ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

昨年、土地を購入する際に地元の信用金庫から融資を受けたのですが、
その際にその信用金庫の出資証券を1口でいいから出資してほしいと言われました。
1万円を出資しました。1回目の配当金は300円くらいでした。

この出資証券とは、どういう使い方をするものなのでしょうか?
もっと大金を出資して多くの配当金をもらうべきなのでしょうか?
これをやるメリット、デメリットを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も住宅金融公庫からの融資を信用金庫経由で受けた時に、一万円で出資証券を購入しました。

確かこれは、組合員みたいなものになってからローンを組めると聞いています。年に1回毎年300円の配当が入ると思います。ですからもう信用金庫を利用しないのなら手続すれば一万円は、返してもらえるはずです。信用金庫に確認してみてください。
    • good
    • 1

信用組合/農協などに口座を作ると組合員になるための出資金が必要ですが、私は1000円にしています。


配当がよいので<もっと大金を出資して多くの配当金をもらうべき>と思いますが、無配もありえますし、倒産すると出資金も返らないこともあることがデメリットです。
    • good
    • 0

>1万円を出資しました。

1回目の配当金は300円…

今どき定期預金で 3% もの利息は絶対に付きませんから、利回りの面では優等生です。

>この出資証券とは、どういう使い方をするものなのでしょうか…

配当金目的の投資と考えれば良いです。

ただ、上場企業の株と違って、市場流通性がありません。
売りたくなったときは自分で買い手を探すのが基本で、その信金でいつでも引き取ってくれるわけではないことに注意が必要です。

株と違うという意味では、証券そのものが値上がりすることもありません。

また、金融不安でも起こってその信金が倒産したりすれば、紙切れになってしまうことは、株などと同様です。

>もっと大金を出資して多くの配当金をもらうべき…

ご自身で判断してください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信用金庫の出資証券ってなんですか?

父が亡くなり、いろいろとタンスの引き出しを整理していたら、
地元の信用金庫の「信用金庫出資証券」という紙が出てきました。
出資1口50円を2000口で、額面は10万円となっていました。

これはなんなのでしょうか?
配当金をいくらかもらっていたようで、通帳にその記載がありました。
しかし、もう亡くなっている祖父のものまで同じ証券がありました。

亡くなっている人の証券はもう無効で解約されているのでしょうか?
父のものも解約ということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

信用金庫や信用組合、JA等である一定額以上の取引(主に融資)を行うと、出資することを要請されますが、その証券になります。
出資に伴い、毎期配当金が預金口座に振り込まれていると思いますので、確認してみて下さい。勝手に解約(売却)されるということはありません。
名義変更は比較的簡単ですが、売買は株式と違い簡単ではありません。
今の預金利率より配当性は良いと思いますので、継続して所有してもいいのかもしれません。

Q信用金庫の出資証券について

こんにちは。私も当事者もあまり金融に詳しくないので教えていただきたいと思います。
先日家内の実家で片づけを手伝っていましたら、信用金庫の「出資証券」というのが1枚出てきました。(東京の西武信用金庫)
聞くと少なくとも30年以上前に、義父が付き合いで買ったそうで、いくらで買ったかも覚えてはいません。額面は10.000円で、調べたら毎年400円前後の配当はついていましたので、まあ年利は4%ってことなのですよね?ところで、これって売却は可能なのでしょうか?
また売却の場合の時価を調べる方法とかはあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今では、誰でも口座開設できますが、法人などですと、口座開設とともに出資を求められるので、それが「付き合い」なのですね。
仮に、購入以来4%の配当を受け取っていれば、25年間で額面1万円は回収しています。今は、タダで配当をもらっている状態です。
利回りが良いので、買いたい人は多いと聞きますが、市場が整備されてないので、信用金庫さんに問い合わせるのが一番です。

Q信用組合の出資金について

3年前に信用組合で融資を組み、現在も返済中なのですが、その融資申込み時に、信用組合に「出資金」として10万円程支払いました。
その10万円は、融資の返済が完了した時点で、返してもらえるのでしょうか?また、返してもらうためにはどのような手続きが必要ですか?
金融関係の事は、まったく無知なので、どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

信用組合で融資を受けるには「組合員」にならなければなりません。
私は信用金庫職員だったので信組の組合員出資金が幾らというのはわからない
のですが、組合員を脱退すれば返金されると思います。

信用金庫の場合、出資金は会員一人一万円でした。これに対して6%ぐらいの
配当金がつくのでみんな加入希望あれど手放すという方はそんなにいなかった
です。(平成7年ぐらいの話ですが)

信用組合は組合員でなければ預金も融資も出来ません。融資が完済して預金
も全て引き上げるという時に脱退されればいいと思います。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~sinktank/shikumi8.htm

QJAへの出資

カテゴリー違いの質問かもしれませんが、宜しくお願いします。

株への出資は株価が日々変わり、譲渡益・譲渡損が出るなど
良くも悪くもリスクがやはり大きいものだと改めて昨今の相場で感じました。
投資は分散投資が基本とだと思います。しかし、分散の一つとして
円の定期預金やMRF・MMFなど国内預金・債券物を一定の割合で
持つのは、金利を上げられない日本ではやはりあまりに魅力にかけてしまってならないと思っています。

そこで、知人からちょっと聞いた話ですが、JA(JAバンク?)の準組合員になりJAへの出資をすると、年率で3%とか4%の配当金を受け取れると聞いたことがあります。
株の様な株価の変動もなく、農水省等のバックがあるJAへの出資は
定期預金などよりも利息も良く、魅力に感じたのですが、詳しい方の
知識を伺いたく質問させて頂きました。住んでいる地域のJAにしか
出資が出来ない様な事を耳にしましたが、地域の違いによる配当率や
リスクの違いなどあるものなのでしょうか?

出資のリスクの大きさや、メリットやデメリット、問題点や
手続きの方法などご存知でしたらご教授下さい。

宜しくお願いします。

カテゴリー違いの質問かもしれませんが、宜しくお願いします。

株への出資は株価が日々変わり、譲渡益・譲渡損が出るなど
良くも悪くもリスクがやはり大きいものだと改めて昨今の相場で感じました。
投資は分散投資が基本とだと思います。しかし、分散の一つとして
円の定期預金やMRF・MMFなど国内預金・債券物を一定の割合で
持つのは、金利を上げられない日本ではやはりあまりに魅力にかけてしまってならないと思っています。

そこで、知人からちょっと聞いた話ですが、JA(JAバンク?)の...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 年率で3%とか4%の配当金を受け取れる・・・  定期預金などよりも利息も良く・・・
株式会社の配当と同じです。
配当の額は一定ではありませんし、赤字等になれば無配当もあり得ます。

(2) 株の様な株価の変動もなく・・・
その通り、出資金額は変動しません。

(3) 農水省等のバックがあるJA・・・
勘違いされやすいのですがJAは民間企業ですので、農水省(国)のバックはありません。

(4) 住んでいる地域のJAにしか出資が出来ない・・・
准組合員の資格は「その農協の地区内に住所がある個人」と書いてありますので、その通りです。

(5) 地域の違いによる配当率やリスクの違い・・・
「JA●●」と「JA▲▲」は別々の企業です。
地域の違いというより、企業の違いにより、当然にして配当率やリスクの違いはあります。

(6) 出資のリスクの大きさ
株式と同じで、出資したJAが破綻すればパーです。

(7) デメリット、問題点
例えば100万円をJAに出資したとして、それを現金に換えようとしても、その出資を買ってくれる誰かが見つかるまでは現金になりません。
JAが買い取ってくれるかどうか・・・?
(普通の株式会社なら、こんな時に自社株を買い取りませんよね)
上場株式ならば株式市場での売買ができるので、現金化が簡単ですが。

あと、もしかしたら出資金額に「1組合員10万円まで」などの上限があるかもしれません。

以上、思いつくままに書いてみましたが、詳しくはJAの窓口でお尋ねください。
違っている可能性もありますので、参考までに。

(1) 年率で3%とか4%の配当金を受け取れる・・・  定期預金などよりも利息も良く・・・
株式会社の配当と同じです。
配当の額は一定ではありませんし、赤字等になれば無配当もあり得ます。

(2) 株の様な株価の変動もなく・・・
その通り、出資金額は変動しません。

(3) 農水省等のバックがあるJA・・・
勘違いされやすいのですがJAは民間企業ですので、農水省(国)のバックはありません。

(4) 住んでいる地域のJAにしか出資が出来ない・・・
准組合員の資格は「その農協の地区内に住所...続きを読む

Q昔の50円硬貨(穴あき、穴無し)の価値をおしえて

おばあちゃんが集めていた昭和30年頃の、50円玉を、
ほしい方がいたら売りたいと言っているのですが、
どのくらいの価値があるのか、また、何処へ持っていけば
良いのか、わかりません。
詳しい方がおいででしたら、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500~2500円程度で引き取ってもらえる。
       (状態によって価格差有り)

 その他年号:プレミア無し(存在量が多く、どのお店にも大量の在庫有り)
       額面通りの価値


 その他に、一般年号でもプレミアが付く可能性があるのは、俗に言う
「エラーコイン」です。一般的なものは下記です。

・角度ズレ
 表裏の角度がずれているもの。
  通常は±10度以上ずれていないと、「角度ズレ」として評価してもらえない
 場合がある。

・穴ズレ(昭和34年~昭和41年)
  穴が中心になく、ずれているもの。
  穴の縁が切れる程ずれていれば確実。
  少々のズレでは評価してもらえない場合が多い。

・穴なし(昭和34年~昭和41年)
  穴が無いもの
  前述の二つよりも評価が高い。

 エラーコインの場合、エラーの度合いにより評価が異なります。
 (価値もピンからキリまでです。)


 処分の方法ですが、下記の方法が考えられます。

1.古銭屋さん
  買取価格は何処でもほとんど同じと思って良い。
  当然プレミアも加味した金額となるので一番無難です。

2.骨董屋さん、リサイクルショップ屋さん
  古銭が弱いお店の場合は、全て額面という場合があるので注意。
  リサイクルショップ屋では引取らないお店もある。
  通常は高値の期待はしない方が良い。

3.インターネットオークション
  熱くなってくれる人が入札してくれると高値になる場合がある。
  (出品方法に一工夫が必要)
  自分だったらこの方法を選びます。

4.フリーマーケット
  安く買い叩かれる場合や、売れ残ってしまう場合の方が多く、
  値付けが難しい。
  手間を考えると個人的には絶対にしません。

5.銀行
  プレミア等一切関係なく、額面で引取ってもらえます。


 こんな所でしょうか。
  




 

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500...続きを読む

Q信用金庫のメリット、デメリット

こんにちは。

信用金庫のメリットについて教えてください。

私の会社は、小企業で、信用金庫がメインバンク?です。というわけで給料の振込みなども全部、そこです。

でも割と、信用金庫は駅の近くなどに無いですし、使いづらいと思うことがしばしばあります。
そこで、信用金庫をお使いの方にメリットと感じる点、デメリットと感じる点を教えていただきたいです。

もしも、あまりにもデメリットの多さに気づいたら、普通の銀行に給料振込み後にすぐにでも移すようにしようかなぁ、と思ってます。

Aベストアンサー

こんにちは。

私が住んでいる地域は田舎なので信用金庫とか農協が多いです。私が感じているメリットは
1.利用している信用金庫は土日ATM利用手数料がかからない
2.信用金庫同士だと入出金の手数料がかからない
3.出資(株券)を持っていると支店間の送金手数料が減免される
などです。信用金庫は中小企業、地元密着型なのでどうしても不便な点があったりしますよね。でも窓口などでは粗品沢山くれたし、家まで集金とかもすぐに来てくれるので結構便利なところもあります。

あと、支店間の定期預金の解約は信用金庫でも出来ますよ。ただし印鑑簿の登録とオンラインの状態次第です。これに関しては銀行で同様です。オンラインが古い金融機関ではこういう事ができないのです。

参考になりますでしょうか。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q労働保険料の還付についての仕訳について教えてください。

今回、前年度の労働保険料の還付があり、今年度の概算保険料と差し引かれ、普通預金にいくらか戻ってきます。
このような場合、複式簿記的にはどのように仕訳するのでしょか?

[具体例]数値は簡単にしています
・前年度の概算支払い時(\100,000)
法廷福祉費  80,000 現金 100,000  (←労働保険料支払い)
立替金    20,000 (←従業員負担分立替)
・今回、前年度の保険料が確定(\50,000)
労働保険料 \50,000 (内従業員負担分\10,000)
・今年度の概算保険料算出(\40,000)
労働保険料 \40,000 (内従業員負担分\8,000)

差し引き\10000が普通預金に返金される予定です。

ちょっと解かり辛らくて恐縮ですが、
どなたかどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2072894
の#1です。

これでいいのでは?

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2072894

Q新車購入時に下取車がある場合の仕訳

こんばんは。お世話になります。
新車購入時の仕訳についての質問は過去にもたくさんあったんですが、
私の理解力のなさか、応用することができないので質問させてください。

会社で使用していた車がだいぶガタが来ていたので、今回下取りに出して新車を購入することになりました。
(下取にした車は車検時にリサイクル料金を預託金として計上しており、納車の際に「雑費5,870/預託金5,870」として処理しました。)
請求書には下記のように書いてあります。

車両本体価格   882,000
値引き     △157.500
下取車     △15,000
付属品      35,100
-合計(A)-    ¥744,600-
(税金等)
自動車取得税   22,600
自動車重量税   8,800
自賠責保険    25,680
検査登録費用   26,250(課税)
下取手続費用   15,000(課税)
リサイクル管理料金    380(課税)
リサイクル預託金    8,220(非課税)
-合計(B)-     ¥106,930-
現在入金額(C)  △5,870(下取車リサイクル料金返金分)
請求額(A)+(B)-(C)=¥845,660-

自分なりにした仕訳は下記のとおりです。
709,143 車両運搬具 / 現金 845,660
35,457 仮払消費税 / 雑費  5,870
31,400 租税公課
25,680 保険料
26,250 支払手数料
15,000 支払手数料
  380 支払手数料
 8,220 預託金
やってみたものの、雑費の摘要欄にはなんと書けばいいのかも分からず悩んでいます。。
そもそも納車の際にリサイクル料金を雑費で上げたのが間違いだったのでしょうか?
間違いだとしたら「預託金/雑費」で直して、新車購入の仕訳には(C)のリサイクル料金返金分はどのように入れればいいのでしょうか?

行き詰ってしまって、先に進めません。
どうかお力をお貸しください。よろしくお願いします。

こんばんは。お世話になります。
新車購入時の仕訳についての質問は過去にもたくさんあったんですが、
私の理解力のなさか、応用することができないので質問させてください。

会社で使用していた車がだいぶガタが来ていたので、今回下取りに出して新車を購入することになりました。
(下取にした車は車検時にリサイクル料金を預託金として計上しており、納車の際に「雑費5,870/預託金5,870」として処理しました。)
請求書には下記のように書いてあります。

車両本体価格   882,000
値引き    ...続きを読む

Aベストアンサー

下取車は資産計上されていないのでしょうか?
資産計上されているならば、下取車の除却をしなければなりません。
●下取車の売却(税込処理)
現金 15,000/車両運搬具 ××(簿価)
この差額を車両売却損益とします。
現金 5,870/預託金 5,870

●車両の購入(税込処理)
車両運搬具 759,600/現金 866,530円
租税公課   31,400
保険料    25,680
支払手数料  41,630
預託金    8,220

たぶん、こんな感じになると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報