人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

半年ほどCentOSを実験的に使っていたのですが何故かいきなり
「Could not update ICEauthority file /home/ユーザー名/.ICEauthority」
というエラーがログイン時に出て、とりあえず閉じるを押すと普通にログインはできているのでいろいろと試して再起動をかけてもこのエラーが出てきます。

また、このエラーの出ている時期と同時にサウンドのアイコンも無くなっていたのでamixer sget Masterと言うコマンドを打ってみた結果、何故かミキサーからも接続が拒否されていることも分かりました。

原因と思われる直前にしていた行動で思い当たるものといえば、グーグルアースが起動できるのか試してみようと思い、ダウンロードし、起動が思ったように出来なかったので削除しようにも何故かユーザーで削除が出来なかったので管理者権限になり、無理やり削除したことくらいです。

参考に一度試してみたものはここに書いていたものです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8600338.html
http://blog.livedoor.jp/aratamete_eigo-hitoyasum …
他に必要な情報があれば、記述していきたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考URLの下の方で直った事例がありますが、駄目でしたか?


端末から入力し、再起動(フォルダに対する所有権と使用許可)

参考URL:http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1081730
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フォルダ自体は自分の所有権だったのですが、自分が使っているユーザー自体の所有権が管理者になっていましたw

おそらく、グーグルアースを管理者権限で削除したせいで所有権が変わってしまったんだと思います。


回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/22 18:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q起動エラーの復旧方法

いつまでたってもLinux系のOSに馴染めずにいるので知識をほとんど持っていません

使っているのは Ubuntu 12.04 日本語LimixをWin7のVirtualBox上に構成しています
FTPサーバでも構築してみようかなと思い立ち
vsftpd の導入・設定などを行っていたのですが なかなか思ったような動作ができず
挙句の果てにはログイン時にエラーが出てClose(シャットダウン・再起動・ログアウト) 
動作しかできなくなってしまいました
   Could not update ICEauthority file /home/ユーザ名/.ICEauthority
   のエラーメッセージDialogが表示され そこにはClose しか表示されず
   Closeしても他に何も画面が出ない

調べて同じ状況の改善方法を見つけたので これまたわからないながらも
あちこち調べて復旧操作を行ったのですが回復しませんでした
http://blog.livedoor.jp/aratamete_eigo-hitoyasumi/archives/2898733.html
   基本的に↑の内容見ても端末操作できないのにどうやってそのコマンド実行するの??
   といった知識レベルの使用者です
   (他の情報探しながら コマンド実行は行っています)

やってる途中で他にもちょっと悩んだでまだ解決(調査)してない事
 ・テキストモード起動したら日本語フォルダがフォントやドライバなどの関係で文字化けして
  判断できない     どうするんだろ・・・
  (とりあえず本題とは別の話なので無視して作業しています)

現在 新たな管理者アカウントを作ってGUI上からの操作も可能な状態にはしています
   とりあえずcsFtpdもアンインストールしています

何とかリカバリではない復旧を行いたいなと思っているのですが
他にこうしてみたら 等の情報があれば教えてください

.ICEauthorityファイル消したほうが良いのかなという気もしますが
悪化する可能性があるため現状はそのままになっています

いつまでたってもLinux系のOSに馴染めずにいるので知識をほとんど持っていません

使っているのは Ubuntu 12.04 日本語LimixをWin7のVirtualBox上に構成しています
FTPサーバでも構築してみようかなと思い立ち
vsftpd の導入・設定などを行っていたのですが なかなか思ったような動作ができず
挙句の果てにはログイン時にエラーが出てClose(シャットダウン・再起動・ログアウト) 
動作しかできなくなってしまいました
   Could not update ICEauthority file /home/ユーザ名/.ICEauthority
   のエラーメ...続きを読む

Aベストアンサー

これからは何をやったのか、防備録的なメモ残しながら作業された方がいいでしょうね。

>基本的に↑の内容見ても端末操作できないのにどうやってそのコマンド実行するの??
>といった知識レベルの使用者です

sshやtelnetで他から接続できるようにしておく。
実機(まぁ今回は仮想マシンですが)からログインできなくてもネットワーク越しでログインできる場合もあります。
# もちろんダメな場合もある。.bash_loginとかそこら辺を変に編集したとか。

レスキューモードで起動するとかLiveLinuxで起動して、該当のファイルシステムをマウントして操作する。
# ext4とかの暗号化ファイルシステムの場合にどうなるのかは…試したことありませんが。

>・テキストモード起動したら日本語フォルダがフォントやドライバなどの関係で文字化けして
>判断できない     どうするんだろ・・・
>(とりあえず本題とは別の話なので無視して作業しています)

環境変数LANG辺りを設定すれば、とりあえず「英語で」表示されるようになるでしょう。
CUIで起動すると表示できるのは英数字と記号くらいですし。
bashなら
export LANG=C
とでもやればよいかと。
# コンソールの場合にLANG=ja_JP.UTF-8とならないように設定されないんですかね?
# Redhat系だとそうなっていたような気がしますが…。

>.ICEauthorityファイル消したほうが良いのかなという気もしますが
>悪化する可能性があるため現状はそのままになっています

リネームしてみる。
という手もあります。
もちろん、設定していた内容は初期化されるでしょうが。

これからは何をやったのか、防備録的なメモ残しながら作業された方がいいでしょうね。

>基本的に↑の内容見ても端末操作できないのにどうやってそのコマンド実行するの??
>といった知識レベルの使用者です

sshやtelnetで他から接続できるようにしておく。
実機(まぁ今回は仮想マシンですが)からログインできなくてもネットワーク越しでログインできる場合もあります。
# もちろんダメな場合もある。.bash_loginとかそこら辺を変に編集したとか。

レスキューモードで起動するとかLiveLinuxで起動して、該当のフ...続きを読む


人気Q&Aランキング