人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

大学などで新しいポジションが増えてきている折、常勤の助教授・助手のポジション以外にも任期限定であるプロジェクトの期間のに特別に任用されている非常勤の先生の呼称を英語に直すとどうなるかという点で悩んでおります。常勤の先生とは区別しなくてはならず、かといって仮にも助教授の呼称がついているので失礼のないようにしたいと思っています。
現在
research associate professor (助教授)
research associate(助手)
ではどうかと考えています。そういうポジションに詳しい方のご意見をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

お考えになっている


research associate professor (助教授)
research associate(助手)

というのが、もっとも適切な表現ではないかと思います。
まず、
research associate professor
というのは、
(1)任期が決まっている(大体1~5年)
(2)講義はせず、研究に専念する

助教授のことを言うので、だいたいお尋ねのケースに該当すると思います。

次に research associate
ですが、これは日本語に訳せば、「研究員」「研究協力者」という感じで、必ずしも「助手」を意味しません。
「研究に関する補助的な雑務をする」という意味であれば、むしろresearch assistant のほうが近いといえましょう。しかし補足で書いていらっしゃるように、日本ではresearch assistantは、大学院生のアルバイトを指して使われますし、アメリカでも、research assistant になるためには博士の学位を必要としないので、博士課程の修了者である助手を research assistant と呼ぶと、低く見られてしまいます。

一方 research associate は、
(1)教授・助教授の指導のもとで研究に当たる
(2)一般に期限が決まっている
(3)一般に博士課程の修了者のポストである

という点で日本の任期制の助手に近いので、
結局助手の訳語としてはこれが一番適切だと考えられます。参考URLの記事を読んでみると、research associate のイメージがはっきりするかと思います。

次に前の方への補足でおっしゃった
「特任教授」をspecially appointed professor とするのはどうかという点ですが、それは英米人には理解されない(あるいは誤解される)表現だと思います。
「英米でそれに相当する職を何と呼ぶか」という観点から見ると、一番適切なのは research professor と呼ぶことでしょう。

しかし大学制度は国によって異なるものであり、たとえばドイツには「私講師」や「員外教授」、日本にも「大学院教授」などという英米にはない職名が作られています。ですから、日本の大学で「特任教授」という職名を作り、それを specially appointed professor と訳すのだと決めたとすれば、それは一種の規約ですから善悪は言えません。

参考URL:http://www.umaine.edu/hr/relations/faculty/postd …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。学内で規程等あれば対応できるのですが、現状は個人で適当に訳しているという状態で、困っておりましたが、なんとかうまく説明できそうです。

お礼日時:2004/06/17 09:15

Gです。



助教授はassociate professorかassistant professorというように訳されています. associate professorの方がassistant professorよりも地位が高いとされているところが多いですね.

そしてこれらの助教授が非常勤であれば、adjunctという単語がつきます. Adjuct Associate ProfessorとかAdjunct Assistant Professorという具合です.

助手は教授という意味のprofessorという単語は使いません. 助手は助手であるわけですからAssistantです。 Assistant Professorとは違う物です.

助手がたまには講義をするときもあるかもしれませんね. そういう時は学校にもよるでしょうが、講師として授業をしているはずですので、Lecturerという肩書きがつきますね. 非常勤の講師であればAdjunct Lecturerという事になります.

ご参考になれば嬉しいです.

この回答への補足

大変参考になりました。ありがとうございます。
ところでこちらでは非常勤の助教授等を「特任」と呼称するのですが、これを学校によってはspecially appointed と訳しているみたいです。対外的に「なんだそれ?」ってなるような訳ではないのなら、常勤の人との区別のために使用したらどうかと思っているのですが、どうでしょうか?

補足日時:2004/06/15 14:15
    • good
    • 1

アメリカに35年半住んでいる者です。



私なりに書かせてくださいね。

こちらではこの非常教授・助教授・講師のことをadjunct professor・adjunct associate/assistant professor・adjunct lecturerという正式な言い方をします.

助手はassistantになります。 研究室での助手はResearch Assistant (略してR.A.と呼んでいます)になります。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

この回答への補足

ありがとうございます。当該の学校では大学院生を研究補助のアルバイトで雇っていて、そちらをreseach assistant と呼称しており、卒業後の非常勤助手との区別が難しいところです。助手とはいえ独立した研究をしている方もおり、悩むところです。また、この非常勤の方は講義義務がなく研究千人であることからlecturerというのもなんか変ですよね。助教授がadjunct associate、助手がassistant professorというのも日本人に言わせると、助教授にprofessorがついてなくて、助手にはついているのはどうか?なんて意味とは関係ないことを言われてしまいました。難しいですね。日本では一般呼称が結構プライドを左右するみたいです。

補足日時:2004/06/15 09:00
    • good
    • 0

細かいことですみませんが、LectureはLecturerが正しいですね。

    • good
    • 0

これは、リミテッド・ライフタイムと言います。


ノン・パーマネント・スタッフとも言いますね。
アブセント・プロフェッサーなんていかがかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。英語部分では参考になりましたが、日本の「役職」意識とのハザマでいまだ苦しんでおります。難しいですね。

お礼日時:2004/06/15 09:17

非常勤講師は,Lecture (part-time)となります.


一般的には教授はprofessorまたはFull-professor,助教授はassociate professor,講師はassistant professorまたはLectureです.助手はTechnicianです.
私は大学の非常勤講師です.表記はLecture (part-time)としています.

この回答への補足

ありがとうございます。実は当該校では技術補佐員のことをtechnicianと呼ぶ習慣もあり、その区別が難しい場合もあるのです。助手とどう違うのかといわれるとよくわからないのですが、おそらく技術補佐員→営業マン、助手→係長くらいの身分差があるものだと思われます。(笑)助手というのはある意味役職的な意味がありそうで難しいところです。

補足日時:2004/06/15 09:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qtenured professor と adjunct professor がわかりません

一応辞書で調べましたが tenured は「在職権がある」の意味が、 adjunct は「助教授{じょきょうじゅ}、非常勤講師{ひじょうきん こうし」のようにどっちの意味だかわかりません。つまるところどっちなのでしょうか?

Aベストアンサー

私もあれって思ってしまいましたね。

自分では間違っていないと思ってるんですけどね。私は特に大学の専門家じゃありませんが。

大学によって色々と違うんじゃないでしょうか。例えば、
http://web.uvic.ca/vpac/framework/articles/16.html
ここではAssistant Professorのtenureについてルールがかかれています。

特にこのような応用編の場合、辞書は必ずしも正しいとは限りませんからね。気を付けなくちゃいけません。

それからgoogleなどでtenured instructorとtenured lecturerを検索してみるとたくさんたくさんありますね。

参考にしてください。

宜敷くお願い致します。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q"卒業"と"修了"の違いは?

タイトルそのままなのですが、
"卒業"と"修了"違いはなんなのでしょうか?

広辞苑によると、下記のようになっていました。
 "卒業":1つの業を終える事。学校の全課程を履修しおえる事。
 "修了":一定の課業を修めおえる事。

一般の学校以外ですと、"修了"が使用されることが多いような気もします。

卒業の方が修了よりもいっぱいの授業数を受ける事は分かるのですが、
厳密にはどのようになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

もしも、同一の答えがあれば、ご容赦を

 大学は、所定の単位(普通130単位程度)を取得すれば、学士(現在は、学位になっています)として、卒業します。すなわち、単位数が卒業に必要な単位を超えると、学士として「卒業」させます。

 大学院は、博士課程前期(修士)と博士課程後期(博士)があります)。大学院でも、授業(人数が少なく、ゼミに近い)や理系ならその上に実験など、所定の単位(30単位程度)が、修了のために必要です。
 これらの単位を取得して、なおかつ、修士論文または博士論文の審査に合格して、初めて修士号、博士号の学位がとれ、「修士」「博士」を名乗れるのです。

 修士に関しては、修了者は、修士論文の審査もほぼパスできます。指導教員か面子にかけても、とれるように指導します。
 博士については、所定の単位をとっても、博士号はスンナリ取れません。理系はともかく、文系は、ほとんど取れなかったのです。理系の教員は、ほとんど博士号を持っていますが、文系では教授でも、持っていない人は、少なくありません(若い人はともかく、40才以上の文系の博士は貴重品です)。
 その時代は、『そんなに簡単には、取らせないぞ』という風潮があったのです。ですから、大学院後期課程(博士)で、授業などの単位は取得し、修了として、院を終えるというのが一般的でした。指導教員も、敢えて、取らそうとはせず、「研究が完成したら、もってきなさい」程度でした。

 すなわち、大学院後期課程(博士)修了とは、所定の単位は取得しているので、これ以上大学院生として在籍はできません、ということになります。文系の場合は、社会も、修了者の学力や研究能力は、大学院レベルである、として待遇しました。
 理系は、博士号を持っていないと、一人前の研究者として扱ってもらえません。
 
 大学の卒業生は、必ず「学士」という学位があります。大学院生は、前期課程の2年、後期課程の3年で、所定の単位を取得しても、「修士」「博士」の学位論文が合格しない場合(合格させなかった場合)も少なくないので、「修了」と区別するのだとか。

 もしも、終了時に取れた場合は、履歴書に、2005年 大学院後期課程修了(学位取得)など、付け加えて明らかにします。最近は、「取得させるように」という文部科学省の指導があります。

もしも、同一の答えがあれば、ご容赦を

 大学は、所定の単位(普通130単位程度)を取得すれば、学士(現在は、学位になっています)として、卒業します。すなわち、単位数が卒業に必要な単位を超えると、学士として「卒業」させます。

 大学院は、博士課程前期(修士)と博士課程後期(博士)があります)。大学院でも、授業(人数が少なく、ゼミに近い)や理系ならその上に実験など、所定の単位(30単位程度)が、修了のために必要です。
 これらの単位を取得して、なおかつ、修士論文または博士論文の審査に合格し...続きを読む

Q『非常勤講師を英語で何と言いますか?』

『非常勤講師を英語で何と言いますか?』

いつも、おせわになっています。
大学の非常勤講師を英語で何と言うのでしょうか?

是非、ご教示ください。

よろしく、お願い致します。

Aベストアンサー

 他の英語圏は知りませんが、アメリカでは「非常勤」の人はいないように思います。永久雇用(テニュア)の無い人、ある人、の区別はあります。

 強いて訳すれば part-time lecturer (または instructor)になると思います。下記をご参照下さい。

 http://eow.alc.co.jp/parttime/UTF-8/

Q自分が相手に相談したい時は「相談」or「ご相談」?

ビジネスの場において
自分が相手に相談したい時に
「ご相談なのですが、、、」

「相談なのですか、、、」
とどちらが敬語として正しいですか?

相手から相談された場合なら
「ご相談いただきありがとうございます。」などと言うので
自分が相手にした時に
「ご相談」だと自分の動作を丁寧にしてる気がするので
なんとなく不自然な感じがします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相談する人が相手なら、ご相談お受けいたします。

自分が相談するなら、相談させていただいてもよろしいでしょうか。

自分のする行為には御をつけないでOKだと思います。


人気Q&Aランキング