仮想環境にOSを導入し、CUIの環境で初心者ながら勉強をはじめています。

日本語環境へ切り替えて勉強をしたいので、
以下ページを参考して日本語環境へ変えようとしています。

 ◆ CentOS 6 - 日本語環境にする : Server World
 http://www.server-world.info/query?os=CentOS_6&p …

しかし、一通り設定をしても、日本語環境に変わらず、
設定したに、でたらめなコマンドなどを打っても以下のような
文字化け状態で返されます。
「-bash:detarame: ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■」

再起動や、ログアウトをしても改善せず、
OS初期インストール直後の環境でも、改善しません。

ネットの情報などを調べ、2時間ほど調べましたがお手上げ状態です。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
どなたかご教授のほど、よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------
※ 補足
・上記URLの(1)yum -y groupinstall "Japanese Support" の実施はIP取得後なので、
正常にインストールは完了します。

・上記URLの(2)[root@dlp ~]# vi /etc/sysconfig/i18n の編集ですが、
編集前から LANG="ja_JP.UTF-8" となっていました。

・上記URLの(2)[root@dlp ~]# echo $LANG を実施しても、
ページ記載どおりの以下設定となっています。
ja_JP.UTF-8

・その後、確認で [root@dlp ~]# passwd などと入力しても、
日本語でなく、以下のように返されます。
「 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■」
--------------------------------------------

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

コンソールで文字化けするのは当たり前。

(質問者のそれ元々Xでのターミナルやsshクライアントで使う物だし)
そんなの昔からのことで対応なんてされていない。
日本語表示するなら昔からフレームバッファターミナルを使うしか方法はない。

CUIだけで使うならWindowsのsshクライアントを使ってやった方がフレームバッファターミナルをインストールする何倍も楽。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
teraterm で ssh でアクセスしたら解決しました!
これで勉強に励めそうです!

お礼日時:2015/02/12 22:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qbashで /root以下のすべてのファイル

(サブディレクトリを含む)をlist.txtに書きも見たいのですが
どのようになるでしょうか?
ll /root>>list.txt
ではサブディレクトリのファイルが表示されないので困っています
なお、現在RedHat系FedoraCore5を使っています

Aベストアンサー

find /root > list.txt

Qrootのホームディレクトリ/rootはないとまずい?

UNIXの知識はまだ浅いのですが質問させていただきます.

RedHat EL4で誤って/root(rootのホームディレクトリ)を削除してしまいました…(泣
あわててmcで復活を試みたのですがダメでした.


/rootがないとシステムとして問題が出てきてしまうのでしょうか?
またその場合は,OSを再インストールするしか方法はないのでしょうか?
(今回使用しているマシンはブレードサーバなので同じ構成のマシンがもうひとつあります.
それの/rootをコピーするという方法では復活できないですよね?)

ご回答よろしくお願いします.

Aベストアンサー

> /rootがないとシステムとして問題が出てきてしまうのでしょうか?

root でログインしたときにホームディレクトリがないというようなエラーが表示さえるようになります。また、ログイン時に読み込まれるべき設定ファイルが読まれなくなります。ただし、それ以外で /root にあるのは OS インストール時のログ・ファイルと X 関連の設定ファイル (GNOME や KDE を含む) だけなので、root のデスクトップに関する設定が失われるなど低レベルな問題が発生する程度です。

> またその場合は,OSを再インストールするしか方法はないのでしょうか?

いいえ。/root ディレクトリを再作成すればそれで OK です。X 関連の設定ファイルはディレクトリ作成後の次回ログイン時に再作成されます。

# mkdir /root
# chmod 700 /root

あと、.bashrc や .bash_profile ですが、デフォルトの内容はこんな感じです。(重要な記述はないので、別に戻す必要はありません。/etc/skel にあるファイルに alias の設定が3つ追加されているだけです)

■.bash_profile

# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/bin

export PATH
unset USERNAME

■.bashrc
# .bashrc

# User specific aliases and functions

alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
. /etc/bashrc
fi

> /rootがないとシステムとして問題が出てきてしまうのでしょうか?

root でログインしたときにホームディレクトリがないというようなエラーが表示さえるようになります。また、ログイン時に読み込まれるべき設定ファイルが読まれなくなります。ただし、それ以外で /root にあるのは OS インストール時のログ・ファイルと X 関連の設定ファイル (GNOME や KDE を含む) だけなので、root のデスクトップに関する設定が失われるなど低レベルな問題が発生する程度です。

> またその場合は,OSを再インストール...続きを読む

Qrootログインを廃止して1ユーザーのみrootになれるようにしたい。

恐れ入ります。
セキュリティのことについて勉強していると
rootでのログインが避けたほうが良いとわかりました。それを避けて1ユーザーのみroot権限になれるようにしたいと思っています。

そこでお聞きしたいのですが、
vi /etc/groupで開くと

root:x:0:root
bin:x:1:root,bin,daemon
daemon:x:2:root,bin,daemon
sys:x:3:root,bin,adm
adm:x:4:root,adm,daemon
tty:x:5:
disk:x:6:root
lp:x:7:daemon,lp
mem:x:8:
kmem:x:9:
wheel:x:10:root
mail:x:12:mail
news:x:13:news
uucp:x:14:uucp
man:x:15:
games:x:20:
gopher:x:30:
dip:x:40:
ftp:x:50:
lock:x:54:
nobody:x:99:
users:x:100:
rpc:x:32:

このようになっていて
bin daemon sys adm disk というユーザー?もrootになれるみたいなんですけど、これってコメントアウトして停止にしたほうがいいんでしょうか?でもこれをやるとシステムがちゃんと動かなくなるきがするんですけど・・・。

恐れ入ります。
セキュリティのことについて勉強していると
rootでのログインが避けたほうが良いとわかりました。それを避けて1ユーザーのみroot権限になれるようにしたいと思っています。

そこでお聞きしたいのですが、
vi /etc/groupで開くと

root:x:0:root
bin:x:1:root,bin,daemon
daemon:x:2:root,bin,daemon
sys:x:3:root,bin,adm
adm:x:4:root,adm,daemon
tty:x:5:
disk:x:6:root
lp:x:7:daemon,lp
mem:x:8:
kmem:x:9:
wheel:x:10:root
mail:x:12:mail
news:x:13:news
uucp:x:14:uu...続きを読む

Aベストアンサー

/etc/group はグループにどのユーザーが所属しているかを定義するファイルです。

各フィールドは左から順に

グループ名、パスワード、グループID、グループに所属している全員のユーザ名

なので例えば

>daemon:x:2:root,bin,daemon

は、グループdaemonに、ユーザrootとbinとdaemonが所属しているという意味です。

QSolaris9でrootで起動直後に環境変数

が設定されているようにするには
どのファイルをどのように編集すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

shなら/配下の.profileを編集してください。
設定の仕方はPATH=/usr/bin:/usr/sbin;export PATH
のようにviなどで追加してください。

cshなら/配下の.cshrcファイルを編集してください。
setenv PATH /usr/sbin:/usr/bin
のようにviなどで追加してください。

ちなみに頭に.がついていますので/にカレントを移動してからls -laでファイルが確認出来ると思います。

Qインターネットの無い環境にてCentosのパッチインストールについて。

インターネットの無い環境にてCentosのパッチインストールについて。

インターネットの無い環境(yumができない)にて、Centosのパッチインストールをインストール
する方法はどうやるのでしょうか?
(たとえば、mod_sslやpostfix,Apach等のインストールが必要になった場合。)

CR-ROMからインストール? それともインターネット上からインストール?
また依存関係とかで、インストール中に都度必要なパッケージを入れていくイメージでしょうか?

初心者な質問ですみません。

Aベストアンサー

> Centosのパッチインストール

「パッチインストール」が何を意味しているのか、意味がよく解りません。
スタンドアロンPCでのrpmファイルからのインストール、なら明確に解ります。

> CR-ROMからインストール? それともインターネット上からインストール?

インターネットの無い環境という質問の前提と矛盾してますね。
-----
インストール媒体(DVD-R)を持っているのなら
centosフォルダ内に全てのrpmがあります。
したがって、次の方法があります。
ただし、あたりまえですがupdateには対応しません。
1. rpm からインストール。
2. yum環境をローカルPCまたはLAN環境に作成して使う。(質問には「LAN環境が無い」とは書いてないのでLANが使える、と解釈しました)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報