【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

絶版になった本を全部コピーするのは図書館では一応認められているようですが、それを借りてきて学校でコピーするというのは違法なのですか?
卒業研究に必要な本があるのですが、新品も中古もなく困っています。
なので図書館で借りて教官のお金でコピーしようなんて邪なことを考えているのですが、これって法に触れるんですか?
教えて下さいm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一応,図書館関係者です。


No.2の回答に少し補足しておきます。

>図書館では、絶版資料といえど、利用者の求めに応じてできるコピーは、著作物の一部分だけです。(著作権法第31条第1号)

その通りなのですが,おそらく質問者さんは同条の第3号をごらんになって,
「絶版になった本を全部コピーするのは図書館では一応認められている」とお考えになったのではないでしょうか。

第3号というのは,「他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合」です。
平たく言うと,
「利用者ではなくよその図書館から,うちにはこの本がなくて,買おうにも絶版になってしまっているだけれども,是非とも1冊置いておきたいので,コピーさせてもらえないか」と依頼があった場合です。
郷土資料とか,雑誌の欠号など,蔵書に抜けがあると困るような場合,このような措置をとることがあります。

さて,ご質問のケースですが,No.2にもあるとおり,「図書館から借りてきて」「自分でコピーして」「純粋に個人的に使う」のであれば,「私的使用のための複製」にあたりますので,丸ごとコピーすることも可能です。
(卒論を書き終わったあと,もういらないや,と他人に売ったりすれば,「私的使用」の範囲を超えてしまうでしょう)

「借りられない資料」だった場合,図書館内のコピー機でコピーすることになりますが,この場合は「図書館が利用者の求めに応じて,業務としてコピーする」ことになるので,丸ごとコピーは不可(一部なら可)です。

ただし,後者の場合でも,コピーしたいものが図書ではなくて,たとえば雑誌の記事や論文などの場合,次の号が発売になっていれば丸ごとコピーも可です。(法律上は「発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物」という言い方をしており,次号が発売になったら,前の号は入手が困難になったものと見なして,「相当期間」が経過したと解釈されています。)
いいかえれば,最新号の記事は「記事の一部分」しかコピーできないことになります。(「1冊の雑誌の一部分」ではありません。一つ一つの記事は独立した著作物ですので。)

次に,著作権法の附則第5条の2についても,少し補足しておきます。

条文ではこのようになっています。

(自動複製機器についての経過措置)
第五条の二  新法第三十条第一項第一号及び第百十九条第二号の規定の
適用については、当分の間、これらの規定に規定する自動複製機器には、
専ら文書又は図画の複製に供するものを含まないものとする。

わかりやすくいうと,コンビニや大学などに設置されたコピー機を用いて,文書・図画を複製する場合は,私的使用が目的であれば認められます。
一方,カセットテープやビデオテープなどの自動ダビング機を使って複製する場合は,たとえそれが私的使用を目的としていても,元のテープの著作権が切れていない場合は違法になります。
いずれにしても,No.1の回答は誤っていますね。

教官のお金で,というのは,教官が認めているのであれば何の問題もないでしょう。
まして,質問者さんの大学では,システムとしてそういう仕組みになっているようですし。
実際,たいていの大学では,研究に必要な予算を直接もらえるのは大学院生以上のことが多く,学部学生の個人に対してお金を直接支給してくれる大学はめったにありません。(奨学金のような大きな枠でもらうのは別として)
そうはいっても,学部学生でも卒論研究などでは研究費を必要とする場合がありますので,そのような場合は,教官とか講座とか研究室の予算から回してもらえるようになっていると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりましたが、回答ありがとうございました。
卒業研究のための私的利用なので、大丈夫だと思います。終わっても売るつもりなどはないので…。
いろいろと詳しく、かつ丁寧に教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2004/06/21 12:41

個人的に使うために自分でコピーするのであれば、著作権法第30条の私的使用目的の複製に当たるので、著作権侵害にはならないでしょう。

自分でコピーすることが条件なので、コピー屋でコピーしてもらってはいけません。

ちなみに、図書館では、絶版資料といえど、利用者の求めに応じてできるコピーは、著作物の一部分だけです。(著作権法第31条第1号)

#1のご回答は、著作権法第30条第1項第1号をご覧になって、公衆の用に供する自動複製機器に該当するとお考えになったようですが、附則第5条の2で「専ら文書又は図画の複製に供するもの」については当面適用除外とされていますので、この場合は誤りです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりましたが、回答ありがとうございました。
あくまでも卒業研究のための私的利用なので(おそらくその範囲に入ると思うので)大丈夫だと思います。

お礼日時:2004/06/21 12:38

教官のお金でコピーするというのは、窃盗罪か


業務上横領罪に該当するのでは?(笑)

学校という場所でコピーする行為は、コピー機が
あなた以外の所有で不特定の者が使用するのですから
私的使用にならないので著作権法違反です。
(第三十条 私的使用のための複製)

この回答への補足

すいません、言葉が足りなかったみたいです(^^;)
うちの学校は、担当教官からコピーカードを借りてコピー機を使うというシステムなんです。教官も、卒研や自分の授業に関する資料のコピーなら快くカードを貸してくれます。
それで、教官のコピーカードで使った紙のお金は教官の研究費で落ちる、ということなんです。
うまく説明できているかどうかわかりませんが…
誤解させてしまったみたいですいません。
気持ちとしては、使えるものは使ってやろう!という邪な動機ではあるのですが(笑)

補足日時:2004/06/14 23:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、回答ありがとうございました。
教官の許可を得て、白い目で見られない範囲でコピーしようと思います。

お礼日時:2004/06/21 12:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私的に使用する絶版本を複製出来ますか?

絶版本が新品で読みたいと思っているのですが入手不可能なので、
自分で古本屋で買ってきて裁断、コピーして、製本して新品の形で読むことは
法律的に可能ですか? (代行業者に完全に頼むか、代行業者でセルフコピー、製本のみ委託、電子化は考えておりません。)

もちろん著作権は残ったままですし、許可もとりません。
私的使用(本人のみの使用)ですので、特に著作者の金銭的な損害は出ないと思います。

誰かわかる方宜しくお願いします。(法律に関しては初心者ですのであまり難しい説明はご遠慮ください)

Aベストアンサー

No1です。解決してよかったです。
納得されたならベストアンサーつけてもらえると嬉しいです。

Q絶版になった本の購入方法は?

ほしい本がすでに絶版になっており、困っております。
何故か、絶版と聞くと余計に読みたくなります。
購入方法をご存知の方どうぞお教えください。
お願いします。

Aベストアンサー

 
  中古本だと、EasySeek に「登録」しておくと見つかった場合、メールで知らせてくれます。EasySeek は古書店の合同組織というか、連絡組織のようなものです。以下の参考URLにアドレスを入れておきます(EasySeek は、会員登録が必要です)。
  http://www.easyseek.net/ 

  また、Yahoo! Auctionでも探せば出ていると思います。「アラート」というものがあり、登録しておくと、その名前に関係ある商品が出品されるとメールで知らせてくれます。
  http://auctions.yahoo.co.jp/
 

参考URL:http://www.easyseek.net/

Q図書館所蔵の書籍のコピーに関する著作権問題

図書館所蔵の書籍のコピーに関する著作権について質問させて下さい.

私はこれまで,図書館の書籍はいかなる場合も「全ページコピーする」ことは許されず,「半ページのみコピーする」ことが許されていると理解していましたが,先日知人にこの理解は間違いだと指摘されました.

知人曰く,図書館の書籍は「図書館内のコピー機で全ページコピーする」ことが許されていないだけで,図書館の書籍を借りて図書館外に持ちだしたあとで,その書籍を「自宅やコンビニなどのコピー機で全ページコピーする」ことは法律的に問題ない,とのことです.

知人のこの理解は正しいのでしょうか.
また,この問題に関連して,「自分で買った書籍を,自宅やコンビニのコピー機で全ページコピーする」ことが法律的に問題ないのかどうかも併せて質問させて頂ければと思います.

著作権法にお詳しい方,何卒ご回答頂けるとありがたいです.
よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

図書館内での資料の複写は著作権法31条によっています。

(図書館等における複製)
第三十一条 国立国会図書館及び図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この項において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
  一 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個々の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
  二 図書館資料の保存のため必要がある場合
  三 他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合

上記31条1項に「著作物の一部分」とありますが、他の方が紹介されているようにが、この「一部分」は判例により「半分を超えない」分とされており、大抵の図書館では「コピーは1冊の半分まで」としています。(この「半分」にもいくつか説があり、例えば百科事典や短編集のように複数の独立した項目がある本の場合は、その項目の半分までとされています。)

そして、図書館の本を館外に持ち出してコピーする場合は、著作権法30条によっています。

(私的使用のための複製)
第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
  一 公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
(以下略)

ここでは、自分で購入したものか、図書館から借りたものかは区別していませので、資料の全部を複写することができます。
もちろん、「私的使用のため」ですので、複写したものを販売したり譲渡したりすることはできません。

以上、ご参考になれば幸いです

参考URL:http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#2_3e

図書館内での資料の複写は著作権法31条によっています。

(図書館等における複製)
第三十一条 国立国会図書館及び図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この項において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
  一 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究...続きを読む

Q絶版の本の入手の仕方

本屋に注文しても絶版になっている本がありますよね?図書館で事足りる場合もありますが、どうしても自分の本として所有したい場合には、どうすれば確実に入手できるのでしょうか。古本屋のサイト等を回ってみてるのですが、学術書はほとんどありません。絶版という場合、出版社にも在庫が全くないのでしょうか。(もっとも、普通の人には売ってくれないのかもしれませんが)何かいいお知恵があれば、教えてください。

Aベストアンサー

書店員をしているnaoxと申します。

一般論よりも具体的に何の本をお探しか書かれた方が
糸口が見つかると思います。

品切れや絶版になっているものでも版元(出版社)に
資料として、あるいは商品としては流通させられない
ほど痛みのある本が残っている場合もあるでしょう。

お客様が熱意のある方でその熱意にほだされて版元の
方が手持ちの資料本から出荷して下さったということも
ありました。

絶版状態で商売のルートから外れると後は人と人との
繋がりですね。どれだけその本を必要としているか、
その熱意がわかってもらえると本に出逢える確率が増
すような気がします。

Q厚い本を見開きコピーする上手な方法

百科事典など分厚い本をコピー機でコピーしようとすると、綴じ位置に近い中央の部分が読み取り面にうまく押し当てられないため、字が薄くなったり、横書きの行が斜めになった原稿ができてしまいます。
本をよくコピーされる方は思い当たるふしがあるかと思いますが、こうならないための良い方法はなにかありますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

本の(綴じ部分の)隙間から光が入って見えにくくなるのであれば、本の上から黒い布などでコピー機の読み取り部分を被う事でかなり解消できます。

歪みはどうしようもありません。片面づつ(が可能であれば)とってその原稿を2枚並べてもう一度コピーするか、皆さんがおっしゃるように分解覚悟で行くか…。

パソコン等が使えるならば、デジカメを三脚などで固定し、片面ずつ、できる限り高品質で撮ったモノをパソコンで合体させるなんて方法もありますね。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q絶版した本が欲しい

 本が欲しくて探した結果、絶版であることが判明しました。アマゾンやクロネコ・ブックファースト・本屋さん・紀伊国屋・・・何れも取り扱えできない旨のメッセージです。絶版本の入手方法はあるのでしょうか?ご存じの方教えてください。
「品質コストマネジメント-品質管理と原価管理の融合」中央経済社、伊藤 嘉博【著】なる本です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

だめもとですが、出版社に直接聞いてみるという荒業もあります。嫌がられるとは思いますが。
営業部門の在庫状況は書店とかわりませんが、編集担当は見本誌として何冊か持っていることもあるます。また、著者自身も余分に持っているので、著者に連絡を取るのもでたらめですが、確実な方法です。
出版社に連絡する際には仕事で調べている、あるいは研究目的であることを告げ、本の内容について聞くため編集担当者につないでもらう。そして入手方法を確かめ、著者を紹介してもらうといいでしょう。

まあ、かなり横紙破りで強引な方法ですので、くれぐれも礼儀正しく対応するよう心がけましょう。
また、著者にもお目にかかって話しをうかがってみるぐらいの気概が必要です。

Q絶版本をほかの出版社から復刊させられる?

A社から出版された本が絶版になったとします。
A社はいまでも立派に営業しているものの、その本を復刊させるつもりは全くない、ということが明らかな場合、

1)別なB社がその本を出版することは可能なのでしょうか?
2)そういう例は実際にありますでしょうか?
3)その本が外国語からの翻訳ものだった場合、最初から日本語で書かれた本の場合と事情がどのように異なってくるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず著作権を持つ著者の承認が必要です。

普通、A社は前回の出版の際、著者と出版契約を結んでおり、出版権を得ています。
この契約の内容がどうなっているかにより、状況が変わるでしょう。
A社の出版権の契約が期間を限ったりしたもので、すでに無効になっていれば、B社は著者の承認だけで出版可能です。
A社の出版権がまだ有効な場合、A社との調整が必要になります。

なお、文章以外の表紙デザインや挿絵などは、A社や挿絵画家に著作権があるでしょうから、全く同じ形での再刊にはこうした権利の調整も必要だろうと思います。

翻訳書の場合、出版社が翻訳出版権を得ていると思いますので、もっと複雑になりそうですね。

Qアマゾンで新品より中古品の本が高いことがあるのはなぜでしょうか?

日本のアマゾンで洋書を買いたいのですが、良く分からない点がありますのでどなたか教えてください。本を検索すると新品と中古品の値段が表示されますが中古品の方が高い場合があります、これはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

・和書の場合
 ・品切れ・絶版など現在では入手不可の書籍の場合
  古本屋でプレミアムが付くのと同様、中古本が定価よりも高くなることはよくあることです。
 ・在庫切れの場合
  出版社には在庫があるかもしれませんが、マケプレ出品者は品切れとみなしてプレミアム価格をつけた可能性があります。
 ★新品も普通に売られている場合
  これは詐欺の確率が極めて高いです。
  これをやる奴はいつも決まっており(2ちゃんとかで有名人は特定されています)、
  定価の2倍付けなんてやっています。
  奴らは注文を受けると、すぐにネット書店に発注をかけます。
  書籍が届いたら、包装を入れ替えて自分の在庫を発送したように見せかけます。
  分からない購入者は、新品同然の品が届くので(当たり前)、購入できてよかったと感謝します・・・
  携帯からの注文などは定価が表示されないためでしょうか、皆さん結構騙されています。
  奴らに掣肘を加えたいですが、なんかいい方法はないものでしょうかねぇ。

・洋書の場合
 原則和書と同じですが、海外からの出品者は為替相場の変動で、
 最初の価格設定よりも定価を超えて高くなることがあります。

・和書の場合
 ・品切れ・絶版など現在では入手不可の書籍の場合
  古本屋でプレミアムが付くのと同様、中古本が定価よりも高くなることはよくあることです。
 ・在庫切れの場合
  出版社には在庫があるかもしれませんが、マケプレ出品者は品切れとみなしてプレミアム価格をつけた可能性があります。
 ★新品も普通に売られている場合
  これは詐欺の確率が極めて高いです。
  これをやる奴はいつも決まっており(2ちゃんとかで有名人は特定されています)、
  定価の2倍付けなんてやっていま...続きを読む

Q授業(大学の講義)で絶版図書を用いる際の著作権問題について

大学の講師を勤めているのですが、ある講義でどうしても使いたい書籍があります。
しかし、その書籍は既に絶版になっており、しかも、用途として辞書的に用いる必要がある書籍のため、書籍1冊丸々コピーして、生徒に配布したいと考えています。

しかし、このようなケース(大学の講義で使用する、書籍は絶版である)でも、書籍全体を丸々コピーして生徒に渡すという行為は、著作権法的に問題があるのでしょうか。
あるいは、仮に問題があるとしても、出版社(あるいは著者?)に許可を得れば問題ないのでしょうか。

著作権についてお詳しい方がいらっしゃいましたら、御教示頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的には、複製には著作権者の許諾が必要です(複製権)。
ご存じのように、著者の死後50年経過までは著作権が保護されています。著作権は相続されるので、著者の死後も相続者に権利が存続します。
ご質問には著作権の有無が記載されていませんので、著作権は存続していると想定します。

さて、大学教員なら、これもすでにご存じのはずですが(ちなみに「生徒」ではなく「学生」)、著作権法第35条第1項で、「学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。 」とあり、授業の一環で複製することは、権利の制限として、許諾無しに認められています。
しかし、同項の第二文で、ただし書きがあり、「著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。」となっています。つまり、授業の中であっても、「1冊丸々コピーして、生徒に配布する」のは、著作権者の利益を害すると認められるでしょう。最終的には裁判所が判断しますが、図書館でも丸々コピーは認められず半分とかになっています。無制限ではないということです。

さて、「絶版」ですが、一般的な出版事業では、著作物の内容・価値・寿命を考慮し出版部数や増刷部数・回数が決まります。出版社の判断で、増刷を停止すれば、以降は絶版となります。版元としては在庫を廃棄します。したがって、注文があっても在庫無しで断られます。ところが、販売網の中ではまだ在庫が残ることがよくあります。また、中古品で流通することもあります(たとえば、アマゾン)。
従って、入手不可能と断言することはできません。残っている店頭の在庫が売れれば、著作権者には利益が還元されます。
従来は一度絶版になると、永久に絶版になったのですが、最近は、電子書籍として新たに発行する動きが強まっています。かつては絶版本であったものでも、改めて電子出版される可能性が出てきました。

ご質問の場合は、著者か著作権者に連絡して(出版社経由など)許諾を得ることが最善です。
おそらく、著者はすでに販売利益を期待していないでしょうし、大学なら社会貢献として認めてくれるでしょう。そうすれば堂々と複製が可能です(1冊丸々コピーで学生の数だけでも)。

一般的には、複製には著作権者の許諾が必要です(複製権)。
ご存じのように、著者の死後50年経過までは著作権が保護されています。著作権は相続されるので、著者の死後も相続者に権利が存続します。
ご質問には著作権の有無が記載されていませんので、著作権は存続していると想定します。

さて、大学教員なら、これもすでにご存じのはずですが(ちなみに「生徒」ではなく「学生」)、著作権法第35条第1項で、「学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者...続きを読む


人気Q&Aランキング