24歳になる男です

自分が思うに日本人って無駄な仕事が多すぎる気がします

1番そう思う理由は

大雨 嵐 交通するのも困難な状況なのい 時間内に行かなきゃいけないという
暗黙の了解があると思うのですが

その考え方が 古いというか 無駄だと思います

もちろん 大雨 嵐だから こそ 通勤しなきゃいけない 大事な仕事はわかるのですが

正直1日ぐらい休んだり 休日を入れ替えたり すれば無駄がないのでは?
といつも思うのです

こんなんだから ニートが増えるんだと思うのですが

どう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

その通り無駄が多いと思います。


誰もそれを期待しているのに、それが求められていると勝手に思い込んでいて、意味もわからず批判する人がいるんですよね。

結局、合理的だと考えても「こんなことしたら批判されるかも」みたいなのが原動力になって非効率な行動に出るんだと思います。
    • good
    • 1

ニートの件は別問題です。



無駄が多いのは同意ですが、世界からの日本人の評価が高いのはそのおかげなので、表裏です。
気に入らないなら、ニートなんて甘えたことしてないで、もっと気楽に暮らせる国に移住したら良いです
    • good
    • 1

無駄多いですよね・・・


店頭販売員だとか、警官・ガードマンなど常駐する事が仕事の場合以外は、成果主義取り入れて良いと思うんですが・・・

1週間のノルマがあるとして、雪が降った日はとりあえず休んで、他の6日で仕事を終えるとか。
1週間のノルマが3日で出来たら、後の4日は休んでも良いし、次の一週間の案件の下準備をしても良いし、給料アップの条件で別の仕事をしても良いし・・・

とかやれば、超能力主義、超資本主義社会になると思うんですが。
逆に一週間で仕上がらない場合は、若干給料が下がるとか。

事務とか総務とか営業とか、意味が分からない時間を過ごしている人多くないですか?
それに時間制を未だに取り入れているのは、無意味の骨頂というか。
労力の無駄が多すぎる。
    • good
    • 1

状況にも拠るとも思いますが…。



仮に、東京に本社が有り、全国に支社があるような会社を考えてみましょう。
東京が、大雪に見舞われたため、本社だけ休日を入れ替えて休みにしたとしましょう。
全国の支社では、本社と関係のある業務に少なからず支障が出ることでしょう。
また、本社は全国の支社が休みの日に営業することにより、支社に関係する業務に少なからず支障が出ることでしょう。また、取引先は殆どお休みなので、関連業務はすべてストップします。

では、本社支社共に休日を入れ替えたとしましょう。
平日に休むことにより、取引のある会社の業務に、これまた少なくない支障を与えることになるでしょう。
また、他の会社が休日の日に営業するとなれば、その日は本社支社共に取引先などへの対外的な業務は、ほぼストップします。

では、日本全国すべての企業の休日を入れ替えてみましょう。北は北海道から、南は沖縄まで、どこかしらで交通困難な事象が起きるたびに、休みになるとすると…まったく仕事にならないことになるのは、想像に難くないでしょう。

上の例は、極論かもしれませんが、結局は、得られるものより失うものの方が過分に多いと思います。

東日本大震災の折、電力不足対策の要請を受け、トヨタグループが休日をずらしたことがあります。関連会社含め、一斉に実施したにもかかわらず、グループ内外に大きな負担を与えることになり、2年目は実施されませんでした。
    • good
    • 1

他に全く影響しないなら、その日の仕事は来ても意味のないことになります。

他の仕事を増やすなら、そのヒトが有給を使って賃金を分配すべきです。日々生産性のない者は資本主義国には居れません。
    • good
    • 1

逆にそういう日に遅刻しても


怒られないんですけどね、社会人は。
努力で何ともならないことがあるのは、
周知の事実なので。(電車が遅れる、止まるなど)
重要な用事が朝からあれば別ですが。

あと台風が直撃する日は残業はさせず
早めに帰らせるのも普通です。
電車が止まって帰れなくなる人もいるので。
    • good
    • 1

かなりのおじさんです。


私も昔からそう思っています。
「大雨 嵐 交通するのも困難な状況なのに時間内に行かなきゃいけないという暗黙の了解」
→いわゆる努力論なのですね。困ったものです。
自然には従って、その範囲で社会生活すればいいのですが、まあ強欲なのだと思います。
困難な状況でも、そこを乗り切るという精神論なのですね。
    • good
    • 0

> 大雨 嵐 交通するのも困難な状況なのい 時間内に行かなきゃいけないという


> 暗黙の了解がある

> 正直1日ぐらい休んだり 休日を入れ替えたり すれば無駄がないのでは?
> といつも思うのです

それは「状況による」というのが正解でしょう。
忙しくて猫の手も借りたいような状態にある経営者にとっては大雨だろうが雪だろうが嵐だろうが困難を押してなんとか出社して働いてもらいたいでしょう。
そして全体として考えた場合でも同じで「生産が追いつかない」「注文に少しでも早く出荷の必要がある」「人手が足りない」という場合においては『需要に供給が追い付いていない』ということであり、生産を止めることで困る人が出てくることになります。

特に問題なのは大きな災害があった時です。大きな災害があった時には絶対に生産は止めてはダメで、生産を止めることで災害から物資不足や経済難などの更に大きな問題に発展してしまう可能性があります。それを防ぐ意味でも出来る限り生産を行い続けて、平時にできるだけ近づけた生産活動を行う必要に迫られます。


それでも、災害時は例外として、平時にはどのような労働が適正なのかには大いに検討の余地があります。例えば1日8時間という労働時間が基本となっていますが、この8時間には何の根拠もありません。6時間を基本としてそれ以上の労働は1.5倍の残業代を付ける法整備をした方が生産性が上がるかもしれません。
何をもって無駄とするのか、その基準によって大きく結論が変わる話かと思います。
    • good
    • 1

ドコの国と比べての話ですかね?



欧米や、アジアでも香港,シンガポールなど、先進国や経済が発達した国の、一流企業間とか一流ビジネスマンの間では、「時間内に行かなきゃいけない」なんてのは、「暗黙の了解」と言うより、「常識」ですが?

逆に言えば、質問者さんの考え方は、二~三流国とか二~三流企業か、落ちこぼれサラリーマンの理屈で、別に「日本人って」と言う話ではありません。

強いて言えば、日本は先進国の中でも、特に時間などに対しキッチリしており、その結果、経済発展しているのです。

そもそも「今日は雨だから休みます」なんてのを安易に許せば、企業は必要な要員を確保出来す、経済や産業はガタガタになりますしね。
すなわち、「無駄がない」どころか、「無駄だらけ」の発想です。

ついでに言っておくと、質問者さんの様な考え方なども含め、突発的に休むなどの事態に備えては、企業は要員数などに、多少を余裕を持っています。
一方では、自分勝手な理屈で、頻繁に休む様な労働者は、企業としても安定的な戦力にはカウントせず、人事権や懲戒権などで対処するワケで・・・極めて合理的,ロジカルに機能してます。

質問者さんの考え方を、他の日本人に強要しなくても良いのでは?
たとえばアフリカなどに行けば、時計もそんなに無いだろうから、質問者さん好みのライフスタイルを送れますし。
国内でも、ド田舎の三流企業にでも勤めりゃ、ノンビリ出来ると思います。
    • good
    • 3

そうしたい公務員は多いでしょうね。


多くの政府の議員もそう思ってるでしょう。
自分にまったく関係ないのに。
そんなんで市民に被害が出ると、すぐに責任云々言われるし・・・しまいにゃ休みでも文句言われる。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税金の無駄について 日本政府がもっとも税金の無駄をしてるものはなんでしょうか。 できれば理由も添えて

税金の無駄について
日本政府がもっとも税金の無駄をしてるものはなんでしょうか。
できれば理由も添えてくださいませ。

政治家や公務員の給料以外でお答えください。

Aベストアンサー

福田内閣から麻生内閣にかけて、将来の社会保障問題について検討するための「社会保障国民会議」が開催されました。
この会議の内容で将来消費増税を行うことや、これを社会保障財源として充てること等々の詳細が決められたのですが、民主党の皆様は「自民党の政策だから賛成できない」という理由でこの社会保障国民会議に参加しませんでした。

その後数年間の間、彼らはこの社会保障国民会議で一体何が話し合われたのか、など全く知らないまま国会に臨み、国会をかき乱し続けました。

挙句の果て、菅内閣の下で「社会保障制度国民会議」なるものを開き、福田・麻生内閣の時に開催された社会保障国民会議とほぼ瓜二つの国民会議を開き、社会保障国民会議にて導き出された結果と多少方向性の違いこそあるものの、ほぼ同じ結果を決定しています。

「社会保障制度国民会議」に参加したメンバーには当然人件費も支払われており、その資金は当然国民の税金から支出されています。

私は民主党政権下において開催された社会保障制度国民会議に充てられた税金と、社会保障国民会議において何が話し合われたのかすら全く知らずに国会に臨み、国会をかき乱し続けた民主党議員たちに支払われた給料に充てられた税金程無駄な税金は存在しないと思います。

福田内閣から麻生内閣にかけて、将来の社会保障問題について検討するための「社会保障国民会議」が開催されました。
この会議の内容で将来消費増税を行うことや、これを社会保障財源として充てること等々の詳細が決められたのですが、民主党の皆様は「自民党の政策だから賛成できない」という理由でこの社会保障国民会議に参加しませんでした。

その後数年間の間、彼らはこの社会保障国民会議で一体何が話し合われたのか、など全く知らないまま国会に臨み、国会をかき乱し続けました。

挙句の果て、菅内閣の下で...続きを読む

Q【政治家】田中角栄のように一直線にドカドカ、ズンズン、国内政治、経済を無視して我思うに突き進んでいく

【政治家】田中角栄のように一直線にドカドカ、ズンズン、国内政治、経済を無視して我思うに突き進んでいくような独裁政治家を今の日本人は求めていますか?


第2の田中角栄の登場を望んでいるのかお聞かせください。

Aベストアンサー

ピーナッツを受け取る様な、
角栄は要りません。

Q昔の日本がした戦争によって現在の日本また未来の日本がいつまで賠償しなきゃいけないの?

自分が生まれてない頃、起こった戦争たいしていつまで謝罪したり、賠償したり、ODAを続けなきゃいけないんですか?支払われる賠償やODAは、当時の人のお金じゃなく、私の税金ですよね?
奴隷制度みたいな気がしました。

(質問したのがミスのせいかけいさいされてないのでもう1度書きました。重複されてたらすいません、削除します。)

Aベストアンサー

日本は中国と講和条約を結んでいますし、賠償請求権を放棄しているので賠償を請求することはできません。
変わりに日本が中国においてきた財産の返還要求もできませんが。

では、何故中国は請求するのか?
それは、過去の日本の首相や政府が相手の求めに応じて謝罪とかをしてきたので、そこを突っつけばお金が落ちる仕組みが出来てしまったためです。これは、最近になって応じないという風に対応が変わってきているみたいですが。

また、当時朝鮮半島は日本領でありかつ両国の同意の元に行われた併合ですので、本来は保証する義務すらないのですが、終戦時に「自分たちは戦勝国の一員だ」と言う発言を日本政府が尊重してしまったのです。
さらに、その後韓国政府が”朝鮮全体”に対する保証を韓国のみが受け取り(北朝鮮には韓国から配分するといって貰っています)さらに日本の民間・政府レベルの投資を全て返還請求しないということをしています。
この額は一説によると現在の価値に治して80兆円という途方もない金額に上るそうですよ。

よって、日本は謝罪や賠償をする義務は既にないです。今も続いている負の連鎖は日本政府の不甲斐なさにあるといえます。もっと毅然とした態度で外交を上手にこなしてもらいたいものです。

ちなみに、ODAは政府開発援助という日本語訳が示すとおり謝罪のための賠償ではありません。発展途上国に対し、お金や技術を貸したりあげたりする代わりに、経済が発展したら日本に対して見返りをくださいねという意味で行う資金援助のことです。
これを否定するとアフリカや日本とは戦争で直接関係のない国に対する投資も否定することになってしまいます。
これ自体、国際貢献の度合いに深く関わってくる物ですので、これからも積極的に行うべきでしょう。ただし、日本の経済を傾けない程度にしていただきたいものですね。

日本は中国と講和条約を結んでいますし、賠償請求権を放棄しているので賠償を請求することはできません。
変わりに日本が中国においてきた財産の返還要求もできませんが。

では、何故中国は請求するのか?
それは、過去の日本の首相や政府が相手の求めに応じて謝罪とかをしてきたので、そこを突っつけばお金が落ちる仕組みが出来てしまったためです。これは、最近になって応じないという風に対応が変わってきているみたいですが。

また、当時朝鮮半島は日本領でありかつ両国の同意の元に行われた併合です...続きを読む

Q徴兵制は無駄?

現代の軍隊はハイテク化が進んでいるので、素人が集まっても無駄なため徴兵制が日本に導入される事はないし、導入したところで意味がないと聞きます。
では、なぜ韓国や台湾などいろんな国で今でも徴兵制があるのでしょうか?
そういった国々はハイテクではないということなのでしょうか?
アメリカ軍は当然ハイテクであると思うのですが、アメリカでは素人が軍隊に勧誘されて入隊し、その兵士が実際にイラクなどに派兵されているようです。
徴兵と言っても突然戦場に送られるのではなく、訓練を受けるのですから、実際に戦闘となる時は、ズブの素人とは言えないのではないでしょうか。
そもそも初めから玄人である人はいませんし。
個人的には、軍事上無意味だとしても、国民の国防意識、国民であることの意識(義務や権利)、を芽生えさせるあるいは根付かせる意味でも徴兵制はあってもいいかなと思いますが。
やはり、徴兵制は無意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

メリットが少ない上に、デメリットが大きすぎるんです。

日本は周りを海に囲まれているため、防衛上重要なのは海軍と空軍です。
戦闘機の数や空母の数を考えても、そんな何百万の人間は必要ないですよね。
ちなみに航空自衛隊である程度の戦力になるためには、6年くらい訓練が必要なようですよ(このあたり参照:http://mltr.free100.tv/faq12c02.html)
仮に他国と緊張状態になった場合、緊張状態になってから徴兵したって使い物になりません。

では、韓国や台湾の状況はどうでしょう。
忘れがちですが、朝鮮戦争は未だに休戦中なんです。しかも北朝鮮と韓国は陸で国境を接していますから、陸軍が重要です。すなわち数も必要です(質がいらないというわけではありません)
台湾は中国と軍事的緊張状態です。しかも中国に攻められるような状態になれば、他国の支援もそれほどあてになりません(そもそも国際的には国として認められていない)
なので両国は未だに徴兵制なのです。



もし仮に日本で期間が20歳~23歳までの3年程度の徴兵制を敷いたとしましょう。
現在そのあたりの日本人の数が約450万人です。
徴兵とはいえ、いくらか給料を払わなければなりませんので、かなり低く見積もって年間200万だとしても、450万×200万で9兆。
その450万人の訓練用の武器が本体10万としても4500億。
さらにそれを訓練する人の人件費…などなど。
(ちなみに今年度の日本の防衛予算は4兆8016億です)
さらにその年齢の若者が勉強しない・働かないわけです。どれだけ経済に影響が出るでしょうか。
(ものすごく大雑把に数字を出していますので、細かいツッコミはご容赦を(汗)

>国民の国防意識、国民であることの意識(義務や権利)、を芽生えさせるあるいは根付かせる意味

要は現在から防衛費を3倍程度にして、その間の経済へのダメージを考慮してもなお必要かということです。
むしろ国民への意識という意味でしたら、学校教育の場などで行えば良いわけですし。


結論としては、軍事的にはただでさえ大国の軍に徴兵制が必要ないのに、日本は更に必要ない条件が揃っているわけです。
それを上回るメリットがあるのでしたら、無いとは言い切れませんけどね。

メリットが少ない上に、デメリットが大きすぎるんです。

日本は周りを海に囲まれているため、防衛上重要なのは海軍と空軍です。
戦闘機の数や空母の数を考えても、そんな何百万の人間は必要ないですよね。
ちなみに航空自衛隊である程度の戦力になるためには、6年くらい訓練が必要なようですよ(このあたり参照:http://mltr.free100.tv/faq12c02.html)
仮に他国と緊張状態になった場合、緊張状態になってから徴兵したって使い物になりません。

では、韓国や台湾の状況はどうでしょう。
忘れがちですが...続きを読む

Q政治家の税金無駄使いランキング

いろいろなところで取り上げられていますが、ベストランキングをつけると腹立しい順だとなんですか?

私なんかは、額ではたいしたことないのかもしれませんが、
ねんきん特別便の再送付なんかはいいかげんにしてほしいと思いましたね。

それとほんとはいけないことなんでしょうけど、
うまみを感じて政治家になってるんだと思います。
だからある程度しょうがないのかなとも
諦め半分おもっていたりもします。

外国でも、箱もの無駄使いや、議員の特別待遇ってあるんですかね??
その国民はどの様に対処してるんでしょうか??

選挙という形で政治に参加してるので、悪人を選んでしまったのだからしょうがないないのかもしれませんね。
かといって、
話にもならない横○とか姫○とか選ぶのやめましょうね。
だいたい岡山の人たちどんな思いでいるのでしょうかね??。

Aベストアンサー

>政治家の税金無駄使いランキング
>いろいろなところで取り上げられていますが、
>ベストランキングをつけると腹立しい順だとなんですか?
何が無駄使いかを、善人か悪人かで判断する絶対的な価値基準を作るのは難しい面があります。
例えば道路建設を、自動車に乗らない人は完全な浪費だと思うかもしれませんし、
私ももっと違うことに使って欲しい印象はありますが、
地方の建設企業は命綱として崇め奉るかもしれません。
交通、産業、農業、防衛、教育、医療、環境といった各部署の官僚や、
その分野を得意とする政治家、その分野と結びつきのある業界も、
自分の分野は非常に重要で是非とも予算を増やすべきであり、
自分以外の分野は無駄なので予算は不要だと考えがちです。

あるいは農業政策も、国際機関からは「無駄遣いの王者」と言われ評判は散々ですが、
国内で迂闊にそんなことを口にしては農家や農業を重視する人に怒られてしまいます。
日本の農家総収入の半分以上に及ぶ農業生産者助成政策が行われており、
推計助成総額は6兆円当たりといったところになります。
・OECD 農業生産者助成の農家総収入に占める割合
http://www.oecd.org/dataoecd/12/4/39576568.pdf?contentId=39576569

公共事業の浪費も、早い時期に積極的な金融政策を行って景気を浮揚させれなかった
日銀のマクロ経済政策にも重大な責任があるといえるかもしれませんが、
別の人は日銀はインフレ抑制に専念すべきで景気浮揚策を行うべきではないと考えています。

>外国でも、箱もの無駄使いや、議員の特別待遇ってあるんですかね??
>その国民はどの様に対処してるんでしょうか??
公共事業の規模で言うと、日本の支出は肥大になっているとこれまで言われてきました。
(海外から貿易黒字を減らすために公共事業の拡大を求められた経緯もあるのですが)
ただし、ここ数年は公共事業の削減が進んできています。

・公共事業投資額の国際比較?
http://www.tuins.ac.jp/~ham/tymhnt/analysis/9region/zaisei/ig_gdp.html

無駄遣いかどうかを判断するのにより重要なのは質的な面で、
公共投資を行うとしても、道路に使うか、下水道に使うか、
バリアフリー化に使うかと、用途でも意見に隔たりがありますし、
具体的にどこに何を建設するかで、無駄かどうかは見分けられます。

日本の公共投資で問題視されるのは、地方への権限委譲が不十分で、
中央政府に所謂「ばらまき」の権限が与えられるため、
政策の司令塔と実際に使われる場所の間に大きい距離が開き、
効用にあまり基づかない投資になっていないかということです。
こうした政治と市民との距離を縮めるために、
国際的に広く地方分権は推し進められてきています。
また、市民社会の政治監視機能の必要性を訴える人もいます。

政治家の待遇は、不平意識の高まりはありますし、
先ず隗より始めよといった心構えとして心を引き締める必要はあるかもしれませんが、
ただ、純粋なマクロの予算面としては、
国・地方合わせて100兆円に達する政府支出のレベルを議論する際に、
1000万円や2000万円の単位の歳出削減の影響力は限られています。
政治家の場合は、待遇自体よりも、特定業界との結びつきによって、
特定業界だけに利益が渡り、広く国民に恩恵のない政策に
税金を何兆円も次ぎ込んでないかといった点が重視されるものかと思います。

政治腐敗は国際的に広く存在し、どこの国でも問題となっています。
開発途上国ではもっとえげつない腐敗や情けない無駄の賜物はたくさんあります。
トランスペアレンシー・インターナショナルなどの国際的NPOによる
腐敗の国際比較指標も知られています。
これによると、先進国で見ると、アメリカ・フランスよりは良好だけど、
カナダ・オーストラリア・イギリス・ドイツや、
北欧・ベネルクス・ニュージーランドなどの小さい国には及ばず、
先進国中良い順位というわけではありません。

・CPI(腐敗認識指数)
http://www.transparency.org/news_room/in_focus/2007/cpi2007/cpi_2007_table

>政治家の税金無駄使いランキング
>いろいろなところで取り上げられていますが、
>ベストランキングをつけると腹立しい順だとなんですか?
何が無駄使いかを、善人か悪人かで判断する絶対的な価値基準を作るのは難しい面があります。
例えば道路建設を、自動車に乗らない人は完全な浪費だと思うかもしれませんし、
私ももっと違うことに使って欲しい印象はありますが、
地方の建設企業は命綱として崇め奉るかもしれません。
交通、産業、農業、防衛、教育、医療、環境といった各部署の官僚や、
その分...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報