『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

田中理恵選手は体操選手としてはかなりの遅咲きだそうですが、なぜその年齢で活躍できたのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

経歴を調べてみるとかなり苦労されてるみたいですよ。


まず、体操を始めたのは6歳かららしいです。
父親は体操クラブを開いていて母親も体操選手という体操一家で育っています。
遅咲きとの事ですが、中学生の時に全国大会で活躍しているみたいです。
小さい頃から頑張っていて実力もあったみたいですよ。
しかし高校時代は伸び悩み、練習不熱心だったみたいです。
この時、左足首の遊離軟骨を経験をしていて
高校卒業後は日体大に進学し左足の手術を行ったみたいです。
その4年後に全日本選手権でまた活躍してるので、
怪我のせいでブランクがあったのではないでしょうか(^_^;)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学3年生、器械体操を始めることについて

小学3年生の娘のことで質問させていただきます。

もともと運動神経はよく、小さな頃から飛んだり跳ねたり回ったりが大好きな子でしたので、3年生になったときに習い事を探しました。

体操教室も探しましたが、田舎なので適当なところがなく、
近所にレスリング教室があったので、マット運動もさせてくれるということでレスリングを始めました。
現在週2回通っています。

そちらの教室でマット運動をすることがさらに楽しくなり、
他の子供たちよりも上手にでき、さらに体操への興味が出てきたので、マット運動を主にさせてくれるところということで隣町の体操教室を探し出しました。

本人はとにかくマット運動、バク転やロンダート(?あまり詳しくないのでよく技の名前は分かりません)がやりたいようで、とりあえず体操教室の体験入学に行きました。
するとそちらの先生から、かなり体操ができるので選手育成コースかもしくはレスリングの強化のためにアクロバットコースを勧められました。

本格的に器械体操をやるつもりはありませんでしたので、
アクロバットのコースに入り、現在片道1時間弱かけて送迎し、週1回1時間練習しています。

現在体操教室に入学して1ヶ月ほどたったところですが、
先日また先生より
「その練習量でここまでできるとはアクロバットだけではもったいない。本格的に他の種目(跳馬・平均台・鉄棒・床)をやってほしい。きっと伸びると思う。選手育成コースの練習をして欲しい」等々言われました。
そのためにはレスリングとの両立はやめてほしいとのこと。
せめて2時間×週2回の練習をして欲しいと言われました。

本人はアクロバットの練習がとても楽しく、アクロバットはやめたくないと言います。
鉄棒や平均台も教えてもらえるならやってみたい、でも選手にはなりたくない。レスリングも楽しいからやめたくない。練習が重なるならレスリングをとる。と言っています。

親にしてみれば才能があるなら伸ばしてあげたいとは思う。
ただ体操教室が遠いので、送迎が大変なのと、正直真剣に器械体操をさせるもりはありませんでしたので、時間や経済的負担などとまどいがあるのも事実です。

体操に詳しい方のご意見を聞きたいのですが、小学3年生というのは器械体操を始めるにはぎりぎりの年齢なのでしょうか?
これから先、やはり器械体操を本格的にやりたいと言うのでは遅いのでしょうか?
器械体操をやっていくには、他のスポーツとの両立は無理なのでしょうか?
私も娘も今のところ少しでも上を目指してトップクラスのアスリートになろうというような気持ちはあまりありません。好きなことを楽しくやって少しでも才能が伸びれば、と思う程度です。

どのようにお考えになりますか?
乱文で申し訳ありません。補足が必要であれば追加いたします。

小学3年生の娘のことで質問させていただきます。

もともと運動神経はよく、小さな頃から飛んだり跳ねたり回ったりが大好きな子でしたので、3年生になったときに習い事を探しました。

体操教室も探しましたが、田舎なので適当なところがなく、
近所にレスリング教室があったので、マット運動もさせてくれるということでレスリングを始めました。
現在週2回通っています。

そちらの教室でマット運動をすることがさらに楽しくなり、
他の子供たちよりも上手にでき、さらに体操への興味が出てきたので、...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さまもお子さんもトップアスリートを目指しているのではないのですよね。
でしたらレスリングとの両立は可能です。
年齢もぎりぎりだなんてそんなことはありません。
ただ
本格的に器械体操を・・とのお考えでしたら週2回の練習では無理です。

先生は「せめて週2回はやってほしい」と言われたのですよね?
ということは、他の選手クラスの生徒はもっと練習回数が多いということだと思います。
運動神経が良いお子さんはある程度まではグングン伸びますが
それ以上はやはり練習量で差が出ますよ。
同じ教室の中でも置いていかれます。
その時、悔しい思いをして「もっと練習に行きたい」と子供さんが訴えると思います。
先生は選手として育てたいのでしょうね。
でも小3で始めたばかりなので今後どれだけの選手になるかは未知数です。
3才4才からやってる子は小3ではかなりの技をこなします。
小4から本格的にやってオリンピック選手になった人もいますが
当然毎日何時間も練習した筈です。

中途半端に週2で選手コースになると
挫折してやめるか、もっとうまくなりたい!とお子さんが奮起するかどちらかでしょうね。
大会には独特のわくわくした雰囲気があります。
みんな可愛らしいレオタードを着て、
おろそいの髪型にして少しお化粧して可愛いリボンをつけて・・。
それでいて選手たちには誇りがみなぎっていて
大人が見ていても「すごいな」と思わされます。
そういうところに行けば子供は必ず感化され、
自分もうまくなりたいと思うんです。

今は体操教室に入ったばかりで楽しくて仕方ないのですね。
そういう時はどんどん伸びます。
目に見えていろんな技が出来るようになります。
楽しんで出来ればそれでいい・・との思いでしたら
そのままでいいと思いますよ。
選手コースには入らないでアクロバットのコースと
レスリングを続けていかれてはいかがでしょうか?
お子さん自身はレスリングの方に魅力を感じておられるようですし。

質問者さまもお子さんもトップアスリートを目指しているのではないのですよね。
でしたらレスリングとの両立は可能です。
年齢もぎりぎりだなんてそんなことはありません。
ただ
本格的に器械体操を・・とのお考えでしたら週2回の練習では無理です。

先生は「せめて週2回はやってほしい」と言われたのですよね?
ということは、他の選手クラスの生徒はもっと練習回数が多いということだと思います。
運動神経が良いお子さんはある程度まではグングン伸びますが
それ以上はやはり練習量で差が出ますよ...続きを読む


人気Q&Aランキング