マンガでよめる痔のこと・薬のこと

日本政府に向けての日本国民の意思表示としてのデモ、
あるいはネット上での嘆願運動などは御座いますか?
御本人は事前に、自己責任と明言されてる。
「全て自分の責任、何か有ってもシリアの人を悪く考えないで下さい、」とも。なればこそ逆に政府は救助しなければ為らないと考えます。首相の中東での発言も関係してますし、後藤さんはもう一人の救助に向ったとの報道も有ります。
交渉は任せるしかないですが、日本のPeopleも意思表示を求められてます。人道援助は強調して理解を求めながら、ジャーナリストの救命嘆願は当然の事でしょう。
パウエル元長官は、イラク人質事件の折り、人質擁護しましたね、彼等こそ日本の安全保障の役にも立ってるのだから、と。自己責任で見捨てて良い訳は無い。
一方、民兵・傭兵で行かれた方は、国家を離れて戦闘員として報酬を受けるプロですから、必ずしも政府が救助すべき対象とは考えません。仲間やクライアントが行くのが筋だと思う。
 デモンストレーションの事と、併せて御二方の救出の是非もお尋ねしときます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

marc さん、お久し振りです。



さて任侠映画に対する問いであればともかく、この種の話題は一般的な小市民である私としては通常避けるところでありまして、、他回答者様方の御意見にケチをつける気は毛頭ないという大前提、且つ解放要求のデモ云々をも省いた本件に関する総論・個人的見解と思し召し、何卒御容赦頂きたいと存じますが・・。

そもそも今回の人質救出に関してネガティブな層にも、ざっくり申し上げて2つの考え方があるのでしょう、先ずは人質の救出そのものを否定する方々、他方救出は是とするものの多額の身代金支払いは断固拒否すべしという方々。

自己責任それはそうでしょう、私としても或る程度は理解出来る、その一方で国家として当然の責務を容易に放棄可能な免罪符と成り得る側面を持った言葉との印象が強いのもまた事実です。

ことに今回の事件とそこに連なる一部世論に関し私が抱く大いなる違和感は、身代金要求を断固拒否した 米英の道 = 正義 という論調が目立つ事。

彼らがネット上で叫ぶ自己責任という主張は、容易に抗弁し難く且つモノトーンな故に声高でありまして、イスラム国及び日本政府の双方に対して或る一定程度の影響を与えかねない、つまり間接的に人質の生命を脅かす一方で、その救出に対する最大の障害になる可能性すら否定出来ません。

他国は他国そして我が国には我が国の在り方があるはず、国家としての選択肢を何故狭めなければならないのか?、正直そう考えるところです。

さて10年ほど前でしたか、1人の日本人青年がイラクのテロ組織に誘拐・殺害されるという事件がありましたが、その頃からでしょうかねぇ、自己責任という言葉が市民権を得た上にそれなりに支配的な考え方となったのは・・。

その顛末はそれとして、当時私個人が憂い且つ非常に印象深かったのは、当の御遺族すら生の感情を押し殺し「 全ては息子の責任 」 と記者会見せざるを得なかった社会的背景でありまして、人間として自然な感情の発露すら憚らさせるステレオタイプの世論、果してそれでいいのか・・、深く考えさせられました。

今から数時間後には当然何等かの答えが出ているのでしょう、私としてもただただ静かに見守るしかないわけですが、本件を解決へと導く良い方向に進む事を願うばかりです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 これは 北磯の、組蝶さん、いやさ健さん。
よくぞお出まし下さいました。私も国際問題は初です多分。
質問時に検索した処、SNSなどでの救出要請活動が出て来ず、報道の仲間達は何かしてるのか? との疑問で、急を要する事ですので立てました。 2日後には補足した通り、既に21日にはビジュアル・ジャーナリスト協会の声明が出て居り、その後運動は広まってるとの報道。
問当初の目的は達してますので〆ました。事件の経緯から云って、念の為皆様に御迷惑掛からないようにとも。此処で戦士の機能を備えるのは、貴兄と私位なので矢面に立って貰います(死んで貰います,笑)
  それにしても犯人側は、政府ではなく私共含め一般日本人と直接取引してるかのような落し所を提示してきて、昨晩は些か恐れ戦いた、私の示した苦肉の策とやらに近いですし。
湯川氏の件は残念ですが、武器携帯の傭兵と云う事で、救出は後回しが当然だろうと記し、その考えは今も変わりませんが、政府との接触は無しでいきなり殺害には狼狽もします。いつ殺害されてたかは不明です。
 彼等はNet をよく見てる印象。日本のネットの主論調はやはり、
救出に向った 後藤氏に同情的でしたから。これは恩を売ってるつもりなのでしょう、金銭要求まで取り下げて。
 戦争と資本と情報はとうに政府や国境を超え、無政府NGO交通Communication時代に入ってると痛感、益々Net交通を重視すべきか。
  しかし今更遅いですが、湯川氏の経歴を調べた処、かなり気の毒な面が有る。とても戦士とは言えないどころか通常の兵士の訓練も受けてない。並んだ写真が公表されてる、田母神氏にも覚えが無い,と見放された。悪役の組長のようだ、冷たい人だとは思ってなかったのですが。
湯川遥菜さん、本名。元は正行、改名されてる。ご本人ブログでは自分で性器切断、しかし性転換には失敗、と記されてるそうです。
これは無茶だ、掛けた梯子を下ろした右派にも失望。
女性的な人は訓練次第で戦闘に向く面も有るので、貴兄の塾や私の処に来て頂いた方がまだマシだったか。保守があれで良いのか? 憲法を変えるだけで満足か。 所詮実戦を知らない方々には任せられなく思えて来る。バトルフィールドの位相が変わり、国対国の装備の使途は狭まれてるのを理解してないようです。戦場から逃げ出したネオコンTrioより熟知してるパウエル長官の判断が正しかったと総括もされてますね。
やはり犠牲者か。御家族にはお悔み申し上げる他御座いません。
以前、軍事の民営化とハーグ陸戦条約の関係でこんな質問を
http://oshiete.sponichi.co.jp/qa8241656.html お暇な時に
http://oshiete.sponichi.co.jp/qa8000972.html  正規軍以外の、
市民,ミリシアの交戦資格規定、興味御座いましたらどうぞ。憲法は当分変わらないので、自己防衛の為の只の思考実験です。
●自己責任論は流石に、急に下火の印象です。確かに其れだけが目立つなら、助けないのか?じゃあ殺っちまえ、と為りますね。
〉御遺族すら生の感情を押し殺し「 全ては息子の責任 」 と記者会見〉痛ましい感じ覚えてます。其処まで謝罪させたいかと、残忍さまで感じた、一応は被害者なんですが。自粛強制、隣組相互監視や村八分とか、封建社会と云うより維新後の統制の為に強化された負の部分か。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mutsujishoji/201 …
●自己責任論」と「首相責任論」かなり説得的だと思います。でもその後の展望は望めてない。其所で付け加えます。
今世紀から、テロ対連合国、双方激化,乱暴になってる様子。
〉要求を断固拒否した 米英の道 = 正義〉テロには屈せずですから相互エスカレートで、人命軽視が進む。人質見捨て始めたのはプーチン; モスクワの劇場での立て篭もりで百人犠牲でしたか。非文明化、KGBですから。Chinaと同様。チェチェンもチベットも独立運動であり、テロ集団とは言わない。パレスチナの自爆テロも一方的な呼び名。
あまりの不均衡がそう呼ばせるのか、イスラエルはテロ国家と言われない。勝者が正義だ。でも実はベトナム以降アメリカは勝ってないんですね。イラクもあのザマです。
テロルは本来フランス革命政府の恐怖政治から。自由平等博愛の理念と共に、英米の正義もその流れに乗った、血塗られた物でしょう。一方的な正義では絶対に解決しませんね。
ここは世界史的理念、こそが現実的に唯一の有効策、絵空事ではない。国連憲章など出来っこないと言い出しっぺのカントも考えてた訳ですから。中東問題の原因作った欧州の、首に鈴付けられるのは 
日本しか無いと思います、つまり独自外交。国連決議は無視されるし、憲章と同時期の憲法はリンクしてて世界史的ではありますから。石油以外の利害は小さいし。 イスラム国ではないが、アラブ国独立の約束、
フサイン=マクマホン協定; サイクス・ピコ協定; バルフォア宣言。此処に帰って相談して貰うしか無いのでは?
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/三枚舌外交  ←此処まで入力。安倍首相も世界史に名残すチャンスですが、英米追従だけでは無理。度胸の有るステートマンは出て来ませんか。 ご回答助かりました、長文ご容赦下さい。
湯川さんの御霊には御詫び申し上げます、どうぞ安らかに。

お礼日時:2015/01/25 23:46

こんばんわ。


>漸く本日、SNS 等での解放呼び掛け運動が報道されました。
そうなんですね、。私はこのサイトなど利用しているにも関わらず、
こんな時、どういう形でネットを使うのか・・?
もうとっくに意見表明など、ネット運動も行われてると思ってました。

こちらお歴々がご回答されてますから、私の出る幕はありませんが、
まして、事実関係もきちんと把握してませんので、ご挨拶がてら、。

72時間の期限も過ぎ、お二人がどのような状態でおられるのか、とても心配です。。
もちろん、中東諸国、仲介人などあらゆる手を尽くして、交渉が進んでいると思います。
それが、国、外務省、政治家の仕事ですから。不眠不休は当然です。
なんとしても、お二人の救出、そして、イスラム国にお金を渡さない。
難しいでしょうけど、ぜひ、Good Job!を

人質救出そのものを否定する人もいるのですか??それは、例えばオイルマネーとか、
ビジネスや自己都合で、危険を冒して行った人とかの場合ですか?

イラク人質事件は10年前でしたね。それ以前はあまり覚えてなく・・
当時、自己責任という言葉が吹き荒れましたね。まるで、自業自得とでも言うように。

決して人に迷惑を掛けず、自分(と家族)の利益と幸福だけを追求してるような、
自己保身だけの善良?な小市民が言うのは、私はかなり違和感がありました。
責任がとれるのか、と問われれば、もう何も出来なくなってしまいます。。

後藤健二さんは、国民皆、なんとしても救出を!と一丸となってますね。
ホッとします。彼を知る人は尚のこと、、お人柄が偲ばれます。
どうかイスラム国の人間にも通じてほしいです。

先進国の若者も、イスラム国に入信する者が後を絶たないようです。
カルト宗教のようなものでしょうか、。
若者はいつだって、何かに苛立って何かに救いを求めてるかもしれません。
しかし、人質をとって何かを要求する、という行為が、どんなに恥ずかしい行為か、
どれほど卑怯で、カッコ悪いことか、全世界にアピールできないものでしょうか。
これ以上、若者を走らせてはいけません。

米英など他国でなく、イスラム教徒の知識層など内部から、イスラム国、アルカイダ、
テロ集団を追い詰め、排斥していけないものなのでしょうか。。

これは、以前、isokenさんのご質問での、marcさんのご回答を拝見し、
ユダに遡る歴史から考えなければいけませんね。

回答になってませんが、とりあえず、お二人の無事の救出を祈って。。
    • good
    • 1

こんにちは。



私はこう言う面倒な質問はそれこそ面倒で覗きもしないのですが、
昨日hazarさんと別の質問で一緒になり、最近はどう言う質問に回答してるのかな?
眺めてみたら面倒な質問に回答している・・・
ほう、と思ったら何のことはないmarcさんの質問!感心して馬鹿らしい。(笑)

まあ、marcさんの質問なので雑談交えて少しお話しましょう。
その前に「駕籠訴」?
時代劇ばかり観ているから時代錯誤もはなはだしい!アハハ

本題に入る前に日本の記憶に残る人質事件と言うものをさらってみましょう。
1970年代中頃には「ダッカ事件」と言うものがありました・・・
時の総理の福田赳夫さんが「人の命は地球より重い」と言って要求を呑み、
世界中から批判されると言う日本人には苦い記憶があります。
当時と状況が異なると言えど同じ「清和会」であった安倍さんがそれを思わぬ訳がない。

もう一つは「浅間山荘事件」、
これは管理人の奥様の泰子さんでしたかね?人質になった・・・
赤軍派が起こした国内の事件ですし金銭の要求もありませんから、
この度の事件とは比較のしようもないのですが、
私が何故この話しを持ち出したかと言えば後藤田さんと言う政治家と、
佐々淳之と言うこの二人の危機対応能力のようなものをお話したいからです。

佐々淳之さんの著書に「決断するペシミスト」と言う一冊があります。
ここでmarcさんの質問に少し戻るのですが、

>中東での首相の発言も関係してますし

要はこれなのです、あの発言があるなら政治家たる者、
今のこの事態は悲観的にしてもありうる事態と予見し、それに備える用意が必要でしょうね。
安倍内閣はこう言った危機に対応できるブレーンがいるのかな?
安倍さんを支持する私としてはこの点はいささか心配ですね。

中曽根内閣の時は官房長官は後藤田さんで内閣安全保障室長が佐々さん・・・
表沙汰にならずに解決された問題も随分多かったように聞いてますが、
今回のこの人質事件、どう対応されたか・・・?

もう一つは10年ほど前のイラクで男女3人が人質になった事件、
政府関係者が自己責任論を唱え被害者家族が批判されたと言いますがそれは少し違う
これはまだ記憶に新しいところで、marcさんも御存知だと思うが、
当初は多くの国民は同情したのです、一刻も早い救出を望みもした・・・

ただその中で人質の女性の弟と妹なるものが政府に詰め寄る!
国が日本人を守るのは国としての義務だろう!小泉首相に会わせろ!
この居丈高で高飛車な態度は若さがさせることとは言え目に余り、
佐々さんだったと記憶しておりますが、
なら国の勧告を無視した自己の責任はどうする?これが「自己責任論」として今でも尾を引く。
少なくも政府が自己責任に言及したことは私はないと思いますよ・・・。

質問とあまり関係のない話しをしているうちに大抵疲れてきましたので、
isokenさんがざっくり二つの考え方があると言う、言われるとうりでしょうね。
デモ?デモをして何を叫ぶのでしょう?
ネットで嘆願運動?何を嘆願するのですか?
政府は今あらゆるチャンネル、パイプを使い救出に努力しているはずです。
我々は見守るしかないでしょう・・・
日本政府と日本国民が切り離せるものでもないでしょうし・・・

marcさんが承知の上でそれ以上皆で嘆願しようと言うのは、20億ドルの要求を呑めと?
あるいはデモでそれを叫ぼう、そう言うことでしょうか?
まさかにmarcさんがそのような事を考えるとも思えませんが、

>自己責任で見捨てて良いわけはない

当然でしょう。
だから政府も連日苦労しているのでしょう。
今、2時を少し過ぎたようですがここは今しばらく静かに見守りませんか?

この回答への補足

皆様、ありがとう御座います。
漸く本日、SNS 等での解放呼び掛け運動が報道されました。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6147134  ネットで発信の動き
私共が一番早かった? 意見お立場は様々でも、微力ながら少しはお役に立てたでしょうか?
「ビジュアル・ジャーナリスト協会」の声明には、個人的には賛同しませんが、自由社会では様々な意見が有って良く、救出願いという一点では共闘したいと思います。引続き拡散願えれば有難く存じます。

