●厄払いでの「お礼参り」とは、どの程度辛い事や災難から逃れた場合に行くものなのですか?
婚約破棄や失恋で鬱、結活が全敗、病気をした、親と縁を切らされたなど、
どの程度のレベルの事が当てはまりますか?
あの時は辛かった、、と引きずって思ってしまうことでしたら、
お礼参りは行かずともよろしいのでしょうか?
(日常のイヤな事・自転車同士ぶつかった、通行人にいきなり因縁を付けられたなど日常レベルな災難は大抵すぐ忘れてしまいますし、特別な災難には含まないですよね、、><??)




●また、お礼参りの時期は、後厄で厄除けした翌年にまとめて(一度のみ)お礼参りするので良いんでしょうか?



質問ばかりですみません。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

厄は、災難等が起こると言うことではありませんよ。



よく前厄・後厄とかがありますが、これは年の節目に当たるので、人間ドックでしっかり体を診ましょうという意味です。
なので厄だからと心配する必要はありません。

これは霊能者の江原さんが言っていましたよ。

私も厄の時に、大きな家の工事をしたりしましたが、なんの問題もなく健康ですよ。
それ以外でも何の問題もなく生きていますよ。

なので厄と言うのは、その人の年の節目で、病院に行って健康診断をしろと言うことなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか><
そして、江原さんもおっしゃってたんですね、
なるほど…勉強になります。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2015/01/24 20:19

大抵は何事も感じなくても年末あたりに行きますね。



だって神社の厄除けというのは「大難を小難に、小難を無難に」ですから。
瀕死の重傷のはずが軽い怪我で済んだといってもその怪我が本当はどんなものであったかなんて解らないでしょ。
入院しちゃったよと言っても本当は死んでいたかもしれないし、かすり傷くらいでと思っても本当は骨折するくらいの予定だったかもしれない。無難に済んでしまったら、気がつきもしないでしょ。
だから何事も無くても「お陰さま」でお参りをする。本来の神社詣での趣旨は「お陰参り」なんです。

年末じゃなくても、ふと「お陰様で」と思ったら、迷わずにいけばよろしいと思います。

決まりだとか、常識と言ったものではありませんから、心に素直にすればよろしい。
一回だけでもないし、一年だけとも限らない。
    • good
    • 0

起こるとわかっていることから逃れられたっていうなら


避けられたというももわかりますけど
厄払いによって何が避けられたのかなんてわからないじゃないですか?
貴方には起こる災厄がわかるのですか?

それと厄払いってのは自分のためにするのではなく
自分のまわりが災厄に見舞われることのないように
身近な人のためにするものです。

災厄のレベルは人によって違うし
病気になっても前向きな人には厄にはならず
風邪をうつされただけでしつこく恨みを持つ人もいます。
(厄とは主に病気のこと。要するに厄除けは健康祈願)
そういった心のマイナスをフラットに戻すきっかけを厄除けというのでしょう。

怖いのはいつの世も人の心。
たとえ災厄に会っても心を保つことが目的だと思います。
お礼参りは無事生きていられたらお参りすればいいのでは?
お礼参りに限らずことあるごとに頼れるのが神仏のよいところです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中山寺のお礼参り

明日、中山寺に子供が生まれるときに頂いた、帯を返しに行こうと思っているのですが、そのときお金がいくらいるのでしょうか?

Aベストアンサー

「中山寺 お礼参り」で検索すると,行かれた方の日記がヒットしました.
それによると「所定の用紙に必要事項を記入して、安産祈願の時に受け取ったお札、御守、腹帯と新しい腹帯を所定の窓口に出す」そうです.
ご祈祷料は3000円・5000円・10000円の3コースがあるそうです.後日お札やらお守りやらが送られて来るそうです.
今年の6月の記述ですので,まだ変わっていないと思います.

Qお礼参りにお祓いは必要?

厄払いに3年いったあと
厄が明けてから
お札とか返しに、お礼参りに行った時にも
お祓いをするというのですが、
私はそんなの聞いたの初めてですが、それが
普通なのですか?

Aベストアンサー

お祓いは全ての行事につきものです。お祓い自体は別に特別な事ではありません。
大きな神社でも日常的に参拝者全てにお祓いをしている神社はほとんど目にしません。
しかし、簡易な装束をつけて神前に上がる「昇殿参拝」や垣根の内側に入る「御垣(内)参拝」では事前、あるいは事前事後に「祓い」を受けます。

お礼参りを通常の神殿前の参拝で済ませる事もありますし、丁寧に昇殿参拝する事もあります。その方は昇殿参拝の事を「お祓い」と思ったのではないでしょうか。
通常ではほとんどお祓いを受けた自覚がないので、昇殿参拝を「お祓い」と思っても仕方ない事です。

本来は昇殿参拝祈願で厄払いを受けたのなら、厄明けのお礼も昇殿参拝するのがスジでしょう。手紙の頭語と結語みたいのものです。
でも最近は拝啓は書いても敬具を書かない人が多いように、省略してもたいした問題ではありません。

ちなみに、日常の参拝で鳴らす鈴は「鈴祓い」といって、立派なお祓い。実はいつもお祓いは受けていたんですね。
逆に言えば鈴を鳴らさずに参拝するのは、外の埃も払わずに人の家に入るのと同じように失礼に当ります。

お祓いは全ての行事につきものです。お祓い自体は別に特別な事ではありません。
大きな神社でも日常的に参拝者全てにお祓いをしている神社はほとんど目にしません。
しかし、簡易な装束をつけて神前に上がる「昇殿参拝」や垣根の内側に入る「御垣(内)参拝」では事前、あるいは事前事後に「祓い」を受けます。

お礼参りを通常の神殿前の参拝で済ませる事もありますし、丁寧に昇殿参拝する事もあります。その方は昇殿参拝の事を「お祓い」と思ったのではないでしょうか。
通常ではほとんどお祓いを受けた自...続きを読む

Qお礼参りについて

子宝の寺にお参りして来ました。
ただしご祈祷していただいたわけではなく おさい銭を入れてお願いしてきただけです。
今後授かったら またそこにお礼参りに伺おうと思ってるのですが お願いしてできてからの日数や年数についてがわかりません。
例えば授かるのに10年くらいかかったとしてもそこへお礼しに行ったほうがいいのでしょうか?
そんなに経ってからできたのは そこへ行ったこととは関係がないのかなと思ってしまったもので 経験のある方 常識としての意見 なんでもかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考え方としては仏様神様と思うからややこしくなるわけで、そうではなく人にあてはめて考えれば答えはかんたんです。お願いして願いが叶えばお礼にいくのは当然だからです。祈祷してもらった場合とお賽銭でした場合の差は、正装して手土産持参でお願いしたか、普段着でちよっとした手土産を持参したかの違いです。服装と手土産は誠意を表しています。格差はありますが後者でもちゃんと願いは聴いてありますから心配はいりません。(子宝に関しては)
期間はお願いしてから1年(お札の有効期限と同じ)と考えられていいと思います。でも1年過ぎたとしてもちゃんとお礼参りすると喜ばれますしリピートが効きますよ。

Q厄払いのお護摩と安産のお礼参りについて

今年34になる一児の母です。

昨年本厄のお払いを川崎大師でしてきたのですが、その時のお護摩はどうしたらいいのでしょうか?
お守りなどは一年経ったら、買った神社などに納めていましたが、同じようにしたほうがいいのでしょうか?
一応川崎大師のHP見たんですが、それらしきコトは書いてなかったので質問させて頂きました。
今年後厄だから、また厄払い行ってその時に納めたほうがいいんでしょうか?
どなたか詳しい方お願い致します・・。

後、長女妊娠の時に水天宮にお舅さんが行ってくれて、腹帯を買ってきてくれました。
本当は自分が行きたかったのですが、長男(主人)を授かるまで何度も流産していた姑さんから、混んでいるし暑いからと猛反対されたのでお願いしてしまいました。
きちんと戌の日に巻きましたが、娘は無事産まれて健康この上なく育ってますが、すごい難産だったためまだお礼参りをしていません。
現在どうやら二人目ができてるようなのですが、また安産祈願をしに行くにしても、お礼参りが一緒だとよくないですよね?
今考えると、難産でも無事産まれて来たのだから、お礼参りはすべきだったと思ってますが・・・、浅はかな考えは良くないですね。

ぜひお叱りでもかまいませんので、お分かりになる方、ご意見をお願い致します。

今年34になる一児の母です。

昨年本厄のお払いを川崎大師でしてきたのですが、その時のお護摩はどうしたらいいのでしょうか?
お守りなどは一年経ったら、買った神社などに納めていましたが、同じようにしたほうがいいのでしょうか?
一応川崎大師のHP見たんですが、それらしきコトは書いてなかったので質問させて頂きました。
今年後厄だから、また厄払い行ってその時に納めたほうがいいんでしょうか?
どなたか詳しい方お願い致します・・。

後、長女妊娠の時に水天宮にお舅さんが行ってくれて、腹帯...続きを読む

Aベストアンサー

今年後厄ですか?
私今年33歳なんですが後厄のお払いに行きました。
地域によって厄年の年齢変わるんですかねえ?(数え年で厄年が決まると教えられてきました)

まあそんなことはどうでもいいのですが、私は前厄、本厄と頂いた物はお払いしてもらった神社にお返ししました。

Q厄除けとそのお礼参りに関して質問があります。

厄除けとそのお礼参りに関して質問があります。

厄除けをしてもらった際のお礼参りは、
たとえば

1. 前厄の厄除け 、 前厄の際のお礼参り 、 本厄の厄除け 、 本厄の際のお礼参り 、 後厄の厄除け 、 後厄の際のお礼参り

という風にその翌年、それぞれでお礼参りをするのか、

2. 前厄の厄除け 、 本厄の厄除け 、 後厄の厄除け 、 お礼参り

という風に最後にすべて終わってから感謝の意を伝えるのか、
どのようにすればよいのか分かりません。
また、お礼参りと次の厄除けは同時に行うものなのでしょうか、それとも別々に分けて行うものなのでしょうか?
(たとえば1の場合だと、計6回行くことになるのか、計4回でいいのか)

同時に行うとなった場合は厄除けの分の玉串料(初穂料)と、お礼参りの分と一緒に持っていけばよいのでしょうか?


分からないことだらけなのですが、ご回答のほういただけると幸いです。

Aベストアンサー

御祈願には通常の参拝の中で行なう拝殿前祈願(参拝)と、神社にお願いして拝殿内に入って祝詞を上げて頂く昇殿祈願(参拝)があります。

昇殿祈願の場合はそれぞれの方法があるので、神社に伺うのが一番いい解決策です。
通常の拝殿前の祈願では、玉串料と書かれた包みに入れるのであれば、参拝の前に社務所に立ち寄って「賽銭箱には入らないのでこちらに納めたいと思います」と伝えれば受け取ってくれると思います。
気の利いた神主さんが時間があれば、その場で昇殿参拝をさせてくれるかもしれませんし、「是非昇殿参拝を」といってくれるかもしれません。この場合は日程を改めて決めることになります。
時間が無ければ、本厄祈願を昇殿でと言うのもいいでしょう。
要するに、決まりは無いのです。

一つの「厄払い」という祈願に変わりはないので、前回のお礼と新たな祈願と言う形で行なうのが多いと思いますが、一つの流れなの中で一度に済ませてしまうか、まずお礼を申し上げる祝詞を上げてから祈願の祝詞を別に上げるかは神主さんのやり方次第でしょう。どちらでも構わないと思います。
玉串料も、一連の流れなので、一つの包みで大丈夫です。別にお礼と玉串料と別に包んでも、それは自由ですが、一度に奉納しても構いません。なので…
1[前厄の厄除け] 、2[前厄の際のお礼参り、本厄の厄除け]、3[本厄の際のお礼参り、後厄の厄除け]、4[後厄の際のお礼参り]
となります。

でも、日常的に無関心で厄払いだけと言うのは「困ったときの神頼み」でご利益は期待できません。しょっちゅう行かなくても、前を通りがかったときにチョット頭を下げる、鳥居が見えたらしばし目に留めて心の中で感謝する。など、常に意識している事こそ信仰というものです。

御祈願には通常の参拝の中で行なう拝殿前祈願(参拝)と、神社にお願いして拝殿内に入って祝詞を上げて頂く昇殿祈願(参拝)があります。

昇殿祈願の場合はそれぞれの方法があるので、神社に伺うのが一番いい解決策です。
通常の拝殿前の祈願では、玉串料と書かれた包みに入れるのであれば、参拝の前に社務所に立ち寄って「賽銭箱には入らないのでこちらに納めたいと思います」と伝えれば受け取ってくれると思います。
気の利いた神主さんが時間があれば、その場で昇殿参拝をさせてくれるかもしれませんし、...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報