今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

収入が事業所得のため、毎年確定申告をしていて、去年の夏から育休中です。
育休中でも担当のお客さんに電話や書類・贈答品を送ったりの対応をしていたのですが、これは確定申告での経費対象になりますか?

*無知でお恥ずかしい限りですが、ご存知の方いらっしゃいましたら、ご回答お願いします。

A 回答 (2件)

育休中ということですが、個人事業の所得税の話で育休中ということは、関係ありません。


一般に育休というのは、会社などに雇われている人が育児を理由にしての休業です。
あなた自身が育休のつもりであっても、申告の話で育休というと混乱する原因となりますよ。

あなたは昨年の夏から事業を休業させているのですよね。
事業をしていないのであれば、収入も経費もありません。
しかし、休業ではなく、一時的に新規の仕事を受けていない状態ということであり、あなたの言われる育休の終了後に事業に復帰するために、必要最低限の事業活動として既存取引先等との関係維持のために経費が掛かっているということであれば、経費計上は問題ないのではありませんかね。

休業と簡単に言わず、育児が忙しいためにできる仕事を選んだ結果、収入につながる仕事がない、と考えれば、事業をしていることにもなるのではありませんかね。
このように考えれば、次の収入につながる可能性のある支出、すなわち経費と考えてもいいように思いますね。

私は、本業が会社の役員です。副業で個人事業をしているわけですが、本業の忙しい時期は副業の売り上げは基本ありません。それでも、収入がない付きであっても必要な経費というものは発生するものです。何らおかしいことではないでしょう。税務申告などをしていても、問題視されたことはありません。小規模な個人事業の税務調査なんてめったにあるものではありませんが、私の場合法人で調査を受けることもあり、法人から個人事業への支払いなどもあることからも多少個人の税務調査もされることとなります。しかし、税務署の職員から問題視されることはありませんね。
    • good
    • 1

>育休中でも担当のお客さんに電話や書類・贈答品を送ったり…



それはいずれ売上に結びつくものですか。

>これは確定申告での経費対象になりますか…

将来の売上増に深く関わっているなら、
「(2) その年に生じた販売費、一般管理費その他業務上の費用の額」
であり、経費でかまいません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくご回答してくださり、ありがとうございます!とても助かりました!

お礼日時:2015/01/29 22:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q育休中の副業について

こんにちは。

私はこれから産休育休を1年取るWEBデザイナーです。

育休を取っている間、WEBサイトを作成してほしいと知り合いに頼まれました。
お金を支払っていただけるの事なのですが、
無知すぎて恥ずかしいのですが、会社などに臨時収入が入る旨を報告しないといけないのでしょうか。
会社を休んでいる間給料は出ず、育児休業給付金はもらえます。

会社等に報告しなくて良い場合、20万円以下の報酬だった場合は確定申告などしなくて良いのでしょうか。
確定申告以外で手続き等する必要があるのでしょうか。

分かりづらい説明で申し訳ないですが、詳しい方ご教示ください。

まとめ

1.臨時収入がある場合会社に報告するべきか。
2育児休業給付金をもらいながら副業報酬が20万円以下の場合確定申告しなくて良いのか
3.給付金以外で報酬を得た場合上記手続き以外で何かする事はあるのか。

以上、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>1.臨時収入がある場合会社に報告するべきか。

「会社以外の仕事をする」場合は、「会社が定めた就業規則」を確認して判断します。

【仮に】、「副業・兼業は自由、許可も必要ない」ということであれば「何の報告もいらない」ということになります。

『兼業(二重就業)にまつわる諸問題|西多社会保険労務士事務所』
http://www.biwa.ne.jp/~nishida1/196kenngyou.htm

>2育児休業給付金をもらいながら副業報酬が20万円以下の場合確定申告しなくて良いのか

まず、「育児休業給付金」は、【税法上の所得】としては「無かったものとみなしてよい」ことになっています。

『非課税所得とは|WEBNOTE』
http://shotokuzei.k-solution.info/2006/03/post_84.html

---
ということで、「税法上の手続き」では、「会社から支給される給与」と「副業による報酬」のみを考えればよいことになります。

そして、「給与所得者(給与所得のある人)」には【税法上の特別ルール】があるため、pikohitomiさんのように「会社以外の仕事による報酬が20万円以下」の場合は、「所得税の精算(確定申告)」はする必要がありません。

『確定申告|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。

---
なお、より正確には、

・「会社以外の仕事による報酬」が「税法上の給与」に該当する場合:収入の額が20万円以下
・「会社以外の仕事による報酬」が「税法上の外注費」に該当する場合:【所得】の額が20万円以下

というルールになっていますが、よく分からない場合は「最寄りの税務署」あるいは「税理士」へご相談下さい。

『Q1 所得税の確定申告をする必要がある人は、どのような人ですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q01
>>(1) 給与所得がある方
>>ロ 給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える
>>ハ 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える

『国税局・税務署を調べる|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html

---
(備考)

「給与の支払者(≒会社)」は、従業員から『給与所得者の扶養控除等申告書』の提出を受けている場合は、【休職中でも】「年末調整」を行わなければなりません。

『出産育児や病気(怪我)で休職中の従業員は、扶養控除等申告書を提出していれば、年末調整の対象者になりますか?|木元税務会計事務所』
http://www.kimotokaikei.com/kimoto/qa_nenchou/qa_nenchou005.html
『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
『年末調整の対象となる人|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2665.htm

※なお、「会社の(勝手な)都合」で「年末調整」が行われないこともありますが、会社が交付する『給与所得の源泉徴収票』を元に精算(確定申告)すれば損得はありません。

『中途退職で年末調整を受けていないとき|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1910.htm

>3.給付金以外で報酬を得た場合上記手続き以外で何かする事はあるのか。

はい、【仮に】「(特別ルールにより)確定申告しなかった」場合は、原則として「個人住民税の申告」が必要になります。

なお、「個人住民税」は「地方税」のため、条例による(微妙な)違いがありますので、詳しくは「1月1日に居住している市町村」の「課税担当の窓口」へご確認下さい。

『市・府民税(個人住民税)の申告について|泉佐野市』
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/somu/zeimu/menu/sizei/sizei_kojin/1329096024124.html
『個人住民税(市民税・都民税)とは > よくある質問|多摩市』
http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/14705/000484.html
>>(質問) 私は、会社員ですが勤め先の給与以外に15万円の収入があります。所得税は申告義務がないと聞いたのですが、住民税はどうすればいいですか。

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

*****
(備考)

「育児休業給付金」は、「育児によって働く時間が制限される(収入が減少する)雇用保険の被保険者(加入者)」のための収入保障制度です。

ですから、「休業前と同程度の労働をする」のであれば、「制度の趣旨に反する」ことになりますが、「受給中のアルバイト禁止」というわけではありません。

なお、(Web上の情報は不正確なものも多いので)詳しくは「ハローワーク」に直接ご確認下さい。

『雇用継続給付|ハローワークインターネットサービス』
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html

※以上、分かりにくい点があればお知らせ下さい。

*****
(参照したサイト・参考サイトなど)

『副業が会社にバレる(ばれる)その理由とは?(その2)』
http://zeirishi-blog.info/2011/05/2.html
『確定申告と年末調整はどう違うの?|All About』(更新日:2014年01月21日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/376430/
『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※収入が【給与所得のみ】の場合の「目安」です
---
(報酬などを支払う人向けの記事)『給与か外注か? その判断基準は』(2011/11/22)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-8876.html
『事業所得と雑所得の違い|丹羽総合会計事務所』
http://niwa-tax.com/596.html
『所得の種類と所得金額の計算方法|松戸市』
http://www.city.matsudo.chiba.jp/kurashi/zeikin_top/kojiin/shikenminzei/syotokunokeisan.html
---
『労働保険とはこのような制度です|厚生労働省』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtoroudouhoken/index.html

*****
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/works.htm
>>個人課税部門は、所得税や個人事業者の消費税等についての個別的な相談や調査を行っています。…
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
---
『各種相談窓口|全国社会保険労務士会連合会』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>1.臨時収入がある場合会社に報告するべきか。

「会社以外の仕事をする」場合は、「会社が定めた就業規則」を確認して判断します。

【仮に】、「副業・兼業は自由、許可も必要ない」ということであれば「何の報告もいらない」ということになります。

『兼業(二重就業)にまつわる諸問題|西多社会保険労務士事務所』
http://www.biwa.ne.jp/~nishida1/196kenngyou.htm

>2育児休業給付金をもらいながら副業報酬が20万円以下の場合確定申告しなくて良いのか

まず、「...続きを読む

Q育児休業中の年末調整、確定申告

育児休業中の年末調整と、その他税金関係について教えて下さい。
今年の6月から出前休業をとっていて、出産後産後休暇と継続して10月から育児休業をとっています。
フルタイムの契約職員で、
雇用保険、社会保険(厚生年金保険、健康保険)完備です(働いていた期間は給料から天引き)。
産前産後休暇の間と、育児休暇の間給与の支払いはなく、社会保険は免除になります。(産前産後休業中の社会保険料免除は平成26年4月からの制度)
当然雇用保険も発生しません。
住民税は自宅に徴収票が来て支払っています。(これは免除にならないが翌年の支払いが少なくて済む)

今年の1月~6月までの給与総額が、103万にぎりぎり達していません。
職場では、育児休業者の年末調整はやらず、1月末~2月頃源泉徴収票を送ってくれるそうです。
(余談ですが出産育児一時金、出産手当金、育児休業給付金については制度等わかっていますし手続き済み。)

以上をふまえると、夫の年末調整の配偶者控除欄に名前を書けると思います。
ここまでは理解しているのですが、ここからがよくわかりません。

(1)配偶者控除を受けると、夫の扶養家族になってしまうのでしょうか?
   それとも税金(配偶者控除)と社会保険(扶養家族)はまた別で、私は自分の勤務先の社会保険加入のままでいられますか?
(2)配偶者控除欄に私(年収103万以下の妻)の名前を書けば、私は収入に対する確定申告を行わなくても良いのでしょうか?
   ちなみに医療費控除の確定申告はする予定です。
(3)私は生命保険に加入していますが、(2)で確定申告を行わなくて良い場合、保険料控除はどうすれば良いのでしょう?
  ((2)で確定申告を行わなければ行けない場合、保険料控除を受ける予定です。)

以上、混乱しているので恐らくお詳しい方からするとごちゃごちゃに書いている内容等あると思います。
ご教示頂けましたら幸いです。宜しくお願い致します。

育児休業中の年末調整と、その他税金関係について教えて下さい。
今年の6月から出前休業をとっていて、出産後産後休暇と継続して10月から育児休業をとっています。
フルタイムの契約職員で、
雇用保険、社会保険(厚生年金保険、健康保険)完備です(働いていた期間は給料から天引き)。
産前産後休暇の間と、育児休暇の間給与の支払いはなく、社会保険は免除になります。(産前産後休業中の社会保険料免除は平成26年4月からの制度)
当然雇用保険も発生しません。
住民税は自宅に徴収票が来て支払っていま...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>(1)配偶者控除を受けると、夫の扶養家族になってしまうのでしょうか?それとも税金(配偶者控除)と社会保険(扶養家族)はまた別で、私は自分の勤務先の社会保険加入のままでいられますか?

結論から申し上げますと、「税金(配偶者控除)と社会保険(扶養家族)はまた別で、自分の勤務先の社会保険加入のままでいられる」ということになります。

*****
(詳しい解説)

◯「配偶者控除」について

「配偶者控除」は、【税法上の】「所得控除」の一つです。

そして、自分の配偶者(この場合は旦那さん)が「配偶者控除」を受けるためには、自分自身(aieriさん)は、以下のリンク先にある【4つの要件】を満たす必要があります。

『配偶者控除|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
>>控除対象配偶者とは、その年の12月31日の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。……

裏を返せば「4つの要件さえ満たせばよい」ので、「加入している公的医療保険や公的年金保険の種類」は【無関係】ということになります。

(参考)

『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!|All About』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/


◯「健康保険の被扶養者(ひ・ふようしゃ)」、および「国民年金の第3号被保険者」の資格について

どちらの資格についても、被保険者(この場合は旦那さん)が【自主的な届け出】を行い、【(届けを受理した)保険者(保険の運営者)が行なう審査】を通らないと取得できません。

つまり、(旦那さんが)税務申告の際に「税法上の控除対象配偶者」を申告したとしても、(対象となった配偶者が)「健康保険の被扶養者」および「国民年金の第3号被保険者」の資格を(自動的に)取得することはありません。

※ちなみに、「健康保険の被保険者、国民年金の第2号被保険者である配偶者」は、(たとえ審査を受けたとしても)審査を通りません。

(参考)

『公的医療保険の適用対象者―被扶養者―健康保険の場合|WEBNOTE』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/_1_69.html
---
『第1号被保険者|日本年金機構』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『~年金が「2階建て」といわれる理由|厚生年金・国民年金web』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html


>(2)配偶者控除欄に私(年収103万以下の妻)の名前を書けば、私は収入に対する確定申告を行わなくても良いのでしょうか?ちなみに医療費控除の確定申告はする予定です。

これは、誤解があります。

「所得税」「個人住民税」ともに、「国民(住民)一人ひとりの所得」に対してかかる税金です。

ですから、たとえ「夫婦」でも、「税務申告」は「一人ひとり、別々に」行う必要があります。

なお、(勤務先が1ヶ所で、他に所得のない)aieriさんは、「年末調整」の対象になりますので、「所得税の確定申告を行う義務」は【ありません】。
つまり、「所得税の確定申告を行なうかどうかは任意」です。

(参考)

『年末調整の対象となる人|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2665.htm
『休職中の年末調整 パターン(2)|木元税務会計事務所』
http://www.kimotokaikei.com/kimoto/qa_nenchou/qa_nenchou005.html
---
『Q1 所得税の確定申告をする必要がある人は、どのような人ですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q01
『確定申告を要しない場合の意義|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm


>(3)私は生命保険に加入していますが、(2)で確定申告を行わなくて良い場合、保険料控除はどうすれば良いのでしょう?

「生命保険料控除」は、必ずしも「契約者」だけが対象になるわけではありません。
もし、「旦那さんが保険料を支払っている」場合は、「旦那さんの控除対象」となる場合【も】あります。

詳しくは、「所轄の(もしくは最寄りの)税務署」へご確認ください。

(参考)

『妻名義の生命保険料控除証明書に基づく生命保険料控除|国税庁』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/gensen/03/35.htm


>((2)で確定申告を行わなければ行けない場合、保険料控除を受ける予定です。)

残念ながら、「生命保険料控除」を申告しても「還付される所得税の額」は変わりません。

ただし、「個人住民税(の所得割)」については、「税額が少なくなる」【可能性】もあります。

*****
(詳しい解説)

◯「所得税」について

「給与収入が103万円以下」の場合は、「給与所得の金額」は「38万円以下」となります。

よって、「基礎控除の38万円」のみで、「課税される所得金額」が「0円」になります。(収入が給与のみの場合)

・給与収入103万円-給与所得 控除(最低額の65万円)=給与所得の金額(38万円)
  ↓
・総所得金額(38万円)-基礎控除(38万円)=課税される所得金額(0円)

---
◯「個人住民税」について

「個人住民税の所得割」は、(原則として)「総所得金額等」が「35万円」を超えるとかかります。

そして、「個人住民税の基礎控除」は「33万円」のため、「基礎控除(33万円)のみ」では「課税される所得金額」が「0円」にならないことがあります。

(参考)

『個人住民税の非課税限度額とは|花巻市』
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/shimin/109/112/p003348.html
※「均等割の非課税限度額」は、最低額が31万5千円、35万円の市町村があります。
※「その市町村独自の減免制度」がある場合もあります。



*****
(その他、参照したWebページ・参考リンクなど)

『所得税・住民税簡易計算機|Mikoto Works LLC』
http://www.zeikin5.com/calc/
※【給与所得以外に所得がない場合】の「目安」です。
---
『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに|井岡雄二税理士事務所』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html

***
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/works.htm
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html

***
『市・府民税(個人住民税)の申告について|泉佐野市』
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/somu/zeimu/menu/sizei/sizei_kojin/1329096024124.html
※「各市町村ごとの条例によるルールの違い」もありますのでご留意ください。
---
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

***
『各種相談窓口|全国社会保険労務士会連合会』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>(1)配偶者控除を受けると、夫の扶養家族になってしまうのでしょうか?それとも税金(配偶者控除)と社会保険(扶養家族)はまた別で、私は自分の勤務先の社会保険加入のままでいられますか?

結論から申し上げますと、「税金(配偶者控除)と社会保険(扶養家族)はまた別で、自分の勤務先の社会保険加入のままでいられる」ということになります。

*****
(詳しい解説)

◯「配偶者控除」について

「配偶者控除」は、【税法上の】「所得控除」の一つです。

そして...続きを読む

Q育児休暇中の確定申告について

2014年は保育園に入れなかった事もあり、
まるまる育児休暇でした。
ただ旦那さんも職を失って、扶養に入って無い状態で、
年金や健康保険は自分で払っています。
収入としては、育児手当のみだったのですが、

確定申告は義務なのでしょうか?

あと自由(やってもやらなくても良い)な場合だと

やった方が特をするのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>収入としては、育児手当のみ…

税法上の所得には当たりません。

>確定申告は義務なのでしょうか…

納める所得税も返してもらう所得税もないので、確定申告の必要はありません。

>あと自由(やってもやらなくても良い)な場合だとやった方が特をする…

それにも該当しません。

---------------------------------

別途、市役所へ「市県民税の申告」は必要です。
所得ゼロであることを報告し、翌年の国保税の算定資料にしてもらうなどのためです。

(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/kurasi/tax/kojin/kojin.html#01_shinkoku

Q産休中、育児休暇中の必要経費?について

こんにちわ。
産休、育休中の保険料控除などの質問です。

産休中は保険の免除はなく、一ヶ月勤務した場合と同じ保険料がお給料から差し引かれるんですよね?

育児休暇中は、健康保険、年金が免除と伺いましたが、その他の住民税他などは引かれるのですか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

多くの会社の場合、一旦会社が立て替えて支払い(育児休職期間は給与が支払われないので給与明細上はマイナスの支給)、その後その立替金を会社へ支払う形になっています。或いは会社の口座へ振り込みを行うかです。
結果的にはご本人で住民税等を支払う事になります。
免除はありません。

住民税は或る年の1月~12月の収入に対し税額が決定し、それを翌年6月~翌々年の5月の間で支払う事になっています。

Q事業休業時における確定申告書の書き方

この度都合により、暫くの間個人事業を休業する事になりました。

事業休業時は当然売上はゼロですが、経費については休業中でも、固定資産税、火災保険料、建物の減価償却費、等は必要になってきます。

そこで質問ですが、確定申告の際丸々1年間休業した場合であっても、上記経費等は計上しても良いのでしょうか?

私の場合、雑所得(年金収入)があるので営業所得がマイナス所得になると、住民税、国民健康保険料の算出に有利になります。

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

身内が重い病を患ったため、先月から止む無く休業ですか。
たしかに廃業したわけではないですね。

焼肉店であれ、ラーメン屋であれ「休日」はあるのですから、それと同じでしょう。
休日分の減価償却費は控除せよとはなっておりません。
固定資産税、火災保険料、建物の減価償却費など経費計上可能です。


しかしながら、丸一年間休業状態ですと、事業所得がないわけですから、NO1様の回答のとおり「経費計上をする所得が無い」という結論になると思います。

Q外交員の確定申告について教えてください

我が家の収入は現在事情により主人の外交員報酬のみで年収が160万です。
源泉徴収税額が76192円です。妻と15歳未満の子供が二人います。
確定申告は必要ですか?した方がいいですか?
教えてください。申告する場合 手元にあるのは25年文報酬、料金、契約及び賞金の支払い調書のみですがこれで大丈夫でしょうか?
教えてください
急いでいます。すみません。お願い致します。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>確定申告は必要ですか?した方がいいですか?

【今回は】「確定申告しなくても問題ない」が「したほうがよい」ということになります。

*****
(詳しい理由)

「外交員」ですと、会社員などの「給与所得者(給与所得のある人)」と同じと思ってしまいがちですが、『報酬、料金、契約及び賞金の支払い調書』を渡されたということは、「税金の制度」では、ご主人は「自営業者(個人事業主)」と同じ扱いになります。

---
ちなみに、「確定申告」は、「所得税の過不足の精算手続き」に過ぎませんので、「過不足があるかどうか?」で「申告が必要かどうか?」を判断します。

『確定申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。

なお、「不足がある」場合はペナルティがありますが、「納め過ぎ」の場合はペナルティはありません。(「国の税収が増える」のですから当然といえば当然です。)

また、「給与所得者」には、以下のリンクにあるような【特別ルール】が適用されますが、ご主人は、「(4)」が該当します。

『Q1 所得税の確定申告をする必要がある人は、どのような人ですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q01

>…支払い調書のみですがこれで大丈夫でしょうか?

いえ、『…支払い調書』は、本来は(支払者が)税務署にだけ提出すればよいものなので、ご主人の手元にあるのは、あくまでも「参考資料」です。

『源泉徴収票と支払調書に関する「義務」の話』(2010/01/05)
http://ameblo.jp/zeirishi-tosu/entry-10427156189.html

---
具体的には、「収支内訳書」というものを【納税者自身が】作成して「確定申告書」に添付します。

「収支内訳書」は、簡単に言えば、「儲けの明細」のことで、「収入が○○円、必要経費が○○円なので儲け(所得)は○○円」という内容を記載します。

『Q22 確定申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/06.htm#q22
>>(1) 事業所得…がある場合…青色申告者は青色申告決算書、白色申告者は収支内訳書

『[PDF]収支内訳書(一般用)』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/07.pdf

※「青色申告者」は、「青色申告の特典を受けたい人」のことで、事前に申請が必要です。

---
「自己申告でいいのか?」と思われるかもしれませんが、「所得税」は、【納税者の自己申告で税額が決まる】ことになっています。

『申告と納税』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm
>>国の税金は、納税者が自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付することになっています。これを「申告納税制度」といいます。

もちろん、税務署が「怪しい」と思えば「税務調査」が行われますので、「資料(つまり証拠)」は、時効にかかるまで自主的に保存しておくべきものです。

『白色申告の話』(2010/06/25)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-527.html
『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html

---
なお、「外交員(の報酬)は一時的」ということであれば、「収支内訳書」不要の「雑所得」で申告しても問題ありません。

税務署としても「これっきり」「税額も変わらない」のであれば「所得の区分」にこだわる理由がありません。

『事業所得と雑所得の違い』
http://tax.niwakaikei.jp/archives/596.html
『雑所得の金額のデメリット・短所・弱点・不利な点』
http://shotokuzei.k-solution.info/2007/05/_1_437.html

『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?』
http://kojinjigyou.columio.net/

---
「外交員報酬」の「必要経費の特例」について

「必要経費が65万円未満しかかかっていない」場合は、無条件で「65万円」を必要経費にしてよい「特例」があります。

ただし、「実際の経費+65万円」では【ありません】のでご注意下さい。

『家内労働者等の必要経費の特例』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1810.htm
『必要経費―家内労働者等の場合―所得税法上の取扱い』
http://shotokuzei.k-solution.info/2007/06/_1_151.html

※よく分からない場合は「最寄りの税務署」でご相談下さい。

---
「所得控除」については特に説明はいらないと思いますが、「証明書」が必要なものもありますので、別途ご確認下さい。

『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/
『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

---
最後に、ご主人の場合は「還付になるのが明らかな確定申告」で、「青色申告の特典も無関係」ですから、「3/17」を過ぎて「期限後申告」になってもペナルティはありません。

ですから、「税務署で申告書作成の相談をしたい」のであれば、「税務署の混雑が解消する4月くらい」に出向いても問題はありません。(市町村が住民税を算定するのも5月くらいです。)

『確定申告を忘れたとき』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

『青色申告と申告義務』(2009.01.24)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d146.html

※分かりにくい点があればお知らせ下さい。

*****
(出典・その他参考URL)

『所得金額の計算|新潟市』
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/zei/siraberu/kojin/shotokukingaku.html
『個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm
---
『必要経費になる?ならない?「必要経費」の考え方|All About』(更新日:2012年10月16日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14618/
---
『税金から差し引かれる金額(税額控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
『日本税理士会連合会>リンク集』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
---
『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください。
※同じ方の記事が多いのは「参考になるから」で他意はありません

長いですがよろしければご覧ください。

>確定申告は必要ですか?した方がいいですか?

【今回は】「確定申告しなくても問題ない」が「したほうがよい」ということになります。

*****
(詳しい理由)

「外交員」ですと、会社員などの「給与所得者(給与所得のある人)」と同じと思ってしまいがちですが、『報酬、料金、契約及び賞金の支払い調書』を渡されたということは、「税金の制度」では、ご主人は「自営業者(個人事業主)」と同じ扱いになります。

---
ちなみに、「確定申告」は、「所得税の過不足の...続きを読む

Q休業中の場合の青色申告について

4年前より自宅事務所で開業(SOHO)をし、青色申告を行って来ましたが、昨年初めに病気にかかり、それ以降仕事はしていません。

現在も療養中で、恐らく、今年いっぱいも本格的に活動することは出来なさそうです。

昨年の分の青色申告の方は、ネットで調べたところ、経費・収入なども全てゼロなので、そのままゼロと書き、欄外に「病気療養中のため休業」などと書けば良いと理解しているのですが、正しいでしょうか?

そして、休業届を出すか迷っています。しかし、本格的に仕事が出来ないものの、簡単な依頼であれば、無理のない範囲で引き受けないとも分かりません。その場合、恐らく報酬は数千円から数万円程度になると思うのですが・・・

その可能性がゼロではない限り、休業届は出さないで、様子を見た方が良いでしょうか?そして、休業届を出さなくても、もし実質的に働くことが出来なかった場合は、次年の申告の際も、休業していた旨を申告書の欄外に書いて出せば良いのでしょうか?

ご教示頂けますと助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>…昨年の分の青色申告…経費・収入なども全てゼロなので、そのままゼロと書き、欄外に「病気療養中のため休業」などと書けば良いと理解しているのですが、正しいでしょうか?

はい、【事実と相違無い】のであれば何も問題がありません。

また、「病気療養中のため休業」などの理由は必須ではなく、「所得金額(あるいは課税所得の金額)0円」ならば、「申告の義務」自体がありません。

『開業届(青色申請)を出した人は、必ず申告する義務?』
http://ameblo.jp/choubokouza/entry-11166280803.html
『青色申告と申告義務』(2009.01.24)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d146.html

ちなみに、「個人的な事情」については、「書いていておいたほうがよいだろう」という程度のものです。

なぜかと言えば、「申告内容が事実かどうか?」は、結局のところ「税務調査」をしてみないと分かりませんので、税務署が「申告書に書いてあることをそのまま信じている」ようでは脱税など見つけられないからです。

ですから、「申告書に何が書いてあるか?」よりも、「過去の申告が適正だったかどうか?」のほうが重視されます。

『第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分|@IT』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html

>…休業届を出すか迷っています。…簡単な依頼であれば、無理のない範囲で引き受けないとも分かりません。

「廃業」されないのであれば、「廃業届」の提出は不要です。
また、「仕事をするかもしれない」ならば、「私は廃業しました」と課税庁に届け出るほうが不自然と言えます。

なお、「青色申告の特典」には、「損失(赤字)の繰越し・繰戻し」など「青色申告特別控除」以外にも特典がありますので、あえて「特典を受ける権利」を放棄する理由もありません。

『青色申告制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm
『青色申告と白色申告』
http://www.mt-tommy.com/finalreturn/blueandwhite/page2.html

>…もし実質的に働くことが出来なかった場合は、次年の申告の際も、休業していた旨を申告書の欄外に書いて出せば良いのでしょうか?

はい、上記のとおり、【事実と相違無い】のであればまったく問題ありません。

*****
(備考)

「所得税の確定申告」については、「納税額0円」ならば「申告の義務」自体がありませんが、「個人住民税の申告(市町村への所得の申告)」については、原則として「所得0円」でも申告が必要になります。

理由としては、「市町村国保の保険料算定(軽減判定)」「課税(非課税)証明書の発行」「国民年金保険料の免除・猶予申請」など、「行政上の基礎データ」として「所得がない」という情報も利用されるからです。

(福井市の案内)『個人の市民税>申告の仕方』
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#01_shinkoku
『【確定申告・還付申告】>Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
>>A 所得税及び復興特別所得税の確定申告書を提出した方は、税務署から地方団体に確定申告書等のデータが送信されますので、改めて住民税や事業税の申告書を提出する必要はありません。

*****
(出典・参考URL)

『確定申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。
---
『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
---
『日本税理士会連合会>相談事業のご紹介』
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/consultation.html
『まだまだたくさんいる「偉い税理士先生」』(2012/06/07)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1359.html
---
『青色申告会に行ってきた!』(2007/01/30)
http://tax.f-blog.org/QandA/Aoiroshinkokukai.html
『起業・独立開業の相談相手は、商工会議所・商工会が一番!!』(個人サイト)
http://www.shoko-navi.com/kaigyou/soudan
※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>…昨年の分の青色申告…経費・収入なども全てゼロなので、そのままゼロと書き、欄外に「病気療養中のため休業」などと書けば良いと理解しているのですが、正しいでしょうか?

はい、【事実と相違無い】のであれば何も問題がありません。

また、「病気療養中のため休業」などの理由は必須ではなく、「所得金額(あるいは課税所得の金額)0円」ならば、「申告の義務」自体がありません。

『開業届(青色申請)を出した人は、必ず申告する義務?』
http://ameblo.jp/choubo...続きを読む

Q育児休暇中のアルバイトがバレないためには。

育児休暇中のアルバイトがバレないためには。

育児休暇中ですが会社からの給与はなく、育児休業手当てとしてこれまでの給与の3割を毎月得て生活しています。

貯金してから出産すべきだったのですが・・・現在生活が苦しく月3万円ほどでもアルバイトをしたいと考えています。

会社は副業禁止です。

本来、住民税特別徴収額の通知書が会社に行くので、副業の所得があればそこでばれてしまうと思うのですが、私は今年度、会社からの給与は0円のため来年は住民税の特別徴収額も0円なはずです。

この場合でも、会社に通知書は行くのでしょうか。つまり、副業からの給与所得があった場合、本業からの給与所得が0円であっても、合算した所得の通知が本業の会社に行くのかどうか、です。

また、副業の源泉徴収票でもって確定申告しその分を普通徴収にすれば、会社には住民税特別徴収額の通知書は行かないのでしょうか。

宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

会社によって違うかもしれませんが、基本的には年末調整の時に数字が合わなくなってばれると思います。


違法就労となるので、詳しくは書けませんが、友人の経営しているお店などを手伝いという形で入り、手渡しで就労に対する謝礼をもらえばよいのではないかと思います。


早い話が、そこの従業員としては働かないことです。

Q育児休業給付金の初回がまだ振り込まれない

育児休業を開始したのが、昨年の12月2日です。

もう4ヶ月以上が経過しましたが、初回の振り込みがまだありません。
手続きは会社の方でやってもらえる事になっていて、必要な書類はすでに会社に提出してあります。

もうそろそろ手続き可能な期限が来るのでは、と思っていますが、やはり会社に問い合わせるのは催促するようで躊躇していまいます。

育休開始から2ヶ月ほどで支給されるケースもある一方で、私のように4ヶ月以上も支給されない場合もあるとなると、
もしかして、私は同じ期間育休を取る人と比べて、1回分支給が少なくなるということでしょうか?

9月には職場復帰をする予定ですが、
今すぐに振り込まれたとしも、4月、6月、8月の3回しか支給されないということになりますよね。

本来であれば、最短で2月中にももらえたかも知れないと考えると、なんだか損をしているような気もします。

育児休業給付金は、大変ありがたい制度ですし、会社の担当の人には手間をかけているので、損だ得だなんていう事自体間違っているとは思いますが、
少し心配です。

育児休業を開始したのが、昨年の12月2日です。

もう4ヶ月以上が経過しましたが、初回の振り込みがまだありません。
手続きは会社の方でやってもらえる事になっていて、必要な書類はすでに会社に提出してあります。

もうそろそろ手続き可能な期限が来るのでは、と思っていますが、やはり会社に問い合わせるのは催促するようで躊躇していまいます。

育休開始から2ヶ月ほどで支給されるケースもある一方で、私のように4ヶ月以上も支給されない場合もあるとなると、
もしかして、私は同じ期間育休を取る人...続きを読む

Aベストアンサー

育児休業給付金の申請は、まぁ通常2ヶ月毎に行うのですが申請期限としては休業開始の4ヶ月後の月末までとなります。
質問者さんの場合ですと4/30までが申請期限となります。
振込の回数としてはまとめてしまうと少なくなりますが、休業開始からの期間に対して支払われますので支給金額自体が減るわけではありません。

会社の手間を減らすために申請期間を長めにとっているのでしょう。
確かに事前に説明しておいてもらえると良かったな、とは思いますが。

ご心配でしたら会社に一度問い合わせてみては如何でしょうか?

Q膣の奥がチクチク、モゾモゾ???

36週の初産婦です!
いよいよ臨月に入ったのですが、最近「膣の奥がチクチクするような、モゾモゾするような」感覚があります。
あとは、胎動で、ググっと下に下りてるような感覚・・・
夜には軽い生理痛のようなものと張りがあります。
いよいよ出産前の兆候と見てよろしいでしょうか?
(検診の結果は異常なし、生まれる兆候があるなども言われてはいないのですが)

もう1点、突然破水してしまうこともあるそうですが、破水には前ぶれはあるのでしょうか?
陣痛だと、だんだん痛みが強くなる・・・と聞いたのですが、外出先で破水してしまったら・・・と考えると不安です。

ご経験者の方、教えてください!!

Aベストアンサー

1ヶ月の子を持つ母です^^
私もちょうどそのころ、膣の奥のほうがムズムズする感触がありました。
子宮が開こうとしている状態らしいですよ。
私は、そのムズムズ感は3~4週間くらい続いたかなぁ・・・

生理痛&貼りも、赤ちゃんが生まれてくる準備をしてるらしいです^^

生まれる前兆ではあるので、いつでも心の準備をしておいてくださいね^^
陣痛は、結構急にきたりするので。
わたしは、おしるしが来て翌日に陣痛がきました。
しかも、徐々にというよりは、1日でかなりの激痛に変化していきました。

破水については、未経験なのでなんともいえません^^;

お産はほんと人それぞれみたいですよ。
こうだから、こう!みたいな、はっきりしたものがないみたいです。
わたしも初産だったので、気持ちはよくわかります^^
不安でたまらないかもしれませんが、頑張ってください!!!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング