はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

橿考研1月15日発表の、小山田遺跡=舒明天皇の古墳か?

の新聞報道で、掘割に、40センチの石英閃緑岩を張ったり、底は15~30センチの石材を敷き詰められていたり、緑泥片岩の板石や榛原石を積み重ねていたりとあります。

隣の菖蒲池古墳の掘割底は砂利敷き(テラスは石敷き)のようですが、古墳の堀とか城郭の堀の底について、石敷きの例、砂利敷きの例を、具体的に教えてください。

A 回答 (1件)

古墳の周溝の底は通常は素掘りのままです。


小山田遺跡や水落遺跡(漏刻遺構)の周溝のように底に石材を敷き詰めているのはかなり珍しい事例です。
あまり事例がないので回答がつかないのかと思われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング