甲社に対して当マンション管理組合は、債権500万円を保有しています。

甲社の所有する部屋には抵当権がビッシリ貼られていて、管理組合が債務名義を取ったところで強制競売の申立が出来ません

そこで、私は管理組合が裁判所へ甲社に対する破産申請をする事を考えています

しかしながら、当管理組合は、いわゆる権利能力のない社団です

権利能力のない社団が裁判所に対して甲社を破産させる手続きは法律上可能でしょうか?

ご教示を

A 回答 (2件)

>権利能力のない社団が裁判所に対して甲社を破産させる手続きは法律上可能でしょうか?



可能です。
当事者能力を証する書面は民事訴訟規則14条に規定されています。
管理組合ならば、規約と代表理事を証する議事録があればいいです。
私も実務経験済みですから間違いないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます

>当事者能力を証する書面は民事訴訟規則14条に規定されています。
管理組合ならば、規約と代表理事を証する議事録があればいいです。

民事訴訟規則14条、ありがとうございます
14条を読まさせていただきます

お礼日時:2015/01/23 23:59

 可能ですが、予納金はどうされるのですか。

換価すべき財産があれば、もどってきますが、換価すべき財産がない場合、破産管財人の報酬に充てられてそれで、破産手続が廃止になる可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

予納金は組合から出捐します
月7万円以上の管理費、修繕積立金の延滞をこれ以上放置し続ける事を回避したいです
早いところ競売したいです。

>換価すべき財産があれば、もどってきますが、換価すべき財産がない場合、破産管財人の報酬に充てられてそれで、破産手続が廃止になる可能性もあります。

換価すべき財産がない場合、破産手続が廃止になる可能性=甲社所有の部屋の競売が出来なくなり得る、との認識で宜しいでしょうか?

なにぶん、破産法とは無縁なものでして、、、、、お恥ずかしい限りです

ご教示お願い致します

お礼日時:2015/01/23 23:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人の自己破産について教えてください

法人の自己破産について教えてください。
疎遠になっていたのですが、親戚の経営する個人商店が自己破産したそうです。
夫婦で経営していたのですが(夫が社長)、最終的に妻の実家の手に渡ったとか。
今は資産もないですが、借金も無くなったようで、一サラリーマンとして再出発した……と言う所までは聞いています。
そこで、知識が無く恐縮ですが、以下質問3点です。

・会社の自己破産とは具体的にどういう流れになるのでしょうか?
・自己破産後、その経営者やその子女はどのような制限をうけるのでしょうか?
・私のような身内(第三親等です)になにか影響が及ぶことがあるのでしょうか?

以上です。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・会社の自己破産とは具体的にどういう流れになるのでしょうか?
弁護士などに依頼して裁判所に破産申請をして、裁判所に認められて初めて破産となります。

・自己破産後、その経営者やその子女はどのような制限をうけるのでしょうか?
破産者である経営者は新たな借り入れができない、弁護士など特定の職に着けないなどの制約が生じますが、家族であっても破産者の財産に関すること以外では特に制限はありません。

・私のような身内(第三親等です)になにか影響が及ぶことがあるのでしょうか?
保証人にでもなっていない限り、何も影響はありません。

簡単に書きましたが法人も個人も同じことなので、詳細は下記などを参照してください。
http://www.jikohasan-life.com/

Qマンション(管理組合)の債権放棄

マンションの管理組合が、組合員から徴収している管理費等について、一部未納があります。
それを、ある役員が「元金だけ支払えば、あとの損害金は放棄する。」と一部を放棄してしまいました。
私は、損害金の請求権も共有財産だから、全員の承諾が必要だと主張していますが、
どちらが、正しいですか、お尋ねします。

Aベストアンサー

#9(#11、#12)の回答者です。

>遅延損害金の定めは、民法420条からきている<
ごめんなさい。このことについては、私は、質問者さまと見解を異にするようです。

確かに、損害賠償の予定(民法420条)について、その内容は契約当事者が自由に定めることができ、一定の金銭又は物の給付のほか、「一定率の金銭の支払でもよい」[加藤雅信「新民法大系 債権総論」初版(有斐閣、平成17年)]とされているようです。
しかし、一方で、民法は金銭債権債権の遅延賠償額を、原則として民事法定利率によって計算することとしています(419条)。
そして、民法419条の規定は、利率の計算について(原則として)法定利率によるべきことを単に定める趣旨ではなく、さらに進んで、(a)債権者は損害の発生を証明することなく賠償金を請求することができ[加藤・前掲書、内田貴「民法3 債権総論・担保物権」第3版(東京大学出版会、2005年)]、反面(b)実損害額を証明しても、債権者は、法定利率以上の賠償請求をすることができない趣旨であるとされています[最高裁判所・昭和48年10月11日判決、判例時報723-44。判旨は、金銭を目的とする債務の債権者は、債務不履行による損害賠償として、債務者に対し弁護士費用その他の取立費用を請求することはできないとするもの]。そうすると、民法419条も、法定された、一種のいわば「損害賠償の予定」の性質を有するものであるといえると思います。
そうすると、質問者さまのご質問(補足の要求)の趣旨は、結局のところ、両条の適用の優先関係がどうなるかということに行き着くと思われます。

この点、手元の資料には明快な既述は見当たりませんでした。
しかし、損害賠償の予定について、民法420条は、債権一般に関する規定と考えられるのに対し、同法419条は、金銭債権に関する特則規定と考えられます。そうすると「特別法は一般法を破る(特則規定は一般規定を破る)」という原則から言って、当事者間で約定された「遅延損害金」は、原則として、民法419条に基づくと理解すべきものと、私は考えます。

なお、理由付けは不明ですが、結論において、私見と同旨に解する文献もあるようですので[我妻榮・有泉亨「コンメンタール債権総則」新版(日本評論社、1997年)]、参考までに申し添えます。

#9(#11、#12)の回答者です。

>遅延損害金の定めは、民法420条からきている<
ごめんなさい。このことについては、私は、質問者さまと見解を異にするようです。

確かに、損害賠償の予定(民法420条)について、その内容は契約当事者が自由に定めることができ、一定の金銭又は物の給付のほか、「一定率の金銭の支払でもよい」[加藤雅信「新民法大系 債権総論」初版(有斐閣、平成17年)]とされているようです。
しかし、一方で、民法は金銭債権債権の遅延賠償額を、原則として民事法定利率に...続きを読む

QNPO法人役員が破産者となった場合の役員変更登記

NPO法人の役員が破産者になると、破産手続開始決定の時点で役員の地位を失い役員ではなくなると思うのですが、破産手続き開始決定とともに自動的に商業登記謄本から破産した役員の氏名が抹消されるんでしょうか?
それとも自分または法人で変更登記しなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

法務局で、一々、破産情報関与する暇ないので、
総会・理事会などで、確認決議の上、変更登記します。

なお、破産同時終了の場合は、登記の二度手間になるので、
確定まで活動自粛で、すませること多いです

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Q【債権】不可分債権・債務と連帯債務の免除

こんばんは。
債権の不可分債権・不可分債務・連帯債務と免除の関係について教えてください。

A、B、CがDから75万円の自動車を購入した。DはAの債務を免除した。


これを連帯債務ととるか、不可分債務ととるか、いずれにしても結果はかわらないと思います。

・不可分債務の場合
もともと、A,B,Cはそれぞれ25万円の債務を負っている。
DがAの債務を免除しても、BとCはなお、Dに対して(自動車の)全部の請求ができる。
そこでBCは、Aの25万円も負担し、代金75万円と引き換えに、自動車を手に入れる。
Dは受け取った代金75万円のうち25万円をBCに償還する義務を負う。
結果として、BCは自動車を手にし、Dは代金50万円を手にする。

・連帯債務の場合
DがAの債務を免除すると、そのAの負担部分についてのみ、ほかの連帯債務者の利益のためにも効力を生ずるから、BCはDに50万円を支払い、車を手にすることができる。
結果として、BCは自動車を手にし、Dは代金50万円を手にする。

以上と同じ事例で、不可分債権だとした場合に、結果が違ってくるのが納得いきません。
不可分債権も不可分債務も表裏一体であり、誰の立場から考えるかによって、不可分債権とも不可分債務よもなりうるのに、なぜ結果が違ってくるのでしょうか?

・不可分債権の場合
DがAの債務を免除する。
BCはそれぞれ25万円、合計50万円をDに支払う。これに対しDはBCに車を引き渡す。
しかし、Dは75万円の価値のある自動車を支払っているのにかかわらず、50万しか受け取っていない。そこでBCは本来Aに分与するはずの分(すなわち、自動車代金の三分の一)の25万円をDに償還しなければならない。
結果として、BCは自動車を手にし、Aは代金75万円を手にする。

もしかして、免除する側がどちらか、というのが関係してくるのでしょうか?

絶対に自分はどこか勘違いしていると思い、考えているのですが、わからなくなってしまいました。

わかる方、ぜひ教えてください。よろしくお願いします、

こんばんは。
債権の不可分債権・不可分債務・連帯債務と免除の関係について教えてください。

A、B、CがDから75万円の自動車を購入した。DはAの債務を免除した。


これを連帯債務ととるか、不可分債務ととるか、いずれにしても結果はかわらないと思います。

・不可分債務の場合
もともと、A,B,Cはそれぞれ25万円の債務を負っている。
DがAの債務を免除しても、BとCはなお、Dに対して(自動車の)全部の請求ができる。
そこでBCは、Aの25万円も負担し、代金75万円と引き換えに、自動車...続きを読む

Aベストアンサー

補足質問がされているのに気づきました。
遅くなりましたが回答します。

回答No.1とNo.2は質問者さんの真の悩みに
到達していなかったようですね。
読解力が不足していたようで、
お詫びいたします。

実は今でも質問者さんの真の悩みに到達しているのか
わからないのですが、ともかく回答を継続します。

補足の
>今回のような事例では、代金債権を中心に考えるのでしょうか。

そうです。なぜなら、3事例ともDが免除した場合を
考えているのですから(当たり前のことですが、免除権者は
債権者ですので、Dが免除できるのは代金債権以外ありえません)。

続いて、補足の
>車の引渡し債権を中心に考えれば、債権者多数で、
>不可分債権の場合を検討する余地はないですか?

検討する余地はありますし、というか性質上の不可分債権で
あるということはNo.1でも述べたとおりです。
しかし、自動車引渡債権の免除をなしうるのは、
ABCのいずれか又は共同で、ということになります。

余談になりますが、Aだけが免除し、B,Cが免除しないという事例を
考えてみましょう。

不可分債権の免除は相対効なので、Aの免除はB,Cに無影響であって、
Dは75万円を請求できる一方、BまたはCに対しては、免除の効果もはかなく
自動車全体の給付をしなければなりません(25万円相当の備品をとりはずす
ことはできません)。
その後、DはAに対し不当利得(25万円と推定)の返還請求をすることになります。

補足質問がされているのに気づきました。
遅くなりましたが回答します。

回答No.1とNo.2は質問者さんの真の悩みに
到達していなかったようですね。
読解力が不足していたようで、
お詫びいたします。

実は今でも質問者さんの真の悩みに到達しているのか
わからないのですが、ともかく回答を継続します。

補足の
>今回のような事例では、代金債権を中心に考えるのでしょうか。

そうです。なぜなら、3事例ともDが免除した場合を
考えているのですから(当たり前のことですが、免除権者は
債権者ですので、Dが...続きを読む

Q法人の破産申請について

当方、会社経営が苦しい上に他社の債務保証もあり、それらが結構ずしんと乗りかかり、この不景気を乗り切るのは難しく、法人(株式会社)と代表者個人共に自己破産を考えてます。個人は、何となく破産について判るのですが、法人で設立当年の平成15年から税務署へ申告をしてなく、又経理も杜撰きわまりない状況です。(潰れて当たり前の放漫経営の典型的な駄目会社です。)こんな状況下でも法人の自己破産は申請が出来るのでしょうか?誰か教えて下さい。ちなみにざくっとの負債が1億円程になります。

Aベストアンサー

法人税申告もしてないということは、決算も組んでない。
ということは貸借対照表もできてなくて、債務がいくらあるかを表すこともできないというレベルでしょうか。

債権者申し立てならいいでしょうが、自己破産なら「これだけ借金があって、支払い能力を超えてる」と申し出ないといけません。

借金がいくらあるのかは「貸借対照表」でわかります。
支払い能力、返済能力は「損益計算書」でわかります。
いずれも作成してないというなら、作ればいいでしょうが、誰がつくるのでしょうか。

債務者から来てる請求書を合計して「一億円ある。払えないな」ではすまないでしょうね。
それで破産できたら、高い報酬を税理士に支払って作成する必要などないわけです。やりたい放題して記録も残さないで、税務申告などしないでおけばよい訳です。

法律で保護される破産を貴社ができるか否かは「提出すべき書類が揃うか否か」が問題になるのではないでしょうか。
「ま、こんなものだ」という財務諸表を作成して、それを提出すれば形式だけは整いますけど。

つぶれて当たり前の放漫経営と自己批判されてますが、それで困るのは自業自得因果応報です。

現実的には代表者が破産して法人の債務も払えないとなれば、債権者が破産申し立てをして何とかしてくれるかもしれません。

そこまで出鱈目な法人を見たことがないので、破産申し立てされた裁判所がどう対応するか知りたいので、ぜひこのスレッドを閉めずに教えたいただきたいと思います(これはふざけて言ってるのではありません)。

法人税申告もしてないということは、決算も組んでない。
ということは貸借対照表もできてなくて、債務がいくらあるかを表すこともできないというレベルでしょうか。

債権者申し立てならいいでしょうが、自己破産なら「これだけ借金があって、支払い能力を超えてる」と申し出ないといけません。

借金がいくらあるのかは「貸借対照表」でわかります。
支払い能力、返済能力は「損益計算書」でわかります。
いずれも作成してないというなら、作ればいいでしょうが、誰がつくるのでしょうか。

債務者から...続きを読む

Q住宅債権管理回収機構に抵当権が移った物件を、500万円を使って残す良い方法

どうか分かる範囲でも構いません。ご教授下さい。

自営業の悪化で、父の住宅ローンが滞納になり、住宅債権管理回収機構から任意売却の勧めが来ています。
前債権者はの住宅金融公庫です。物件はバブル期に買った住宅で4000万円ほどで購入しました。
ローンは、第一抵当権だった住宅金融公庫に1000万、 第二抵当権の住友ローンに450万ほど残っています。今、任意売却か、競売かの岐路に立っています。

子供である私は、自前で500万のお金を用意し、住宅債券管理回収機構に、「500万を払うので、残りのローンをいままで通り継続してもらえないか」と交渉しました。しかし「一括返済でなければいけない、10万円足りなくてもいけない」と拒否されました。
今の私の資力ですと1000万は用意来ません。契約社員で年収200万にも満たないので銀行は借してくれないと思います。
以上のような状況です。質問は次の5つです

(1) ひとまず450万を住友ローンに払い、住友ローンが第一抵当権になる条件で、住宅債権管理回収機構の1000万円を肩代わりしてもらえないかと考えました。住宅金融公庫と住友ローンの間では競売になった場合、売却金を5:1で分けることになっているそうです。だとすれば、住友ローンにとって悪い話ではないような気がしますが、父がブラックリストになっている状態で、住友ローンはこの話に乗ってくれるでしょうか。

(2) もし(1)が駄目だった場合、何かこの500万を使って、父の住宅を残す良い方法はありませんでしょうか。

(3) (1)も(2)も駄目だった場合、任意売却か競売かになりますが、もし売り手が決まる前に1000万用意できた場合、どちらの手続きも取消すことは出来るでしょうか。また一般的にどれくらいの期間で売り手が決まるものなのでしょうか。

(4) バブル期で4000万円だった物件ですが、任意売却または競売で、大体いくらぐらいになると思われますか。一般的なだいたいの相場で結構です。(築18年)

(5) 売り手が決まった後は、どのくらいの期間で退去しなければならないでしょうか。また残債があった場合に支払いはどのようになるのでしょうか。

質問が多くて恐縮です。(2)をメインにお答えをもらえたらと思います。どうか皆様のお知恵とお考えをよろしくお願いします。

どうか分かる範囲でも構いません。ご教授下さい。

自営業の悪化で、父の住宅ローンが滞納になり、住宅債権管理回収機構から任意売却の勧めが来ています。
前債権者はの住宅金融公庫です。物件はバブル期に買った住宅で4000万円ほどで購入しました。
ローンは、第一抵当権だった住宅金融公庫に1000万、 第二抵当権の住友ローンに450万ほど残っています。今、任意売却か、競売かの岐路に立っています。

子供である私は、自前で500万のお金を用意し、住宅債券管理回収機構に、「500万を払うので、残りのロー...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)

聞いてみないとわかりませんね。
ただ、年収も加味(支払能力)されますから、ちょっと難しいかもしれません

>(2)

もうちょっと早めに行動を起こしていれば、何とかなったかもしれませんが、すでに任意売却の勧めが出ているのであれば、それに従うほか無いかもしれません

>(3)

手続きが始まってしまった場合は、理由を問わず取り消すことは出来ません

>(4)

築年数からすると、価値的にはほとんど無いと思います
まぁ、建物の痛み具合にもよりますが

> (5)

長くても、一ヶ月くらいでしょう
ただ、購入された方がすぐにでも住みたいとなれば、それに従うほかありません
残債が残っていれば、支払いは免除されませんので、今後も支払い続けることになります

Q消費者破産と企業(法人)の破産の違いとは

消費者破産と企業(法人)の破産の違いってどんなものがありますか??
なるべく具体的に教えて欲しいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 消費者破産では,相当多数が同時廃止という手続で処理されます。同時廃止とは,破産手続開始決定の際に破産管財人が選任されず,破産手続開始決定と同時に,破産廃止決定がされ,それで本来の破産手続,すなわち財産を整理して換価し,債権者に配当するという手続は終了してしまうということです。

 一般に,クレサラ破産といわれるクレジットカードの濫用やサラ金からの借金がふくらんで破産した場合には,その個人には説くに財産といえるものがないことが多く,破産管財人によって財産を処分する必要性はありません。むしろ,破産することで免責を得ることが主目的となります。

 ですから,このような個人については,多くの場合同時廃止で財産整理の手続は終わり,後は免責に進んでいくことになります。

 これに対して,法人破産は,同時廃止で終わることはほとんどなく,ほぼ例外なしに破産管財人が選任されます。個人破産に比べると,法人破産は債務額も大きいですし,回収すべき売掛金などがあったり,あるいは破産直前に財産隠し行為があったりすることも多いので,破産管財人の調査を入れることになるわけです。

 個人破産の場合でも,オーバーローンでない不動産があったり,多額の退職金を受領予定であるような場合,さらには,財産隠し行為が疑われたり,その他の免責不許可事由が大きいと思われる場合には,債権者に対する説明の上からも,破産管財人が選任されることになります。

 あと大きな違いとしては,個人破産では免責の手続がほとんどの場合行われますが,法人の場合には破産手続が終了すると,法人自体が消滅しますので,免責の手続はありません。

 

 消費者破産では,相当多数が同時廃止という手続で処理されます。同時廃止とは,破産手続開始決定の際に破産管財人が選任されず,破産手続開始決定と同時に,破産廃止決定がされ,それで本来の破産手続,すなわち財産を整理して換価し,債権者に配当するという手続は終了してしまうということです。

 一般に,クレサラ破産といわれるクレジットカードの濫用やサラ金からの借金がふくらんで破産した場合には,その個人には説くに財産といえるものがないことが多く,破産管財人によって財産を処分する必要性は...続きを読む

Q自己破産者にたいする債権・債務の扱い

会社が下請けに出している個人が借金地獄で、自己破産をするという。
この個人にたいし、会社から貸付金がある。破産宣告はまだ受けていない。会社から破産者への下請けは継続している。この状態のとき。
「会社→破産者への貸付金は、管財人の破産者の資産処分による分配金以外に、現在進行中(今後も発生する)の下請代金を貸付金と相殺することはできませんか?」
その可否と、可のときの手続き留意点も合わせてお願いします。

Aベストアンサー

昨日、質問の意図を誤解していたと思いますので、訂正します。
しめきられていなくてよかった…(汗)

>現在進行中(今後も発生する)の下請代金を貸付金と相殺する

もしかしたら、「今後」というのは、破産のあとという意味ですか?

だったらもちろんダメでしょう。
すでに発生している債権と債務は相殺でき、危機否認の対象にもならないという
最高裁判例があります(あの人は破産申請しそうだと聞いて、慌てて相殺してもOK)。
でも、今後発生する質問者さんの債務は別です。
破産法98、99条が認めているのは「破産宣告の当時破産者に対して債務を
負担するとき」ですから。

破産とは、その時点でその人の資産と負債を精算するものです。破産宣告後に破産者が
獲得した債権を、それ以前の債務と相殺されたら、「破産後も借金を払う」ことに
なってしまいますよね。

Q相手の法人が自己破産した場合の支払手形の支払義務

相手の法人から取引で受取手形100万円をもらい、

こちらの法人は取引で、支払手形を200万円支払っている

場合、相手の法人が自己破産した時、この私どもが振り出した

支払手形は支払を止めることはできますか?

手形を振り出した時に、債務が確定しているので

この支払いは法的には止められないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には止まりません。これが手形の恐ろしい面で、他の事情と手形は切り離されます。
勿論先方の会社がまだ手形を所持していれば相殺の主張は出来ます。が、ほとんどの場合債権者が取り上げてしまっています(回り手形)。
手形が裏書譲渡された場合手形訴訟に持ち込まれ「裏書年月日が破産(申立)年月日以降」でない限りは譲渡無効を主張出来ないのです。

Q自己破産の債権債務の確定日は?

自己破産の債権債務の確定日は?
自己破産する場合、債権債務の確定日は、弁護士に依頼した時点(受任通知日)か、
裁判所へ自己破産を申立した日付けか?
どちらになるのでしょうか?

Aベストアンサー

受任通知後に、特定の人に支払うのは違法行為

面積不許可事由に該当するおそれもあります。


人気Q&Aランキング