『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

質問者:aozora50 投稿日時:2015/01/26 18:00 すぐに回答が欲しいです
私はいい大人なのに、希釈するとかが苦手で分かりません。

例えばカルピスなどの希釈して飲む飲み物などで、カルピス1lに対して水が4と書いてあったりします。
また、コップ一杯を作る場合は、原液30mlに水120mlとか書いてあったりもします。

それに、本製品500mlを5倍に薄めると、2、5lになると書いてもあります。

小学生の頃から数学や理科が苦手で、ちゃんと希釈のことを理解しないままきてしまった感じです。

濃縮とかの概念もも苦手なので、3倍濃縮とか2倍濃縮とかのめんつゆを使うときも、困ってしまいます。

2倍濃縮のめんつゆを使う場合は、めんつゆの量に対して同量の水などを入れて、めんつゆの量の倍の量にする、3倍濃縮の場合は、めんつゆの量に対して2倍の量の水などを入れて、元のめんつゆの量の3倍になればいい。

こう知り合いに教えてもらったのですが、未だにまだちゃんとは理解できていません。
家庭菜園とかする場合にも、液体肥料を希釈したりしないといけないので、しっかり理解したいと思っています。

希釈や濃縮のこと詳しく教えていただけないでしょうか?

希釈や濃縮のことから分からない場合、どこまで遡って、どんな勉強し直したらいいでしょうか?

教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>小学生の頃から数学や理科が苦手で、ちゃんと希釈のことを理解しないままきてしまった


>希釈から分からない場合、どこまで遡って勉強し直したらいいでしょうか?
 御自身で書かれているように、小学校の分数(小学2年生)や割合(小学5年生)の割合あたりが基礎になります。
 数学や理科は、基礎からきちんと積み上げないと「砂上の楼閣」になって、次から次に出てくる新しいことを身につけることができなくなってしまいます。小学校の頃、大事なところで休んだとかじゃないですか?
 希釈も、値引きも、オームの法則も、三角関数(sin,cos,tan)も、みな割合や分数の応用ですね。
[割合]
 割合とは、[基準となる数]に対する[ある量]の[比]を表す値である。

[割合] = [ある数]/[基準となる数]

 それは、分数であったり、比であったり、小数(百分率・割分厘・・)などであらわされます。
※言い換えると、どれを[ある数]や[基準となる数]にするかで、一つの事象であっても[割合]は変わります。

 ついで、この式は、
両辺に[基準となる数]をかけると
 [基準となる数]×[割合] = [ある数]
   [基準となる数]に[割合]をかけると[ある数]が求まる
この両辺を[割合]で割ると
 [基準となる数] = [ある数]/[割合]
   [ある数]を[割合]で割ると[基準となる数]が求まる。

以上をつかって考えると

>例えばカルピスなどの希釈して飲む飲み物などで、カルピス1lに対して水が4と書いてあったりします。
 この文章は、カルピスの量を[基準の量]としたときに、加える水の量が[ある数]ですから、カルピスが40mL[基準の量]でのとき、加える水の量[ある数]を知りたければ、
 [基準となる数]×[割合] = [ある数]
   40mL   × 4  = 160mL

薄めたカルピス(200mL)作りたければ、[基準の量]は200mLですね。そして、それぞれの割合は (カルピス)1:水(4)ですから、全体は 5 になりますから、
カルピス原液の割合は、1/5
 [基準となる数]×[割合] = [ある数]
   200mL   × 1/5  = 40mL
水の割合は、4/5
 [基準となる数]×[割合] = [ある数]
   200mL   × 4/5  = 160mL

>また、コップ一杯を作る場合は、原液30mlに水120mlとか書いてあったりもします。
 ということは、1:4 の割合ですね。160mL作る

>本製品500mlを5倍に薄めると、2、5lになると書いてもあります。
 5倍に薄めるとは、薄めた量が[ある量]ですから・・・
 [基準となる数]×[割合] = [ある数]
   500mL   × 5倍 = 2500mL = 2.5L

>2倍濃縮のめんつゆを使う場合は、めんつゆの量に対して同量の水などを入れて、めんつゆの量の倍の量にする、3倍濃縮の場合は、めんつゆの量に対して2倍の量の水などを入れて、元のめんつゆの量の3倍になればいい。
 2倍とは、濃度という[割合]が2倍になっているという事ですね。

>家庭菜園とかする場合にも、液体肥料を希釈したりしないといけないので、
 千倍に薄めて・・・・
 千倍に薄めるとは、薄めた量が[ある量]ですから・・・
 [原液の量] × 1000 = できた薬品

 10L作りたければ、10Lが[基準の量]ですから、原液の量[ある数]を求めたければ、
[割合] = [ある数]/[基準となる数]
     1 / 10000       が割合
 [基準となる数]×[割合] = [ある数]
   10L   × 1/1000 = 1/100 L = 10mL

※売値、原価、値引率・・
 オームの法則も、電圧[基準の量]、電流[ある量]、抵抗[割合]
  R = I/V   I = R×V   V = I/R
 三角関数
  sin = (底辺)/(斜辺)  cos = (垂線)/(斜辺)  tan = (垂線)/(底辺)
 直線の傾き
  ⊿y/⊿x   微分法
 確率
  宝くじの期待値とか
・・・・いくらでもありますね。

 これらは、みんな小学校の割合や分数が基礎になっています。

 気がつくことができれば、そこがスタート。人生に遅すぎるはない。まず小学校の割合を・・小学校と馬鹿にしないで、しっかり復習してみましょう。そしたら、今までつまづいていたところが明るくなる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

小学校の割合の所から復習ですか。

分かりました。
小学校レベルと馬鹿にしないで、割合から復習していきたいと思います。

詳しく教えてくださってありがとうございました。
教えてくださってのも、理解できるまで何度も読み返して、理解できるようにしたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/26 20:01

希釈が解らないと言うより、モノの単位を理解していないのでしょう。


計算する時に単位を揃えなければならない場合があります。
逆に単位さえ覚えて揃えれば後は単純な計算のみなので勉強するほどの事でも無いですよ。

>カルピス1lに対して水が4と書いてあったりします。
>原液30mlに水120mlとか書いてあったりもします。

これは1:4=30mL:120mL
mLの方をどちらも最大公約数である30で割ってみてください。
1:4になりますね。

>本製品500mlを5倍に薄めると、2、5lになると書いてもあります。

500mL=500cc=05L
0.5x5=2.5L
となります。

>2倍濃縮のめんつゆを使う場合は、めんつゆの量に対して同量の水などを入れて、めんつゆの量の倍の量にする、3倍濃縮の場合は、めんつゆの量に対して2倍の量の水などを入れて、元のめんつゆの量の3倍になればいい。

2倍濃縮だと麺つゆが50mLなら2倍は100mLですね。
必要な水は100ー50=50です。
比率で言えば1(50mL):1(50mL)
で、1+1=2なので2倍濃縮
3倍濃縮の麺つゆなら50mLの3倍は150mL
必要な水は150-50=100
比率で言えば1(50mL):2(100mL)
で、1+2=3なので3倍濃縮

日本だと液体関係で使う単位は、L(リットル)その1/10のdL(デシリットル) 1/1000のmL(ミリリットル)くらいしかありませんから、そそれさえ覚えてしまえばよいのです。
ccはmLと同じなのでそのまま使えます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市販の濃縮めんつゆ 4倍に薄めるって・・・???

教えて下さい<(_ _)>

よくペットボトルで売られている濃縮の
徳用めんつゆ みたいなものありますよね、

あれで、説明書に、
そうめんかけつゆ・・・5倍、
そうめんつけつゆ・・・4倍、
茶碗蒸しの味つけ・・・・6倍

とかかかれてありますが、
今まで、そうめんつけつゆを作る際には
4倍にすればいいのだから・・・

原液50ccあったとすると、水を150cc足して
全体量を200ccにしていました。

でも、昨日、旦那にめんつゆ作りを頼んだところ
4倍だから・・・といいつつ
50ccの原液に対し、水200ccを足して
全体量を250ccにしました!

私が違うといっても
旦那は理系出身で、計算すればわかるだろ!
みたいな感じで、頑として、自分の希釈があっていると
言い、譲りません。

どなたか、理論を教えて下さい。

そして、私と旦那、どっちが正解なのでしょうか?

味で比較しても、理論が気になり、よくわかりません(>_<)

お願いします。

Aベストアンサー

1:4なので
50:200です
ですから250ccのめんつゆができます

Qめんつゆの薄め方方

素朴な質問で申し訳ないのですが、
3倍希釈用のめんつゆがあったとします。
例えば200ccのめんつゆを使えば、水の量はいくら使えばよいか教えてください。400のような気もするし600のようなきもしているのですが・・・。

Aベストアンサー

こういう考え方をすれば簡単ですよ。
1倍希釈⇒水で1倍の量にする(希釈しない)⇒1:0⇒つゆ200cc+水0cc=200cc(ストレートタイプ)
2倍希釈⇒水で2倍の量にする⇒1:1⇒つゆ200cc+水200cc=400cc
3倍希釈⇒水で3倍の量にする⇒1:2⇒つゆ200cc+水400cc=600cc

Q濃度計算について教えてください!

濃度計算の方法をわかりやすく教えていただけませんか?

(1)70%の食塩を溶かして、10%の食塩水を作りたい。
水を何g加えればよいか。

(2)30%のアルコール水溶液に水を加えて18%のアルコール水溶液を1000gつくりたい。
30%のアルコール水溶液は何g必要か。

(3)40%のアルコール水溶液50gに30%のアルコール水溶液50gを加えると。何%のアルコール水溶液がつくれるか。

(4)5%の食塩水が60gある。
この食塩水から水を蒸発させて6%の食塩水をつくりたい。
水を何g蒸発させればよいか。





どのように解いていけばいいのかさっぱりわかりません(ーー゛)
初歩的な問題で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)70gの食塩でしょうか。70gの食塩が食塩水全体(水と食塩の質量の合計)に対して10%、つまり1/10であればいいので、水は食塩の9倍、つまり630gです。また、70gが10%(1/10、つまり0.1)に相当するので
70÷0.1=700
とすると食塩水全体の質量が出て、これから食塩の70gを引くと水の量になります。

(2)18%のアルコール水溶液1000gに含まれるアルコールは
1000*0.18=180g 
です。この量のアルコールが薄める前のアルコール水溶液に対して30%、つまり0,3に相当するので
180÷0.3=600

(3)それぞれのアルコールの量をまず計算します。
40%のアルコール水溶液50g→50*0.4=20g
30%のアルコール水溶液50g→50*0.3=15g
従って合計のアルコール量は35gで、溶液全体は100gです。よってその濃度は
35÷100*100=35%

(4)5%が60gあるので食塩の量は
60*0.05=3g
です。これが濃縮後の溶液の6%に相当すればいいので
3÷0.06=50g
まで濃縮すればいいことになります。

基本は
溶けているものの質量÷(溶液の質量)*100
あるいは
溶けているものの質量÷(溶けているものの質量+溶媒の質量)*100
が%濃度になるということです。

(1)70gの食塩でしょうか。70gの食塩が食塩水全体(水と食塩の質量の合計)に対して10%、つまり1/10であればいいので、水は食塩の9倍、つまり630gです。また、70gが10%(1/10、つまり0.1)に相当するので
70÷0.1=700
とすると食塩水全体の質量が出て、これから食塩の70gを引くと水の量になります。

(2)18%のアルコール水溶液1000gに含まれるアルコールは
1000*0.18=180g 
です。この量のアルコールが薄める前のアルコール水溶液に対して...続きを読む

Q希釈倍率の計算の仕方

ガーディニングをしていますが50倍から100倍で使って下さいと
希釈倍率が書いています。
例えば1Lパックの水にどのくらいの蒸留木酢液を入れたら
良いのですか?ゴミの臭い消しに使います。
いつも希釈倍率がわからず困っています

Aベストアンサー

農薬(質問の木酢液なども含めて)の場合、単純に「全体の水量÷倍数=原液量」でいいんです。
1Lの水に50倍から100倍だったら、
1L(1000mL)÷50倍=20mL
1L÷100倍=10mL
ですので、木酢液(原液)は10mL~20mL入れるといいんです。

ちなみに液体は体積「mL」、固体(水和剤などの粉剤)は重さ「g」で計りましょう。
(今回の場合でしたら、木酢液=液体なのに、10g~20g入れたらダメ!って事)

Q○倍希釈とは

濃縮タイプの出汁や麺つゆ、飲料などで
3倍希釈とか5倍希釈の薄め方を教えてください。

例えば、5倍希釈の原液を100ml使うとしたら、
原液100mlを含めて5倍量の500mlにする=400mlの水を足すのか、
100mlの5倍=500mlの水を足すのか、
どちらが正しいですか?

はじめは500mlの水を足そうとしてたのですが
よく考えたら水は400mlかな?と思ったり…
考えてるうちによくわからなくなりました(>_<)

Aベストアンサー

希釈総量を先に決めた場合

5倍希釈の条件は、原液の割合は20%希釈用の水は80%
CC(合成量)に置き換えて必要量を計算すれば簡単です

500CCの希釈液が必要
20X5=100+80X5=400ですから400CCの水に100CCの原液で500CC完成です

比率を基に計算すればややこしい量でも作れます

Q希釈倍率について分かりやすく教えてください。

農薬の希釈倍率についての質問です。例えば、希釈倍率が100倍と表示されていたとします。すると2つの考え方が頭に浮かびます。

1、水99ml+溶媒1mlとして最終的な液量を100mlとする方法。

結果として、1/99+1=1/100としての分数としての希釈倍率をだす考え方。

2、水100ml+溶媒1mlという方法。
100÷1=100倍として計算する考え方。

この考え方を1において2の考え方で、2においては1の考え方でやると・・・

1、99÷1=99
これでは99倍の希釈倍率になってしまう・・・。

2、1/100+1=1/101
これでは希釈倍率が101倍になってしまう・・・。

このように、どうしても希釈倍率と聞くと混乱してしまいます。

この2つの考え方は、どちらかが間違っていてどちらかが正しいと思います、または両方ともおかしいかもしれません。この考え方について指摘などあればよろしくお願いします。また、希釈倍率についての基本的な正しい考え方など教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

前の方も書かれていますが、ここは「農学」のカテとして考えると、100倍にするときは、水100に農薬1を加え、1000倍にするときも水1000に農薬1を加えることが多い遠見ます。
 実際の農家は、100L。200Lの単位で薬液を作りますので、1000倍液を作るのに、999+1で1000倍。それを200L作るとはしていないと思います。(誤解があるといけませんので、もちろんきちんとされている農家もあると思います。)
 これが、化学や数学の計算であれば事情は異なると思います。

Q希釈する時に考えること

宜しくお願いいたします。

最近希釈の計算をする時に考えることがあります。

例えばAという物質を100mg秤り、100mLにうすめました。

これを40倍希釈しようと思ったときに、
すぐ頭で、
「4mLのホールピペットでとって10mLのメスフラスコに
いれよう。これで40倍希釈だ。」
と考えます。(使う量にもよりますが・・・)

でも、「どのような計算でこうなるのでしょうか?」
普段あたりまえすぎて計算の過程がよく分からなくなってしまいました。(恥ずかしながら・・・)
一応思ったのは
4÷10X100=40
だったのですが、なぜ100かけてるのだろう?と思い分からなくなりました。
説明が出来る方、宜しくおねがいいたします。

Aベストアンサー

> 「4mLのホールピペットでとって10mLのメスフラスコに
いれよう。これで40倍希釈だ。」

40倍希釈になってませんけど.
これでは2.5倍希釈.10/4 = 2.5.
40倍するのであれば,
「1mLのホールピペットでとって40mLのメスフラスコに
いれよう。これで40倍希釈だ。」
これが正解.もっとも40mLのメスフラスコはないですけどね.
だからまあ,これを5倍して
「5 mLのホールピペットでとって200mLのメスフラスコに
いれよう。これで40倍希釈だ。」
とかするわけですが.

Q看護学生*希釈の計算

看護学生です。
2%の薬液が5mlあり0.9%の生食で10倍に希釈する。
生食は何ml必要か?答えは45mlなのですが
式が分かりません。
お願いします。

Aベストアンサー

2%の薬液が5ml
 ⇒ 0.02 * 5 = 0.1 ml
つまり薬自体は0.1mlあるという事。
10倍に希釈するのだから0.2%の薬液を作りたい。
 ⇒ 0.1 / ( 5 + x ) = 0.002
(0.1ml÷(最初の薬液5ml+加える生食の量x ml)) = 0.2%
xについて解くと、加える生食の量は45 ml

Q消毒液の希釈の計算について

小学生の時にちゃんと勉強しておけばよかったです…。

次亜塩素酸ナトリウム6%を0.1%のして使えるようにする計算です。

・原液の濃度 6%
・希釈倍率 60倍にする
・原液 50ml
・水 3l

とすると0.1%をつくれるとありました。
小学生並みですので、やさしく解説していただけると助かります。

Aベストアンサー

#2,5でおまんす。
 60倍に希釈というのは、原液1に対して水59倍を加えることで、原液1に対して60倍の希釈液が出来ると言うことになります。
 原液1に対して水60倍を加えると、希釈液は原液の61倍になってしまいます。

Q希釈倍率の計算方法

抽出時、3.0gの試料を希釈や分取により1/10にしたものを、濃縮乾固後、2mlにメスアップした時、元の値の濃度を算出するには、何倍希釈すればいいのでしょうか?

最終的には、この試料は、0.15g/mlになっているわけですから、この実験で得られた濃度を10倍にすればいいのかと思っていたのですが、6.66666…倍なるのだそうです。説明としては、最終濃度が、1g/1mlで等倍になるとすると、最後に希釈倍率をかけなくてもいい(もうここでお手上げです)のだから、1÷0.15で6.66666…倍すればいいのだと、教えられました。もう、すっかり???です。
となると、最初に採取した量というのは、カンケイないということなのでしょうか?

Aベストアンサー

元の「濃度」というからには、g/mlじゃないのですか?

一番最初の濃度を x (g/ml)として、順に計算してみましょう。
もとの試料の溶液が3mlあったとして、含まれる試料は3x(グラム)です。
10分の1するので、その中に含まれる試料は0.3x(グラム)です。
2mlにメスアップするので、最終濃度は0.15x(グラム)です。

最終的に濃度は0.15倍になっていますね。元の濃度を出すためには、その逆数をかけてやればいいわけです。
0.15の逆数=1÷0.15=6.66666


価格.com 格安SIM 料金比較