【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

京都の音羽山清水寺は正式なよみも「きよみずでら」なのでしょうか。
仏教関係のことばは呉音で音よみするのが普通だとおもうのですが……
「清水寺」を呉音で音よみすると「シンスイジ」になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

なぜ訓読みか、また、



> 清水寺のお坊さまが、仏教の公式行事でも「きよみずでら」と訓よみをしているのか、日本仏教の伝統にのっとり音よみしているのか

というご質問には答えられないのですが、

> 京都の音羽山清水寺は正式なよみも「きよみずでら」なのでしょうか。

というご質問については、私も #1の方がご回答されているとおり「きよみずでら」なのだと思います。

1つめの参考URLにある京都・清水寺貫主の森清範さんのお話によれば、「清水寺」の名を持つお寺が全国にあるそうですが、「きよみずでら」もしくは「せいすいじ」と読まれているようです。
(〈第2回 1年先と400年先〉から、「全国清水寺ネットワークの発足」の項をご覧ください。)
ちなみに、京都市内に「きよみずでら」だけでなく「せいすいじ」もあります(京都市北区真弓八幡町)。

2つめのURLは、その「全国清水寺ネットワーク」のサイトです。
国内には呉音で「しんすいじ」と読む清水寺はないのかもしれないですね。
台湾にも清水寺があるようで、その読みが気になるところですが‥‥。

また、http://www.city.kyoto.jp/kensetu/mizuf/kiyomizu2 … にも森貫主のお話があるのですが、全国清水寺ネットワーク会議で「水の日」を4月3日に決められた理由が述べられていて、「『しみずでら』という読み方が1カ寺もない」とは触れられているものの、「しんすいじ」という読みには言及されていません。
もちろん、ネットワーク会議に参加していない清水寺がないとは言い切れないのですが。

直接の回答ではないのですが、参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.slownet.ne.jp/members/op/int/200401in …

この回答への補足

補足ではなく、このばをかりてまとめというか、いくつか実例を…

■ 訓よみの寺号
清水寺 [きよみずでら]
長谷寺 [はせでら]
室生寺 [むろうジ]
石山寺 [いしやまでら]

■ 訓よみの地名と音よみの寺号
浅草 [あさくさ] にある浅草寺 [センソウジ]
品川 [しながわ] にある品川寺 [ホンセンジ]

補足日時:2004/06/20 11:18
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

私、「寺名」などとかいていたのですが、「寺号」というのだそうですね。百科事典に「679年に諸寺の寺号が和風から漢風に改められた。」という記述をみつけました。
むかし(奈良時代よりまえ)はやまとことば(訓よみ)の寺号の方が一般的だったのでしょうか。

お礼日時:2004/06/17 21:08

確かに、呉音の音読みが多いようですが、


三井寺(みいでら)、長谷寺(はせでら)、苔寺(こけでら)etc.
さっと思い浮かぶものでも、訓読みのものがあります。おもに地名がつくのが多いのかも。地名はやまとことばですので、寺も訓読みになるのかもしれません。

参考URL:http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/kanji/q/

この回答への補足

百科事典でしらべたところ…
三井寺の正式名称は「園城寺」で、「オンジョウジ」と読むようです。
苔寺の正式名称は「西芳寺」で、「サイホウジ」と読むようです。

国語辞典によると…
長谷寺には「チョウコクジ」というよみかたもあるようですが、正式なものかどうかはわかりませんでした。

清水寺のお坊さまが、仏教の公式行事でも「きよみずでら」と訓よみをしているのか、日本仏教の伝統にのっとり音よみしているのかが気になるところです。

補足日時:2004/06/15 22:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

訓よみの寺名の例をあげていただき、ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2004/06/15 22:36

こんばんは。



「きよみずでら」で良いと思います。

清水寺の名は清水寺の中にある「音羽の滝」の
清泉の名に由来していると聞いた事があります。
清泉の事をもともと「きよみず」と呼んでいた
ものがそのまま定着したのでは…と認識しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。
御意見をいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/15 07:23

清水寺の公式ホームページが「きよみずでら」になっています。



参考URL:http://www.kiyomizudera.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報をいただきありがとうございました。

お礼日時:2004/06/14 22:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浅草寺は、なぜ「あさくさでら」とよまないのですか?

素朴な、疑問ですが
浅草寺は、なぜ「せんそうじ」なんですか?
あさくさでらで、ないのですか??

Aベストアンサー

昔からの習慣で、神社は訓読み、お寺は音読みとしているからです。

Q清水「しみず/きよみず」 どちらの読み仮名で?

自分は外国人ですが、
或る本を呼んで気になるところがありまして、

例文 - 銀座のフレンチレストランでディナーという、当時の大吾にとっては、清水の舞台から飛び降りる覚悟のデートコースに誘ったときのことだった

例文の中の清水の読み仮名が「しみず」と「きよみず」で両方で読めますね。

京都の清水寺の読み仮名は「きよみずでら」ですね。
「しみず」の方は、やはり人名などに使われているんですが、

この例文の中の「清水」はどちらでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「清水の舞台」の形で使われているときは「きよみず」で、
「清水寺(きよみずでら)」のことです。

「清水寺」は、山の斜面の途中に立っていて、
その板の床の部分が、谷の上に広がっている
「舞台」ステージのようなところがあり、
本当に、そこから、飛び降りると、死ぬか、
大怪我をしてしまいます。

「清水の舞台から飛び降りる/た」つもりで/覚悟で、
というのは、死ぬか、大怪我か、というくらいに、
大変なことになるかもしれないことを覚悟して、
という意味で使われます。

「大吾」にとっては、その女性を誘えて、親しく
なれるならば、次の給料日まで、ほとんどお金の
ない生活をしても構わない、という覚悟をしたのでしょう。

京都の清水寺以外の「清水」は、
普通名詞で、「きれいな水」(主に湧(わ)き水で、淡水(たんすい))という意味で使われる場合でも、
それが固有名詞・地名や人名に使われる場合でも、ほとんどが「しみず」です。
実際に、きれいな水が湧いている土地に、「清水」という地名が付けられ、
その土地に住んでいた人が「清水」と名乗ったのでしょう。
普通名詞でも固有名詞でも、例えば、「石清水」「岩清水」(どちらも、いわしみず)
のような言葉があり、これも、石や岩の間や表面を伝わって、
湧いている水のことでしょう。

「清水の舞台」の形で使われているときは「きよみず」で、
「清水寺(きよみずでら)」のことです。

「清水寺」は、山の斜面の途中に立っていて、
その板の床の部分が、谷の上に広がっている
「舞台」ステージのようなところがあり、
本当に、そこから、飛び降りると、死ぬか、
大怪我をしてしまいます。

「清水の舞台から飛び降りる/た」つもりで/覚悟で、
というのは、死ぬか、大怪我か、というくらいに、
大変なことになるかもしれないことを覚悟して、
という意味で使われます。

「大吾」にとっては、その女...続きを読む


人気Q&Aランキング