のほとんどが
ビデオ映像などありません。
皆、無罪にしろ、てことですか。


”証拠があればどんな悪党でも認めるしかないと思います。”
      ↑
現実には、そういう悪党が多いのですが。
嘘の証拠だという証拠が出されたのに、それを
認めない結果が慰安婦です。


”長年あのテーマが教育教材として用いられてきたのは、
 証拠が一切ないのに認めたというのは教育的に
 意味が大きかったのでしょうか。”
    ↑
違います。
日本を憎悪して止まない反日日本人達が
頑張ったからにすぎません。


”私たちの祖先は証拠はなくても認めて謝罪した立派な人たちで”
     ↑
証拠も無いのに認めるなんて、なんて恥知らず
な人でしょう。
日本人、日本国の名誉を汚したのですから。


”嘘をついても勝つことに執着する競争心が日本男児だ。”
     ↑
嘘の証拠までねつ造して、日本を貶めたのは
反日日本男児です。


”前者と後者で教育者に向いてるのってどっちでしょうか。”
     ↑
嘘までついて、日本を貶めようとする
教育者がいるのには困ったものですな。


”南京大虐殺論争も慰安婦の強制連行もガマの手投げ弾も
事実がどうであれひっくり返すことって本当に
道徳教育的に良かったんでしょうか。”
    ↑
やってもいないことにたいして、謝罪や賠償する
ことに何の教育的意味があるのでしょう。
全く理解できません。


”冤罪で死んだ人たちは未来の子供世代が倫理より私的利益優先する
ことを恥じない悪党に成長して皆が嘘吐きの
不幸な日本を作ることを望んでいたんでしょうか”
    ↑
勘違いしていませんか。
嘘吐きは慰安婦南京をねつ造した反日日本人ですよ。
立派な日本男児はそのようなことはしません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/23 23:03

>南京大虐殺論争も慰安婦の強制連行も



南京大虐殺は嘘です。多少の死傷者はありましたが、虐殺などと言うレベルではありませんでした。
日本をどうしてもナチスと同じ悪役にするためにはユダヤ六百万の虐殺に匹敵する悪事が必要でした。連合軍を正義の軍隊と美化するために、単なる噂話を膨らませただけです。南京虐殺の証拠はな~んにもありません。
東京裁判でもアメリカ人証人が証言台で日本軍の残虐性を音吐朗々と語りましたが、日本側弁護士に
「貴方は貴方ご自身の目で何人の虐殺を見ましたか?」と問われ下を向き小さな声で
「一人です」と答えました。
一人の人間が砲撃などで死ねば普通は10人の負傷者がいる筈です。どうして東京裁判には南京虐殺を弾劾するために中国人の片目片腕片足の負傷者が出てきて証言しなかったのか? 虐殺がなかったからです。

慰安婦はありましたが、高給を払って募集しました。日本人慰安婦はコリアンより多くいました。慰安婦は大事な兵隊さんを慰めてくれる女性として大切に扱われました。

つまり日本は何ら悪いことはしておりません。子孫も恥ずかしいと思う必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/23 23:03

(1) 全くの善人が何かの間違いで犯人扱いされたときに証拠の有無を争うというのと、(2) グレーゾーンに分類されているごろつきが殺人の証拠の有無を争うというのとは重みが違いますよね。



日本軍の行動パタンは日本と戦った国々からは後者 (2) と見られているわけです。しかも証拠と言っても敗戦時に公権力による証拠隠滅もやっています。「証拠がないなら認める必要性なし」という言い方は前者 (1) の場合に言えることで、後者 (2) の場合は神に恥じずと自信を持っては言えず(例えて言えばレイプ犯が「合意の上」と言い張るのと似て)薄皮一枚の判決という状況だったわけです。

道徳教育的にはどちらかの意見に肩入れするよりは日本軍の行動パタンを議論すべきでしょう。例えば中国で戦うのだから食料は現地調達(実体は強奪に近い)で良い、とか、捕虜という身分?を認めずに処刑したとか、日本軍の「ごろつき」性の議論から入るべきでしょう。

端的に言えば日本軍の行動パタンは「西欧の植民地を開放した」と言えるのか、天地神明にかけて文明的であったかどうかという点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/23 23:03

全然考えていないと思います。



揉めるの怖いから、謝っちゃおう。
とりあえず、謝ればいいや。

これぞ日本人の国民性かと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

10年前にエアバッグの欠陥を隠ぺいした疑いが内部告発により明らかに
http://jp.autoblog.com/2014/11/10/takata-discove …
10年前は小林よしのりの戦争論全盛期ちょっと後ぐらいだったと思います。
スカスカおせちや緑肉や高級ホテル偽装は最近ですが全部慰安婦とかを否定し始めた時期の後の時代です。
政治家とか偉い人が誠実さより国益を優先するから、下々の者はルールを守るのが馬鹿らしいと思う人が多くなるんじゃないんですか。
悪影響を与えていないんでしょうか。
揉めるの怖いから、謝っちゃおう。とりあえず、謝ればいいや。
であっても平和的に贖罪の意思を示すために謝る古き良き日本人はどこへ行ってしまったのか寂しい思いです。

お礼日時:2015/01/23 18:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング