はじめまして、この度初めてふるさと納税を行い、確定申告の書類を作成しました。

ネットを使って申告書を作成したのですが、自動計算され出てきた申請書を確認すると、
寄付金控除と還付される税金の合計額が、寄付額を超えています。
このようなことはあるのでしょうか?

昨年の寄付金額は20,000円
寄付金控除額は18,000円
還付される税金は3614円 です。

私の解釈では、20,000円の寄付をした場合は
寄付金控除 + 還付される税金 = (寄付した金額 - 2000円)
と理解していたのですが、間違っていますか?

なお、扶養、住宅減税等はありません。

よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。

    2種類の税金から控除される仕組みはわかりました。

    そうすると、還付される税金(3614円)というのは、ふるさと納税に関係のないお金なのでしょうか?

      補足日時:2015/02/12 19:27

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

№1です。



>そうすると、還付される税金(3614円)というのは、ふるさと納税に関係のないお金なのでしょうか?
いいえ。
それがふるさと納税による還付金です。
前に書いたとおりです。

前回の回答
「寄付金控除は「所得控除」といって、「課税される所得」からその分(貴方の場合18000円)差し引かれ、それに税率をかけた分が還付される所得税額です。
控除額がそのまま安くなるわけではありません。
所得税
 18000円(控除額)×20%(貴方の所得税の税率)=3600円」
*端数は「復興特別所得税(所得税の2.1%)」が影響しています。
    • good
    • 0

>寄付金控除と還付される税金の合計額が、寄付額を超えています。


このようなことはあるのでしょうか?
結論から言いますが、数字はあっています。
ただ、貴方の考え方が間違っています。

ふるさと納税は、所得税と住民税両方で控除されるしくみです。
寄付金控除は「所得控除」といって、「課税される所得」からその分(貴方の場合18000円)差し引かれ、それに税率をかけた分が還付される所得税額です。
控除額がそのまま安くなるわけではありません。
所得税
 18000円(控除額)×20%(貴方の所得税の税率)=3600円

住民税
・住民税(基本分)・・・18000円(控除額)×10%(税率)=1800円
・住民税(特例分)・・・18000円(控除額)×(100%-10%(基本分)-所得税率(20%)=12600円
 合計14400円、住民税(平成27年度分、今年6月から課税)が安くなります。

3600円(所得税)+14400円(住民税)=18000円
よって、2000円を除いた18000円が戻ってくるというしくみです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qふるさと納税で4万円寄付しました。還付額は?

昨年、ふるさと納税で自分のふるさとに4万円寄付しました。
確定申告で還付金が戻ってくるということで、寄付金控除で記入したところ、還付額は6000円ほどでした。
35000円は戻ってくると思っていたので、これでいいのかわからないでいます。
ふるさと「納税」とは言っているものの、これは実は「寄付金」であり、こちらの住民税や所得税の納入額によって還付額に上限があるということなのでしょうか。

Aベストアンサー

5000円は控除があるので、35000円ですよね?
その10%が所得税で還付されます。なので、ふるさと納税の分は3500円です。6000円ほどとある残りの分は医療費などの他の控除の金額だと思います。

で、残りですが、住民税で還付されます。正確には21年度の住民税が減額されます。その分が31500円になります。

確定申告をしていない場合、住民税の申告を市役所に行かないと駄目ですが、確定申告をすれば、住民税の申告は自動でされるので、不要です。(私はわからなかったので、今年、両方に行くことになりました)

住民税がその金額に達していない場合は、減額されないのですが、昨年の住民税はどうでしょうか?ローン減税などがあると、微妙かもしれませんが、残額があれば、その分が引かれない連絡が、6月頃に来ますよね?そこで、全体から31500円安くなっています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報