あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

確定申告で贈与税の申告をすることになりました。
私の母から嫁に対しての贈与が発生します。

国税庁のHPから書類を作成していますが、
贈与者の続柄の選択肢に『母』の他に『養母』と言うのがあります。
『義母』と言うのはありません。

この場合、選択するのは『母』で良いのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。
    続柄の欄がドロップダウンリストの選択式で、
    その中で該当する可能性がありそうなのが『母』『養母』のみとなっています。

    『その他』と言う選択肢もあり、
    教えていただいた直系尊属の事を配慮すると
    『その他』を選ぶべきなのかもしれませんが、違和感があります。
    「養母も義母も"母"だ!養母だけが別項目になっているんだから、義母は"母"だ!」
    と言う解釈は乱暴すぎますか?

    ネットで色々なキーワードで検索をしてみていますが、
    他に同じような事で悩んでいる人が見つからず、アレ???となっています。。。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/02/15 20:04

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

実母の選択がないところから見ると、母という選択肢は実母のことだと思われます。


養母というものは、養子縁組をしている場合の養親である養母を指すはずです。

配偶者の母や義母が無いようですので、その他になるのではないですかね?
選択以外に手動入力が可能であれば、義母でもよいかもしれません。
しかし、人それぞれかもしれませんが、継母である実父の再婚相手を義母という場合もあるかと思います。紛らわしいですよね。

私であれば、手入力ができれば配偶者の母と入力し、手入力ができずにその他とするのであれば、印刷した際に手書きで追記しますね。

母や養母というのは、奥様の戸籍に記載されている母親になりますが、義母はあなたとの婚姻関係による親族としての言葉になります。実母や養母であれば、法律上の親子関係であり、贈与税の例外や優遇の規定の要件となるものです。
母や養母を利用すべきではないと思いますね。

あえて手書きの追記まで書いたのは、一般に税務署からの問い合わせを皆さん嫌いますよね。精神的に気分の良いものではないことでしょう。続柄一つのことかもしれませんが、税務署からの電話がないほうが良いと思いませんか?そのために追記していれば、わかりやすくなることでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
まさに、税務署からの問い合わせとかを受けたら面倒だなぁ・・・
と思っての質問でしたので、
手書きでの追記と言う方法を教えていただき助かりました!

お礼日時:2015/02/16 10:48

おつかれさまです。

Moryouyouです。
確定申告一般の贈与がある方の入力(贈与者情報の入力)を
試してみました。
贈与者の続柄の選択肢から見るとやはり税制上の関係があるか
どうかをみていると思います。
そのまま申告されるならば、『その他』でしょうね。

しかし、あなたの母→あなた→奥さんという流れがふめる贈与
ならば、もしかすると贈与税がかからないのかもしれません。

不動産などで公に名義の書き換えなどしていたら、
そんなことはできないとは思いますが....

あやふやな答えですみません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確定申告のページまでご確認いただいた上でご回答いただきありがとうございました。
助かりました&参考になりました!

お礼日時:2015/02/16 10:35

おそらくですが、非課税となる「直系尊属から住宅取得等資金の贈与」に関する申告書をHPで作成しているのでしょうか?



もしそうなら、あなたの母親からあなたの奥さんへの贈与は、この制度の適用外です。
だからプルダウン選択肢に「義母」がないのです。
もし、あなたの奥さんがあなたの母親と養子縁組しているなら選択するのは「養母」、
そうでないのなら、その申告はできません。
    • good
    • 0

Moryouyouと申します。


今年から税制改正で直系尊属か否かで贈与税の控除が変わるようですが、
昨年の贈与の申告なのでそれは関係なさそうです。

いずれにしても相続時に直系尊属(法定相続人)か否かが関わってくる
ことはあるので法定相続人の『母』『養母』の選択はだめです。
通常の言い方としては『配偶者の母』です。

答えになっていないかもしれませんが...
いかがでしょうか?
この回答への補足あり
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「本人との間柄」・・・お義母さんはどう書くのか?

パート契約時等に「誓約書」というモノを書くのですが
「保証人」が二人必要で「夫」と「義母」で良いと言われたので、サイン記入等してもらう予定です。

その記入事項に「本人との間柄」というモノがあります。
ダンナは「夫」でよいと思うのですが、
義母は・・?そのまま「義母」でよいのでしょうか?
「姑」ではないですよね^^;?

詳しい方、教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

#3です。ごめんなさい、急いで訂正させてください。

No.4で
>公的書類に書く続柄としてはふさわしくない
とありますが、問題ないですよ。
大体保険証の続柄も義母でしょ。
しかも雇用契約の誓約書は公的書類じゃないですし。

以下の理由を書いちゃうと、つまり「夫の母」が
夫の継母だった場合にどうなる?という問題に入ってしまいます。
「夫の義母」?わけ分らなくなります。

単純に義母でいいのです。
あるいは苗字で判断できるなら「母」でも構いません。

No.4さん気を悪くしたらごめんなさい。

Q確定申告書の「続柄」欄について

 私ghq7xyは来年の春、確定申告(還付)をする予定でいます。
 さて、確定申告書の本人氏名を書く欄の下には、「世帯主の氏名」と「世帯主との続柄」を書く欄がありますね。私の家の世帯主は私の父ですが、父から見て私は長男です。
 そこで、こういう場合、「世帯主との続柄」欄には、私を基準として「父」と書くべきなのか、それとも世帯主である父の立場を基準として見た「長男」と書くべきなのか、どちらでしょうか?
 確定申告はまだ先のことですが、気になりました。国税庁のHPで確定申告書の見本をプリントしてみたので、気になった次第です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「世帯主との続柄」というのは、「世帯主からみたあなたの続柄」なので、
世帯主がお父様であれば、「お父様からみたあなたの続柄」です。
なので、この場合は「子」または「長男」です。

世帯主があなたであれば「本人」です。

#1の方と回答がことなりましたが、下記のHPを参考にしてみてください。

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/zokugara2.html

Q義母を扶養家族にする場合

義母を扶養する可能性が出てきました。
年金暮らしで、まもなく70歳です。
我が家は、世帯主の私と、妻の両方に収入がありますが、妻の方はパートですので年収200万円台です。
この場合、義母を私の扶養家族とする方がいいのでしょうか?
それとも、妻の扶養家族としたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたと奥さんと、両方が社会保険に加入されているのでしょうか?

社会保険の扶養に入れる条件としては、義母さんの生計を誰が立てているかによります。
また、続柄があなたから見て「義母」である場合は、あなたと同居していなければなりません。

あなたの健康保険の扶養に入れる条件としては、
1.同居であること。
2.義母さんの年間収入が180万円未満(60歳以上は年間収入180万円まで扶養にはいれます。)であること。
3.義母さんの年間収入が、あなたの年収の半分以下であること。

以上の3点の条件をすべて満たしていて、初めてあなたの扶養となることができます。

同居していない場合は、奥さんの社会保険の扶養に入れるしかありません。
この場合の条件とは、
1.義母さんの年間収入が180万円未満(60歳以上は年間収入180万円まで扶養にはいれます。)であること。
2.義母さんの年間収入が、奥さんの年収の半分以下であること。
3.義母さんの収入以上の仕送りをして入ること。

が条件となります。

扶養に入れる手続としては、扶養に入れる方の会社から「被扶養者異動届」に義母さんの年金収入を証明できるもののコピーを証拠書類として添付して、保険者(扶養に入れることができる方の保険証に記載されています。)に届け出ることとなります。
また、別居していて、奥さんの扶養に入れる場合は上記の他に、仕送りしている旨の証明(現金書留の控えのコピーや振込明細書のコピーなど)も添付することとなります。

以上については、社会保険事務所の保険証である場合(保険証に○○社会保険事務局と記載されています。)の扶養認定基準となっていますが、保険証が健康保険組合の保険証の場合(保険証に○○健康保険組合と記載されています。)は、その健康保険組合によって扶養認定基準が異なっていますので、直接健康保険組合にお問い合わせください。

いずれも、同居である場合はあなたの扶養に入れたほうが良いのではないでしょうか。

なお、税務上の扶養と社会保険上の扶養とはまったく別です。
当方は社会保険を専門としていますので、税務上の扶養についてはあまり詳しくありません。
税務については、詳しい方が説明してくれると思いますので、このままお待ちください。

あなたと奥さんと、両方が社会保険に加入されているのでしょうか?

社会保険の扶養に入れる条件としては、義母さんの生計を誰が立てているかによります。
また、続柄があなたから見て「義母」である場合は、あなたと同居していなければなりません。

あなたの健康保険の扶養に入れる条件としては、
1.同居であること。
2.義母さんの年間収入が180万円未満(60歳以上は年間収入180万円まで扶養にはいれます。)であること。
3.義母さんの年間収入が、あなたの年収の半分以下であること。

以上の3...続きを読む

Q義母を扶養に入れた場合の税・保険料の負担は?

こんにちは。過去の質問も探してみたのですが、出来るだけ具体的な金額を知りたかったので質問させていただきます。

現在70歳になる別居の義母を主人の扶養に入れることを検討しています。
義母は年金生活者ですが、年金額は主人の加入している社会保険の扶養条件の範囲内で、加入条件は満たしています。

毎月4万円以上を仕送りすることで扶養の要件は満たせるのですが、教育費のかかる子供のいる我が家としては、義母を扶養することで軽減されるであろう税金でなるべく仕送り分をまかないたいと思っています。

ただ、義母の介護保険料や、5年後からかかるであろう後期高齢者医療制度の負担額も主人の給与から天引きになるのか、あるいはそれ以外にも主人の給与から負担する部分が出てくるのか、よくわからないでいます。

主人は税込み収入が年間約1000万円です。
結局のところ、義母を扶養に入れることで、手取りがいくらくらい増えるのか、または減るのかを教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>別居の義母を主人の扶養に入れることを…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテですので 1.税法の話が主かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫が会社員等ならその年の年末調整で、夫が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

>毎月4万円以上を仕送りすることで扶養の要件は満たせるのですが…

それは、2. 社保か 3. 給与 (家族手当) の話ですか。

少なくとも 1.税法にそのような決め事はありません。
税法上は、「生計が一」かどうかで、具体的に仕送り額が定められているわけではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm#q1

>義母は年金生活者ですが…

具体的にいくらあるのですか。
「所得」に換算して 38万以上あるなら、たとえ「生計が一」であっても税法上の控除対象扶養者にはなりませんよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

>介護保険料や、5年後からかかるであろう後期高齢者医療制度の負担額も主人の給与から天引きになるのか…

介護保険料は、本人が保険料額を超える年金をもらっている限り、年金からの天引き以外の選択肢はありません。

後期高齢所保険料は、夫の預金から引き落とすことは可能ですが、給与天引きはあり得ません。

>主人は税込み収入が年間約1000万円…

1000万は「所得」に換算すると 780万。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

それで、去年の源泉徴収票で「所得控除の額の合計額」はどのくらいになっていましたか。
100~200万ぐらいなら「税率」は 20%。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

>手取りがいくらくらい増えるのか、または減るのかを…

税金は年単位で考えないと意味ありません。

・当年分所得税
「老人扶養親族」→「同居老親等以外の者」→48万なので、
48万 × 20.42% = 98,000円

・翌年分住民税
住民税は 38万、税率は固定なので
38万 × 10% = 38,000円

の、それぞれ前年に対して減税です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

---------------------------------

3. 給与 (家族手当) はあくまでも給与の一部であり、給与の支払い方はそれぞれの企業が独自に決めていることですから、よそ者は何とも答えられません。
夫の会社にお聞きください。

>別居の義母を主人の扶養に入れることを…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテですので 1.税法の話が主かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫が会社員等ならその年の年末調整で、夫が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。
...続きを読む

Q義父母からの贈与などでかかる税金について

義父母からの贈与→住宅購入では誰にどういった税金がかかるのでしょうか?

昨年5月、夫が亡くなり、現在私(31)息子(8)娘(0)で夫親族の持ち家(義父母家とは車で10分位)に住まわせてもらっています。

夫の死から二ヶ月後に娘を出産し、私は今無職です。実家は事情があり頼れず、実家東京、当方田舎のため、実家近くに引っ越す位なら、経済的にも精神的にも夫のお墓のある田舎にいたいと思っています。

ですが貯蓄もなく相続財産(といっても税金が発生するような額ではありません)は義母から色々言われ渡してしまいました。生命保険は受取人が義父母のままでした。

年末年始に義弟が帰省し、現状を把握して、生命保険の一部を我が家に渡すよう義父母を説得してくれ、500万前後受け取れることになりました。

ただ、遠方に家を購入してしまった義弟夫婦としては、墓守や義父母の見守りも私がするという条件が必要で、義父母家のある市内に住宅を構えるための資金として受け取る形になりました。

中古住宅なら十分頭金・諸費用に充てられる金額なので、無理しない程度の価格で物件を探したところ、さすがに500万できちんとした物件はなく、800万で手頃な中古住宅があり、早速、不動産屋にプランを練ってもらいましたが…やはり遺族年金では安定収入と認められず、実家父名義でのローン審査が良いのでは、とすすめられました。

無論、父名義でも支払うのは私です。

この場合、税金は誰にどういったものがかかるのでしょう?
また、もし控除が認められるならどのようなものがあるのでしょう?

夫の死から立ち直る余裕もなく、知識もない中で決断を迫られ、頭がいっぱいいっぱいになっております。
詳しい方からのご回答、お待ちしております。
よろしくお願いします。

義父母からの贈与→住宅購入では誰にどういった税金がかかるのでしょうか?

昨年5月、夫が亡くなり、現在私(31)息子(8)娘(0)で夫親族の持ち家(義父母家とは車で10分位)に住まわせてもらっています。

夫の死から二ヶ月後に娘を出産し、私は今無職です。実家は事情があり頼れず、実家東京、当方田舎のため、実家近くに引っ越す位なら、経済的にも精神的にも夫のお墓のある田舎にいたいと思っています。

ですが貯蓄もなく相続財産(といっても税金が発生するような額ではありません)は義母から色々言われ渡してしま...続きを読む

Aベストアンサー

>義父母からの贈与→住宅購入では誰にどういった税金…

実の親子ではない以上、ふつうに贈与税が課せられるだけです。
贈与税は、財産をもらった者に課せられる国税です。

>相続財産(といっても税金が発生するような額ではありません)は義母から色々言われ渡して…

亡夫の貯金を舅・姑に渡したという意味ですか。
妻子がある以上、親は相続人ではありません。

とはいえ、法定相続人であるあなたとあなたの子供 (幼少で意思表示は無理でしょうけど) が同意するなら、法定相続人以外の者が相続することも許されます。

>生命保険は受取人が義父母のままでした…

保険金は相続財産でなく、証書に記載された受取人のものですから、それはそれで良いでしょう。

>生命保険の一部を我が家に渡すよう義父母を説得してくれ、500万前後受け取れることに…

それは、持って行かれた夫の貯金と相殺というのなら良いですけど、単に保険金を回してもらっただけなら、舅・姑からあなたへの「贈与」と取られる危険性がありますよ。
少なくとも、もらった額から夫の貯金分を引いた残りは、贈与税の申告が必要かと考えます。

>墓守や義父母の見守りも私がするという条件が…

仏壇やお墓、お寺との当面のおつきあい費用などは、相続でも贈与でもありません。
その分はもらっていけば良いですが、舅・姑の見守りというのはどうでしょうね。

現時点で介護が必要だとかいうなら、確かにその費用を預かっただけで、贈与ではないと主張できるでしょう。
しかし、今は元気でぴんぴんしているのに将来に備えてということなら、やはり贈与が成立します。

>市内に住宅を構えるための資金として受け取る形になりました…

前述。

>実家父名義でのローン審査が良いのでは…
>無論、父名義でも支払うのは私です…

できあがった建物の登記名義は誰にするのですか。
まあ、銀行は融資した分だけは被融資者、つまり父名義でなければいけないというでしょう。
そうなるとローン支払分は、あなたから父への贈与となります。

>もし控除が認められるならどのようなものがあるのでしょう…

ローンをあなたが払うのでなく、父 (舅・姑ではだめ) からまとまったお金をもらってしまえるのなら、税法上の特例はいくつもありますけど、たいへん失礼ながら父にその余裕はないのですね。
それでは特に控除が認められるようにものは無さそうです。

----------------------------------------------

以上、現行法に基づく回答ですが、昨日から気になるニュースが飛び交っています。

阿倍自民党政府は、景気対策の一環として孫への贈与を 1,500万程度認めるとのことです。
詳細は国会で議決されるまで何とも言えませんが、舅・姑がもらったお金があなたのお子さんの教育資金と解釈できれば、贈与税の問題はクリアできることになります。

この阿倍自民党案が、今年 1月1日にさかのぼって施行されることを祈りましょう。
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/snk20130109548.html

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>義父母からの贈与→住宅購入では誰にどういった税金…

実の親子ではない以上、ふつうに贈与税が課せられるだけです。
贈与税は、財産をもらった者に課せられる国税です。

>相続財産(といっても税金が発生するような額ではありません)は義母から色々言われ渡して…

亡夫の貯金を舅・姑に渡したという意味ですか。
妻子がある以上、親は相続人ではありません。

とはいえ、法定相続人であるあなたとあなたの子供 (幼少で意思表示は無理でしょうけど) が同意するなら、法定相続人以外の者が相続することも許されま...続きを読む

Q消費税が非課税の行政手数料とは

 次のケースは消費税が課税、非課税なのか根拠とともに
教えていただきたくよろしくお願いします。(市役所に
きいたら税込みと答えたので)
1.住民票の取得
2.市の清掃センターのゴミの焼却料
3.市の窓口で買う地図(2万5千分の1等)

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、行政手数料等についての非課税については、消費税法別表一で規定されていますので、該当部分を掲げてみます。

五 次に掲げる役務の提供
 イ 国、地方公共団体、別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託若
   しくは指定を受けた者が、法令に基づき行う次に掲げる事務に係る役務の提供で、その手数料、特
   許料、申立料その他の料金の徴収が法令に基づくもの(政令で定めるものを除く。)
  (1) 登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
  (2) 検査、検定、試験、審査、証明及び講習
  (3) 公文書の交付(再交付及び書換交付を含む。)、更新、訂正、閲覧及び謄写
  (4) 裁判その他の紛争の処理
 ロ イに掲げる役務の提供に類するものとして政令で定めるもの
 ハ 裁判所法(昭和二十二年法律第五十九号)第六十二条第四項(執行官)又は公証人法(明治四十
   一年法律第五十三号)

次に、上記ロの、類するものを規定している、消費税法施行令第12条の該当部分を掲げてみます。
(上記イの除くものの条文もありますが、今回は関係なさそうでしたので、長くなるので省略します。)

2  法別表第一第五号ロに規定する政令で定める役務の提供は、次に掲げる役務の提供とする。
 一  国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国又は地方公共団体の委託
   又は指定を受けた者が、法令に基づき行う次に掲げる事務に係る役務の提供で、その手数料その
   他の料金の徴収が法令に基づくもの
  イ 旅券の発給
  ロ 裁定、裁決、判定及び決定
  ハ 公文書に類するもの(記章、標識その他これらに類するものを含む。次号において同じ。)の交
    付(再交付及び書換交付を含む。)、更新、訂正、閲覧及び謄写(前項第一号に掲げる事務に係
    るものを除く。)
  ニ 異議申立て、審査請求その他これらに類するものの処理
 二  国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国又は地方公共団体の委託
   又は指定を受けた者が法令に基づき行う次に掲げる事務に係る役務の提供
  イ 登録、認定、確認、指定、検査、検定、試験、審査及び講習(以下この号において「登録等」とい
    う。)のうち次のいずれかに該当するもの
   (1) 法令において、弁護士その他の法令に基づく資格を取得し、若しくは維持し、又は当該資格
      に係る業務若しくは行為を行うにつき、当該登録等に係る役務の提供を受けることが要件と
      されているもの
   (2) 法令において、資産の輸出その他の行為を行う場合にその対象となる資産又は使用する資
      産について当該登録等に係る役務の提供を受けることが要件とされているもの
   (3) 法令において、当該登録等により一定の規格に該当するものとされた資産以外の資産は、
      当該規格に係る表示を付し、又は名称を使用することができないこととされているもの
   (4) 浄化槽法 (昭和五十八年法律第四十三号)第七条 (設置後等の水質検査)の検査その他
      の登録等で法令において当該登録等に係る役務の提供を受けることが義務づけられているもの
  ロ 証明並びに公文書及び公文書に類するものの交付(再交付及び書換交付を含む。)、更新、訂
    正、閲覧及び謄写(イに掲げる事務以外の事務に係るものを除く。)
 三  国又は地方公共団体が、法令に基づき行う他の者の徴収すべき料金、賦課金その他これらに類
    するものの滞納処分について、法令に基づき当該他の者から徴収する料金に係る役務の提供
 四  独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律 (平成十三年法律第百四十号)第十七条
    第一項 (手数料)に規定する手数料を対価とする役務の提供その他これに類するものとして財務
    省令で定めるもの(法別表第一第五号イ(3)又は第一号ハに掲げる事務に係るものを除く。)

とありますが、なかなかピンと来ませんよね~、ただ考え方としては、行政手数料等に関して消費税で非課税となるものは、基本的には民間のものと競合しないものに限られるようです。
要するに、同じ事をして、市役所等で非課税になって、民間で課税では、不公平だからです。

1については、当然の事ながら非課税となります。
(代表的な例ですね。)
2については、上記の趣旨により、非課税には含まれず、課税扱いとなるようです。
他に調べてみましたが、課税庁の見解もそのようです。
3については、どういうものか私にはわからないのですが、地図であれば民間の書店でも手に入るでしょうから、課税扱いのような気がします。
(詳しい内容がわかりませんので、自信はありませんが)

他に課税扱いとなるものとしては、公共施設の貸付けや利用の対価としての料金が上げられます。

まずは、行政手数料等についての非課税については、消費税法別表一で規定されていますので、該当部分を掲げてみます。

五 次に掲げる役務の提供
 イ 国、地方公共団体、別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託若
   しくは指定を受けた者が、法令に基づき行う次に掲げる事務に係る役務の提供で、その手数料、特
   許料、申立料その他の料金の徴収が法令に基づくもの(政令で定めるものを除く。)
  (1) 登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確...続きを読む

Q家賃の保証料の消費税について

こちらには税金に詳しい方が多く参加されているので教えてください。

賃貸住宅を契約する時に賃借人が保証人をたてる代わりに保証会社に「保証料」を支払えば、保証会社が家賃支払を保証してくれますが、この保証料は金融取引の際の保証のように「信用の保証としての役務の提供」として非課税取引になるのでしょうか?それとも、それには該当しないとして課税取引になるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも最終的には、税務署等にご確認される事を前提に、確かに金融取引ではありませんが、内容的に見て、賃借人が支払不能に陥った場合、保証会社が代わりに家賃分を賃貸人へ弁済するのであれば、まさしく「信用の保証としての役務の提供」に該当すると思われますので、やはり非課税となるのでは、と思います。

#1の方が掲げられている通達については、賃貸人に支払うべきものについての事ですので、ちょっと違うと思います。

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。

Q養母との間の続柄を教えて下さい。

養母との間の続柄を教えて下さい。

母は私の育ての親です。
書類を書くとき
私からみて、母は私の「養母」と思いますが
母からみて、私は母の何ですか?
書類の続柄の欄は空欄で関係の欄なら「知人」?

Aベストアンサー

一般的には「養子」では?
もしくは「継子」とか。(養子縁組をしていない、配偶者の連れ子の場合)
役所の書類記載等で心配なのでしたら、提出先に確認するといいですよ。

「知人」は続柄ではないです(笑)

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング