出産前後の痔にはご注意!

NHKからの抜粋です


Given the jump in the amount, the union will likely face tough negotiations, despite the company's robust earnings.


対応する日本語記事は、おそらく次です


今回の要求額は去年の妥結額である月額1100円の5倍を上回る水準で、2年連続のベースアップを巡り厳しい労使交渉となることが予想されます。


文頭の句は分詞構文の様です。文法書を見ると、次の例文を見つけました。

(Having been)Born in America, he is proficient in English.
(アメリカで生まれたので,彼は英語がじょうずだ)

「分詞構文の主語が省略される場合は、文の主語と同じ」だと書いてありました。実際、上の例文では「生まされた」のは"he"です。
すると、原文では"the jump"を与えられたのはthe unionになります。しかし、実際にはunion労働組合がjumpベースアップ要求を会社側に要求したのだから、"Given"でなく"Giving"が正しいと思います。


全文です

Mazda labor union to call for base pay hike

The labor union of Japanese automaker Mazda will call for a big hike in base pay at annual wage negotiations this spring.

Union officials made the decision on Sunday. They plan to seek an increase of about 2 percent, or over 50 dollars per month.

That's more than 5 times the amount the union won last year. It's also the biggest increase demand since Mazda introduced its current wage system 12 years ago.

Given the jump in the amount, the union will likely face tough negotiations, despite the company's robust earnings.

Mazda is expected to post a record-high operating profit in the current business year through March.

Among other Japanese carmakers, Toyota's labor union officials have decided to seek the same base pay raise as their counterparts at Mazda.


マツダ労組 ベア6000円要求へ NHKニュース
トップページBusinessニュースマツダ労組 ベア6000円要求へ
マツダ労組 ベア6000円要求へ1月18日 20時30分
K10047757511_1501182058_1501182114.mp4
2年連続の賃上げが実現するかが注目されていることしの春闘で、自動車メーカー、マツダの労働組合はベースアップの要求額を去年の妥結額の5倍以上に当たる月額6000円とする方針を決めました。

およそ2万人が加入する「マツダ労働組合」は18日、広島市で代議員会を開き、組合員の月額の賃金を平均で6000円、率にしておよそ2%引き上げるベースアップを経営側に要求する方針を決めました。
この方針は、各職場で討議されたあと、来月中旬に改めて開く代議員会で正式に決定する見通しです。
月額6000円の要求はトヨタ自動車の労働組合の要求方針と同じ額で、マツダが現在の給与制度を導入した平成15年以降、最も高くなっています。
マツダは円安に加え新型車の販売が好調なことから今年度の営業利益が過去最高となる見通しですが、今回の要求額は去年の妥結額である月額1100円の5倍を上回る水準で、2年連続のベースアップを巡り厳しい労使交渉となることが予想されます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

当然主語は the union なわけですが、


実際のご質問は given についてですね。

分詞構文については基本的にはおっしゃる通りです。

しかし、慣用的に用いられるもので、主語気にせず用いられるものに
Frankly speaking, Strictly speaking のようなものがあるのはご存じだと思います。

この場合、speaking の主語は「人々一般」であり、後の主語とは関係なく用いられます。

また、concerning とか、including のように、前置詞(や接続詞)として
確立したものがあります。

concerning で「~に関して」という about/on のような前置詞として使えば、
concern という動詞としての主語など関係なくなります。

この given もよく質問されていますが、
「~を考慮すれば」という意味で
given SV
given 名詞
という形で用いられます。

SV が続けば接続詞的、名詞がくれば前置詞的です。

この用法ではもともとの「与えられる」という意味での主語は関係なくなります。

https://kotobank.jp/ejword/given

━━[前][given+[名]/given that節]((文))(推理・推論の基盤として)〈…が〉与えられたとすると, 〈…と〉仮定すると, を考えれば, ということであれば

この辞書では given (that) SV として、that 自体が接続詞であるため、given は前置詞で統一しているようです。
ほぼ that は省略されますので、given で接続詞の用法もあると考えていいと思います。

もっともここでは前置詞で問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、返答有り難うございます

私の知識が浅かったようです。

今後もおねがいします

お礼日時:2015/01/23 00:26

すみません、#1 の回答では Given という過去分詞形になっている理由を書き漏らしていました。



考え方としては Being given the jump ... と考えたらいいのではないかと思います。つまり文頭の Being が省略された形です。この文頭の Being はよく省略されます。

Given ... で前提条件を表しています。
    • good
    • 0

givenという特殊な語を御存知ないための混乱だと思います。


ジーニアス英和大辞典の例文で解説します。
Given her inexperience, we can't entirely blame her for the accident.
このgivenは、前置詞的な使い方です。~が与えられると、~と仮定するとで、ifの節のように使えるわけです。実際、Given that . . . , でifの節と同様の扱いとなります。
Given the chance, . . . 赦されるなら、ーーー
という具合です。

お示しの文でも、「額の大幅な引き上げを想定し」「額を大幅に引き上げるということなら」という意味で使われています。

以上、ご参考になればと思います。
    • good
    • 0

> Given the jump in the amount, the union will likely face tough negotiations, despite the company's robust earnings.



 この文の主語は the union です。

 given = assigned as a basis of calculation, reasoning, etc.

 大幅な上げ幅を見込んでいるために、組合は、会社の収益が堅調な増加を見せているにもかかわらず、厳しい交渉に臨むことになりそうである。

参考URL:http://dictionary.reference.com/browse/given
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング