個人事業で年末をまたいだ売上の源泉税の記帳について

後述に記載の記帳方法は誤りだと思うのですが、本来どのように記帳すべきだったかと、誤って記帳した現状に対して、どのような記帳(逆仕訳?)をすればよいでしょうか。


 平成25年12月に掛けで売り上げがあり、平成26年1月に振込で入金がありま
した。このとき源泉税を差し引かれた金額が振り込まれています。

 平成26年分 報酬、料金、契約金および賞金の支払調書には26年1月に振り込まれた金額と2月に振り込まれた金額の合算が記載されており以下の通りとなります。

支払金額:480,000
源泉徴収税額:49,008


この取引を
平成25年12月 売掛金 / 売上(252,000 / 252,000)
平成25年12月 普通預金 / 売掛金(227,496 / 227,496)
平成25年12月 事業主貸(源泉税) / 売掛金(24,504 / 24,504)
と記帳しました。

平成25年分の源泉税は平成25年分の支払い調書の記載金額にて確定申告済みで、上記の源泉税は含めておりません。


平成26年1月には、上記の売掛金回収の記帳はしておりません。
貸借対照表では帳尻が合うかと思うのですが、平成26年分支払調書の額面と整合性が取れておりません。

このような状況、本来どのように記帳すべきだったかと、誤って記帳した現状に対して、どのような記帳(逆仕訳?)をすればよいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>この取引を


平成25年12月 売掛金 / 売上(252,000 / 252,000)
平成25年12月 普通預金 / 売掛金(227,496 / 227,496)
平成25年12月 事業主貸(源泉税) / 売掛金(24,504 / 24,504)
と記帳しました。


入金時の仕訳、記帳が誤りです。


◎本来は、次のように仕訳、記帳すべきでした。

平成25年12月 売掛金 / 売上(252,000 / 252,000)
【摘要欄】12月の売上

平成26年01月 普通預金 / 売掛金(227,496 / 227,496)
平成26年01月 事業主貸(源泉税) / 売掛金(24,504 / 24,504)
【摘要欄】12月の売上代金が入金


◎入金時の仕訳、記帳が誤りの場合、平成26年の仕訳、記帳をどのようにすべきか。

平成26年1月1日 売掛金 / 普通預金(227,496 / 227,496)
【摘要欄】過年度仕訳の取り消し

平成26年1月1日 売掛金 / 事業主貸(源泉税)(24,504 / 24,504)
【摘要欄】過年度仕訳の取り消し

平成26年01月 普通預金 / 売掛金(227,496 / 227,496)
平成26年01月 事業主貸(源泉税) / 売掛金(24,504 / 24,504)
【摘要欄】12月の売上代金が入金

平成26年01月 売掛金 / 売上(228,000 / 228,000)
【摘要欄】1月の売上

平成26年02月 普通預金 / 売掛金(203,496 / 203,496)
平成26年02月 事業主貸(源泉税) / 売掛金(24,504 / 24,504)
【摘要欄】1月の売上代金が入金
    • good
    • 0

>このとき源泉税を差し引かれた金額が…



具体的にどんなお仕事ですか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

まあ、源泉徴収の対象になる職種で間違いないとして、

>平成26年1月に振込で入金があり…
>平成25年12月 事業主貸(源泉税) / 売掛金(24,504 / 24,504)…

25年12月には源泉税など何も支払っていないのにこんな仕分けをしてはいけません。

>貸借対照表では帳尻が合うかと思うのですが…

25年の期末には、売掛金が満額残ったままでないとおかしいです。

>平成26年1月には、上記の売掛金回収の記帳はしておりません…

だめだめ。
青色申告特別控除 65万円を取っているなら返上しましょう。
10万円しか取る資格がありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2072.htm

>平成26年分支払調書の額面と整合性が取れておりません…

25年分確定申告書の「未納付の源泉徴収税額」欄に 24,504を記載してあるなら、支払調書の件はそれで良いです。
URL は 26年分の申告書なので項目番号は変わっているかもしれませんが、53番です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>どのような記帳(逆仕訳?)をすればよいでしょうか…

25年分青色申告決算書の差し替え、一種の修正申告をします。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

複式簿記は現実をそのまま記載するのが原則です。

預金通帳と現金出納帳の金額に合わるのが先です。今のままですと、普通預金が合わないと思います。
一行目は正解です。
2行目は両方とも期首で逆仕訳をして下さい。売上は損益で計上され、売掛金は翌年度に繰り越されます。期首の通帳の金額と合ってきます。源泉税は最終的に元入金で調整されますから問題ないと思います。
支払調書の金額が2月分が含まれているとのことですが、実際の計上金額の締日によると思います。20日締めの場合31日までの11日分の売り上げを計上しないといけません。売掛金の先貰い分も記載されるケースもあるかと思います。そのあたりは支払調書との整合性とかではなく、実際に税務署に説明できるようになればいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

平成25年12月の2本目と3本目の仕訳を平成26年付で逆仕訳で戻し入れ、改めて平成26年付で仕訳をするといいでしょう。



入金が平成26年に入ってからですから、平成25年に入金と源泉税の仕訳を計上したのは残念ながら誤りです。これを平成26年に逆仕訳で戻し入れることが必要です。1月1日付でいいと思います。

そのうえで、実際に入金された日付で、入金と源泉税の仕訳を改めて計上するといいでしょう。これで帳尻が合うはずです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉所得税の特例納付の納付書がこないのです。

源泉所得税の特例納付の納付書がこないのです。

うちの会社は源泉所得税の納付を半期に1回行っています。
特例納付というものです。起業時に申請をしており、過去5年間かならず税務署から納付書が送られてきました。

6期目を迎えている今年ですが、そういえば納付書が届いていません。
毎年7月には前期分を納付しているのですが、納付書がこないためすっかり忘れておりました。

納付書が税務署からこないということはあるのでしょうか?
通常であれば7月10日が納期限となるのですでに期限を過ぎてしまってることになるのですが、今から
納付することはできるのでしょうか?

たとえ納付書が来なくても、自分から払い込みに行くべきだったのでしょうか?

Aベストアンサー

年末の源泉所得税の納付時に「納付書送付を希望する」としていない場合には、納付書は送ってきません。
納付書は、毎年の源泉所得税の年末調整の案内に同封されています。

納期限を過ぎているので、税務署に行って相談してください。延滞金を納付する場合があります。
税務署に行けば、納付書がこない理由はわかります。

Q個人事業で年末をまたいだ売上の源泉税を前年分として記帳するには?

 平成19年12月に掛けで売り上げがあり、平成20年1月に振込で入金がありま
した。このとき源泉税を差し引かれた金額が振り込まれています。
この取引を
12月 売掛金 / 売上
 1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金
と記帳しました。こうすると、源泉税は平成20年の帳簿にのみ記帳されること
になると思います。
 しかし、平成19年分として支払調書が送られてきました。先日このサイトで
教えていただいた結果、この源泉税は平成19年分の確定申告にて還付申告をす
べきものとわかりました。
 実際に入金があった時点ではじめて源泉税を記帳すると、上記のように平成
20年の扱いになってしまうと思います。この源泉税を平成19年の帳簿に反映す
るにはどのように仕訳・記帳したらよいでしょうか。
 ご教示いただければさいわいです。

Aベストアンサー

#2です。回答の一部に誤りがありましたので、改めて、全文を書き直します。


>12月 売掛金 / 売上
 1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金

12月 売掛金 / 売上
は問題ありません。

1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金
この仕訳は会計としては誤りです。天引きされた源泉所得税は国へ仮払い(概算払い)したのであって、事業主に仮払い(概算払い)したものではないからです。

ですから正しくは、
〔借方〕普通預金ooooo/〔貸方〕売掛金(繰越)*****
〔借方〕仮払税金#####/
仮払税金は仮払金でもOKです。

さて本題です。

所得税の源泉徴収は、売上げの発生時ではなく、売上代金の支払時に行われます。従って、平成19年12月の売上であっても、平成20年1月に支払われる場合は1月に源泉徴収されます。ですから、この源泉所得税は、平成19年の決算に反映されなくても良い、というより、反映させないのが正解です。反映させるのは誤りです。

#2です。回答の一部に誤りがありましたので、改めて、全文を書き直します。


>12月 売掛金 / 売上
 1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金

12月 売掛金 / 売上
は問題ありません。

1月 普通預金 / 売掛金(繰越)
    事業主貸(源泉税) / 普通預金
この仕訳は会計としては誤りです。天引きされた源泉所得税は国へ仮払い(概算払い)したのであって、事業主に仮払い(概算払い)したものではないからです。

ですから正しくは、
〔借方〕普通預金...続きを読む

Q源泉所得税を支払う時の納付書について教えていただけないでしょうか

弁護士報酬より源泉した所得税を支払たいのですが、納付書○給と○報の納付書の使用用途それぞれに弁護士と書かれているのですが、どちらを使用したらいいのでしょうか?2つの納付書に弁護士と書かれている違いはどういうところなのでしょうか?

Aベストアンサー

>どちらを使用したらいいのでしょうか?
○給の納付書

>納付書の使用用途それぞれに弁護士と書かれている
○報の納付書には弁護士は、ないと思いますが?
納付書の記載のしかた(報酬・料金等の所得税徴収高計算書)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/keisansho/pdf/03.pdf
にも、弁護士は除くとなっていますので。

Q年度末をまたいだ売上の源泉税

 初歩的な質問かも知れませんが、お許し下さい。
 年度末をまたいだ売上の源泉税をどちらの年度にするものなのかわから
なくなりました。
 先方の指定した場所で作業する個人事業をしています。商品の販売はあ
りません。昨年(平成19年度)12月に掛けで売り上げがありました。この
入金が、年を越した1月に、源泉税を引かれた上で振り込まれました。
 このとき12月 売掛/売上
     1月 普通預金/売掛(繰越)
        仮払源泉税/普通預金
 としました。売掛の回収が年を越すのはこれまでもありました。
 問題は、先方がこのときの支払調書を「平成19年度」のものとして送っ
てくれたことです。これまでは実際に入金があった時点で源泉税を記帳し
ていましたので、これまでどおりこれを平成20年度に還付申告していいの
であれば問題ないと思います。それでいいでしょうか?それとも本来、
19年度の申告で処理すべきものでしょうか?
 これまで売掛が年度末をまたぐのは支払調書を発行してくれない取引先
のみだったので、疑問を感じたことはありませんでした。
 お忙しい折りでしょうが、ご教示いただければさいわいです。

 初歩的な質問かも知れませんが、お許し下さい。
 年度末をまたいだ売上の源泉税をどちらの年度にするものなのかわから
なくなりました。
 先方の指定した場所で作業する個人事業をしています。商品の販売はあ
りません。昨年(平成19年度)12月に掛けで売り上げがありました。この
入金が、年を越した1月に、源泉税を引かれた上で振り込まれました。
 このとき12月 売掛/売上
     1月 普通預金/売掛(繰越)
        仮払源泉税/普通預金
 としました。売掛の回収が年を越すのは...続きを読む

Aベストアンサー

>先方の指定した場所で作業する個人事業をしています…

具体的にどんなお仕事でしょうか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されるわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人への支払いはすべて源泉徴収しなければならないと、誤解している人・企業が多々あります。
ご注意ください。

>問題は、先方がこのときの支払調書を「平成19年度」のものとして…

おかしいですね。
「平成19年度」と書いてありますか。
「年度」というと一般には 4/1~3/31 です。
「平成19年分」ではありませんか。

それはともかく、給与と違って報酬の源泉徴収は、取引の確定した日が基準です。
支払日ベースではありません。
年末現在で未払いの場合は、「支払調書」に内書きすることと定められています。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100038.htm
→PDF

>それとも本来、19年度の申告で処理すべきものでしょうか…

「平成19年分」の確定申告に含めます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>先方の指定した場所で作業する個人事業をしています…

具体的にどんなお仕事でしょうか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されるわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人への支払いはすべて源泉徴収しなければならないと、誤解...続きを読む

Q源泉所得税の納付書

管轄の税務署からは何も送られてこないのですが、源泉所得税の納付書は税務署でもらえるのでしょうか?
また、その場合、どこの税務署からもらっても納付書は同じですか?

Aベストアンサー

こんにちは、再び #2の者です。
ちょっと、補足を…

源泉所得税の納付には必ず、源泉所得税用の納付書を使わないといけない、というわけではありません。

今日が納付期限なのに、納付書が手元になく、税務署にも行く時間がない。といった場合には…
金融機関の窓口にはどの税金(所得税、法人税、登録免許税等)の納付にも使える普通の納付書があります。
これでも納付ができます。
税目に源泉所得税とかいて、余白に税金以外の記入事項(給料であれば給料の種類、支払日、人数、支給金額等)を書けばOKです。

あと、銀行では3時をすぎると、翌日扱いになりますが、
中央郵便局は6時までは当日扱いになるはずです。
郵政公社になってからは定かではありませんが、確認にておくと後々便利になりますよ。

Q今年初めて確定申告する個人事業者です。確定申告書で源泉徴収分の記載方法

今年初めて確定申告する個人事業者です。確定申告書で源泉徴収分の記載方法の関して教えて下さい。
取引先からは、源泉徴収後入金される事業収入があります。この源泉徴収分を申告書で記載する場所は申告書B第二表の「所得の内訳(源泉徴収税額)」と思いますが、1行内では「収入金額」と「源泉徴収税額」の記入欄があるので、「収入金額」は0円として、「源泉徴収税額」のみを記載するすれば良いのでしょうか?
また、(この欄では記入されない)収入部分は請求時に売掛金計上していますが、源泉徴収税額分に関しては年内の入金分についてのみについて対象となるのでしょうか?
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>取引先からは、源泉徴収後入金される事業収入があります。この源泉徴収分を申告書で記載する場所は申告書B第二表の「所得の内訳(源泉徴収税額)」と思いますが、1行内では「収入金額」と「源泉徴収税額」の記入欄があるので、「収入金額」は0円として、「源泉徴収税額」のみを記載するすれば良いのでしょうか?

申告書B第二表の「所得の内訳(源泉徴収税額)」の「収入金額」欄には、源泉徴収後入金される事業収入だけでなく事業の収入金額の全額を記入します。白色申告なら、収支内訳書の「収入金額」の「計(4)」の数字です。青色申告なら青色申告決算書の「売上(収入)金額(1)」の数字です。


>また、(この欄では記入されない)収入部分は請求時に売掛金計上していますが、源泉徴収税額分に関しては年内の入金分についてのみについて対象となるのでしょうか?

その通りです。年内の入金分から天引きされた所得税額の合計額を記載します。


※念のため:
支払調書の添付は不要です。支払調書は、取引先(報酬の支払者)から税務署へ提出される書類であり、質問者(報酬の受取者)へ交付する書類ではないのです。

>取引先からは、源泉徴収後入金される事業収入があります。この源泉徴収分を申告書で記載する場所は申告書B第二表の「所得の内訳(源泉徴収税額)」と思いますが、1行内では「収入金額」と「源泉徴収税額」の記入欄があるので、「収入金額」は0円として、「源泉徴収税額」のみを記載するすれば良いのでしょうか?

申告書B第二表の「所得の内訳(源泉徴収税額)」の「収入金額」欄には、源泉徴収後入金される事業収入だけでなく事業の収入金額の全額を記入します。白色申告なら、収支内訳書の「収入金額」...続きを読む

Q源泉税納付書の「支払年月日」

先月「税理士等の報酬」の支払が2件ありました。
預った源泉税を支払うべく、納付書へ記入しようとしたのですが、支払日はどう書けばいいのでしょうか?
12/25と12/29にそれぞれ支払っています。
支払日が複数記入できる特別な納付書、とかでしょうか??

Aベストアンサー

>預った源泉税を支払うべく、納付書へ記入しようとしたのですが、支払日はどう書けばいいのでしょうか?
12/25と12/29にそれぞれ支払っています。

両者をひっくるめて、12/29と記載すれば充分です。

Q個人事業主が個人に翻訳依頼し場合の源泉徴収

個人事業主が個人に翻訳依頼した場合、源泉徴収しなければならないのでしょうか?

こちらを見ると翻訳は源泉徴収に該当する職種として載ってないように思うのですが、どうでしょうか?
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

Aベストアンサー

リンク先には一部の主な内容しか記載されていません。
全てを見るにはこちらをどうぞ。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

翻訳の報酬・料金は1号に記載されています。
よって源泉対象となります。
翻訳の報酬・料金に対する税率は「報酬・料金の額×10%ただし、同一人に対し1回に支払われる金額が100万円を超える場合には、その超える部分については、20%」とあります。

>個人事業主が個人に翻訳依頼した場合

報酬・料金等の源泉徴収は「源泉徴収義務者」であることが要件ですので、個人事業主であれば誰かを雇用している(給与支払者である)事が必要です。

誰も雇用せず、一人親方であれば源泉徴収義務者ではありません。
その場合、源泉徴収は必要ありません。

Q源泉所得税の納付書の書き方

源泉税納付書の書き方で、税理士報酬や社労士報酬を記入する欄の支払額は消費税込でもいいのでしょうか? 今まで消費税抜金額に対して源泉されていたので、抜きで記入していたのですが、昨年1度だけ消費税込みの金額に対する源泉額を預かった時があり、(5000円(内税)に対して500円の源泉)合算で記入するのに、他は消費税抜きなのに、それは、込みでいいのか、疑問に思いました。 税務署に聞いてみたら、納付書には10%の源泉とわかるように表示してください との答えだったので、それなら、上記の処理でOKということですよね? 
また納付書は消費税抜きの額を記入したとして、法定調書・合計表は消費税込で作成してもよいのですよね? そうなると納付書の支払金額と法定調書の支払金額が消費税分、違うことになりますが。 一般的にどうされているのか教えてください。 ちなみにうちの税理士事務所は あまり統一されておらず、昨年は消費税込みだったのに、今年は消費税抜きで合計表を作成し、法定調書だけ消費税込みにしたりしてるのですが、そのへんはアバウトでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

OKですが、たびたび記載方法を変えるのは避けるべきです。

Q青色申告の個人事業主。消費税の記帳について質問です

初歩的なことなのですが、消費税課税業者の決算処理、及び消費税納付時の記帳の仕方がわかりません。
税込の場合の、正しい入力の仕方を教えてください!


21年度に初めて消費税の納付をしたのですが、22年度に繰り越し、気づいたところ、
21年度の決算時に、

借方→租税公課
貸方→未払消費税

で入力したようで、22年度の年頭で未払消費税が0になっていません。

22年も3月末に消費税の納付をしたのですが、
この状態からどのようにå入力していくのが正解でしょうか??

そもそも21年度の入力が間違っていると思うのですが、
おわかりになる方、助けてください!よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

借方→租税公課
貸方→未払い
この仕訳は消費税を納付していませんと同じことです。

納付は
(借方)租税公課/(貸方)現預金・・・・直接納付の場合。
(借方)租税公課/(貸方)A未払金・・・・期末計上
(借方)B未払金/(貸方)現預金・・・・期日に納付「AとBが相殺されて租税公課で支払った形になるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報