マンガでよめる痔のこと・薬のこと

何の予備知識もない状態で、天体望遠鏡を購入しました。
VIXENのミニポルタA70LFという機種で、専用のアタッチメント(「Tリング」というらしい)を購入し、
望遠鏡の接眼レンズを外して、代わりにデジタル一眼カメラを接続すると、
天体撮影ができる(「直焦撮影」というらしい)とのことです。
ちょうど、一眼カメラの交換レンズを望遠鏡にしたような感じになります。

私のカメラは、35mm換算400mm(マイクロフォーサーズ200mm)のズームレンズが付いており、
これで月を撮影すると、
ファインダー視野をA4の紙の大きさとすると、直径2cm程度の大きさに写りました。
これと比べて、上記の望遠鏡での直焦撮影では、どれくらいの大きさで
月を撮影できるものなのでしょうか?

望遠鏡は、対物レンズ有効径が70mm、焦点距離が900mmとのことです。
調べてみると、Tリングはキヤノン用なら1,400円なので、試してダメならポイで良いのですが、
私のカメラに合うパナソニック用は4,300円もするとのことで、
400mmズーム撮影と大差がないようであれば、購入をやめようと思っています。

A 回答 (3件)

900mmでどのくらいの大きさに写せるかということに関しては、#2さんの回答を目安にしていただければOKです。



ところで撮影対象は月だけなのでしょうか。
将来的に星の撮影というところまで考えていらっしゃるのでしたら、ちょっと厳しいものがあるかもしれません。
なぜかというと、F値が12.9の暗いレンズなので、よっぽど明るい星でないと写らないと思われるのです。
カメラのISO高感度でどれだけ補えるかですが、道は結構険しいような気がします。
月ならむっちゃ明るいですから写らない心配はありません。

それとこれはVixenの商品画像を見ての感想なので根拠はないのですけど、セットの三脚部が若干華奢なのではないかという感じがします。
まずやってみないことにはというのはありますが、ブレを誘発しないために、風の具合に気を配ったり、脚を短くして使うといった工夫は求められると思います。

個人的な見解といたしましては、単純に月を大きくしたいだけでしたら、現状の200mmのズームレンズで撮影したものをPC上でトリミングされたほうが簡単だと思います。

また、天体写真まで視野にあるのなら、お金はかかりますけど、いずれは望遠鏡を上のレベルのものにしないといけないのではないかと思われます。
    • good
    • 0

直商店なら単純に900㎜になります。

マイクロフォーサーズなら、35㎜換算で1800㎜相当です。ですから、200㎜レンズの4.5倍の大きさに写ります。
    • good
    • 1

月は、イメージセンサーのサイズに関係なく、100mmのレンズで1mmの実像を結びます。


ですから、900mmなら実像は9mmになります。

で、キヤノンの場合、フルサイズで短辺は24mm。APS-C なら14.8~15mm(機種の違い)に対し9mmの比。
μ4/3なら、短辺は13mmですから、画質を度外視するなら、イメージセンサーのサイズが小さい、μ4/3に分があると申せます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q望遠ズームの代わりに天体望遠鏡は使えますか?

最近コンデジからデジイチに買い換えました。レンズキットでは望遠が物足らなくて望遠ズームレンズを物色しましたが、かなり高額の為手が出ません。
星の撮影もしたいと思っているので、天体望遠鏡とデジタル一眼レフをくっ付ける事は出来ますでしょうか?出来るならばどの様にすれば良いでしょうか?ちなみに本体はキャノンのKissXです。天体望遠鏡を望遠レンズの代わりに昼間に使用するという話はあまり聞いたことないのですが、使用する上で何か物理的(カメラ本体)に不都合がありますか?

Aベストアンサー

出来ますよ。

こちらを参考に。
http://www.vixen.co.jp/at/option/at-op_02.htm
Tリングというのが一眼レフのマウントアダプターになります。この他カメラアダプターが必要。望遠鏡の接眼レンズを使用する場合は接眼レンズが装着可能なオプションも必要です。

また、天体望遠鏡がベースのカメラ用レンズも売られています。
http://item.rakuten.co.jp/matsucame/500972/

天体望遠鏡を使用した場合、画面の四隅が暗くなる周辺光量落ちという現象が顕著になりやすいのですが、APS-Cのデジタル一眼なら気にならないかもしれません。
使用する天体望遠鏡の口径/重量にもよりますが、三脚はかなりガッシリしたモノが必要でしょう。天体望遠鏡購入時に三脚もセットになっているならそれを使った方が良いのですが、赤道儀だと被写体を視野に入れるのは慣れが必要です。経緯台というモノであればカメラ用三脚と同じ感覚で操作できます。
また、星も撮影するとなると地球の自転に合わせて鏡胴を移動させる赤道儀が必要になります。400mm以上の焦点距離だと星は意外なほどのスピードで移動します。普通にシャッターを切っていたのでは星(恒星)は線を引いてしまいます。月なら1/400秒以上のの高速シャッタースピードでも撮影できますが、恒星は5等星まで見える場所で1等星程度なら撮影できるかもしれませんが、星雲を写すのは無理です。星雲は赤道儀で自動追尾した状態で3分以上の露光が必要です(オリオン大星雲でも)。
それから、天体望遠鏡くらいの倍率になると空気の揺らぎも写ってしまいます。コレは陽炎と同じモノで、被写体とカメラの間の空気が気温差による空気の対流で発生する光の屈折現象です。
屈折タイプの望遠鏡だとカメラ専用レンズと比べた場合コントラストの激しい境界付近で色収差が目立ちます。反射タイプだと色収差は発生しません。反射タイプの場合ニュートン式ではチョット使いづらいですね。シュミットカセグレンタイプが良いでしょう。この辺は予算次第です。

最後に、天体望遠鏡をカメラで使用する場合ですが、開放F値(レンズの明るさ)はかなり暗い部類に入ります。口径100mm、焦点距離1,000mmの望遠鏡だとF値は10(実効F値12とか)になります。望遠鏡のカタログに書かれています。
カメラ用のレンズが高価なのは、この開放F値が小さく各種収差を高いレベルで補正しているからです。例えば販売終了になっていますがキヤノンのEF1,200mmF5.6Lは(受注生産で)一千万円以上します。

フィールドスコープを使用した撮影に関してはこちらを参照してください。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2007/10/01/7116.html

出来ますよ。

こちらを参考に。
http://www.vixen.co.jp/at/option/at-op_02.htm
Tリングというのが一眼レフのマウントアダプターになります。この他カメラアダプターが必要。望遠鏡の接眼レンズを使用する場合は接眼レンズが装着可能なオプションも必要です。

また、天体望遠鏡がベースのカメラ用レンズも売られています。
http://item.rakuten.co.jp/matsucame/500972/

天体望遠鏡を使用した場合、画面の四隅が暗くなる周辺光量落ちという現象が顕著になりやすいのですが、APS-Cのデジタル一眼なら...続きを読む

Q眼視望遠鏡とバローレンズの質問です

1 屈折式、F5 (焦点距離600mm 対物レンズ径120) アイピースPL10mm/PL25mm 赤道儀なし ポルタII架台 の「眼視望遠鏡」を購入予定です。フィールド以外に、少し欲張って、バローレンズ2~3倍を利用して土星位まで観察できたらよいなと考えています。

2 望遠鏡経験は子供用入門機で、ひとシーズン、月と・木星と・日中野外の景色をぞいたレベルです。今回、もう少し広く見える口径の大きいものに挑戦したいと思います。知識は体験者の方々のネット記事から得ただけのペーパードライバーのような状況です。

3 フィールドが好きなもので、観光地の展望台の望遠鏡代わりに、小山や展望場所などで、利用の予定ですが。バローについて知り、欲がでてダメもとでもチャレンジしてみる価値はあるのかなと思いました。できたら土星位を見てみたいと思っています。

4バローレンズの評は、ベテランの方々からすると「無理がある」の印象が強く感じられました。その上での質問です。
利用の仕方と商品について助言頂きたいと思います。設定は天頂プリズムとアイピースの間にバローレンズを取り付けるとあったと思いますが、「他に必要な部品」や「便利な装置や工夫」がありうるのか、比較当たり外れの少ない≪お勧めのバローレンズ≫があるとしましたら「どんな商品名」があるのか、などが疑問点です。似たような事を考えられた方、実際にやってみられた方、体験上想像がつく方、などがいられましたらぜひ御助言頂ければありがたいです。
                                      宜しくお願い致します。

1 屈折式、F5 (焦点距離600mm 対物レンズ径120) アイピースPL10mm/PL25mm 赤道儀なし ポルタII架台 の「眼視望遠鏡」を購入予定です。フィールド以外に、少し欲張って、バローレンズ2~3倍を利用して土星位まで観察できたらよいなと考えています。

2 望遠鏡経験は子供用入門機で、ひとシーズン、月と・木星と・日中野外の景色をぞいたレベルです。今回、もう少し広く見える口径の大きいものに挑戦したいと思います。知識は体験者の方々のネット記事から得ただけのペーパードライバーのような状況です...続きを読む

Aベストアンサー

長文になりますので2回に別けて回答します。
(ご迷惑かも知れないですが)

■ 1/2

アイベルの「SE120・ポルタIIセット」ですね。
SE120は、星雲・星団を主なターゲットとする鏡筒です。
どうして星雲・星団向きかと言うと、低倍率が出しやすい→瞳径を稼げる(瞳径=口径÷倍率)→明るさ性能を稼げる(明るさ=瞳径の2乗)and 広視界が得られるからです。

対物レンズから入った光は、「口径÷倍率 = 」の光束径(瞳径)で射出されます。
そして人の瞳孔は昼間の明るい場所で最小2mm程度まで絞られ、真っ暗闇に十分に目を慣らすと最大で7mm程度まで開きます。
仮に口径120mmを60倍にした場合、射出瞳径は(120mm÷60倍=)2mmになります。
そして鏡筒の性能の全てが瞳径2mmの面積に集束されることになります(明るさ値=瞳径の2乗)。

ただし、天体観測時の瞳孔径が仮に6mm(7mmまで開くことは殆んどないので)開いてたとするなら、射出光束径2mmでは眼球の性能に全然足りてないことになり、肉眼よりもだいぶ暗く感じてしまいます。
でも射出瞳径を6mmで射出できたなら、眼球の許容いっぱいに口径120mmの性能をフルに届けることが可能になります。

では、瞳径6mmで射出させる倍率は = 口径120mm÷6mm = 20倍です。
鏡筒f=600なら、f=30mmのアイピースを使えば瞳径6mmが実現可能なのです。(600÷30=20倍)

そして例えばビクセンの見掛視界65度の広視界型アイピース『NLVW30mm(2inc)』(実売2万円ほど)
http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/catalog/detail.jsp?JAN_CODE=4955295393015
を使った場合には、口径120mの集光力で得られた明るさ(鮮明さ)はフルに眼球内に届けられ、そして実視界は(65度÷20倍=)3.25度が得られます。
並みの見掛け視界(標準)50度で50倍時の実視界は1度にしかなりません。

では「実視界3.25度」に収まりの良い星雲・星団は、

※凡例=天体名[星座]:視等級/視直径 分→度
春:
★M44(プレセペ星団)[かに座]:3.7等/90′→1.5°
☆M67(拡散)[かに座]:6.9等/30′→0.5°
 おおぐま座ペア銀河↓M81&M82
☆M81(渦巻銀河)[おおぐま座] 6.9等/21-10′→0.35°
 M82(銀河)[おおぐま座] 8.4等/9-4′→ 0.15°

夏:
★M6(拡散)[さそり座]:4.2等/25′& M7(拡散)[さそり座]3.3/80′
★M8(干潟星雲)[いて座]:6.0等/60-30′→1°

秋:
★NGC869&NGC884(二重星団)[ペルセウス座]4.3等/30′,4.4等/30′※約2°
★ペルセウスα星付近(星団):1.2等/185′→3°
★M31(アンドロメダ銀河):4.3等/190-60′→3.1°
★M33(銀河)[さんかく座]:5.7等/73-45′→1.2°
☆NGC7789(星団)[カシオペア]:6.7等/35′→0.6°
☆NGC253彫刻室座の銀河:7.1等/25.1-7.4′→0.41°

冬:
★M45(プレアデス拡散星団)[おうし座]:1.2等/110′※1.8°
★M42(オリオン大星雲):2.9等/66-60′→1°
☆M35(拡散)[ふたご座]:5.1等/28′→0.47°
☆M41(拡散)[おおいぬ座]:4.5等/38′→0.6°

てなかんじ。

仮に実売9万円ほどする「ED81S鏡筒(f=625mm)」を使ったとするなら、瞳径6mmを得るには13.5倍が必要です。
13.5倍を出すにはf=46mmのアイピースが必要です。
ではf=50mm→ビクセンNLV50mm(見掛視界45度/実売1.8万円ほど)を使ったとしましょう。倍率は12.5倍、瞳径は6.48mmになり0.48mm分は瞳孔を通過できないため、6mm×12.5倍=75mm分のレンズ範囲しか有効とならず、口径75mm分の集光力しか有効とはなりません。

どうです、、
鏡筒の集光力をフルに使うのは大変でしょ?

ただし、アクロ(眼視用)は短焦点ほど収差が出易いため、収差の少ない大口径and 短焦点を作るには、当たり前に真面目に作ったら大変コストが掛かり高価な鏡筒となってしまいます。そして安価なSE120・・・、当然ながら収差は多いです、当りハズレもあります(要覚悟です)。
でも許せます、なにせ実売3万円ほどしかしないのですから。

長文になりますので2回に別けて回答します。
(ご迷惑かも知れないですが)

■ 1/2

アイベルの「SE120・ポルタIIセット」ですね。
SE120は、星雲・星団を主なターゲットとする鏡筒です。
どうして星雲・星団向きかと言うと、低倍率が出しやすい→瞳径を稼げる(瞳径=口径÷倍率)→明るさ性能を稼げる(明るさ=瞳径の2乗)and 広視界が得られるからです。

対物レンズから入った光は、「口径÷倍率 = 」の光束径(瞳径)で射出されます。
そして人の瞳孔は昼間の明るい場所で最小2mm程度まで絞られ、真っ暗闇に十分に目を慣ら...続きを読む

Q長焦点鏡筒と短焦点鏡筒の違い

よく望遠鏡のカタログを見ると、大口径の短焦点屈折式鏡筒(F値が小さいもの)は淡い星雲・星団を見るのに最適と書かれています。また低倍率広視野角で最適とも書かれています。大口径だと集光力が増して、淡い星雲・星団を見るのに最適なのは理解できるんですが、なぜ短焦点だと適するんですか?なんか長焦点の鏡筒でもそれなりに口径が大きければ、集光力は増して短焦点と同じくらいだと思えて仕方ないんです。

例えば、長焦点の鏡筒と短焦点の鏡筒と較べた場合、仮に同じ口径で、同じ焦点距離の接眼レンズを使用した場合、長焦点のが高倍率になる・・・これは計算上わかるんですが、接眼レンズを変えることにより、長焦点鏡筒と短焦点鏡筒を同じ倍率にした場合、高倍率ではどちらが適しているとか、低倍率ではどちらが適しているとかあるんですか?

(例)
長焦点鏡筒(口径100mm)・・・焦点距離900mm+接眼レンズ6mm使用
短焦点鏡筒(口径100mm)・・・焦点距離500mm+接眼レンズ3.5mm使用

例の様に接眼レンズを使用すると共に倍率は140倍~150倍となると思うんですが、この様に共に高倍率にした場合、鏡筒の焦点距離及びF値の違いによる見え方の特性の違いを教えて頂きたく思います。
また、対照的に接眼レンズの焦点距離を長くして、低倍率で見ようとした時に異なる接眼レンズの焦点距離を使用して同じ倍率にした場合の見え方の特性も教えて頂きたいです。

世の中には大口径(140mmや150mmの口径)の屈折式鏡筒が売られていますが、いずれも焦点距離は短く、F値は6以下です。この様な鏡筒は低倍率での星雲・星団に適しているとありますが、高倍率での惑星観察は不向きなのでしょうか?例えば、口径100mm程度でも長焦点の鏡筒の方が高倍率での月面,惑星観察は適しているのでしょうか?
そこの辺りがよくわかりません>-<

F値9,F値7.7,F値5とか、いろいろな値がありますが、高倍率での月面,惑星観察も低倍率での銀河系観察でも、OKなんていう、調子のいい鏡筒なんてないものなのでしょうか?

素人なもので、文面に意味不明、大きな勘違いがあったら申し訳ありません。
誰かご回答よろしくお願いします。

よく望遠鏡のカタログを見ると、大口径の短焦点屈折式鏡筒(F値が小さいもの)は淡い星雲・星団を見るのに最適と書かれています。また低倍率広視野角で最適とも書かれています。大口径だと集光力が増して、淡い星雲・星団を見るのに最適なのは理解できるんですが、なぜ短焦点だと適するんですか?なんか長焦点の鏡筒でもそれなりに口径が大きければ、集光力は増して短焦点と同じくらいだと思えて仕方ないんです。

例えば、長焦点の鏡筒と短焦点の鏡筒と較べた場合、仮に同じ口径で、同じ焦点距離の接眼レンズを...続きを読む

Aベストアンサー

>よく望遠鏡のカタログを見ると、大口径の短焦点屈折式鏡筒(F値が小さいもの)は淡い星雲・星団を見るのに最適と書かれています。また低倍率広視野角で最適とも書かれています。

 大口径の利点はおっしゃるとおりなのですが、
低倍率広視野が淡い星雲・星団を見るのに最適である理由をお話します。
 星雲・星団や惑星など倍率を上げると大きく見えるようになる天体の明るさは、対物レンズの口径だけでなく倍率も関係し、倍率を上げると暗くなります(恒星は倍率を上げても大きく見えてきません)。
 なぜなら、対物レンズで集めた限られた量の光を使うので、倍率を上げて像を大きくすると像の単位面積あたりの光量が減るので暗くなります。
 ですから星雲のような淡い天体を見るには低倍率のほうがよいのです。
 それと、低倍率ですと実視野も広くなるので、もともと見かけの大きさが大きい星雲星団向きなのです。
 その低倍率を得るには短焦点の対物レンズのほうが有利なのです。
 長焦点で低倍率を得るには接眼レンズも長焦点にすればいいのですが、長焦点の接眼レンズは作りにくく大きくて高価なものになりやすいのです。
 余談ですが、一般には高い倍率が出せる望遠鏡のほうが高性能だと思われがちですが実際には逆で、より低い倍率が出せるもののほうが高級品でしょう。
 もうすこし細かい話をしますと、天体望遠鏡や双眼鏡で最も明るく見たければ、その望遠鏡の射出瞳の直径が7ミリになるような倍率にします(7ミリというのは暗闇で人の瞳が最も開いたときの大きさで、そのときの倍率がその望遠鏡の最低倍率です)。
 一方、望遠鏡の倍率は対物レンズの口径を射出瞳の直径で割っても求められます。
 質問者さんが例に挙げている口径100ミリですと、最も明るく見るための倍率は100/7で約14倍です。
 この倍率を出すには、短焦点の500ミリですと約36ミリ、長焦点の900ミリですと約64ミリの接眼レンズが必要になります。 
 36ミリでもかなりの長焦点接眼レンズですが、64ミリともなると作られているかどうかわからないくらいの長さです。
 
 なお、月や惑星のような明るい天体の場合は、倍率を上げても暗くなって見にくいということはほとんど無いので、細部観察のための高倍率を得やすい長焦点の対物レンズのほうが有利でしょう。

 射出瞳についての説明はサイトの検索で調べてみてください。
 望遠鏡を明るいほうへ向け、接眼レンズからずっと目を離してレンズの真ん中を見たときに見える丸く光ったものが射出瞳です。


 
  
  
 
 
 
 
 

>よく望遠鏡のカタログを見ると、大口径の短焦点屈折式鏡筒(F値が小さいもの)は淡い星雲・星団を見るのに最適と書かれています。また低倍率広視野角で最適とも書かれています。

 大口径の利点はおっしゃるとおりなのですが、
低倍率広視野が淡い星雲・星団を見るのに最適である理由をお話します。
 星雲・星団や惑星など倍率を上げると大きく見えるようになる天体の明るさは、対物レンズの口径だけでなく倍率も関係し、倍率を上げると暗くなります(恒星は倍率を上げても大きく見えてきません)。
 な...続きを読む


人気Q&Aランキング