痔になりやすい生活習慣とは?

池の水を利用して自家発電を考えております。しかし勾配のない地形の為、落差を作り出す工夫が必要かと思います。池に流れ込む小川がありますがとても緩やかです。しかしそこにクロスフロー水車等を取付けてみるか、又は池の小屋の脇でポンプアップして落差を作り出し水車を回転させた方がいいか、勾配がない為いろんな方法を検討しております。池の水質も年々富栄養化して来ているようで、自家発電を以て水質も改善出来れば尚嬉しく思っております。得意分野でない為、皆さんのお知恵を拝借致したく、他にどのような方法があるかアドバイスいただければ幸いです。

質問者からの補足コメント

  • 解り易くご説明いただき有難うございます。池というよりも湖沼いう方がいい程の大きさで、一部は直接ではありませんが海に連結しています。水質改善と自家発電が目下の課題ですが、水量は十分あっても落差がないので自然エネルギーとしては難しいのでしょうか。例えば、別の自然エネルギーと併用して自家発電をするのであれば、可能性はあるのでしょうか。 水車を使って発電が出来て、水質改善にも一役買うような素晴らしい方法があれば、アドバイスをお願いします。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/02/10 00:11

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

落差を利用するのは、位置エネルギーを電力に変える


水流を利用するのは、運動エネルギーを電力に変える
って、ことですね。

最近の自転車には、前輪の車軸の中に発電機が入っているものがあります。
これを利用した風車や水車を自作してる方が増えてるみたいです。
水流を1か所に集めるような工夫をすると効率が上がります。
確か自転車は交流なので整流回路を入れないと直流になりません。
あとは、電圧を合わせたら、携帯用のブクブクが使えますかね?

携帯用のブクブク→釣りの時に生き餌の水槽に空気を送り込む電池式の物
    • good
    • 0

水流がなく、落差も無いのであれば無理ですね。



またポンプアップの水で回しても、ポンプに使う電力の方が大きいから、意味がないです。


現実的には、水流での水車をあきらめて、水質と発電を別物として考えたほうがよいでしょう。

また、現場は海とつながっているとありますが、海水を含む域(汽水域)かどうか塩分濃度などが解らなければ、現実的な方法も提示できる方は少ないでしょうね。

例えば塩分濃度が高ければ、干潟の様なものを人工的に作り、貝類を放つ方法などがありますし、淡水域なら炭素繊維の束や牡蠣殻で水質改善する方法もあります。

最後に、発電は現時点では太陽光でしょうね。

水が動かない限り発電は別物になってしまいます。
    • good
    • 0

>水量は十分あっても落差がないので自然エネルギーとしては難しいのでしょうか


海、有り余る水量がありますが・・・・。
広大な海なら、波動発電なんてのも聞きましたが、湖沼程度ではそれすら・・・・・。
水=エネルギーではありません、高所にある物体=位置エネルギーです。
石ころでは、利用しにくいが、水の場合、形が自在に変わるので利用しやすいだけの相違。
    • good
    • 1

水質改善になぜ効率の悪い電気エネルギーに代える必要があるのかわかりません。

エネルギーは変換するたびに変換ロスで失われてしまいますよ。

 単純に風車なり水車を立てて、その力で直接湖沼の水をかき回すようにすれば良い。それだとロスは出ない。
 ⇒北浦町( http://www.uchihashi.jp/masaya/wind/0302_kitaura … )
   ⇒風と緑の広場風車( http://www.nameshoko.com/kankou/kouen/huusya/ind … )
 ⇒霞ヶ浦周辺の風景|風まかせの福島でバイク( http://ameblo.jp/dtora-5335/entry-11540879668.html )
 ⇒地球のたまごのランドスケープ( https://omsolar.jp/tamago/landscape.html )
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。水力は比較的変換ロスが少ないと思っておりました。水質改善の為に単純に水車でかき回すなら、その運動エネルギーをライトアップや何かに使えないだろうかと思ったのが、自家発電を考えたそもそもの理由です。例えば、二連三連と水車を繋げた場合も同じ事なのでしょうか?電力を得ることは難しいのでしょうか。http://www.yumeginga.jp/topics/monokowashis/senj …

お礼日時:2015/02/12 00:27

水力発電は位置エネルギーを電気エネルギーに変換するものです。


 ポンプアップしてもポンプに消費した以上の発電はあり得ません。池の水を使うなら、必ず池より下に流さなければ発電できません。

また、水力発電は多量の水が必要です。 一般家庭の使用電力量ひと月300kWhに相当する発電を例に試算してみます。1日当たり10kWhになりますが、これを24時間連続して発電するとすれば、発電出力は約0.42kW(420W)となります。
420Wの発電する場合、落差2m効率70%とすると、水量は約毎秒30Lになります。
1日では0.03×3600×24=2592 すなわち1日当たり約2600tの水量が必要です。
落差が10倍の20mなら、水量は1/10の260tとなります。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解り易くご説明いただき有難うございます。池というよりも湖沼いう方がいい程の大きさで、一部は直接ではありませんが海に連結しています。水質改善と自家発電が目下の課題ですが、水量は十分あっても落差がないので自然エネルギーとしては難しいのでしょうか。例えば、別の自然エネルギーと併用して自家発電をするのであれば、可能性はあるのでしょうか。 水車を使って発電が出来て、水質改善にも一役買うような素晴らしい方法があれば、アドバイスをお願いします。

お礼日時:2015/02/10 00:43

流れ込む水の落差を使うか、風車でくみ上げないと、


使った電力以上の発電はできませんよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスを有難うございます。近くにも風車はありますが、騒音と風力が不安定だという事で、過去に設置が見送られた経緯があります。バイオデイーゼルや何かと併用して工夫しても、使った以上の発電は見込めないものでしょうか。 海に流れ込む河口での発電は水流もあるので可能に思えるのですが、それが湖沼の水質改善の面でプラスになっているのかと思い、何か別の水質改善にも繋がる自家発電方法を模索しております。 何かアイデア等御座いましたら、書き込みいただけると嬉しいです。

お礼日時:2015/02/10 00:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング