http://dic.nicovideo.jp/a/第二外国語#ru
というページにて「ラテン語よりは不規則な面もあるが、英語に比べて文法面での不規則性は少ない」
ここで「ラテン語よりも不規則」とされているのはどうしてなのですか?

あと、英語はよく文法面での不規則が多いといいますがこれはどういうことなのでしょうか?

「不規則な文法」というのがよくわからないです。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>「ラテン語よりも不規則」とされているのはどうしてなのですか?


ロシア語の方が不規則な部分が多いから。
>あと、英語はよく文法面での不規則が多いといいますがこれはどういうことなのでしょうか?
他言語より多いと言うこと。
いずれも理由ではなく結果としてそうなっていること。

>「不規則な文法」というのがよくわからないです。教えて下さい。
good,gooder,goodest child,childsではない類のこと。

外国語の前に日本語の勉強をすべきだね。
    • good
    • 1

URLが開けなくて、御質問の趣旨がのみこめません。

そのうへ、ロシア語はまつたくわかりません。

>「不規則な文法」というのがよくわからないです。

私もわかりません。「規則」をたくさん作れば、「不規則」はどんどん減少してゆきます。ひとつの例外を「規則」として公認してしまへば、「不規則」など皆無です。

>「ラテン語よりも不規則」とされているのはどうしてなのですか

私もわかりません。ラテン語の名詞の変化には、一般的な文法書では、5種類あります。1種類だけを「規則」にすれば、残りの4種類は「不規則」です。2種類を「規則」にすれば、3種類は「不規則」です。

「明晰でないものは、フランス語ではない。」といふ有名な言葉がありますが、ここで、明晰でない代表として挙げられたのが、ラテン語です。明晰さとか、不規則性とかは、さほど気にするほどのものではないやうに思へます。
http://www.lib.hit-u.ac.jp/service/tenji/eu-lang …

「不規則」をなるべく排除する意図で作られたのが、エスペラント語ですが、普及はしてゐません。

役に立たない回答で、まことに申し訳ございません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラテン語の文法用語を教えてください。

ラテン語の用語について。

はじめて質問します。
サイトでラテン語の単語を調べていたところ、
わからない用語が出てきました。

・VPAR
・PERF
・PPL
・IND
・POS
・S
・F
・N
・P です。
自分でも調べたのですが、調べ方が悪いのか、出てきませんでした。
何かの略だとは思うのですが…。

こういったことに詳しい方、教えてください。
使用したサイトはhttp://lysy2.archives.nd.edu/cgi-bin/words.exeです。



用語が使われる例としては、

st.antibus VPAR 1 1 DAT P X PRES ACTIVE PPL
ad.erat V 5 1 IMPF ACTIVE IND 3 S
dulc.em ADJ 3 2 ACC S C POS
aqu.ae N 1 1 VOC P F などです。

Aベストアンサー

OKWaveの同じ質問に回答した者です。こちらには例を挙げてくださつたのですね。ありがたうございます。あちらでは「PPL」がわからなかつたのですが、たぶん「分詞」です。

stantibus
動詞「sto」(ストー「立つ」)の現在形能動相の分詞、複数形、与格または奪格、男性形女性形中性形に共通です。
といふことで、
[VPAR] verbal participle 動詞の分詞形
[DAT] dative 与格
[P] plural 複数
[PRES] present 現在形
[ACTIVE PPL] active participle 能動相の分詞

aderat
動詞「adsum」(アドスム「そこにゐる」)の直説法、過去形、三人称単数能動相。
といふことで、
[V] verb 動詞
[IMPF] imperfect 過去形(または未完了過去)
[ACTIVE] active 能動相(受動の反対です)
[IND] indicative 直説法(ふつうの言ひ方のことです)
[3] third person 三人称
[S] singular 単数

dulcem
形容詞「dulcis」(ドゥルキス「甘い」)の単数、対格、男性形または女性形。
といふことで、
[ADJ] adjective 形容詞
[ACC] accusative 対格
[S] singular 単数
[C] common 男性女性共通(?)
[POS] positive 原級(比較級や最上級ではない元の形)

aquae
女性名詞「aqua」(アクア「水」)の単数属格、単数与格、複数主格、複数呼格。
といふことで、
[N] noun 名詞
[VOC] vocative 呼格
[P] plural 複数
[F] female 女性

[PERF] の例がありませんが、OKWaveのほうに書きましたとほり「perfect 完了形」だと思ひます。

OKWaveの同じ質問に回答した者です。こちらには例を挙げてくださつたのですね。ありがたうございます。あちらでは「PPL」がわからなかつたのですが、たぶん「分詞」です。

stantibus
動詞「sto」(ストー「立つ」)の現在形能動相の分詞、複数形、与格または奪格、男性形女性形中性形に共通です。
といふことで、
[VPAR] verbal participle 動詞の分詞形
[DAT] dative 与格
[P] plural 複数
[PRES] present 現在形
[ACTIVE PPL] active participle 能動相の分詞

aderat
動詞「adsum」(アドスム「そこにゐる」)の直...続きを読む

Qラテン語"SPQR"の正確な訳と文法について

共和政ローマから帝政ローマ(ローマ帝国)における古代国家・ローマの正式国号"Senatus Populusque Romanus"ですが、和訳時に「元老院とローマ人民」、あるいは「ローマの元老院と人民」という二通りの揺れがあるようです。

英語においても"The Senate and People of Rome"や"The Senate and Roman People"といった表記のゆれがあり、ラテン語に定冠詞が無い事が混同の理由だと思うのですが、形容詞"Romanus"が修飾しているのは"Populus"のみなのか、あるいは"-que"によってつなげられた"Senatus Populus"の両方なのか、一体どちらなのでしょう?

また、"SPQR"を"Senatus et Populus Romanus"と言い換えた場合は、"Romanus"によって修飾される名詞句部分は、"Populus"のみなのか、"Senatus et Populus"の両方なのかも疑問です。

ラテン語とその文法にお詳しい方、是非ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

-que で連結されたものは et や atque で並べたものよりも緊密なつながりがあるため、senatus populusque を一まとまりとし両方に形容詞が掛かる方が自然と考えられます。

SPQR とは結局のところ全ローマということなので「元老院とローマ人民」と考えたとしても元老院はローマの元老院であるのは当然なので、そのことがそういう解釈をする原因であると考えられます。

また、Romanus が単数形なので名詞の一つにかかると考えることがあるかもしれませんが、一番近くのものに性数が一致する attraction という現象があります。

Q他の外国語習得に役立つのは?ラテン語やエスペラント語でしょうか?それとも、今も普通に話される言

他の外国語習得に役立つのは?

ラテン語やエスペラント語でしょうか?
それとも、今も普通に話される言語から繋げていくのがいいのでしょうか?

例:
ゲルマン語派→ドイツ語、オランダ語、英語、ノルディック語
ロマンス諸語→スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、フランス語、ルーマニア語

これらの言語のどれかを話せれば、他の言語の習得に役立つんですか?どの様に役立つのかもお教え願います。

Aベストアンサー

そうですね、色んな外国語に興味を持つことはいいことだと思います。
でも、英語だけはしっかりやった方がいいですね。先ずは 英英辞典を使いこなせるようしてください。質問者さんが挙げられた外国語はいずれも 英語と類似性があります。

さて、私はフランス語が得意ですが、フランス語をベースに スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、オランダ語を学習しました。

ラテン語を学習するくらいの人は 殆どの人が英語がかなりできて、みんな英語以外のヨーロッパの言語を学習した人ばかりです。多分、その中でも 半分近くはフランス語を学習し、フランス語を学習していなくとも ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語の いずれかは 学習しているはずです。

エスペラントは 英語、ドイツ語、オランダ語、フランス語、スペイン語、イタリア語の全部を学習した人にとっては 遊びみたいなものです。

Qなぜ第二外国語にフランス語やドイツ語が多いのか

大学の第二外国語でフランス語やドイツ語がある学校が多いですが、

日本人が生涯役に立つであろう、外国語はまず第一に英語、
そしてこれからは中国語、さらに日本との近さから考えたら、
韓国語・タイ語・マレー語・フィリピン語・ベトナム語などだと思います。

なぜ遠い欧州の言葉を第二外国語として優先的に勉強するのでしょうか?

また、同じ欧州なのに、なぜイタリア語やポルトガル語は第二外国語として少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.5 です。前回の発言の最後を訂正します。
世界で発表される論文数と他人に参考文献として引用された論文数に関する統計があります。私の前回の発言は言語別という認識で書いてありますが、国別の間違いでした。申し訳ありません。
どこの国の人が論文を沢山書いたかという統計です。日本人が英語で書けば、日本としてカウントされています。
自然科学、社会科学そして文化芸術なども含まれています。

論文が何語で書かれているにせよ、著者がフランス人であれば、フランス語でお付き合いしたいとだれでも思いますね。

国別ではアメリカが突出しており、日本、ドイツ、フランスなどが続きます。第二外国語としてドイツ語とフランス語が多いのは当然と思います。歴史的あるいは伝統的理由より、現在の必要性が大きいと思います。

Q七つの大罪のラテン語

 下記は『七つの大罪』のラテン語なのですが、正確な(メジャーな)
読み方をカタカナで教えてください;
傲慢 superbia
嫉妬 invidia
憤怒 ira
怠惰 acedia
強欲 avaritia
暴食 gula
色欲 luxuria

 文字で発音などは、難しいとは思いますが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

傲慢 superbia スペルビア
嫉妬 invidia インウィディア
憤怒 ira   イラ
怠惰 acedia アケディア
強欲 avaritia アワリティア
暴食 gula グラ
色欲 luxuria ルクスリア 

ラテン語は基本的にはローマ字読みで良いのですが、Vは常に[w]の音、Cは常に[k]の音、Xは常に[ks]の音になるといった決まりもありますので、ご注意ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報