最近、血液検査にて、「中性脂肪」値が高すぎるとの指摘を受けました。

最近の食生活の変化としては、

(1)ココア・・・毎朝、飲んでいます。
(2)牛乳・・・毎朝、ココアを溶かして飲んでいます。
(3)オリーブオイル・・・毎朝、少量をパンにつけて食べています。
(4)エゴマオイル・・・時々、サラダにかける等しています。
(5)大豆・・・節分の時に食べ過ぎました。(これは一時的なものです、原因の一つかも?)
(6)アルコール・・・赤ワインと焼酎(1~2杯)の晩酌。(これは以前からですが、止められません)

が、あります。

これらは、健康に良いと思って始めたものてすが、原因となっているものがあれば、お教え願います。

それ以外でも、「中性脂肪」値を下げる為に実行した方がよいことがあれば、あわせて、お教えいただければ、有難く思います。

質問者からの補足コメント

  • 従来から「中性脂肪」値は高めではありましたが、治療を要する程ではありませんでした。

    今回、異常に高く、真剣に考えた方がよいと言われたので、気になっていましたが、今回の血液検査は、中性脂肪値を測る為でなく、別の目的で採血したので、食前の指示もありませんでした。
    先生には、その場で、直前の食事の影響かもしれないとは言いましたが、今、考えてみれば、食後の採血の影響が大きいかもしれませんので、再度、食前の採血をお願いして、その結果で、対応を考えたいと思います。


    ※食事と中性脂肪の関係
    http://www.crc-group.co.jp/crc/q_and_a/82.html
    http://www.enjoy.ne.jp/~k-ichikawa/neutralFat.html
    http://www1.ocn.ne.jp/~nisimura/contents/dyslipi …

      補足日時:2015/02/18 09:45

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

食生活で対策をしようとするからいかんのだと思います。


どんな食材が良いかは他の方々が詳しく書いているので割愛しますが、
通勤の際や余暇に毎日1万歩あるけば、下がります。やってますか?
寝る暇ない、帰りが遅い、はナシです。
質問文やお礼欄のコメントの第一印象なのですが、
よいとされるもの、好んで食べるもの、の食生活をしているからヤバイのです。
どうしても食生活で改善したいのであれば、
古来からの和食の米と味噌汁、魚のような質素なものを1週間続けたら大きいと思います。
アノ栄養素が不足するだの、オリーブ油をもれなくかけるなど、余計なことはせず
厳しい寺に放り込まれ修行している設定で実行すればよいかと。
大人なのだから我慢できないってことはないでしょうし。
肉体労働であっても、比率を変えなければいいんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見有難うございます。

お礼日時:2015/02/19 15:08

.


 回答No.2、3、4の説明が今後の食生活の参考になりますよ。
 私自身も10年ほど前は中性脂肪の値が異常に高い状態でしたが、自力で克服しました。炭水化物(ごはん、パン、麺類、パスタなど)の摂取を控え、食べ過ぎ・運動不足を無くせばOKで、14kg減量したら、自然と中性脂肪は正常値に戻りました(いまもその体重は維持しています)。

 私の家内も最近、中性脂肪の値が高く、医者から注意されていたのですが…血液検査する少し前に食事をしたので異常に高い値(600以上)が出たようです(朝食を摂ってから血液検査を受けました)。その後、別の病院で絶食をした状態で血液検査を受けたら中性脂肪の値は150くらいに下がっていました。
 血液検査する12時間以上前からいっさいの食事は抜いて、再度受けてみてください。「食後の採血の影響が大きいかも」は、そのとおりです。

 なお、食生活では最初に野菜をしっかりと食べ、そのあとでふつうの食事にすることです。ただし炭水化物はなるべく控え、食事の量も控えめにすることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

勿論「No.2、3、4の説明が今後の食生活の参考になる」と思っております。
ただ、自分がそこまでの状態とは、思えなかったのです。

考えてみれば、食後の採血が、原因の一つではないかと思えるようになりました。
先生にも、食事が影響しているのではないかと、その時、言ったのですが、自分の専門分野外なので、自分で判断して、専門の病院に行きなさいとのことでしたので、ご相談したしだいです。

別の病院に行く前に、その病院で、もう一度、空腹時の血液検査をお願いしてみる積りです。

それにしても、皆さん、涙ぐましい努力をされているのですね。

大変参考になりました。
私も、努力をしてみます。

有難うございました。

お礼日時:2015/02/18 21:10

私も以前、中性脂肪が高めでした。


でも体重を少し減らしたら、正常値になりました。

食生活は、脂肪分の多そうなものはできるだけ減らしましたが、
アルコールはめっちゃ飲んでました(今も)。

その時の食生活によっても変わると思うので、
ちょっと気を付けてみてから採血してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心強いアトバス有難うございます。

そうですよね。アルコールは止められませんよね。
「めっちゃ飲んでました(今も)」とのことで、安心しました。

ただ、私は、「休肝日」を設けて、その日は「禁酒」にして節制はしている積りです。

再度、検査をしてから、本格的に対応してみます。

有難うございました。

お礼日時:2015/02/18 20:53

毎日体重を測って記録するとよいと思います。

知らずのうちに食生活が変わってきます。
中性脂肪の値はどのくらいですか?正常が50~149ですよね。私は167あります。医師からちょっと多いね、でも許容範囲、と言われています。

医師によると、中性脂肪700とかの値だと薬で下げることが必要だそうです。
中性脂肪の薬は飲んでいますか?あの薬、気持ちが悪くなるのでちょっと飲んだだけでも食欲が落ちました。

パン食をごはんに替えるだけでいいと思います。ごはんは小さめのお茶碗で。味噌汁必須です。おかずはなっとう。質素なのがいちばんいいです。
ココア牛乳は2日に一度くらいにして様子をみてみたらいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

実は、我家には「体重計」はありません。
と言うか、家内が嫌かって仕舞い込んでしまったので、復活交渉をしなければなりません。

「豆乳」への変更もそうですが、朝食の「パン」をごはんに変えようと思うと、家庭内の大騒動おきそうですが、そのくらい実行しないと、改善は無理かもしれませんね。

ただ、中性脂肪値については、補足にも追記しましたが、再度、採血をお願いしてみます。

「ココア牛乳」の回数削減は、きっそく実行します。

ご親切なアドバイス有難うございました。

お礼日時:2015/02/18 10:24

ANo.3です。



>>言い訳ではありませんが、炭水化物もあまり食べていない(減らしている)積りですが、意識せずに食べているかもしれませんので、その点注意をせねばなりませんね。

あなたはかなりの炭水化物を食べてますよ。これは断言できます。

私はじつは糖質制限実践中でして、その経験から判るんです。糖質って意識的に制限するつもりで生活しないと、相当摂取してしまっているんです。

例えばあなたはオリーブオイルをパンにつけて食べていると書いているじゃないですか。パンは炭水化物です。

そうやって自分は食べていないつもりでいても結構な量の炭水化物を食べているんですよ。
意識しなければあなたの総摂取カロリーの60%以上は炭水化物由来のはずですよ。われわれは炭水化物に囲まれ過ぎている。だから中性脂肪値が高くなるのです。

そんなに食べているのに、「あまり食べてない」と思いこんでいることがそもそも何かずれている。

一度、糖質制限されるといいです。ゆるい糖質制限でも構いません。これなら比較的実践しやすいはず。
一日の糖質摂取量を130g以内に抑える。これだけです。

これで脂質異常(中性脂肪値が高いのもその一つ)が劇的に改善されます。さらに自分が如何にたくさんの炭水化物を食べていたか思い知らされるはずですよ。

食べてはいけないもの:米、小麦、トウモロコシ、春雨などのデンプン類、イモ類、フルーツ、砂糖、ニンジンやレンコンなどの根菜類、ビールやカクテルなどの甘いお酒。清涼飲料水。

ご飯、麺類、パン、シリアルは基本NG、ココアももちろんダメ。調味料のケチャップやソース、ポン酢やノンオイルドレッシングは厳禁。お菓子、スイーツは一切だめ。料理で言えば中華は全滅、イタリアンもパスタ・ピザはNG、日本食も甘辛く煮付けたものはダメ。

この時点で、「それでは食べる物がほとんどないじゃないか」とお思いになったのなら、それこそ「相当量の炭水化物を食べている」ことの何よりの証拠になります。

大豆や牛乳、ヨーグルトは食べ過ぎなければOK(100g中5gの糖質が含まれています)。ナッツは100g中10~20gの糖質が含まれているので、食べるなら10粒程度に抑える。

その代わり、肉、魚、チーズ、卵、豆腐、野菜(イモ、根菜以外)、蒸留酒はいくら食べてもOK。何とマヨネーズもOKです。悪いのは脂肪ではありません。炭水化物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご意見有難うございます。

炭水化物は食べていないとは申しておりませんが、朝食のパンも少しにする等、工夫している積りですが、人間が弱いので、つい「おやつ」等に手が出てしまっているかもしれません。

おっしゃる通り「ご飯、麺類、パン、シリアルは基本NG」となると、相当に気合を入れないと実行できないようです。

補足にも書きましたが、再度、採血をお願いして、その結果で、真剣に考えてみます。

詳細なアドバイスを有難うございました。

お体を大切になさってください。

お礼日時:2015/02/18 10:07

ANo.2さんの


>>中性脂肪はもともと糖質(炭水化物)が材料となっています。
は正しいです。

ただし糖質は甘いものだけでなく、米、小麦、トウモロコシ、芋類、その他甘くないデンプン、フルーツ類に大量に含まれています。

中性脂肪値を下げたいなら上述の食品摂取量を減らすことですね。
ココアはダメですよ。糖質の塊です。

あとね、言い訳するなら質問するな。
質問するならいちいち言い訳するな。

ってことですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

言い訳ではありませんが、炭水化物もあまり食べていない(減らしている)積りですが、意識せずに食べているかもしれませんので、その点注意をせねばなりませんね。
例えば、夕食のご飯は、お茶碗「一杯」と決めております。

ココアは、「動脈硬化」や「癌予防」などの効能があると聞いたので始めたもので、ピュアココアであれば、砂糖を含んでいないので大丈夫と思っておりましたが、おっしゃる通り炭水化物が多いのであれば、効能と害のどちらを選択するかになるようですので、考えてみます。

有難うございました。


※ココアの効能
http://www.chocolate-cocoa.com/lecture/

※ココアの成分
http://calorie.slism.jp/116048/

お礼日時:2015/02/17 21:18

中性脂肪はもともと糖質(炭水化物)が材料となっています。


吸収された糖質は血中の血糖量をコントロールするインシュリンによって脂肪に変化されて筋肉や内臓や皮下脂肪へと蓄えられます。

ですから、中性脂肪が高いというのは脂肪を蓄える能力が追いつかないか、糖質の摂りすぎを要因と考えるべきです。

あなたの場合、甘いものの食い過ぎ、アルコールの摂りすぎです。
なおかつ運動不足ではないですか?
加齢によって基礎代謝量は減ってきますので、同じように食事摂取したり飲酒していたりしていてはダメです。

掲げられている食事内容においては、オイルは関係ないですが、ココアやアルコールはダメ。
やめられないのであれば、中性脂肪も諦めましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見有難うございます。

「甘いもの」はあまり食べません。
「アルコール」は飲みますが、自重して少量にしていますし、少量であれば、体に良いとの説もあります。
これを止めたら「人生の楽しみ(?)」が減少してしまうので、難しいと思っています。

おっしゃる通り「運動不足」かもしれませんが、1日1時間程度は歩くようにしていますが、もう少し増やすよう努力してみます。

ココアは、高血圧に良いとか、脂肪の吸収を抑制する効果があるとの説もあるようです。

何が100%良いか、よくわかりませんが、少なくとも、運動するよう努力をしてみます。

※お酒
http://www.karadakarute.jp/tanita/column/columnd …

※ココア
http://matome.naver.jp/odai/2135988262816167801

お礼日時:2015/02/17 15:29

私も中性脂肪に引っかって指導をうけましたが、乳製品はコレステロールが高いので控えるようにと言われました。

牛乳を豆乳にするといいといいと思います。
オイルは、体にいいとされているものを使用されていると思いますが摂りすぎは注意が必要だです。使う量をスプーンで計量するなどして管理されるのがいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アトバイス有難うございます。

記入しませんでしたが、ヨーグトも毎日食べているので、乳製品は取り過ぎかもしれませんね。

豆乳が良いのは、承知していますが、家内が豆乳を嫌いなので、購入しない事情があります。
この機会に、再度、交渉(?)してみます。

ただ、豆乳は、「塩分」に注意を要するようですし、「カルシウム」は牛乳の方が多い事情もあります。
どちらをとっても、100%完全ということはないかもしれませんね。

有難うございました。

※豆乳と牛乳の比較
http://matome.naver.jp/odai/2134623020904159601

お礼日時:2015/02/17 15:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEPAとDHAは中性脂肪が基準値よりも高い場合、基準値に下げる効果はあ

EPAとDHAは中性脂肪が基準値よりも高い場合、基準値に下げる効果はありますか?。他に良い、食材やサプリメントはありませんか?。教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

私の場合眼の乾燥予防のために飲み始めたら
標準値に収まりましたけど
運動もしているのでそれだけ、と言うことかどうかはわかりません
それも油分の部類ですので
取り過ぎないようにしてください

Q会社の健康診断で中性脂肪が525!何が原因ですか

57歳 男 身長167cm 体重76.6kgです。会社の健康診断で中世脂肪が
昨年281だったのが突然525になりました。午前の検診だったのですが
朝ガムをかむ習慣があり、その朝も結構かんでしまいました、気が付いたときは遅かったのですが、食事は抜きました、それが原因で昨年の
倍近くなるのはおかしいと思います。血圧の薬は2種類服用しています
γーGTPは217です、肝硬変の兆しとか脂肪肝になっているとか、心配です。健康診断の指導指示事項には要経過観察だけなのですが。
何かこれはということがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

質問者様の、検査結果が「要経過観察」というのが理解できません。
「要治療」域 だと思うのですが・・・ 質問に書かれていない
他の情報もあるのかもしれませんね。
食事での影響は確かにありますが
ガムがどの程度影響を与えるかは正直わかりません。
ただ、体重や肝機能のデーターをみると、かなりシビアですので
そちらからの影響の方が大きいと思います。
今回はガムは考慮しなくていいのでは。

中性脂肪の上昇要因は、一般にアルコール多飲、肥満、糖質過剰摂取、
運動不足があります。
中性脂肪525mg/dl という値から疑われる疾患は、高脂血症、動脈硬化症、糖尿病、ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、急性膵炎などがあります。
中等度の高トリグリセライド血症に該当することは確かですので
早急に過食。肥満、(糖尿病の場合は)糖尿病コントロール不良、アルコール摂取過剰などの除去につとめます。食事、運動に気をつけて
3ヶ月すぎても150以下にならない場合、薬物療法の適応になります。

γーGTPも高値ですね。肝炎、肝硬変などもありえますが
アルコール性肝障害、脂肪肝が疑わしいですね。

標準体重は61kgですね。一ヶ月1キロ減を目標に
食事、運動療法に取り組むとともに、血圧をみてもらって
いるかかりつけで血液検査を定期的してもらってください。

質問者様の、検査結果が「要経過観察」というのが理解できません。
「要治療」域 だと思うのですが・・・ 質問に書かれていない
他の情報もあるのかもしれませんね。
食事での影響は確かにありますが
ガムがどの程度影響を与えるかは正直わかりません。
ただ、体重や肝機能のデーターをみると、かなりシビアですので
そちらからの影響の方が大きいと思います。
今回はガムは考慮しなくていいのでは。

中性脂肪の上昇要因は、一般にアルコール多飲、肥満、糖質過剰摂取、
運動不足があります。
中性...続きを読む

Q中性脂肪の中性とは?

中性脂肪の中性って なにに対しての中性なのでしょうか?
アルカリとか 酸に対してではないですよねぇ?

Aベストアンサー

中性脂肪とはグリセリンの脂肪酸エステル(トリアシルグリセロール)です。
つまり脂肪酸という「酸性」物質とグリセリンがエステル結合して「中性」になったものです。

〈参考〉
鎖状炭化水素にカルボン酸が結合したものを脂肪酸と呼び
、グリセリンと結合してR1-COO-R2の構造のものを指します。
注:R1,R2は炭素と水素で出来た分子のかたまり。炭化水素。

QDHAやEPAで中性脂肪値を下げたいです

DHAやEPAを中性脂肪値を下げるのに活用してみようと考えています。
毎年ですが健康診断の季節になると、中性脂肪が気になってしまいます。

マグロやイワシが良い、と聞きましたが、生でないとダメなのでしょうか?
焼いたり、煮ると効果がなくなってしまうのでしょうか?

魚は嫌いではないですが、魚中心の食生活を続けるのは正直難しいかなとも
思っていてサプリメントも考えています。

とにかくネット上の情報は多すぎて、決めかねるので
この気持ちが続くうちに、挑戦できるものがあればと考えてます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

魚から摂るにはやはり、煮たり焼いたりせず、生のままが良いみたいですよ。
毎日魚を買いに行ったり、さばいたり、料理を続けるのも大変なので、
サプリメントを利用してます。
私は「フローレスEPA」という、フローレスクラブさんから発売されているものを愛用しております。
EPAの配合料がどのメーカーのものよりも断然多く、運動でも下がらなかった中性脂肪値が下がりましたよ。

Q血液検査での中性脂肪上昇

半年に一度 血液検査をしています。
今 コレステロールの薬を微量ですが 頂いて飲んでますが 今回 12月と6月での血液検査で 急激に 中性脂肪だけが80→180に上がってて もぅビックリしました。コレステロールは190くらいでした。
二回続けその値なので
先生に尋ねましたが 中性脂肪は前に食べた物が影響するので 変わりやすいと言われましたが…
最近 またケーキ作りに没頭したり 外食が多かったり 体重もニキロ増から減りません(48がベスト)
太ったこと 運動不足は関係しますよね?
それにしても倍以上に上昇したことがショックで…
やはり食べ物 体重減を注意すれば すぐ減りますか?

Aベストアンサー

確認ですが、コレステロール値ってT-Cho(総コレステロール値)のことですか?
それともLDL-C(LDLコレステロール値:いわゆる悪玉コレステロール値)のことですか?

T-Cho=180なら標準値ど真ん中ですが。全く問題ありません。
むしろ80は基準値を下回っています。

LDL-C(LDLコレステロール値:いわゆる悪玉コレステロール)でしたら180という数値は確かに高値です。
(基準値は60-140)

ただ、その場合でもこれくらいでしたらいわゆる「軽度」。
食事などの生活管理で十分カバーできます。
主治医の先生がおっしゃる通り、食事の影響は当然大きな影響を受けます。
太ったことも外食が多いことも、ケーキの食べ過ぎももちろん影響します。

割と変動しやすいファクターではあるので、極端には気にしなくて大丈夫です。高い値が続くようでしたら注意が必要、と考えておきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報