励起スペクトルって、どんな測定方法なんですか?

どんなことが分かるのでしょうか?

簡単にで結構なので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

検出器のはなしでしょうかそれとも励起状態がおこるメカニズムでしょうか。



物質がX線や紫外線、可視光、熱、物理・化学的作用などの刺激(エネルギー)を
受けると、そのエネルギーを物質内の電子が吸収して高エネルギー状態(励起状態)
となります。次いでこの電子が元のエネルギーを光や熱といった形で放出します。
このうち余剰なエネルギーを光として放出する現象をルミネッセンス(ようは蛍光です)と言います。

励起と蛍光にはある程度特異性と法則があります(ストークの法則など)。
つまり、照射したスペクトルに対してどのようなスペクトルがどの程度かえってくるか
によって物質の定量や定性がある程度可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問が正確なものでなくてごめんなさい。
ちょっと、知見が浅くて・・・

でも、ご説明わかりやすかったです。
今度ストークの法則について自分で調べてみますね。

marbleizeさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 20:05

物質に対して外からエネルギーを作用させます.


簡単のため物質が基底状態にあるとすると,エネルギーを吸収して励起状態に移ります.
エネルギーが吸収された状況を見れば,物資の励起状態に関する情報が得られます.
これが励起スペクトルの方法です.

どれだけのエネルギーを与えたかを特定したいので,光(電磁波)がよく使われます.
電磁波だと,周波数によって1個の光子の持っているエネルギー
がhνだと決まっているからです.
もともと,スペクトルというのは光関係で使われた言葉ですが,
意味が拡張されて,例えば中性子で励起状態を見るのもスペクトルの方法の
範疇に入るようになりました.
さらに,特定の外からの作用と関係なく,物質自体の基底状態から励起状態への
励起の様子も励起スペクトルと呼んでいます.

物質の中では,原子に束縛された電子が高エネルギー状態に移るだけではなく,
格子振動やスピン波などいろいろな励起があります.
エネルギーの低い励起は後二者の類です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむふむ

言葉の正確なご教授、ありがとうございます。
励起させるなんて光でしかないのかと思ってましたが、
中性子でも励起させられるんですね。

それに、励起にも色々あったとは知りませんでした。
『格子振動』『スピン波』
う~ん、また頭を悩ます新しい単語が・・・(^^;)


siegmundさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCsIのX線励起による発光スペクトル

今X線フラットパネルに使われるシンチレータCsIのX線励起による発光スペクトルの文献値を調べています。
理想的なシンチレータはX線エネルギーを線形変換する、というのは知っているのですが、実際のスペクトルが知りたいです。
文献値がネットに存在しなくとも、どの論文、本に載っていたという手がかりでも良いのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

次のURLに出ている程度では間に合いませんか?
http://www.neotron.co.jp/crystal/12/Csl.html
あるいは
http://www.detectors.saint-gobain.com/uploadedFiles/SGdetectors/Documents/Product_Data_Sheets/CsI(Na)-CsI(Tl)-Data-Sheet.pdf

CsI spectrum scintillation などのキーワードで調べるとそこそこ見つかるように思うのですが、

Q蛍光体の励起スペクトルに関する質問です

図や化学式を使っているので、ここでは不便です。
ここではなく、以下のリンクに質問内容を載せました。

https://drive.google.com/file/d/0B5GeO_NHMdeRZVF4SENpVFpROUE/view?usp=sharing

大学や院で、発光についての研究に携わっている方、どうか回答お願いします。

Aベストアンサー

その実験内容も現象も全く知りませんが、普通に読むと、「活性剤イオンよって吸収されただけの直接励起光」とあるので、特に他のピークは、溶媒なり他の溶質なり実験装置なりに吸収されちゃうことがある、とも読めそうなのですが。
何か書いてありませんか?
あ、他のピークは、別の何かが何かに変わるときの吸収ピークということは?グラフになにやらA、D、F、L、→、が書いてありますよね。意味不明ですが。
この吸収により、別の何かの電子がどこかからどこかに移動する??あるいは何かの電子状態が変わる??
360nmのところのピークと言うよりは少しの出っ張りだけが、他の吸収帯の間に存在するその活性剤だけのピークであるとか。

Penetration volumeは、(光、光子が)染みこんでいくその容積、という意味では。
その容積中に光子が入る、と。で、その光子が散らばる(ってどういうこと?)ことがあっても、実際に入った光子の数とそれによってできた(?)活性剤イオンの数が、その波長なら同じ数になる、と読めそうですが。
活性剤イオン以外にも吸収されるなら(あるいは活性に使われない吸収があるなら)、光子の数と活性剤の数とが合わなくなるのでは。

その実験内容も現象も全く知りませんが、普通に読むと、「活性剤イオンよって吸収されただけの直接励起光」とあるので、特に他のピークは、溶媒なり他の溶質なり実験装置なりに吸収されちゃうことがある、とも読めそうなのですが。
何か書いてありませんか?
あ、他のピークは、別の何かが何かに変わるときの吸収ピークということは?グラフになにやらA、D、F、L、→、が書いてありますよね。意味不明ですが。
この吸収により、別の何かの電子がどこかからどこかに移動する??あるいは何かの電子状態が変わる??
...続きを読む

Q励起源の違いによる電子構造測定

XPSの装置の説明書を読んでいると
“励起源としてX線を使用するため、絶縁物質の測定も容易にできます。”
と記されていました。
その前後は、この文章について関係がなく、つながりがありませんでした。
励起源の違いによる絶縁物質の測定に現れる違いを教えてください。

Aベストアンサー

絶縁物の電子分光で問題になるのは表面の帯電により正確なスペクトルが得られなくなる「チャージアップ」という現象でしょう。電子励起の場合には照射電子による負のチャージ、X線励起の場合には表面から光電子として電子が失われることによる正のチャージがそれに当たります。導電性物質であれば外部に電子を逃がすか外部からの電子の供給によりこれが補償されますが、絶縁物の場合はこうはいかないのでこのチャージを逃がすか中和する、もしくはチャージアップによるシフトを補正する必要があります。ということでその説明書にある“励起源としてX線を使用するため、絶縁物質の測定も容易にできます。” というのはこの点から言うと正しくないと思うのですが。

Qタンパク質におけるCDスペクトル測定について

 ある濃度におけるリゾチームのCDスペクトル測定で、楕円率等に関する質問なのです。ある波長での楕円率と温度の関係が分かれば、lnKと1/Tのvan't Hoffプロットが書けるようなのですが…導出過程が分かりません。
こんなわかりにくい説明で申し訳ありませんがよろしくお願いします><w

Aベストアンサー

自信はないですが、おそらく

ある温度では100%高次構造を取っており、その時にはある波長でコットン効果が現れる(この際のモル楕円率をXとする)とします

温度を上げていくと、変性し、コットン効果が消えます(この際のモル楕円率をYとする)

すると、このタンパクが
高次構造形成⇔変性
という2状態のみを取っているのだとしたら

あるモル楕円率(A)の際の系中の高次構造形成率は
α=(A-Y)/(X-Y)
であらわされます

K=α/(1-α)なので、温度変化によるモル楕円率がわかればこれらの式に当てはめていけば導けるかと

Q測定器とはどんな原理で測定できるのかを教えてくださ

今ある測定器はどんな原理で測定できるのか、その原理を述べよ。という課題(問題文はそのままではないですが、こういう問題です。)がわからなくて困っています。わかる方いましたら教えていただきたいです。;

Aベストアンサー

 高校生の方か、大学生の方かわかりませんが、課題が原理的な回答を求めているので、大学生の方として回答します。また#2さんに従い、自分の思う正解は書きません。

 でもですね、考えてみて下さい。測定器とは工業製品です。よって、物理学でわかっている事しかやらないんですよ。例えば力学です。力はまず接触型の測定器で計測できます。バネ秤です。そこに使われる原理は、静力学です。

 でも物体内部に作用している応力は、物体の変形量から推測できます。それを測るのは歪みゲージという接触型測定器で、出力は、歪みゲージという電線の抵抗値を計測する、ホイットストーンソン・ブリッジ回路により組み立てられています。物体に貼り付いた歪みゲージの長さに抵抗は比例するから、抵抗値がわかれば物体の変形量を知る事ができ、それから応力を算定できるという手順です。このとき基礎にあるのは、電磁気学と連続体力学です。

 もう一つだけ例をあげます。地震計です。地震計は原理的に言って加速度計です。原理的に言って、地震加速度は現地で測れるけれども、衛星軌道に存在するスピードガンでもない限り地震速度は、測れないからです。この違いを理解できるかどうかは、まさに力学の基本を理解しているかどうかに関わる話です。

 課題は今のような例を、一般化して語れという事ではないでしょうか?。確かに「今ある測定器はどんな原理で測定できるのか?」と言われたって、困りますよね。先生の意図はどういうものなのか?を、わからないなら、まず質問すべきと思います。どう質問すべきかわからないなら・・・。

 適当な質問さえすれば、この板の人たちは、十分な返答をしてくれると思います。だから自分の状況を、良く説明する事です。 

 高校生の方か、大学生の方かわかりませんが、課題が原理的な回答を求めているので、大学生の方として回答します。また#2さんに従い、自分の思う正解は書きません。

 でもですね、考えてみて下さい。測定器とは工業製品です。よって、物理学でわかっている事しかやらないんですよ。例えば力学です。力はまず接触型の測定器で計測できます。バネ秤です。そこに使われる原理は、静力学です。

 でも物体内部に作用している応力は、物体の変形量から推測できます。それを測るのは歪みゲージという接触型測定器で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報