AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

卒業式、入学式、式典 の 「式」
形式、格式、延喜式 の 「式」
といった、おそらく大昔から使われていた「式」

一方、
等式、数式、方程式 の 「式」

どうしておんなじ漢字を使うのだろう。

左辺、右辺を等号や不等号で結ぶ「数式」の様式(←あっ、ここにも)って、
近代(日本では代数的解法なんて明治期以降?)になってから出現したと思うけど、なぜ、ここで「式」という漢字を使ったんだろうか。



ふとした疑問です。おヒマなときにでも・・・。

A 回答 (1件)

「式」には「規則やお約束によって定められたもの」と言う意味があります。



卒業式、入学式、式典:「行事」の「内容」が「規則やお約束によって定められている」ので「式」です。

形式:「形」が「規則やお約束によって定められている」ので「式」です。

格式:「格」が「規則やお約束によって定められている」ので「式」です。

延喜式:律令の施行細則で定められた「格式」なので「式」です。

等式:「両辺が等しいこと」が「お約束によって定められている」ので「式」です。

数式:「数の法則」が「お約束によって定められている」ので「式」です。

方程式:中国の数学書「九章算術」に「方程」と言う「お約束」が書かれていて、方程式は「方程というお約束によって定められている」ので「式」です。

様式:「様(ようす、物事のありさま)」が「何らかのお約束によって定められている範囲に入っているもの」を表すので「式」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、根っこでは「お約束」という同じ意味を含んでいるのですね。

そういえば、公式って formula で、 formalと同源ですね。

なんとなく、同じ意味に見えてきました。

ありがとうございました。
 

お礼日時:2015/01/23 15:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング