保険加入を新たに考えております。
現在は40歳までの養老保険に入っております。
保険相談、各サイトや同じような悩みを持つ意見など見ていますが
なかなか絞ることができません。
目的1、万が一の場合に備えて長期に保障されたい
目的2、病気や入院のときの備えがほしい
目的3、がん保険
です。
すでに多くの回答があると思いますがこれからの時代にどうすべきかアドバイスいただければと思っております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

目的1


生命保険の基本である終身保険で備えると良いでしょう。
いつ誰にいくら位残してあげたいかで死亡保険金(あなたが亡くなった時受取人に支払われるお金)を決めてみたらいかがですか?
今は独身なのでご両親ですね!「先立つ不孝をごめんなさい」という気持ちで葬儀費用、身の回りの整理資金等で最低限経済的に親に迷惑をかけない額を残してあげてはいかかですか。死亡時を考えたら300万円もあれば充分だと思います。近い将来、結婚して子が生まれてきます。その時は死亡保険金の受取人をご主人または子供に変更するでしょう。それでも、あなたが先立っても経済面ではご主人が働いているのでそんなには心配しなくても良いと思いますが。独身時代と同様に考えて300万円程度でいかがでしょう?子供の教育資金はご主人の負担軽減を考えてあげるのであればプラス200万円位ですかね?終身保険で備えているので、将来あなたが80歳、90歳で亡くなろうと(ご主人が先立っても)300万円ないし500万円の死亡保険金があるので子供に迷惑かけることもないですね。
また、終身保険には貯蓄機能もあります。長生きをするリスクも同時に考えるのであれば、保険料(掛け金)が安い内に1000万円程の死亡保険金を死亡時と老後の貯蓄を兼ねて加入する方法もあります。
将来(60歳~70歳位)葬儀その他費用で死亡保険金を300万円程残して、残りを解約して戻った解約金で
老後の生活費の足しにすることもできます。きりがないのでこの辺にしておきますが、なんの為に生命保険に加入するのか目的をしっかり考えて加入すると、自分にとって役に立ってくれると思います。
決して、毎月の保険料(掛け金)の額で決めてはいけません。いくら払えるかではなく何が欲しいかを優先して、その上で払える保険料と相談して諦められることを消去していく事をお勧めします。
参考:終身保険の種類
定額終身保険:保険金も解約金も加入時に決められたもの約束される。
変額終身保険:保険金や解約金があなたが支払った保険料を株式や債券に投資してその運用実績で
       増えたり減ったりする自己責任型。死亡保険金は最低保障されます。
外貨建終身保険:米ドルや豪ドルで外貨預金するイメージ。運用は日本円より良い。為替リスクあり。
目的2.3
2と3はセットで考えてがんの時もしっかり保障される、やはり終身保険がよいでしょう。
特に、放射線治療や抗がん剤の治療費をカバーしてくれるもの。
入院保険は入院や手術をしないと保険金はおりません。
がんの場合は通院治療の充実したものがよいでしょう。
これらは各社保障内容に大差はないので、終身型でも掛け捨ての出来るだけ安いものを選びましょう。
国の医療制度などが変わり、それに合わせて各社がバージョンアップしてきたら、再検討して入りなおすのも良いです。

ちょっと長くなりすみません。参考になれば。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスどうもありがとうございます。誰のために、何がほしいかが明確ではないのでとても参考になります。自分の人生の先も考え直し、今は親のために300万円くらいで検討してみます。目的もつと案外決まっていくものと感じました。がん保険もご意見を取り入れたいと思います。具体的なアドバイスに感謝します。

お礼日時:2015/02/08 08:26

他の方の回答で目的部分は充分なようなので、蛇足



多少、懐に余裕があるのなら個人年金保険を考えてもよいと思います
文字通り、保険料を契約の年齢まで払い込んだ後に保険金を年金形式で受け取るものです
実際見積もりを見ないとわかりませんが、支払った保険料=受け取る保険金くらいだと思います
払い込み途中で死んでしまった場合、支払った保険料が保険金として支払われます

普通の生命保険と別枠で保険料控除があるので、普通に積み立てるをするよりはお得だと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個人年金保険ですか。こちらは考えておりませんでしたので調べてみたいと思います!現在は保険にお金を払っても特に問題ないと思っているので抜けていた情報でした。質問してよかったです。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2015/02/11 09:14

死亡した時の保険は葬式代が蓄えてあれば十分で、結婚など家族を持った時の保険は家族などの生活が成り立ようにお金があるなら準備する。

 もしもの病気に備えるには体質にもよりますが病気になり易いなら、保険に入り備えるべきであり、病気になりにくいなら保険はお金があるなら入るべきで、お金がないなら無理する必要はなく、貯金で備えるべきである。 貯金は病気以外にも使える。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お金がないなら保険は無理に入る必要はなく貯蓄という選択肢もあるのですね。
4月からまた保険料が高くなるとか予定利率が下がるとか情報を見たので焦ってしまいましたが、ご回答を参考にして本当に今何が必要かを整理したいと思います。

お礼日時:2015/02/09 09:30

メディケア生命の「メディフィットA(エース)女性専用パック」にあります


「がんお手頃レディプラン」はいかがでしょうか。

目的1、万が一の場合に備えて長期に保障されたい
>こちらは保障が一生涯続きます。

目的2、病気や入院のときの備えがほしい
>がんと診断された場合の診断給付金が50万円、それに伴い
 入院となった場合に入院日額1万円が給付されます。
 女性特有の病気の際にも、入院日額1万円が給付されます。
 ※その他の病気は日額5,000円となります。

目的3、がん保険
>こちらはがんの際にも手厚くサポートしてくれますので、
 上記のように診断給付金が50万円、更に抗がん剤治療の際は月額5万円、
 放射線治療の際は1回につき5万円給付されます。
 がんによる入院は支払日数無制限で日額1万円給付です。

Akiiさんは31歳ということで、月々の保険料は3,195円となります。
こちらはがんだけでなく、女性特有の病気や生活習慣病も保障の対象なので、
お手頃な値段の割にとても良いプランになっていると思いますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
さっそくこちらの商品を調べてみtます!
保険商品はたくさん出てくるので困っていました。参考にして自分に納得する保険を選びたいと思います。助かりました。

お礼日時:2015/02/05 07:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q万が一に備えて

私は大学生なのですが、現在大学生協の保険にしか加入していません。他の保険にも加入しておくべきでしょうか?

Aベストアンサー

私は41歳の会社員なのですが、義務で入らないといけない保険
(国民年金やマンション指定の火災保険など)以外の
いわゆる生命保険や医療保険などには全く入っていません。
(30歳の頃、解約しました。)

理由としては
●結婚もしてなきゃ子供もいない
 =死後に金を残さなきゃいけない人がいないので
 生命保険は不要と判断した。
●病気、疾病、入院などについては
 軽~中度のものは貯金で対応できると考えている。
 重度の場合がヤバイので、医療保険は常々入ろうと思っているのだが
 まだ自分に合った保険が見つけれらないでいる。
 徹底的に探してない、というのもあるけれど。
 重度の病気を患ったり、障害を抱えたときに「どうしよう?」は
 保険に入っておけばとりあえずOK、といった話ではないと思うし。
●損害保険は現在、クルマやオートバイに乗っていないし
 大した家財も持っていないので入ってないが
 最近自転車に乗りまくっているので、近々入ろうと
 対人・対物・盗難を中心に今、いろいろ探し始めているところ。

年配の方の中には「大人になったら保険に入るのが常識」
と考える方が多いようですが
保険とは基本的に「ギャンブル」です。
自分の命や病気や疾病、事故などに対して「賭ける」のです。
だから「何に賭けるのか?」はしっかり考えないといけません。
貯蓄機能を言う人もいますが、保険による貯蓄が他の貯蓄商品に比べて
利率がいいのか?などちゃんと考えないと損します。
もし自分が死んだ場合に家族などにまとまった金を残さないと
ヤバイと思うなら、生命保険を考えればいい訳ですが
いくら残さないとヤバイか?がそこそこイメージできないと
いくら賭ければイイか?が分からないし
せめて葬式代だけ程度だったら貯金で賄えるかも知れません。
あくまで私個人の意見ですが
若いうちは「死亡や病気でもらえる1千万円」よりも
自由につかえる「300万円」の方が、いざというときの
必要性が高いと思います。

私は41歳の会社員なのですが、義務で入らないといけない保険
(国民年金やマンション指定の火災保険など)以外の
いわゆる生命保険や医療保険などには全く入っていません。
(30歳の頃、解約しました。)

理由としては
●結婚もしてなきゃ子供もいない
 =死後に金を残さなきゃいけない人がいないので
 生命保険は不要と判断した。
●病気、疾病、入院などについては
 軽~中度のものは貯金で対応できると考えている。
 重度の場合がヤバイので、医療保険は常々入ろうと思っているのだが
 まだ自分に...続きを読む

Q家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2

家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2年で満期を向かえますが、かけきった方がよいのでしょうか?

保険屋さんが、あと2年なら解約した方がよいですよ、と言われます。(解約をしても、保証は2年は続くというような話でしたが、、、)
満期保険金は150万円です。死亡保険金は3000万円のようです。
毎月の保険料は15000円程度です。
実際はどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが、
どうも意味はわかりませんでしたが、、、?
(A)保険料と言うのは、主契約、特約、それぞれをバラバラに計算して、
最後に合計しているだけのこと。
つまり、現在の表面上の保険料だけを見ていたのでは、内訳が見えません。
特約は、原則として「掛け捨て」ですが、長期の場合には、多少なりとも
解約払戻金がある場合があります。
それは、特約ごとに計算されているのですが、表面上には出てきません。
保険会社に問い合わせをするしかないのです。

つまり、現時点での主契約の解約払戻金、
特約ごとの解約払戻金をそれぞれ、保険会社に聞かなければ、
内訳がわからないのです。

それを聞いて、今、どうするのが一番、メリットがあるのかを判断するのが
良いと思います。

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが...続きを読む

Q終身保険か養老保険 保険相談お願いします

現在34歳の男性サラリーマンです。家族構成は妻(30歳)、子供一人(2歳)で入り婿の為、妻方の同居の家族がおります。現在以下のような保険に加入しているのですが、私の養老保険があと10年ほどで満期を迎え、そこで保険が終わってしまうので、今のうちに解約して(今解約すると7割程戻ってきます)終身保険か新たな養老保険(60歳くらいの満期のもの)に加入し直したほうがいいのか迷っております。現在生保の方に説明を受けているのですが、やけに終身保険ばかりをすすめてくるので他の方の意見も伺いたく質問させて頂きます。何しろ保険には疎いもので他に必要な情報とかがありましたら教えて下さい。基本的な情報は以下のとおりです。

年収:約500万~600万(夫婦共働き)
借金:なし
貯金:約800万
私の加入保険:簡保養老保険 平成28年満期 月掛金約12000円 個人年金 60歳から年間72万を10年間受取 月掛金約14000円
妻の加入保険:生保養老保険 60歳時満期 死亡・満期時に500万 入院日額5000円 月掛金約15000円
子供の加入保険:郵便局学資保険 18歳時に300万(段階的)受取 月掛金約14500円
       
尚、自宅は義父の持家でローンもありません。また今現在同居の義理の家族も含めた総収入に私の収入が占める割合は4分の1ほどで、皆で生活費を出し合っているという感じですので、私の収入に頼りきりというわけではありませんが、あと10年ほどで義理の親も引退しますので、今後は比率も上がってくると思います。

現在34歳の男性サラリーマンです。家族構成は妻(30歳)、子供一人(2歳)で入り婿の為、妻方の同居の家族がおります。現在以下のような保険に加入しているのですが、私の養老保険があと10年ほどで満期を迎え、そこで保険が終わってしまうので、今のうちに解約して(今解約すると7割程戻ってきます)終身保険か新たな養老保険(60歳くらいの満期のもの)に加入し直したほうがいいのか迷っております。現在生保の方に説明を受けているのですが、やけに終身保険ばかりをすすめてくるので他の方の意見も伺いたく質問...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には私も終身保険をお奨めしますけど。

しかし必要と思っていない人には必要ないですよね。
質問者の状況だと確かに保険て必要?って思いますよね。
現在の養老保険も20年で300万ですか?1年刻みで設計できますから正確に推測するのは無理ですけど。
300万の満期金を受け取ってそれを定期貯金にして万が一(死亡時)の為にタンスにでもしまっておけば、自作終身保険の出来上がりです。

例えば来年質問者が亡くなったとしても貯金もあるし家もある。奥さんにも収入があり、質問者の遺族年金とか死亡退職金があり、学資保険の保険料も必要なくなり、質問者さんの娯楽費や食費もかからなくなれば、今のままで充分だとか。

本来なら、現在の養老保険を満期まで確実に継続して、満期の時点でなんならもう1回養老保険を考えてみるのが普通かなと。

で、此処がポイントです。
今が今のままで充分だから大丈夫っていう考え方に不安があるのですよね。極端な話、奥さんが働けなくなったらどうすんの?とか。
義理の家族の方が確実に早く老化していきます。今までは経済的にかなり協力関係にあり、経済的負担が軽くなってるようですが、今後は負担になっていく場合があるのかもしれません。しかもそうなった時に今までの経緯からうちの家族には関係ないとは言えないでしょうし、その時に保険を見直すなんて負担増大にしかなりません。
将来的にどのような状況が起こりうるかを考えるのが保険設計なんです。
別に今日明日に決めることでも来年に満期が迫ってるわけでもないですから、じっくり考えた方がいいです。

似たような事例で、500万~1000万円の終身保険を売りつけた事も何度も
ありますが、1~2年じっくりかけてってケースも多いです。
一生のことですから慌てて決める必要なんてないです。
じゃあ、終身保険は10年後に考えるか?ってのは間違いですから、注意。
例えば養老保険で300万に加入する場合、10年と20年では倍以上保険料が変わりますよね。って、当たり前ですが。終身保険の保険料が年齢が上がるにつれて加速度的に上がっていくのは払い込み期間が短縮されるからです。(当然積立金の運用期間にも大きく影響しますしね)
終身払いにすればそれほど上がっていきませんが、そんな保険に加入すると大変な目にあいます。基本的には60歳で払い込み終了にすることで保障を買い取り、終身保障で確実に子供に残すことも出来ますし、それどころじゃない場合は解約返戻金も多額になりますし、確定年金に切り替えて年金保険の足しにすることも出来ます。そしてどれを選択するかは自分の好きな時(必要な時)にできるのが終身保険の強みなのです。将来どのような状況になるのかなんて、誰も断定できないのですから選択肢を多く持っていることが重要なのです。

基本的には私も終身保険をお奨めしますけど。

しかし必要と思っていない人には必要ないですよね。
質問者の状況だと確かに保険て必要?って思いますよね。
現在の養老保険も20年で300万ですか?1年刻みで設計できますから正確に推測するのは無理ですけど。
300万の満期金を受け取ってそれを定期貯金にして万が一(死亡時)の為にタンスにでもしまっておけば、自作終身保険の出来上がりです。

例えば来年質問者が亡くなったとしても貯金もあるし家もある。奥さんにも収入があり、質問者の遺族年金とか死亡退...続きを読む

Q郵便局の簡易保険(特別養老保険)の満期保険金の支払い請求

簡保の特別養老保険の満期が近づいてきました。満期になると満期保険金がもらえます。

満期になると葉書や手紙のたぐいで知らせてくれるのではないかと想像しているのですが、今のところ、満期を知らせるものは来ていないです。(まだ満期になっていないから当たり前か。)
ほんとうにそういうものは来るのでしょうか。(住所はずっと変わっていないので、その点は問題ないです。)

もちろん、満期になったら知らせが来ようと来るまいと私は満期保険金を請求します。

それで、請求時に必要なものについてですが、
「ご契約のしおり」には満期保険金を請求するために必要な書類が載っています。それによると、次の書類が要るそうです。
・保険証書
・保険料領収通知書または保険料領収帳
・被保険者の生年月日を証明する書類
・被保険者の男女の別を証明する書類
・保険金受取人の印章

このうち、
「被保険者の生年月日を証明する書類」と「被保険者の男女の別を証明する書類」は、いろいろ例が書いてあるんですが、私(会社勤め)の場合だと、「健康保険被保険者証」や「年金手帳」でもいいそうです。そして
「これらの写しを提出される場合は、原本も請求時にご提示ください。」
と書いてあります。
ということは、私は原本を持っていきさえすれば、郵便局でコピーしてくれるということでしょうか。(もちろんですが、郵便局に原本を取られてしまうわけではないですよね?)

あとそれから、「保険金受取人の印章」というのは、私の苗字のハンコのことですよね?
これは三文判でもなんでもいいんですよね?

============================

保険金は郵便局の通常貯金に入れてもらおうと思っています。
そのためには、(上の書類のほかは)通帳を持っていけば、問題ないですか?

その場合、請求したその場で通帳に書き込んでくれるのでしょうか。

簡保の特別養老保険の満期が近づいてきました。満期になると満期保険金がもらえます。

満期になると葉書や手紙のたぐいで知らせてくれるのではないかと想像しているのですが、今のところ、満期を知らせるものは来ていないです。(まだ満期になっていないから当たり前か。)
ほんとうにそういうものは来るのでしょうか。(住所はずっと変わっていないので、その点は問題ないです。)

もちろん、満期になったら知らせが来ようと来るまいと私は満期保険金を請求します。

それで、請求時に必要なものについ...続きを読む

Aベストアンサー

満期の案内は、満期日の前々月に案内がはがきで届くでしょう。

保険証書がある場合、契約者本人であれば運転免許証などの本人確認証を持って、送金先口座を指定すれば手続きは完了します。
被保険者がお子様などの場合は、該当書類も持参しましょう。
書類の原本は提出することなく、コピーを取って返してくれます。
簡単な手続きで済みます。

Q生命保険(養老保険)の満期保険金を受取時も税金を支払わなければなりませんか?

かんぽ生命の養老保険に入っています。
満期保険金を受取る時にも所得とみなされ税金がかかるのでしょうか?
何故このような疑問が涌いたかというと、確定申告をしていたら、書き方の例に次のようなことが書いてありました。

■所得の内訳
雑 ○○積立金○○保険 収入金額1,200,000 源泉徴収税額27,000

これは、生命保険の満期保険金にも税金がかかるという意味なのでしょうか?

どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
 

Aベストアンサー

>生命保険の満期保険金にも税金がかかるという意味なのでしょうか
そのとおりかかります あなたが保険料を支払って満期保険金をあなたが受け取ったら所得税の対象です

控除があって税額は少ないです 
家人がこのほど満期になりましたが試算するとたいしたことないようでした

ここが詳しいでしょう
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

>No.1755 生命保険契約に係る満期保険金を受け取ったとき
[平成19年4月1日現在法令等]

1 満期保険金の課税
 生命保険契約が満期になり満期保険金を受け取った場合には、保険料の負担者、満期保険金の受取人がだれかにより、所得税、贈与税のいずれかの課税の対象になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報