リンデロン

ゲンタシン


皮膚科や外科で 傷したとき よく処方させます。

何度か処方されると 自宅に残ってしまいます。


少々の傷や化膿してしまったときに 緊急的に使用したいのですが

この使い分けの目安を 知りたいのです。



もちろん 医師に処方されたわけですから、
その傷に合った場合に限られるのは 理解しています。

しかし、同じような傷やよく似た傷に 使用できれば
早々対処できるし 治療費も掛かりません。

市販のものより 直りが早く 場合によっては 
自己判断で使用できるようになりたい、のです。

             よろしくお願いいたします。






このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

リンデロンは、ステロイド剤に抗生物質のゲンタマイシンを添加したもの。


ゲンタシン軟膏はゲンタマイシンが主成分でステロイド剤が入っていません。
殺菌効果の抗生物質ゲンタシン軟膏に、即効性の消炎作用をもたせたものがリンデロン-VGだと思ってください。

ステロイド剤はテキメンの効果がありますが、副作用や習慣性や後遺症など問題が多くあり、他の薬と併用の禁忌の場合もよくあります。だから長期使用に向かず、短期間で一気に完治させる必要がある。
なので、ニキビとか、慢性鼻炎とか、長期間の使用が考えられるときは、ゲンタシン軟膏が処方されます。

使い分けの目安ですが、一時的な傷や強いかゆみを抑えたい時はリンデロン-VG。虫さされや火傷、切り傷、ヘルペスなど。
あせもやとびひなど化膿や患部の拡散を抑えたいときには、ゲンタシン軟膏が殺菌力が高く効果的です。

ただし、あくまで自己責任。医師の指導のもと使ってください。
    • good
    • 65
この回答へのお礼

有難うございました。

 リンデロンは ステロイドなのですね、
   子供に使用するには良くないですね、、、
   
   強くて 即効性があり 副作用に注意、

 日常的に消毒効果で使うには ゲンタシン



 自己判断ですが 有効に安全に使うように 

 心がけてゆきます。  

お礼日時:2015/01/21 10:59

薬剤師です。



たかが軟膏、されど軟膏で、担当する医師、薬剤師によっては説明や指導が大きく異なる分野になります。
私が一般的だと思う内容を記載します。

リンデロンという軟膏ですが実は何種類かありますが、単純にリンデロンとだけいえばステロイドのみのリンデロンV軟膏のことを業界では指すことが多いように思います。
出回っているのは下の方が書かれているVGという種類の方が多いと感じます。
ステロイドは簡単に言えば痒み止めです。主に湿疹で使われることが多い薬ですね。
性質としては副作用に免疫の低下等が知られています。
健常者がたまにちょっと使う程度であればこの副作用はほぼ無視できますが、
大量に、なんらかの持病のある方が、長期に、軟膏よりも内服で用いると副作用は出やすいです。
これにより、ステロイド=悪というイメージが持たれているように思います。
ただの怪我にリンデロンに代表されるステロイドを使用するのは逆効果ですのでご注意ください。
化膿を抑えるどころか化膿を誘発しかねません。

ゲンタシンは化膿止めです。かゆみを抑える効果はありませんので主に外傷の時に使われます。
怪我に使うなら間違いなくこっちです。

使い分けも大事ですが、開封後は取り扱いにより腐ることもありますので
もししばらくしてから軟膏を使うときは臭いや外観を見て腐っていないかを確かめてみるとより安全に使えると思います。
    • good
    • 50
この回答へのお礼

有難うございます。

ご専門の方からの ご回答をいただき 誠に感謝申しあげます。

お礼日時:2015/01/23 22:22

『少々の傷や化膿してしまったときに緊急的に使用したいのですが、この使い分けの目安を 知りたいのです。


リンデロンは炎症を抑える副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)です。種類が幾つかあってリンデロンVは単なるステロイド剤で、それに抗生物質(菌を殺すお薬)のゲンタマイシンが入っているのがリンデロンVG(GはゲンタマイシンのG)です。これは引っ掻き傷に使います。例えば、アレルギーとかで炎症を起こしたところが痒くて引っ掻いてしまった場合に炎症を抑えるためにステロイド剤が効いて傷にばい菌が入らないように抗生物質が効くということです。

ステロイド剤は炎症を抑える、つまり免疫を抑えるので単なる切り傷や擦り傷なら抗生物質(ゲンタマイシン)だけの方が良いし、それで十分なわけです。

でも日本のお医者さんはついついリンデロンVGを擦り傷とかに出してしまいます。

『何度か処方されると自宅に残ってしまいます。』
使用期限には注意してください。

それからステロイド剤は飲み薬でも塗り薬でも使っていていきなり止めると症状が悪化する場合がありますので、怖がって自己判断で止めたりせず、医師に相談しながら指示を仰ぎながら使うのがいいのではないでしょうか。
    • good
    • 29
この回答へのお礼

有難うございます。

よくわかりました。

小さい傷には ゲンタシンで よさそうですね、

ステロイドは 副作用もあるので 子供への使用は

やめたほうがよさそうですね、、

お礼日時:2015/01/23 15:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QリンデロンVG(処方薬)とベトネベート(市販薬)の違いについて

医師の処方薬である「リンデロンVG」の成分は、
 ベタメタゾン吉草酸エステル 0.12%
 ゲンタマイシン硫酸塩 0.1%
で、市販薬である「ベトネベート」の成分は、
 ベタメタゾン吉草酸エステル 0.12%
です。

違いはゲンタマイシン硫酸塩が含まれているか否かです。つまり、「これが含まれて
いるためにリンデロンVGは医師の処方薬になり、含まれていないためにベトネベートは
市販薬になっている」、という理解で間違いないでしょうか。

Aベストアンサー

抗菌薬としての、ゲンタマイシン硫酸塩は現在市販が許可されていないようなので、そのような認識で間違い無いでしょう。
なお、抗菌薬を配合した同等品としては、フラジオマイシンを配合した、「ベトネベートN」があります。
フラジオマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く) に効果があります。
ゲンタマイシンは、ゲンタマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く)、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌 など、適応範囲が広いです。

Qリンデロンってどういう意味ですか?

リンデロンっどうしてそういう名前なんですか?

Aベストアンサー

http://drugname.onmitsu.jp/82ri/82004Rinderon.html

Q【薬学】「リンデロンVG軟膏0.12%」と「メインベート軟膏0.1%」だとどちらの方がステロイドはキ

【薬学】「リンデロンVG軟膏0.12%」と「メインベート軟膏0.1%」だとどちらの方がステロイドはキツイですか?

ステロイドがキツイ=ステロイド量が多いってことでしょうか?

ステロイドがキツイ=ステロイドの濃度が高いってことでしょうか?

Aベストアンサー

リンデロンもメインベートもそれなりに強いです。
(5段階評価で3はあります)

ステロイドがきついというのは濃度が高いから、多いから
ではなくその製品自体がきついことを言います。

5段階評価の5(最強クラス)と1(弱いクラス)で
比較した場合、たとえ濃度が5の方が量が少なくても
強いことには変わりありません。

またリンデロン級のものは顔にはつけない方が良いと
思います。キンダーベート級(5段階で2)ならば
つけても大丈夫かと。

かなりかゆみがありそうですね。
病院に行かれる機会があれば是非足を運んだ方が
治りが早いと思います。

どうぞお大事に。

Q病院で処方された薬と一緒に市販の薬を飲んでもいいか?

2日くらい前から歯科医に処方された薬(抗生物質と胃薬)を飲んでいます。

そしたら運悪く今日から生理が来てしまいました。

普段は市販の頭痛薬や鎮痛剤を飲んでいますが、処方薬があるため控えています。

歯科医で抗生物質と一緒に痛み止めも処方してもらったのですが、それを代わりに飲んでもいいと思いますか?

歯に痛みはなくて一応もらっておいたのですが、それを頭痛薬代わりにしてもいいでしょうか?

Aベストアンサー

生理痛、頭痛に対して、歯痛用の痛み止めは効果がありますよ。
ですから代わりに飲んでも問題ないです。

Q市販で売られているコンドロビーEXと病院で処方されたエペリゾンは、同時に飲んでも問題ありませんか?

市販で売られているコンドロビーEXと病院で処方されたエペリゾンは、同時に飲んでも問題ありませんか?

Aベストアンサー

うーん、どうでしょうか・・・。
薬は飲み合わせによっては危険な副作用が出る場合がありますから、
大丈夫かどうか病院で聞いたほうがいいと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報