補足日時:2015/01/24 18:02
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 こんにちは。お礼遅れました事ご容赦下さい。
事件が急展開し、少し調べてました。経緯はisoさんへの御礼文に。
なにも私が尋ねなくとも良いのですが、当初検索しても出て来ずジャーナリスト仲間は何してるのか?と云う疑問、その後の報道は補足した通り、其処は安心した処。
そうは云っても,次郎兄ぃさんも、いつになく力が入ってる御様子(笑。
〉人の命は地球より重い」当時鼻垂れの私は,そんな訳ないだろ!とツッコミもしましたが、世界に抗って其れを言うのは立派だとも、。米英追従だけでは無かったのですね。日本流のリベラルが未だ活きてたのか。今そんな事言ったらアホ左翼呼ばわりされます。
福田さんはロングブーツで登壇したり茶目っ気ある人でした。
●よど号H.J事件で、人質の身代りで北鮮まで飛んだ、
男,山新; 運輸政務次官,十一代目山村新治郎、八九三かよ⁉と思ったら、佐原の名家米屋を代々襲名してるそうで。いねぇのか⁈そう言う御仁は! 任侠は小泉さんで打ち止めか?
犯人の田宮らも「ご迷惑をかけて本当に済みません」と声掛け、返して山新も「いやいや此れで次の選挙は大丈夫だよ」と。敵対しても口汚く憎悪ヘイトをぶつけ合う心性は無かったのですね。今や此れもテロに屈した恥づべき事件だそうで、世界的には非常識?。金融グロバリズムにやられて、日本が普通の国に成ってどーする⁈  独自外交をと仰るisoさんに賛成。
〉カミソリ後藤田,と佐々淳之氏は当時,警備局長でしたか?
検察警察官僚OBの評論家は独特の睨め付けるよな目つきが恐ろしく、私は先づひれ伏して謝っちゃいますが(笑。
御二方には慈悲と云うのが有り、連合赤軍にも怒りを抑えて一応の理解を示して扱ってた気が。 私は右翼ではないけれど、朝生TVで良く同席されてた,野村秋介氏と893にシンパ感じるので、警察は敵ですが、好敵と云うのは相互に人を育てる「君等に必要なのはライバルを見付ける事(ニーチェ」今の世界政治に一番欠ける事では?   私が体制側を気取る人によく云う「君等は武士の情けを知らんのか⁈」も、佐々氏の言葉です。
  あれだけの事件を指揮された方、発言は興味深く注目して居り、諸君!正論なども偶には見ましたが、与党「民主党に物申す」と云う論文に期待して読むと、民主への批判や提言も無く、安保当時の左翼の間違い指摘する自慢話ばかりで、正しさは既に歴史が証明してるのでもう結構ですと些か過去の人との印象でした。
此れも好敵が消えて緊張が弛緩したせい。冷戦終って左翼がコケて、皆こけたのでは? 其れが証拠に、サリンの前の坂本弁護士一家事件の時あの団体が危ないと皆指摘してるのに、
あろう事か公安は、共産党を張ってたのでした。あの党に叛乱の能力など有りもしないのに。弁護士の一派も共産党シンパでしたので見誤ったのでしょう。体たらくで一家は皆殺し。モラルハザード、危機管理能力は中曽根・後藤田さんまででした。最近の星野監督が後藤田さんに見えて仕方ないのですが(笑。
冷戦後、時代の変化考慮せず以前の対立構図のままで事に当たってしまった。自社が手を組み、政治的緊張は無い。
それで〈デモ〉なんです。予行演習、機動隊や公安は暇にし過ぎてはダメ、緊張無いとイザ危機察知能力鈍ります。疑似でもいいからその対立構造無いと、左翼こけて右派の言舌も退行劣化。冷戦までは相互に依存してたのですね。私好みの,石破氏は機密護持法の時「デモはテロだ」と言い出す始末。どうしたのか此れも劣化だ。
 対して、文太兄ぃが悪法だとデモ。必要な法律だと思いますがチェック機関を内閣に於いたのは不味いのでは?
デモ とはまあ「ええじゃないか」と云う事ですよ(笑)。
70年安保闘争には結局理念など何も無かったと総括されてますが、唯一良かったのは「只騒ぐ事に意味が有った」と判った事と言われてる。
兄ぃが福島で瞠目されてた植木枝盛の憲法草案の抵抗権・革命権。合衆国の草案にも有ったが見送られた物。自由民権運動は自民の原点では?
  私は雑踏苦手なので、よう行きません。代わりにネットで。先日のnhkCU現代で、英王立防衛研究所の若者は「国内に論争や軋轢を引き起こす事がイスラ国の狙い」だから下々は音無しくしろ!と言わんばかり。後半の日本人解説員はソーシャルメディアの活用をと。でも別NHKで政府系シンクの髭解説も、騒ぐな!だったか。お上の為す事に間違いは無い、逆らうな⁈ 先入観の入った政府系の分析は致命的に遅れてる。 今回驚いたのは、あんな砂漠の国でも政府の頭越しにNetやソーシャルメディア活用して反応してる事。直接日本の人民の声を訊いて来る。ネット時代は直接民主主義か? だからこそポピュリズムに陥らぬよう様々な声を!と云う事です。無論あんな身代金払いません、兵士は自己救出が原則です。私そう述べたら金銭要求まで撤回し、まるで私共の言説まで見られてる気がして些か動揺。大方の世論でもありましたが。
湯川さんの経歴調べた処、同情の余地は多いに有りました。お詫びします。兵士だと思ったら、半分女性ですね、自殺未遂もしてる。多分死にに行く気も有ったと思います。遥菜氏発言引用ブログ、
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2014-0 …
対して政府は日本のイスラム学者が危険だと云う理由で、面子からか其のルート使わない。昔の度量が無い?
〉イラク人質事件〉仰る通りですが、只一人政府で自己責任を言ったのが公明党の冬柴氏、金返せ!と。呆れました。
〉安倍首相〉のエジプトでのスピーチ、一箇所だけ問題だと思うのは、4,日本の約束。最後の方の「ISILと闘う周辺各国に、」「と闘う」は曖昧にした方がリスク管理としては上等でしょう。何故なら既に二人が拘束されてるのは御承知でしたから。
〉ブレーンは心配〉そうです、以前外務ブレーンの,岡崎久彦氏は対イラクの時「アングロサクソンにさえ付いてけば間違い無いんだ」と言い放たれ呆れました。太平洋戦前に仰ってれば大見識ですが。
米国はその後、ブッシュもパウエルも政権の最大の間違いだとの後悔を公表してる。日本は間違いを総括してない。彼我の違いか。
私なら優れた映画撮ってる旬の国と付き合えば間違えない!です。73年撮影所システム終焉して米映画黄金期は終わりました。今や日韓のリメイクまでしてる。其れでも未だ世界一ではありましょう。
安倍さんは経済の人ではなく大政治の人だと思う。アベノミクなど只の金融の常識、あれだけじゃ快方には向わない。もっと高所からの安部ドクトリンを出せないでしょうか?アッシがブレン務めたい、でもあの人も差異の有る勢力から起用する度胸には欠けるのか。純一郎氏は真紀子さん起用しましたが。
引退したらマフィアヤクザ映画を撮りたいと言ってます。
鶴田浩二さんと似てる感じも有る、人品は優れてる、でも任侠までは行けないでしょうね。
http://rental.geo-online.co.jp/detail-41614.html  ゲオ宅配
お尋ねの「侠客列伝」任侠忠臣蔵ですが、主役お二人のシーンは流石です。私的にはシリーズ五本指位か。ではどうぞ御ゆっくり。

お礼日時:2015/01/26 20:00

>ジャーナリストの救命嘆願は当然の事でしょう。



嘆願ではなく、テロリストに対する解放要求です。当然金銭は伴いません。嘆願というのは泣きながらお願いすることです。今回は、テロリストの行為に怒って「解放しろ!」って要求することですよ。現実問題は相手との駆け引きもありますから、こちらとしてもそうそう居丈高には出ませんが。

>首相の中東での発言も関係してますし、後藤さんはもう一人の救助に向ったとの報道も有ります。

安倍首相は何も問題発言はしていません。湯川氏は後藤氏のレクチャーを受けて、危険地域へ行き拘束されました。後藤氏はそれに対し、責任を感じるところがあったのでしょう。本当に正しいレクチャーをしていれば、湯川氏が危険地域には行かなかったのではないですか?後藤氏が立派なことをしていたのは承知していますが、でもつまるところ、彼の地の本当の危険さをわかってなかった可能性があります。

>パウエル元長官は、イラク人質事件の折り、人質擁護しましたね、彼等こそ日本の安全保障の役にも立ってるのだから、と。自己責任で見捨てて良い訳は無い。

パウエル長官はこの人質の本質を理解してないのです。人質たちは、解放後、政府にかかった費用の支払いを拒んだばかりか、訴訟を起こしたり(敗訴)、うち一人は性懲りもなく、また危険地へのこのこと出向いて行ったのをご存知ですか。多くの日本国民に多大の心配と、経済的負担を強いておきながら、自分はあたかも立派なことをやっていると、何か勘違いをしています。日本国民の血税を、こういう酔狂な人間のために無駄遣いするのは全く以て、無意味でもったいないことです。

人質は救出すべきです。日本政府はいかなる場合も、邦人保護の義務があります。但し、無料・無限ではありません。私も、多分質問者さんも同じだと思いますが、気の毒な方が、何か援助を求めてきたら相談に乗ります。しかし、これもお金の話になったら別ですしょう。電話代10円貸してならOKでしょうが、100万円貸してなら断るとか、何か条件を付けるでしょう。日本政府も国民も、余りに酔狂な御仁に、いつまでも付き合うことはできません。

この回答への補足

御回答頂きました皆様、感謝致します。お礼も後で必ず。
急を要した問いで推敲もまま為らず、適切とは言えない語法も有る事、どうか御容赦、大目に見て下さいまし。
ANo.7 様、ご指摘あり難う御座います。  そうそう其れです!要求。見出しには書いといて良かった。 嘆願は何か変だな?とは思ってましたが、年取ると急には言葉が出て来んです。請願、陳情、いえこれは日本政府に対しての事ですよ。
でも実際の交渉を思い浮かべると土下座してでも嘆願、と云う図が浮かんだのかも知れません。 何せ古い時代劇チャンネルばかり観て居るので
お上に何か物申すには、駕籠訴,などの嘆願しか思い付かんのでした。ひれ伏すのが癖なのか、古い奴と御思い下さい。
  時限は迫ってます。デモンストレートと云うのは何も大規模なのをイメージした訳でなく、意思表示として、
Facebook やツィッターも、イスラム国関係者は注目してる、と昨晩のnhkクローズアップ現代で後半に解説者が言っており、やらないよりは其れらNet上活動も有効性は有るだろう、との私の判断です。
彼等への毅然とした抗議、あるいは懐柔、クスグリ。百年も前の英仏によるイスラム国樹立の約束反故への憤り同情、バルフォアやピコへの軽蔑、しかし現在の無差別暴力の不当さ、。何でも有り、両面からの書込み・運動も多分展開されてるだろう、と思っての質問です。クソコラージュも日本人なら笑えるのもあるでしょうが通用しない。あればかりだと怒り買うだけで、いずれ困るでしょう。狙われるよ、という事です。

補足日時:2015/01/23 04:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答に感謝致します。
後藤氏が立派な方かは知らないんです、思想面も。只どうもユニセフ等国際機関や外務など政府系統とも交流が有るような報道でした。
湯川さんを一度は救出も。彼も危険は痛感したでしょう。その上で又危険地域に入り拘束されたのを、後藤氏が救出に向った。
これをレクチャーが悪かった〉と仰るのは一方的、酷ですよ。
湯川氏も感謝こそすれ恨んではないでしょうよ。第一武器所持のミリシア民兵なら、情報入手と管理は其れこそ自己責任でやります。むしろ日本での軍事訓練リスクマネージが疎かに見えました。容貌からは失礼ながら兵士には見えない。やはり甘く見てたのでは? 私も此のサイトでミリシア軍の創設を謳ってますから少しは解る。心情的には傭兵を助けたいと思う。しかし安易な考えと装備で行って貰っては困ります。
 其れらの経緯鑑みて、後藤氏を救うのが先づ優先としたのです。恩義の問題です、戦士の信義、誇りが有るだろう⁉と云う事。
憐みを受けたい戦士など此の世に居るだろうか⁈ニーチェ」戦闘とは斯様な覚悟でやると云う事です。状況は変わりましたので御二方救出の目も出て来たと思う、無論水面下交渉で。
〉安倍首相〉のエジプトでのスピーチ、良かったと私も思いますよ
ANo.2様への御礼で記した通り。一箇所だけ問題だと思うのは、
http://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me1/eg/page24_0 …  外務省 この4,日本の約束。最後の方の「ISILと闘う周辺各国に、」総額で2億ドル程度。「と闘う」と明言せずに曖昧にした方がリスク管理としては上等でしょう。何故なら既に二人が拘束されてるのは御承知でしたから。これでは敵対宣言の言質与えるようなもの。態々ご当地で言わなくとも米国も理解は示すでしょう。文作成の外務省?だかの危機管理意識も疑わしい。これが脅迫動画公開のキッカケに成ったのは事実ですから。首相も我々も其処は自覚してるでしょう。反省するかは別です、確信的な宣言かも知れないし。其れはその時点で人質は諦めると云う事でしょう。すると救出努力も偽装で良い事になる。
〉パウエル長官はこの人質の本質を理解してない、〉個々の人質の事情に付いては当時もそうだと思いましたよ。でも左翼勢力が入ってるのは知っていた、欧米の支援団体NGOもそうですし。それらも含めて、
あれは保険、と云う事ですよ。テロ支援ではなく、難民救援ならば当地の人は恩義を感じ、その所属国家に対する印象も良くなって、テロの標的になるリスクも減る。そう云う趣旨でした。その意味では彼らの行動も、防衛費の節約に少しは役立つ経済的面もあると云う事。それで
「誰も危険を冒さなければ私たちは前進しない。彼らや、派遣兵士が居たことを、日本の人々は誇りに思うべきだ」と言う意味の発言。危険冒してよいのは公的機関だけに限定せず、思想信条に拘らず民間人も含めて是認するリベラル保守思想の伝統です。
長官は左右両翼から批判もされますが其の度量は有る。伊達に陸軍最高殊勲章や勇猛戦士章を貰ってるのではない。ベトナム等で戦争の実態を熟知しての発言です。
●〉政府にかかった費用の支払いを拒んだばかりか、訴訟を起こしたり〉 これでは、人質と政府双方を貶めてしまいますよ。正確に!
04年の3人の人質の直後の、2人のフリージャーナリストの件でしょう。政府が要求したのは解放の費用ではなく、帰国費用です。政府として当然でしょう。 訴訟は[自衛隊を撤退させなかった事による損害賠償請求]敗訴して当然ですが、人質全員の話ではない。
  意図的な省略による議論の誘導だとしたら遺憾です、デマに繫がります。保守が非公正だとの印象を与えるのは本当に困ります。どうかお気をつけ下さい。 酔狂サヨク憎しは解りますが、新右翼の一水会も参戦に反対してイラク入り為さってる、こっちは誰も批判しない?
  其れら全部認めて活動許可する、場合によっては奨励までするのが米国のリベラル共和主義だと云うのを日本の一部保守は理解してない。
バーグマン&ボギーのカサブランカ、などは亡命左翼の巣窟だったハリウッドの反戦プロパ映画、其れもアメリカの国力。
フリーランスの戦場カメラマン、スペイン内戦のロバートキャパ、ベトナムの沢田教一、ピュリッツァー賞の対象の報道ジャーナルも重視する。冷戦後は加えて援助の非政府NGOも。
叛逆さえしなければ仮え政府に批判的であっても、自由主義の正義感の一点で共闘もする。それが政府の不正を暴く事であっても排除しない。その結果を受け入れて、ブッシュJrでさえ退任後「政権の最大の失敗はイラク参戦した事」との反省を公言しました。日本は総括してない。
  戦争は正規軍だけの専売特許ではない。文化含めた国力で闘う。
地獄の黙示録” で描かれたように、戦争には異様な美「魔術的な煌きが有る」とは御存知、Wチャーチルの言葉。世界大戦の前までですが。その煌きを見たい方々も居て良い。
成熟国家の理念は多様性を尊重、反対勢力も泳がす。パウエルの13の自戒ルールにも有ったかな、StatesManの心得。
為政者の義務、あるいはNobless oblige;「高貴な身分には義務も」かつて身分の高い者は低い者を保護する義務を負っていた。この格率は近代イギリスで特に保守党の政治家たちに受継がれ,下層大衆を保護することは義務であると考えられた(辞書より。
その理念が、政府による救出の義務にも反映してると思われます。人質は犯罪者ではないですしね。自由な社会を望むなら必ず伴うリスク(馬鹿者)にも予算割くのは不当ではないです。
尚今回は私、身代金支払いには反対したい。彼奴等は其れで同胞の婦女子の殺害続けそうですから。他の形の取引望みます。失礼しました。

お礼日時:2015/01/25 00:30

こんばんは marc 様 … 時間が 無くなって参ります …


… こちらの記事に ありますように、イタリア人 女性の 人質の方が解放されましたように、
何とか 交渉を 成功させた 方に 伺って、そのようには できない ものでしょうか …
http://oka-jp.seesaa.net/article/412667128.html
デモ 等 は、内外に対立を煽り、混乱に乗じた 事件 事故を 招くばかりの ようにも 伺われますが …
http://oka-jp.seesaa.net/archives/20150115-1.html
… 余計なことを 申し上げ、たいへん 失礼いたしました … 御家族の 皆様の 御心配、御心痛は、
如何許りか … 何か 自分たちに できることは、という 御心中 御察し申し上げます …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんばんは。お元気ですか。
期限は過ぎましたが、残酷な動画は未だ出てないようですので、取り敢えず延長には成功したかな? とは思ってる処です。
固より期限を切った脅迫は初だとの報道でしたので、脅しの面、そして本当に資金源が欲しいという金銭目的が大きいと私は感じました。
英米に対するメンツや憎悪とは違い、反日の側面は未だ弱いと思う。
 ご紹介ブログ記事のイタリアの案件では、13億円?
金銭支払いと金額を公表しないと云う条件ならば、フランスやスペインに倣って前例主義で、日本政府もその程度の金額で手を打つ可能性は有ると思います。
しかしこれで、安否不確定が続く事になり、関係者ご家族のご心痛も継続する、その負担は大変なものでしょう。 斯様な汚い遣り口は憎むべきもの、大半のイスラームの支持も得られない事は奴等若造?に痛感させるべきです。
敵からのコンタクトが無い以上、交渉は今後水面下ですね。そのルートが有るのかどうか、。
デモは国内的に多少の対立を起こすでしょうが大した事は無い。政府とは違う様々な意思が有る事が報道されても、対外的にそれ程の影響力が有るとは思えない。反感、シンパシー両方あった方が良いのではないでしょうか、揺さぶりで。浅薄な考えかも知れませんが。
  彼等は日本人が無反応なのに苛立ってるようなので、無論奴等に同調するだけのは、つけ上がらせてダメですが、イスラーム其の物への理解同情は示して置いた方が、幾分態度を和らげるとも思われます。
別にデモでなくとも、ネットのSocialメディアでのデモンストレーションでも構わないので、其れをお尋ね致した訳です。
曲解された教義に基づく奴等ですが、其れなりに信義の有無を求め見てるので、皆さん堂々と仁義信条を意見されれば良いと思う。何も無いのは欧米でも評価されないのではないでしょうか。兎に角、クソコラージュのような冒涜や揶揄だけ目立つのは不味いと思いました。
リンクのパリのデモは、要人揃って有り得ない、最初からヤラセでは?とは思ってました、警備が無理だとも。
〉自分たちに できることは,〉との御理解感謝します。其れを様々な人が様々に示すのは、自由主義文明国の義務だと思います。何でも良い、私の意見とて綺麗事では無いですから。一人は見捨てるのも止む無しと書いてます、お恥ずかしい限りですが。相手が今までのテロリスト以上に非寛容で硬直した輩で、交渉も困難だとの判断からでした。少し状況変わりましたので、御二方の救出の目も出て来たかな?と思います。引続き見守りたく存じます。有難う御座いました。

お礼日時:2015/01/24 00:25

要求のデモを行わないのが日本人です。


救出も人に聞かれれば一日も早くと言えど
本心はどうでも良いと思っているのが日本人。

政府も救出と言っていますが日本お得意の建前上です。
何もしないとかっこ悪いので嫌々それらしき動きをしています。

今回の要求額ですが彼等の論理は正しいと思います。
詰り日本にとってどうでも良い難民に2億ドルなら、
日本人人質の救出の方に2億ドル出した方が
理解が得られでしょう!と言うわけです。

正しいのと払うのは別問題ですが!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとう御座います。
今は先づ、期限の延長を求めて交渉してる処では? 
と思います。こんな短時間で日本政府が対応はできないでしょう。
外務などの関係者は一応の事はやってると思いますよ、不眠不休かは知りませんが。
交渉能力に欠けるというのは日頃から言われ続けた事。十全ではないでしょう。特に今回は イラクと違って部族長とかのルートが機能しないと言われる。直接交渉しか無いとも。しかし直ぐ金銭を払う事もできないでしょう。今はトルコとヨルダンの諜報機関に接触中との報道も。
日本にもイスラム国シンパの学者は居ますが、公安から危険人物とマークされてる。能力も未知数、そんな昨日の敵に頼るとも思えません。イスラム国の言い分も、金額に関しての論理は理解できます、が他は言いがかりでしょうね。
期限延長に成功したら、解放の目も出て来ると思います。
仰るように人々は本気で心配してる訳はないでしょう。私とてそう。せめてもの意思表示でした。

お礼日時:2015/01/23 14:57

自己責任を履き違えている人多いですよね、



自己責任があれば東南アジアで麻薬の密売をしてもいいのか。
今回もそう、自己責任であれば何をやってもいいのか。

自分が人質になって、仮に政府が身代金を払って
解放させたとする。
その後の責任って1民間人がとれるんですか?
という話です。

無責任に自己責任とかいうな、という感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、感謝致します。
〉無責任に自己責任とかいうな,〉上手いねぇ、あるいは「無責任に責任取るな!」でしょうか?後先の事,歴史経緯も考えろ!と。
今回の後藤氏は事前に「何が起っても責任は自分に有り…」と明言しており、見捨てられても不満は言わんでしょう。でもだからこそ見捨ててはならない。可愛げ有りますね、面構えから言っても大事にすべき青年だと思う。でも此れは私の個人的感慨、人情に過ぎず人様に強要はできない。やはり原則論に則って、政府の義務としての救出努力が正論でしょう。
もしも当事者御二方が命奪われた際に、御本人達は自己責任だと納得はされてるでしょう。だからと云って御存命中に自己責任で脱出せよ!と云うのは、完全に履き違えてます。救出保護は政府の義務で、それ放り出したら職務放棄、怠慢です。この事に議論の余地は無し。現政府も認識してる。解ってないのは只の非文明人、二級市民といった処か。
アジアではNo1でも未だ民度が欧米よりは低いと言わざるを得ない。
戦争、あるいは紛争はその調停も含めて、国軍や公的機関だけがやるのではないのです。文民や諜報は無論、キャメラや報道が参加して国家・民族の総力で戦うのが実際!の常識です。
この事が我が国では中々理解されない。第一次湾岸戦の時、日本が馬鹿にされたのは金だけ出したからと云うより、報道が逃げだしたからです。最後まで残ったのが米国CNNで、そこから一級の放送局と見做された。日本の金も本当は感謝はされてましたよ。大手の報道機関だけでなく、ヴェトナム戦争のカメラマンのように、個人の才覚で参入する者の評価は高いです、当然自己責任は負いますが政府が見捨てる事もありません。其処に文明国との差は未だ有るでしょうね。まあ未だ親方日の丸、お上任せは続いてるのでしょう。ミジメです。
其処を一つ抜けられれば、サッカーでもWカップ優勝も可能になってくる。民度が一番出る集団競技なので。人任せでなく特にFWは俺がやる!と云うスタンダッププレーが無いと通用しない、加えてOne for All.と云う事も。御参考までに。

お礼日時:2015/01/23 06:35

いかなる状況だろうと、海外の自国民に危険が迫っているときに、自己責任と突っ放してはいけません。

精一杯助ける努力はしなければなりません。それをしないのであればもはや国家とは言えません。ただの烏合の衆です。
普天間や辺野古や横須賀で精力的にデモを繰り返している市民活動家の皆さん。今こそあなた方が立ち上がるときです! 国会前でお得意のデモをやって見せてください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとう御座います。
自己責任なるものに関して基本原則は仰る通りです。
只、武器を携帯し民兵・傭兵として参入した者の救出は後回しです。当然ご本人もその覚悟で行ってるはずでしょう。戦闘行為で報酬受けるプロなのですから。自己の命は自分で守って然るべきでしょう。余裕があれば政府が救出すべきとは思いますが。
イラク戦争の時も既に日本国籍の民兵が、PrivateミリタリーServisとして参入して居り、殺害もしたと公言してます、戦士は皆覚悟の上です。
 デモに関しては市民活動家もそうですが、後藤氏の講義を受けた生徒さんや関係の有ったユニセフは何かしてるのでは?との質問でした。私は持病の具合で今動けませんが、せめてネット上での意思表示と考えての事です。
故,菅原文太さんが御存命なら何か行動されたのでは?と思います。イデオロギー関係無く、任侠義侠心から。
辺野古での最後の演説「弾は未だもう一発残ってるけんのう、。」仲井真知事に向けたアジ。今も、弾が未だ残ってる事を祈ります。

お礼日時:2015/01/23 05:18

いやぁっフリージャーナリストの後藤さんって立派だね。


本当に立派、流石に危険な戦場を危険だと良く承知してる。
そしてあの最後のセリフは彼の万が一に備えての遺言だと思うね。
世の中には危険な職業って有るよね、レーサーとか消防士とか警察官とか自衛官も。
そして彼等戦場ジャーナリストもそんな範疇に入ると思う。
数年前は山本美香さんって女性ジャーナリストもシリアで政府軍の銃弾で死亡した。

つまり後藤さんって人だけ何故特別扱いしなきゃならんのか意味が全く理解できん。

それに何より彼の遺言では言外に日本政府に迷惑掛けたく無いので無視して欲しいって言ってる気がする。

立派な後藤さんを立派なまま見送ってあげるべき。

もし、テロリストに金出せば、その金で武器や弾薬買ったり高性能爆薬で無差別テロ引き起こして日本人一人の命と数十人、数百人、数千人の外国人(邦人含めて)の命を天秤に懸ける事になる訳だ。

金出す出さないどちらが正解?って聞かれりゃ「出さない」って答えるしか無いでしょ!?

そして中東訪問中の安倍総理の発言なんてテロリストが詭弁として引き合いに出してるだけ。あの二人は去年の秋に拉致られてる、そして身代金の要求も去年の内からされてたからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくぞお出で頂きました、感謝します。
日本政府は後藤氏を特別扱いはしてないと思います。
それは私ですよ、私とてシンパでは無いですが、彼はユニセフ等の公的機関と共闘してるし、現地大使館など政府との意思疎通も有ったはずです、 だから湯川氏の救出に向えたのでは? 本来は政府の仕事です、又は親交深い田母神氏のか? リベラルに助けられる右派と云う図式です。
そうなると放っては置けない恩義がある。褒め殺しの必要は御座いませんよ(^ ^。立派なまま、逝かせてやる、と云うのは詭弁的です。
そんな事より先ず原則は、立派かどうかや責任自認に関係無く、自国民救助は政府の義務だと現政府も心得てます。
一方、テロには屈せず金は支払わない。のも英米などでは原則。何処だってシングルStandardの訳が無い、どちらか一方ではない。それがレアリズム。だから共和党長官の言葉を引用しといたんんだけどな。
 金払えば味しめて又やる、資金源にもなりリスクは拡大す、その通り。一方突っぱねれば拉致対象になり難くなる、でもはっきり敵対勢力と見做され今度は直接テロの対象となり得る。東京でテロは簡単ですが今までは見逃されてきた、そのリスクは上がるでしょう。両面見ないとならない。将来のリスクより目前の人命が優先されるのは仕方無いのでしょう。私もミリシア組織化を目論んだ事もあり、その傭兵は国家の庇護など期待しないし恥に思う者。武器所持ですからそれこそ自己責任。今回の発端の民兵で入った方は諦めてもらうのも仕方無い。
そちらの要求は拒否し米国の顔を立て、文民の方はその市民支援の活動を理解してもらい、金も値切って水面下交渉で救出、と云うのが私の考えです。苦肉の策で自慢も出来ませんが。
〉去年の秋に拉致られてる、〉これは間違いね、8月10月です。
〈身代金の要求も去年の内から〉、何処からの情報ですか?
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/イスラーム国#.E4.BA.8B.E4.BB.B6 ←此処まで入力
これの、事件”の項。及びリンクの“ ISIS 日本人拘束事件” 参照。
要求は今回が初めてとの記述。政府に要求は今月まで無かった。妻への直接メールの事でしょうか。外務省に妻から報告されたのが去年末だと本日報道されてた。省庁がもう少し早く調査してれば動きようもあったのに、と思います。何をしてたのでしょう?
  憶測ですが犯人は先ず金銭目的であり、公表せずとも裏取引で日本政府が応じると考えてたのか、仏スペインのように。  応じないので焦れて、取って置いたカードを切るタイミングに、安倍総理の発言が合ってしまった。示威行為として金額も吊り上げたか。拘束を知ってたのなら尚更慎重にすべきだとは思います。
エジプトでの演説内容が悪いとは思わない、只「ISILと闘う周辺各国に」2億$支援、あの文言は曖昧にして良かった。はっきり敵対宣言で、詭弁とは言えないでしょう。 民主でも自民でも外務省は常にモラルハザードですよ。 是々非々で批判すべき処はしないと贔屓の引き倒しになる。
帝国海軍は邦人は無論、敵国の捕虜の保護もしてます。
セレベス島の収容所長の,山地正 は、心掛けの悪い一部軍人から捕虜を守り、待遇改善もして尽力した。
恩を忘れなかった捕虜達が、戦後絞首刑を求刑された所長の助命嘆願運動をして無罪になりました。所長は人道に尽力した行為で敵国のオランダから表彰もされてます。
嘗ては武士の情けがあった。山本元帥はじめ、海軍左派三羽烏の井上成美 大将 は自称ラディカル・リベラル,ですからね。
戦前の思想を舐めちゃイケナイ。天皇主義の左翼まで有った。
米国を、敵さん”と敬称した日本兵、その大和魂を忘れて、米国のスタンダード追従だけでは保守としては情けないのです。

お礼日時:2015/01/23 01:14

既に日本政府は人命優先で行動しているので、解放要求を趣旨とするデモであれば不要でしょう。


むしろデモ隊に対応する為に無駄な人的・時間的なリソースを消費しかねません。
解放要求デモの対象は日本国政府でなく、イスラム国に対してではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答、ありがとう御座います。
人命優先での対応は、常に日本政府の方針で、表向きそう言うのは当然でしょう。  今回難しいのは、イスラム国は融通効き難く、宣言の通り実行してきた事でしょう。
英米は人質殺害も止む無し、テロには屈っさずで対応。
日本は米国の手前もある。救出作戦で実力行使するとしても米国に頼らざるを得ない。米国の影響力は無視できない。
  一方、仏・スペインの人質は解放。公表はしないが裏金支払ったと言われてる。恐らく日本もその方針で、金額とかの交渉を働きかけてると思われます。其処は任せるしか無い。
 デモと言ったのは、政府にプレッシャー掛け後押しもすると云う事です。イスラム国に向けデモしても聞くはずない。
国内デモの対応など金掛かりませんよ、既に給与は支払われてる、暇してる機動隊・公安の当然の仕事です。考慮する必要無し。
デモは国民の意思表示、政府と一枚岩ではないですよ、と示す事。いわばアリバイ作りでもある。民主主義の議会は必ずしも民衆の意思を代弁してる訳では無いですよ、と。
米国と一致しても居ないし、イスラエルにはずっと反対して来ましたよ!と。その歴史によって日本はテロの対象から外されてきたのは周知の事実でしょう。
今の戦争は国家間ではなく、国境関係無い。それと拮抗するのはインターネットであり、政府は出遅れ後塵を拝しがち。テロリのリクルートもネット。せめて直接ネットで対抗もするべき時代です。誰かアラビア語、せめて英語で運動してらっしゃらないのか?という疑問であり、アジテーションでもあります。政府任せだけで済む時代は過ぎました。

お礼日時:2015/01/22 15:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング