痔になりやすい生活習慣とは?

信用情報機関の開示請求について。


信用情報の開示請求をしてます。
CICとJICC
今の住所では登録情報がなく、申し込み情報のみ該当がありました。
半年前まではローンなど断れる度に申込したりしたので申込情報が数件ありました。
今回、再度開示請求したところ、申し込み情報は1件のみで、登録情報はありませんでした。
JICCについては前住所で契約した借金の事故情報が記載されてました。
CICでも前住所で同じ会社の事故情報が記載されてました。
こちらの業者へ連絡して少しずつでも返済して行こうと思うんですが、もしかしたらもっと以前の住所で事故があるかもしれないと思うようになりました。
しかしCICでは過去の住所で検索をする場合、前住所が確認できる物として住民票か戸籍の附票が必要です。
しかし私の場合は、本籍地を転籍した事もあり、更に戸籍の附票は除籍後5年を経過すると抹消されると聞きました。
そうなると私の過去の住所を知る(証明)には今の本籍地の附票しか入手が出来ません。
これは仮に以前の本籍地で住民登録してた住所で事故記録があった場合、どこの会社で登録されてるか、どのような契約で記載されてるかも分からないので返済もできない。永遠に記載されて行くのでしょうか。
今の本籍地で住民異動が3回、前本籍地で住民異動が2回、生まれた本籍地で住民異動が3回くらいだったと思います。
前本籍地と生まれた本籍地の住所を証明する事も出来ません。
弁護士や司法書士に依頼すれば調べてくれるのでしょうか。
過去にネットで見たんですが、踏み倒しや貸し倒れで会社が償却処理すると事故情報は5年で消えると書いてありました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 永遠に記載されて行くのでしょうか。


貸したほうも、貸し倒れで時効になっているであろう債権を何時までも会計上の資産として持っていても、監督官庁等の指導にあってしまいます。
また、貸倒引当金等の事も有りますから、いずれは損金として会計処理をするのが普通でしょう。


そう考えれば、時効から数年で会計処理がなされ消える可能性があると言えるでしょう。

時効が5年、消えるのが5年、会社がタイミングを計るのに5~10年程度とすると、20年後程度で消える可能性があるといえるのではないかと・・・。

> 弁護士や司法書士に依頼すれば調べてくれるのでしょうか。
お金を払えば、払った分の仕事はしてくれるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング