もうすぐ50歳になるのですが、運動できる場もなければ、運動できる時間もなかなかありません。そんな中、わずか数分で体力づくりにつながる方法があれば教えて頂ければ幸いです。とりあえず全身の筋力アップを僅かでもよいので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おはようございます。


数分で体力づくりですか?
ありますあります、短時間での体力づくりが!
ではではご紹介させていただきます。
とにかくどこに行くにも、徒歩!
また、エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を
使って登ってください。
なかなか生活の中で、時間をかけて運動をするのは、難しい
時は、とにかく歩くのが何よりもの体力づくりの近道です。
私自身も、ここ数年どこに行くにも、徒歩。
それを意識して、心がけたことで、かなり足の筋肉がついた
ように思います。
以前よりも、息が上がらなくなりました。
時間がない中での運動は、困難かと思いますが、是非挑戦して
みてください。
ではでは。
    • good
    • 1

会社までチャリで行ってください。


最初はきついけど、段々と体力が付けば楽勝になります。
しかもガソリン代を節約できるので一石二鳥です。
体力作りするのに楽したいとか思わないでくださいね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもうすぐ40歳 20代の体力に戻せますか?

もうすぐ40の男です。最近、膝痛のことで質問しました。
20代まではスポーツをしていたんですが、結婚してからなんにもしなくなり、1年前ふと体力がものすごく落ちていることに気づいて、今は水泳(週1)筋トレ&ジョギング(週1、2回)、テニス(2週間に一回)をしています。

膝痛に関しては、みなさんのアドバイスと本を読んだ知識から、おそらくジャンパー膝だと分かり、しばらく運動をやめて自分でマッサージしていたら直ったんですが、その後、腰が痛くなって・・・という感じで、次から次へと体のどこかがおかしくなります。

前起きが長くなりましたが、テニスがうまくなりたいです。テニスは20代にやっていたんですが、今やると昔のようにできない。ジャンプできないし、全力で走れないし。

筋力が衰えているということだと思うのですが、今やっている水泳や筋トレだと、瞬発力の面で実戦に間に合わないような気がします。かといって、ダッシュやジャンプといったような昔、部活でやっていたようなことをいきなりすると体がおかしくなってしまう。
最近、膝と腰がおかしくなった原因も、よく考えてみたら縄跳びの二重跳びをしたせいなんじゃないかと思う。

どんな運動メニューをこなせば、体に負担なく全力で走ったり、ジャンプできるようになるでしょう?

なお、身長168センチ、体重58キロです。

もうすぐ40の男です。最近、膝痛のことで質問しました。
20代まではスポーツをしていたんですが、結婚してからなんにもしなくなり、1年前ふと体力がものすごく落ちていることに気づいて、今は水泳(週1)筋トレ&ジョギング(週1、2回)、テニス(2週間に一回)をしています。

膝痛に関しては、みなさんのアドバイスと本を読んだ知識から、おそらくジャンパー膝だと分かり、しばらく運動をやめて自分でマッサージしていたら直ったんですが、その後、腰が痛くなって・・・という感じで、次から次へと...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

●歳をとって、衰えの危機感、我が身にもありますのでよくわかります。
しかし、体は一朝一夕に変化はしません。
あせって、事を急ぎ過ぎると故障を招きます。
トレーニングは計画的に行わなければいけません。

■先ずは、お体の悪い場所を診てもらう事が先です。
治療で、食事療法、サプリメント(カルシウム)投与、リハビリトレーニングが必要になるかもしれません。

骨粗鬆症では、脊柱の圧迫骨折、変形関節、疲労骨折などがあります。
骨密度を測った方が良いかもしれません。

体が大丈夫であれば心おきなくトレーニング出来ます。
心理限界が大きくなります。

■食生活に気を付けます。
カルシウムの多い物を食べたり、タンパク質を多く摂ります。
牛乳によるカルシウム摂取は、ほとんどの大人が乳糖不耐性ですので注意します。
大量に飲むと体調を悪くします。

■トレーニングの進め方

徐々にペースを上げます。

<質問:筋トレしているとすぐに疲れてしまう・・・>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2186415

ダッシュは、体全身の筋肉を使います。
総合的に体(脚、体幹部、腕)を鍛えます。

脚は、カーフレイズ、トゥレイズ、スクワット。
体幹部は、シットアップ、クランチ、レッグレイズ、伏臥上体反らし。
腕は、懸垂、腕立て伏せ、リバースディップ等で鍛えることが出来ます。

<BIG TOEの筋肉物語:トレーニング>
http://www.rock.sannet.ne.jp/muscle-t/contents.html
<BIG TOEの筋肉物語:ビギナーのためのトレーニングメニュー例>
http://www.rock.sannet.ne.jp/muscle-t/t.menu.for.biginner.html

出来れば、トレーニングの本を数冊買って下知識を付けると良いです。

トレーニングは必ず実ります。
地道に地道に時間をかけて行います。
最初は苦しかったトレーニングが楽と思える日が来ます。

●個人個人によって、体質、体力に開きがあります。
上記に上げた事は、「一般的な事」ですので、御自分がどの位置にあるかによってトレーニング限度が変わってきます。

※歳をとると腱柔軟がなくなりますので、アキレス腱が切れやすくなります。
トレーニングによっても補えきれない所もあります。
私の周りの人で、ママさんバレー、バドミントンでアキレス腱が切れ救急車で運ばれた人がいますが、この人達でさえトレーニングをやっていなかったというわけではありません。
やはり歳にはかなわないところが、どうしても出てきてしまいます。

No.2です。

●歳をとって、衰えの危機感、我が身にもありますのでよくわかります。
しかし、体は一朝一夕に変化はしません。
あせって、事を急ぎ過ぎると故障を招きます。
トレーニングは計画的に行わなければいけません。

■先ずは、お体の悪い場所を診てもらう事が先です。
治療で、食事療法、サプリメント(カルシウム)投与、リハビリトレーニングが必要になるかもしれません。

骨粗鬆症では、脊柱の圧迫骨折、変形関節、疲労骨折などがあります。
骨密度を測った方が良いかもしれません。

...続きを読む

Q40代~50代の一般人を対象とした、健康づくり・体力づくり あなたならどうしますか?

『40代~50代の一般人を対象とした、健康づくり・体力づくりキャンペーン』 あなたならどの様なテーマを掲げ、どんな取り組みをしますか?????

教えてくださーーーーーーーーーーい!!!!!!!
お願いしますm(_ _*)m
至急教えてください;;

本当にお願いします!!!

あまり人が考えないような内容がいいです・・・。

いろいろあってゴメンナサイ・・・;;

Aベストアンサー

あまり人が考えないような内容で、かつ本格的に効果がある内容ということですね。まさに、レジスタンストレーニング(筋力トレーニング)ですよ。むしろあまり人が考えないのを嘆くべき事なのですが。

無酸素運動、レジスタンストレーニング(筋トレ・ウェイトトレーニング)の効果
http://diet.goo.ne.jp/member/rensai/dokidoki/027.html
http://www.icofit.net/exrecises/purpose/fatloss/tips/strength_training
成長ホルモンの効果
http://www.cosmetic-medicine.jp/hormonal/gh.html
成長ホルモンが足りない事の影響
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20070216ik0d.htm

他、介護や糖尿病などで見た、レジスタンストレーニングの効用
http://www.m-junkanki.com/lectures/0410reg/0411-reg1.html
http://www.m-junkanki.com/lectures/0410reg/0411-reg2.html
http://www.kaigo-guide.com/category/14/item/374/
http://www.kentai.co.jp/column/physiology/p024.html
http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/200401240000
http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/200410310000

運動全般ではなく、特にレジスタンストレーニング(キツい負荷のある運動)特有の効果としては以下のようなものがあります。
・成長ホルモンの分泌による、免疫力の向上、基礎代謝の向上、老化防止あるいは若返り、肥満やメタボ改善、骨密度の減少を押さえ、骨粗しょう症の予防。
・自律神経の活性化による、うつや精神疾患の改善、意欲の向上。
・筋力増強による、怪我や腰痛の予防と改善、寝たきりからの回復、心肺機能の急速な向上。
・有酸素運動全般と比べて短時間・低頻度でよい。効果が早い。

気をつけるべき事としては下記のようなものがあると思います。
・正しい方法、キツさでやらなければ効果は出ない。厳密には6~12回繰り返すのがその人の限界という負荷の筋トレや無酸素運動を2~3セット。
・限界のキツさは人それぞれのため、ジムで自由に負荷調節できるダンベルでもなければ万人に適切な内容が指導しにくい。
・キツい運動に対する先入観があり、特に医者が激しい運動を否定するため、勧めてもなかなかやらない人が多い。
・間違った方法で調子に乗ると、オーバートレーニングで関節に大きな負担をかけ、故障の原因ともなる事。まずゆるい運動から始めるて筋力の限界を知ってから行う。毎回準備体操やストレッチをすること。

筋トレには筋肉を付ける効果しか無いと思われがちで、10代の運動部少年でもなければやってる人は少ないでしょうね。まして中高年の人が健康づくり・体力づくり目的でやってることは滅多にいないはず。灯台下暗しですが、中高年、高齢者にこそ必要な運動なので、質問者さんがなにかそういうキャンペーンを行う立場にいらっしゃるなら、ぜひ広めるべきだろうと思います。
適切な内容まで伝えるのはムリでも、せめて「激しい運動」や筋肉痛になるようなムリを筋肉に加える事の大切さや効果について。ただし筋肉つけりゃ体にいい事は誰でもわかってますから、むしろそのせいでもっと大きなメリットが隠されがちです。あえてそこには触れず、筋トレを習慣にするだけで健康維持できるというほうに着目すると新鮮でしょう。

あまり人がやろうとしない内容って事は、それなりの理由が必ずあるわけです。例えば、習慣にするのが難しい、あるいはそもそも効果が無いなど。これらは教えてもまったく意味がありません。
一方、難しくも無く、効果があるのにやらない場合、その方法を知らないとか、何かしら先入観があってやりたくないという理由があるわけです。
だから、ただ紹介するだけでなく、少なくともその先入観を解いたり、効果をわかりやすく説明しすることに力を入れるべきかと思います。その上で、正しい方法や組み込み方のモデルケースを作って紹介する必要があるでしょう。

ちなみに、他の方のご意見を一部否定することにつながりますから心苦しいですが、まず筋トレのよさを伝えるためには、相対的に有酸素運動の効率の悪さにもある程度触れなければなりません。もちろん、やらないよりはいいんですけどね。
一見、ムリの無い運動かに見えるウォーキングやジョギングなど。これらでどれほどの効果が期待できるかと言えば、たいしたことはありません。
普段すでに家事や買い物などで適度な有酸素運動をしているわけですから、軽ければその延長に過ぎません。まして、やる気がある人は既に知っていますから、既に習慣化しているでしょう。さらに、長時間、高い頻度でやらなければならないので誰もが生活に組み込めるわけではない。実際、効果がある人は健康維持のレベルでは済まないぐらいやってます。運動と言うのはできるかどうかも大事になります。

むしろ長時間歩く事が腰痛や膝の故障、場合によっては披露骨折、筋肉量の低下、代謝の低下などになる場合もあり、人によってはそもそも怪我したり腰を痛めていたり、場合によっては寝たきりで、無理のないウォーキングが「ムリのある運動」だったりします。
一方でキツい筋トレは、そうならないための運動です。効果的な筋トレを考えた場合、まずその人の体力に合わせて、10回前後が限界程度の負荷、そして2~3回の少ないセット数、週2~3回という頻度です。苦しいと言えど一瞬ですからできない人は滅多にいません。それで劇的な体質改善効果は期待できます。
老人にとっては、ただ手足を上げ下げするだけでも相当キツい筋力トレーニングとなります。体力が無ければそれで十分であり、介護が必要な老人が元気に運動できるようにも回復します。

もともと運動で体力がつくのは、普段やらないムリをするからであって、ムリじゃないことをやっても意味が無いのです。無理なことをやったら体に悪いという頭の固い人も多いですが、無理と言っても人それぞれの体力に合わせればいいわけですし、できる範囲で最大限のキツさで、という意味ですからね。体が衰えるのは、そういう運動をしなくなるから。つまり子供や10代~20代の頃は当たり前だった「成長する」事を30代以降になると諦め、守りに入るからです。若いうちの苦労は買ってでもしろと言いますが、裏を返せば、適度に苦労をすれば若いままでいられます。

医者でさえそれがわからん人が多く、長らく負荷の低い体に優しい運動をしましょうという常識が根付いてきました。そのせいで筋トレがちゃんと普及しておらず、また大切さも正しい方法も伝わらず、効果的に健康維持できる人が少なくなっています。みんな筋トレしていれば、寝たきり介護の問題や、骨粗しょう症、さらには青年期の肥満などの問題もここまで深刻ではなかったでしょう。残念な事です。

さて具体的な方法についてですが、人によって様々なので一概には言えません。ジムでやれる人はジムで。家でやる人は自分で。自分では軽すぎる人はペットボトルをおもりにして。それでも軽い人はスロトレの本を読んで。かなり体力がある人はダンベルで。他にも、階段や坂道を何回か駆けあがる。無理なら下るだけでも筋トレになります。
http://www.webleague.net/information/coach/qandadet.php?qandaid=1766&teachid=3
公園の鉄棒で斜め懸垂するなど、いろいろとあります。
筋肉に負荷を加える方法はたくさんありすぎますし、どうせ方法を伝えてもやらない人はやりません。やる気がある人は、重要性や効果さえ適切に伝えれば、自分なりの方法を自発的に模索するだろうと思います。
質問者さんが内容までしっかり勉強できると良いのですが、至急という事ですし、少なくともレジスタンストレーニングの重要性に関して伝え、広めるような取り組みができればいいんじゃないでしょうか。
ただし次の機会のためにも、詳しい内容を本を読んだりして勉強なさる事、あなた自身が実践して効果を確かめることをお勧めいたします。

参考になりそうな本
http://antiagingsalon.net/01/2006/04/000183.html
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%88%E3%83%AC-%E7%9F%B3%E4%BA%95-%E7%9B%B4%E6%96%B9/dp/4471034065
http://item.rakuten.co.jp/book/1550741/
http://www.seitosha.co.jp/book.php?product_cd=1412
おそらく一番最後の本が一番実践的無いように触れていると思われます。タイトルから、減量目的のように見えるかもしれませんが、そうでもないです。

あまり人が考えないような内容で、かつ本格的に効果がある内容ということですね。まさに、レジスタンストレーニング(筋力トレーニング)ですよ。むしろあまり人が考えないのを嘆くべき事なのですが。

無酸素運動、レジスタンストレーニング(筋トレ・ウェイトトレーニング)の効果
http://diet.goo.ne.jp/member/rensai/dokidoki/027.html
http://www.icofit.net/exrecises/purpose/fatloss/tips/strength_training
成長ホルモンの効果
http://www.cosmetic-medicine.jp/hormonal/gh.html
成長ホルモンが...続きを読む

Q子供の友達の親に言ってしまいました。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、ひどいときはその子が嫌いな子は家に入れるなと言う始末、うちは5時までが遊び時間と決めていたのでその子にも言っていたのですが、私は5時半までだからと何回言っても聞いてくれずそれどころか延長するように言ってきます。(最終的に追い出しましたけど・・・)

毎回だめと注意し厳しく言ったのですがなかなか帰ってくれず約束守れないなら出入り禁止にしようと考えたのですが娘が一番気に入っているお友達だったのでそれもできずどうかと迷いましたが、親に時間のことだけは手紙を書いてお願いしてみました。すると怒られたらしく時間を守ってくれるようになりました。しばらくは良かったのですが、最近まただんだんと時間がきても帰らなくなり延長をしてと毎回行ってくるのでもう聞き流して時間がきたら帰らしてました。

親に毎回言うのも嫌だし毎日そうしていたのですが、この前子供に今日は用事があるから遊べないと伝えてといった日があって娘が学校の帰りに言ったらしいのですが「私も一緒に行くから大丈夫!」と何回断ってもだめだったそうです。たまになら許せますが毎回です。

子供も少しあきれた様子でもう嫌だといっていました。でもさすがに来ないと思っていたのですが、けろっとした顔で遊びに来てました。「今日は遊べないって言ってなかった?」と聞くと「うん、聞いたけど私も一緒に行くから大丈夫」というのです。

一緒には連れて行けないので帰るよう促したのですが「何で?」と帰ってくれる様子もなく注意しても聞くどころか笑っていてうちの娘のほうがごめんなさいと泣いて私に謝っていました。たぶんなめているんだろうとも思いましたが次からは約束守るように言ってその日は公園で遊ばせるようにしました。

おかげで予定も狂ってしまいイライラしました。子供の言うことで腹を立てるのも大人げないのですが、今までのこともありどうしても我慢できず親に電話しその日のことを説明し用事があるときは来ないようにお願いしました。

ところが違う意味にとられたのかその子が親から2学期始まるまでおうちに遊びに行くのも呼ぶのも禁止にされたそうです。そこまで言ったつもりはないのですが相手もいい気がしなかったのでしょう、結果的に娘に寂しい思いをさせてしまいました。自業自得ですが我慢してれば良かったのにと反省しています。注意しても聞かない子にはどう接したらいいんでしょうか?またどう我慢してますか。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、...続きを読む

Aベストアンサー

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で大きなトラブルになってしまいました。

それ以降、私も反省し、遊ばせるときにはなるべく親同士も一緒に顔を合わせることにしました。
子供の友達と、そのママを家に一緒に呼ぶのです。
うちはマンション住まいなのですが、ドタバタとするような時は
『下の人に迷惑だからドンドンしないでね~!』と注意します。
するとだいたいの親が『こらっ○○!気をつけなさいよ~!』と怒ります。
そうして最近では価値観が合うママとは、子供だけ預かって遊ばせたりもするようになりました。

ちなみにその子は親が一緒に遊ぶ時間を作れないので、少し可哀相かもしれませんが
放課後、休日に遊ぶことを3年生になるまで禁止しました。
もちろん、学校内で遊ぶのは構わないし、私もその子に会えば普通に接します。
ちなみに3年生までと区切りをつけたのは、ある程度の分別がつくようになるまでの期間を子供に明確に説明したかったためです。
息子もさすがに懲りたようで、約束はきちんと守っています。

私がこのくらいの年齢の頃はもっと自由に遊んでいた記憶があって、
自分の息子にも同じ感覚でいたかったのですが、時代の流れでしょうかそれがとても難しいことなのだと思い知らされました。
時には娘さんに寂しい思いをさせてでも、親がトラブルを回避してあげるべきだと思います。

質問者さんは電話して正解だったと思いますよ。
相手の親もきっと今までの行動から察して厳しく言ったのではないかと推測しますが、
万が一相手が気分を害してしまっていたとしても、いっそのこときっぱり割り切ってしまいませんか?
親同士の価値観が違うのだ、と。
ここで我慢しているとそのうちもっと大きなトラブルになる可能性が高いと思います。

息子の学校では、女の子は2年生の終わり頃には仲良しグループを作りはじめ、
3年生になるとグループ同士の対立なんかもたびたび起こっているようです。
もし可能であれば、娘さんに今からでも他のお友達と仲良くするように
言葉が悪いかも知れませんが誘導してあげるのもひとつの手かとも思います。

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報