ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

お客さんが弁当屋に電話して、「今から取りにくるので弁当作って下さい」と言った場合、店側は弁当を作ってお客さんに代金を支払ってもらって引き渡そうとしたが、お客さんが取りにこなくて弁当が冷めて固くなってしまったが(または消費期限がすぎる)、再びお客さんから電話がかかってきて、「やっぱりいらないわ、ごめんねー」と言われた場合、店側は客に対して、どのような請求ができますか?どうすればいいんですかね?店も弁当を引き渡す債務を負っているでしょうし‥

当然弁当を買って欲しいといえるでしょうが‥

また相手が金を支払おうとせずに、弁当が消費期限すぎて、もう売れなくなった場合‥どうなんでしょう?


また契約が成立して弁当作ったら、その固くなった弁当の所有権はまだ金払っていなくとも、お客さんにうつっていますか?店側が勝手に処分したりしたら罪になるのか?

あとまさかまた客から要求があれば新しい弁当を作って引き渡さないといけないとかないですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

客が「今から取りに行くので弁当作って下さい」と言っただけでは、売買契約は成立していません。


成立するためには、店で、弁当の特定と「かしこまりました。お待ちしています。」と言う返事が必要です。
要は、申し込みと承諾です。
今回の場合は「・・・引き渡そうとしたが」と言うことで、店側として明らかな承諾する旨の意思表示なかったです。
ですから、「やっぱりいらないわ、ごめんねー」と言われたならば「はい、わかりました。」で終わりです。
なお、店で「かしこまりました。お待ちしています。」と言うことであれば、その時点で契約は成立しているので取りに来ないため腐っても代金請求はできます。
弁当は客に所有権移転しているので引き渡す義務はありますが「取りに行く」と言っているので、来れば渡せばいいだけです。
    • good
    • 0

口頭でも店側に依頼して、店側が受諾、同意した場合、契約は成立してる。


その際、店側が、品物を適切に管理して引き渡す義務生じるわけだが、この場合、お客が今からとりに来るという契約だから、引渡しの遅延、品物の劣化の責任はお客にあるといえる。
で、いらないという契約の破棄は、クーリングオフ等の特記を除いて、片方が一方的に宣言できるものではないので、受けるか受けないかは店側次第。

よって、店側は契約破棄を承認してない限り、いくら劣化しようが、弁当そのものを破棄する権利がない代わりに、代金を請求する権利はあり、それをお客は拒む権利もない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお客様の注文はいつまで有効ですか?

おもちゃ売場に勤めております。
よく商品の予約や取り置きを承ります。
しかしながら、とりにこないお客様がけっこういます!涙

☆そこで質問です:
「こういう注文の品の扱いについての法律というのは存在するのでしょうか?」
たとえば、20枚以上の硬貨での支払いは拒否してもいいような法ってあるんですよね?

たいてい注文を承っても未代ですので、商品に対する権利ってそんなにないと思うのですが、
注文もしくは入荷から何日後には約束が無効になるといったことはありますか?
人気の商品とかいつまでも眠らせておくのは口惜しいのです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・ご質問に則して、法律的に考えるとしましたら、売買契約については「民法」で定められていますので、それに則して対応されればよいと思います。
 関係部分を引用してみますと、

[民法]
(売買)
第555条 売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

(売買の一方の予約)
第556条 売買の一方の予約は、相手方が売買を完結する意思を表示した時から、売買の効力を生ずる。
2 前項の意思表示について期間を定めなかったときは、予約者は、相手方に対し、相当の期間を定めて、その期間内に売買を完結するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、相手方がその期間内に確答をしないときは、売買の一方の予約は、その効力を失う。

○法律の解釈

・第555条

 売買契約は諾成契約とされています。つまり当事者の双方が意思を表示し、意思が合致するだけで成立しますので、品物が引渡されたときに成立する訳ではありません。
 また、売買契約は不要式契約なので、書面による必要はなく口頭でも成立します。

・第556条

 売買について予約した場合は、品物の引渡し期限を定めた場合は、その期限までにどちらかが契約を履行しなかった場合は契約違反になります。
 期限を定めなかった場合は、契約の相手方に契約の履行の確認をし、履行の確約が得られなかった場合は予約を取り消すことができます。

 以上から、

>「こういう注文の品の扱いについての法律というのは存在するのでしょうか?」

・民法の定めに従うことになります。

>たいてい注文を承っても未代ですので、商品に対する権利ってそんなにないと思うのですが、注文もしくは入荷から何日後には約束が無効になるといったことはありますか?

・口頭でも売買契約は成立しますので、契約期間内はお客さんは商品を受け取る権利があります。

・取りに来られない場合に契約を無効にしたい場合は、
 *注文を受けられたときに、いつまでに取りに来られるか確認しておき、それを超えると他の方に売買することを伝えておく
 *いつまでも取りに来られない場合は、予約を履行するかどうか確認をする
のどちらかをしておく必要があります。

○まとめ

・契約の履行期限を決めておらず(つまりいつまでに取りに来てくださいと伝えておらず)、予約を履行するかどうか確認して確約が得られない場合以外は、契約はいつまでも有効になります。

・ですから、予約を受けられる場合は、いつまで取りに来るかお互いの合意で決めておく事が重要です。
 そうしておかれれば、期限までに受け取りに来られなければ、相手の契約違反ということで、商品を処分できます。

 こんにちは。

・ご質問に則して、法律的に考えるとしましたら、売買契約については「民法」で定められていますので、それに則して対応されればよいと思います。
 関係部分を引用してみますと、

[民法]
(売買)
第555条 売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

(売買の一方の予約)
第556条 売買の一方の予約は、相手方が売買を完結する意思を表示した時から、売買の効力を生ずる...続きを読む

Q取に来ない商品の処分

お世話になります。
家族が自営でサーフショップをしています。
サーフボードはオーダーで代金は先払いです。
困っている事があるようで調べてあげたいので詳しい方回答よろしくお願いいたします。

出来上がったサーフボードを再三連絡しても取に来なかったり、
そのうち連絡も取れなくなるお客様がいるのですが、その場合オーダー時に頂いた住所に内容証明を送ってそれでも連絡が無い場合、処分するにはどうすればいいのでしょうか。

まだ内容証明を送ったことは無いのですが、「取りに来てください」といった内容の物でいいのでしょうか?

それから今後このようなことが無いように、
オーダー時の書類に「半年以内に取に来なければ破棄します」の類の文句をつけてもよいものでしょうか?
店も小さいので保管に場所を取り、困っているようなのでお願いします。

Aベストアンサー

無断で処分はできません。
ただ保管しておく義務もありませんので、

内容証明にただちに引き取りに来る事。
連絡無い場合、何月何日を過ぎますと、一日○○円の保管料を頂きますと送ってみたらどうでしょう。
(あくまで引き取りを目的としてる事前提ですので保管料を取る事は考えないで下さい。)

あるいはその後、商品を一方的に着払いで送りつけるとか方法は色々あると思います。

Q特注品を注文した客が引き取りにこないのですが...

よろしくお願いします。

1月にそのお客さん専用の特注品を受注しました。
納期は約45日で12万円の品です。

引き渡し予定日を2ヶ月過ぎても連絡が無いので、連休前に電話した所
「連休明けには引き取りにいく」との返事をいただきました。

その後は電話にも出ないし、FAXを送っても反応がありません。
特注品で転売も出来ない状態です。
普段は手付金をいただくのですが、常連さんの紹介だったので1円もいただいていません。
お客さんには明細と納期を書いた伝票は渡しています。

何らかの事情があれば連絡ぐらいは出来ると思うのですが、今の状態では
引き取り意思は無いものと判断せざるをえません。
特注品とはいえ、渡していない商品の場合は代金を回収する方法はないでしょうか?

箇条書きのような説明で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>特注品とはいえ、渡していない商品の場合は代金を回収する方法はないでしょうか?

売買契約は有効に成立していますし、特注品は特定物債権ですから、納期を過ぎても注文者が受領しない場合は、受領遅滞となります。
受領遅滞となると、(1)債権者は同時履行の抗弁権を失う(民法533条)、(2)受領遅滞中の保管費用は債権者負担となる(民法485条但し書き)などの効果があります。

つまり、特注品の引き渡し前に代金の請求が可能ですし、保管費用も請求できるのです。(当然、代金を受領した場合は、速やかに品物を引き渡さないと、今度は質問者様が債務不履行となりますが)

ただ、法律論で真正面から対抗するのは、商売上、得策でないこともあり得ます。
注文者は、おそらく代金が一括して支払えない等の事情が発生したのでしょう。まずは、引き渡し時期や代金の支払い方法等について、相談に応じる旨の連絡をとってみてはいかがでしょうか。
紹介者と相談できる間柄であれば、紹介者の方から口添えしていただくという手もあります。

また、支払督促や少額訴訟を行うのであれば、商品は供託しておくべきでしょうし、そのような手間やコストをかけても、そもそも相手が代金支払い能力がなかったり、あったとしても支払い意思がなければ、債務名義(少額訴訟の判決等)を得たうえで強制執行(銀行預金・給与等の差し押さえ)まで行わなければなりません。
当事者間の話し合いで解決できなければ、特注品を特売品として販売していくらかの代金回収を図る方が現実的ではないでしょうか。

>特注品とはいえ、渡していない商品の場合は代金を回収する方法はないでしょうか?

売買契約は有効に成立していますし、特注品は特定物債権ですから、納期を過ぎても注文者が受領しない場合は、受領遅滞となります。
受領遅滞となると、(1)債権者は同時履行の抗弁権を失う(民法533条)、(2)受領遅滞中の保管費用は債権者負担となる(民法485条但し書き)などの効果があります。

つまり、特注品の引き渡し前に代金の請求が可能ですし、保管費用も請求できるのです。(当然、代金を受領した場合は、速やかに品物...続きを読む

Q親が亡くなった人にかける言葉

先日、私の職場の同僚のお父さんが亡くなりました。
私は、こういう経験がなく、今度彼女に会ったら何て言ったらいいのかわかりません。
もう3日も休んでいるので、何も言わないのもおかしい気がするし。
それとも、触れるべきではないのでしょうか?
今度会ったときに何て言おうかと悩んでいます。
相手を気遣い、かつ不快にさせないことばがあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。 30代オンナです。

私は5年前に実母を癌で亡くしました。
そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。
「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。

ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。
唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。

わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。
腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。

ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。
できたら、落ち着いた頃に(49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。


人気Q&Aランキング