全国に展開している桐朋学園大学の「子供のための音楽教室」
のことについてお聞きします。
月謝はおいくらぐらいか(講師によって変動があるのでしょうか)
その他に、講師への個別の謝礼、心付け(お中元、お歳暮など)、
交通費など、必要の是非について、詳細をご存知の方、よろしく
お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1で回答した者です。



知人が分室で講師として勤務していたので、ちょっと聞いてみましたら、
多分、年令ごとに、
初期(小2まで)・中期(小6頃まで)・後期(中1以上ぐらい)と分かれており、
各期ごとに金額に差(高学年ほど高い)があり、
後期の授業料は仙川のいわゆる「音高」と
ほとんど変わらないものだったように記憶しているそうです。
不確かですが、初期で年間40万円ぐらいはするんじゃないか?とのこと。
実技レッスンは希望により有り無しが選べ、
「あり」の場合は、レッスン料込の金額になります。
地方や分室によって若干授業料に差があるかもしれませんが、
それほど大きな差はないはずです。

もし関心をお持ちなら、最寄りの教室に直接、
資料請求されることをお勧めします。
これは余談ですが、先生によっては、
いきなり「お月謝いくらですか?」と尋ねることを
極端に嫌がる方もいらっしゃるそうなので、
まずは黙って資料請求だけしたほうがよいでしょう。

本当にやる気の方にとっては、とても有意義な機関であることは
間違いないそうです!
恐れずに、まずは資料を取り寄せてみてくださいねっ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすいご回答をありがとうございます。
これで少し不安が解消されました。
「いきなりお月謝の金額を尋ねられることを極端に
嫌がる先生もいらっしゃる」とのこと、やはりそうですか。
わたしもそう思っていたんです。でも、直接楽器店に問い合わせるのも
気が引けますし、知り合いで通っている人もいないし・・・と、とても
困っていました。
でも、そうだ!ここに質問してみれば、どなたかご存知かも・・・と思い、
質問させていただきました。
その結果、ririnonoさんのような、桐朋に詳しい方に回答して
いただけて、本当に助かりました。
思いきって質問してみてよかったと思っています。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/26 15:26

大学ではありませんが、桐朋出身者です。



仙川のお教室のことぐらいしか良く知りませんが、
「子供のための音楽教室」は、
基本的に謝礼や心付けは不要だと思います。
桐朋学園の体質から、そういったことは嫌がる傾向にありますので。
但し、yupuyさんが将来音楽の受験目的で
今回入ることを検討されているのであれば、
このお教室の他に、メインでつく先生が必要になるでしょう。
特に桐朋女子高校・音楽科への受験であれば、殆どの方が、
数名の音楽関係の先生に習っていらっしゃるのが現状です。
そちらへの謝礼や心付けは必要になってくるかもしれませんね。

有名な音楽家になり、それでご飯を食べていけるようになるまでは、
天才でない限り、かなりの投資が必要になる、と思ってください。
本格的な練習を毎日たくさんしていく為には、
専用の防音室が必要になることもありますし、
ここの大学に入学すると、リサイタル等で将来困らないために、
試験の採点のひとつに、着るドレスへの評価も含まれる
と聞いています。

ただ単に、お子様の習い事のひとつと考えるのであれば、
ず~っと続けられる気持ちがあれば、お勧めです。
内容は、普通の弾いたりするレッスンに留まらず、
音楽理論などまで子供向けにわかり易く指導してくださるので、
良いですよ。
一応知ってるとは思いますが、参考URLでHPが見れますので、どうぞ!!

参考URL:http://www.tohomusic.ac.jp/childSchoolSite/child …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変貴重なご意見を、ありがとうございます。
入室して、子供が楽しく通えるようであれば、
続けさせてみようと思います。
それから、具体的にお月謝がおいくらぐらいかかるのか、
やはり気になるところですが、ririnonoさん、
お手数ですが、もう一度詳しくお教えいただけませんか?

お礼日時:2001/06/23 16:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせてい

5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせています。
引越しで縁あって私立音楽大学教授に実技レッスンを習い始めましたが悩んでいます。

10歳になったらあとは本人次第、練習も自分でさせようと思っていましたが、先生にはあと4,5年は
見てあげてくださいと言われ愕然としています。夫は毎晩そんな母子の険悪ムードを帰宅してみるのは
耐えられないと言います。
親がスパルタ式で教えても、豊かな音楽を奏でる力は育たないといく気もしますが、有名バイオリニスト
のインタビューなどではかなり厳しくご両親に育てられたという方も多くいるため、音楽の基礎はやはりきちんとつけさせておかない、やるからには真剣に、と母は必死です。オリンピック選手の
子ども時代の練習を考えればこれぐらいはたいしたことはないと毎晩夫を納得はさせようとしているのですが、本人がバイオリンが大好きでたまらないというようなそぶりもないため、なかなか同じだとは言いがたいところです。

普通のサラリーマン家庭ですので、実技、ソルフェージュ、ピアノレッスンなどに月々10万弱かかるのは正直ラクではありません。受験前などならともかく、まだ小学生なのですが、これが続くのが普通なのでしょうか?よっぽど本人にやる気でもあったり夢でもあれば応援してあげたいのですが、のんびりした我が子は情熱を持って取り組んでいるようにはとても思えないのです。競争心も向上心も少なめで、コンクールに出て成績を残せるほどの能力もないのではないかと思っています。
ただ人と違った感性は持っているかもしれないという淡い期待はあります。真はとっても素直な不器用で真面目な子供です。数年ユースオーケストラにも参加させましたが、誰よりも熱心に練習してからリハーサルに望んでいました。

将来的に音楽の道に進まなくても、日々努力したことはいつか必ず役にたつはずとは思いながらも、やはりせっかく続けてきたヴァイオリンの道ももう少し欲を出して極めてほしいと思うのは親の勝手なのかもしれません。現在教授のレッスンを受け始め、方向性がますますわからなくなってきました。
今まではただただうまく奏でることができるようになるために練習させてきましたが、どうやら
音大を目指している道に導かれているようです。小学生の今から大学受験のために厳しい&高額なレッスンを受けさせるというのはどうなのかという迷いがあります。子供コンクールなどで評価されるための練習というのも魅力的かといわれるとそうとも思えません。ひがみかもしれませんが。
また毎回のレッスンのたびに万単位のレッスン費を払い、いけないとわかっていながら真剣に子どもが練習しなかったりするとつい激しく責めてしまいます。子供はというと期待に応えようとしているのか、
毎日一度は泣きわめき、文句を言いながらもするべき練習はぎりぎりこなしています。
先生にも、どの程度の期待をもってみていただけているのか正直疑問なところもあります。夫は想像以上のレッスン費に、営利目的の可能性もあるのではと半信半疑ですが、教授レベルの方が直接教えてくださるのであれば少なからず何かしらの才能はあるのではないかと励ましてくださる方もいます。

今はもっと親もゆとりをもって音楽を楽しむ気持ちを育ててあげることのほうが、音楽の理論や技術を
詰め込むより大切ではないかとも感じはじめています。毎日ガミガミ練習させるより、子供らしく自由な時間をのびのび遊ばせてあげたい気持ちもあるのです。しかしせっかくご縁あって見て頂ける有名教授
のレッスンをやめて気楽な近所の音楽教室に通わせるのも残念な気もします。また子供の将来を親が決めるわけではないのでしょうが、普通の会社員として平凡な主婦として終わるより、他の人にはできない何かで生きていくことができ、それが音楽であったとしたらそれもステキだと思いつつも、医大と同じぐらいかかるほどの投資を今後していった上で、たとえ国内一流の音大を卒業できたとしても本当にそれが子供のためになるのだろうかという不安もあります。まわりではそろそろ習い事ではなくしっかり勉強させていくべきだという風潮もあり、流されるまい、勉強なんていつでも本人がやる気になればできるはずと思いつつも不安にもなるのが現状です。
正解なんてないということはわかっています。子供の意思や心の声にももっと敏感にならなくては
いけないとも思っていますが、本人の意向はどうもはっきりつかめません。練習はいやなので少なくなれば幸せだというレベルです。同じような境遇の方にお会いしてお話しする機会もありません。子育てはやり直しがきかないと思うと親としてどうしたらいいのか悩み、どなたかにご意見をお聞きしたいです。

5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせています。
引越しで縁あって私立音楽大学教授に実技レッスンを習い始めましたが悩んでいます。

10歳になったらあとは本人次第、練習も自分でさせようと思っていましたが、先生にはあと4,5年は
見てあげてくださいと言われ愕然としています。夫は毎晩そんな母子の険悪ムードを帰宅してみるのは
耐えられないと言います。
親がスパルタ式で教えても、豊かな音楽を奏でる力は育たないといく気もしますが、有名バイオリニスト
のインタビュ...続きを読む

Aベストアンサー

音大を出ている者です。音楽はさせていませんが、小3の子供がおります。

音大の教授のレッスンともなれば当然受験向けとなります。
教授だって小4の子がどうなるかまではわかりません。
だからといって手を抜くわけにもいかないですよね。お金を払って通ってきてくれている以上は精一杯音大に受かるよう導いて教えてくれます。

とはいえ教授はかなり自由な立場でもあります。
必ず弟子を全員合格させなくちゃいけないという気合いもなく、やる気のある者についてはしっかり面倒を見てくれるけれど、去る者は追いません。
まだ小4では意思が固まっていないのが普通であって、すべては「親」の意思にかかってきます。
あと4~5年というのは中3~高校生くらいになれば本人の意思で動くから、それまでは親がしっかり見てあげるべきだと教授はおっしゃっているのです。
なかなか面倒見のよい教授ですよね。
はっきりしないからこそ、親がある程度道を作ってあげることが出来る時期とも言えるでしょう。

現時点では「親」がどうしたいか?それがすべてです。
音楽の道へ進んで欲しいと思っているのなら、それに向かって頑張っていきましょう。
迷ってしまうと子供も迷います。
そこまで張り切るつもりはない、もう疲れた、と考えているのであれば教授のレッスンはとりあえず「お休み」という形をとってみてはどうでしょうか。
また高校生になったら再開すればいいのです。

子供は意思が固まっていないので、放っておいても勉強をするようにはなりません。
勉強対策をしなければこれからどんどん離されてしまいます。
中学に入った時点で勉強が出来ないが音楽だけは出来る、となると自ら「自分は音楽の道しかない」と思うようになります。
それがいいのか悪いのかはわかりませんが・・・
音楽か勉強か、音楽か躾けか、などと極端な選択をせず、すべて両立させて下さい。可能ですよ。

レッスン料については営利目的なんてありません。
そんな高額なレッスン料を取って教授は儲けているのではないか、と思うかもしれませんが、今までにこちらが考えられないほどのお金を使ってきているのです。
儲けることを考えていたら音楽なんて絶対出来ないです。音楽なんてそんなものです。大損覚悟でやるしかないです。

私は高校1年生の時から教授のレッスンを受けて音大に入りました。
それが普通なのですが、中には小さい頃から教授のレッスンを受けている人もおりまして、やっぱり実力が違いました。
また教授との付き合いが長い分、かなりひいきされていましたね。
同じ学校の生徒でありながら別世界だなあと思ったものです。
(音楽の世界ではひいきは普通のことです)
そういったことからも、今から教授の元でレッスンを受けるというのは音楽の道へ進むのであれば大きなメリットがあると言えます。

音大を出ている者です。音楽はさせていませんが、小3の子供がおります。

音大の教授のレッスンともなれば当然受験向けとなります。
教授だって小4の子がどうなるかまではわかりません。
だからといって手を抜くわけにもいかないですよね。お金を払って通ってきてくれている以上は精一杯音大に受かるよう導いて教えてくれます。

とはいえ教授はかなり自由な立場でもあります。
必ず弟子を全員合格させなくちゃいけないという気合いもなく、やる気のある者についてはしっかり面倒を見てくれるけれど、去る者は追...続きを読む

Q桐朋女子高等学校音楽科について

最近、ちょっと信じがたい情報を仄聞しましたので、質問します。音楽を志す者にとっては信じられないようなことなのですが、あの桐朋女子高等学校音楽科が最近定員割れをしているというのですが、本当なのでしょうか?とても信じられません!どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

子供が桐朋にお世話になっています。確かに定員割れしていますが、入学者のレベルは上位グループは↑していると思います。というのは、ここ数年、桐朋の子供の音楽教室で学んだ小中学生の全国コンクール上位入賞者がほとんどそのまま桐朋音学高校に入学しているからです。定員が多く、レベルの差はありますが、やはり入学レベルに達しない人は合格できないでしょう。

Qバイオリンを習い始めた小学生の娘が音大を卒業するまでの費用を教えてください。

はじめまして。
娘が「バイオリンを習ってみたい」というので、小学1年生で始めました。2年経ちバッハの2つのバイオリンのための協奏曲が弾けるほどになり、とても楽しそうにがんばっています。

そんな娘を見て先生が「本格的にはじめましょう」とおっしゃってくださったのですが、両親とも音楽の世界とは無縁の人生を送ってきたため、戸惑っています。「サラリーマン家庭でも大丈夫でしょうか」とお聞きしたところ「公立の音楽科の高校・大学へとすすめば大丈夫」とのお返事。それなら・・・とがんばることになりました。

ところが、先日発表会があり、数日後先生に呼ばれ、「お金が欲しくて言うのではなく、これから娘さんにはその時期がきたらエライ先生を紹介しようと思っているので、言おうか考えたんだけれど、この世界のルールを知っておいてほしいと思ったから。」とおっしゃって、発表会の後には先生に参加費とは別にお礼をするものだと教わりました。

この先生は40年も音楽教育に情熱を注いでいらっしゃる先生で、心からのアドバイスにとても感謝したのですが、「本当にサラリーマン家庭でついていけるのかしら?」という疑問が大きくなってきました。

エライ先生?じゃあレッスン料は?お礼って他にどんな時にするの? お礼以外にも高校・大学でも授業料以外にたくさんかかるの?・・・・・

娘は上の中学生の姉のクラブ活動を見て,自分は「中学にあがっても練習ができなくなるから入らない」とも言っていて、小さいなりに本気でがんばろうとしています。

ですから、親としてもできるだけ力になりたいと思っています。公立は難しいので、私立に行く事も考えると、かなりの心とお金の準備が必要かと思います。といっても全くわからないので、具体的にご助言いただけたら・・・と思っております。宜しくお願いします。

はじめまして。
娘が「バイオリンを習ってみたい」というので、小学1年生で始めました。2年経ちバッハの2つのバイオリンのための協奏曲が弾けるほどになり、とても楽しそうにがんばっています。

そんな娘を見て先生が「本格的にはじめましょう」とおっしゃってくださったのですが、両親とも音楽の世界とは無縁の人生を送ってきたため、戸惑っています。「サラリーマン家庭でも大丈夫でしょうか」とお聞きしたところ「公立の音楽科の高校・大学へとすすめば大丈夫」とのお返事。それなら・・・とがんばるこ...続きを読む

Aベストアンサー

「本格的に」とは具体的に音大をでて
演奏家をめざすということでしょうか?
だとしますとやはりそれ相応の出費は覚悟なさったほうが
よいと思います。
公立の音楽科のある高校、大学と進んだとしても
プラスαでプライベート授業を受けている方が
ほどんどです。
大学卒業後も海外へ留学したりと道は長いです。
音大進学への道は過酷です。
コンクール出場の話もおいおい出てきます。
コンクールで上位に入れないならば
趣味にとどめておくほうが賢明です。
コンクールにでる事一つにしても
まわりが華やかなドレスで出ているのに
娘は普通のよそいきでいいわ・・とわりきれますか?
バイオリンも上には上があり
続けていけばいいものが欲しくなります。
あとは音大をでたあとどの程度つぶしがきくかです。
有名なバイオリン奏者になる方はまず一握り
音楽で食べていくのは大変です。
また途中で普通科に変わりたいと思っても
音楽に力を入れていた分取り戻すのも大変・・・
どっちつかずになってしまう可能性があります。
音大を出た方の就職状況もよくお調べになったほうが
いいのではないでしょうか。
近くにピアノの先生がお二人みえます。
一人は趣味でピアノを習い文学部を出た後ヤマハの
グレート試験に合格して教えてみえる方。
もう一人は東京の音大卒業です。
双方の違いは月謝です。
前者の先生は月5000円、後者は1万円。
この違いだけのためにお金をかけて音大をわざわざ出る意味が
あるのかと思ってしまいます。

ご相談の回答になっていないかもしれませんが
私は娘さんは普通科に進ませて
趣味の範囲内でずっとバイオリンを続けさせてあげるほうが
よろしいかと思います。
(趣味といっても音楽会を開いてみえる方もいますし
   結構本格的ですよ)

「本格的に」とは具体的に音大をでて
演奏家をめざすということでしょうか?
だとしますとやはりそれ相応の出費は覚悟なさったほうが
よいと思います。
公立の音楽科のある高校、大学と進んだとしても
プラスαでプライベート授業を受けている方が
ほどんどです。
大学卒業後も海外へ留学したりと道は長いです。
音大進学への道は過酷です。
コンクール出場の話もおいおい出てきます。
コンクールで上位に入れないならば
趣味にとどめておくほうが賢明です。
コンクールにでる事一つにしても
まわりが...続きを読む

Q音大を目指すには(小5の進度)

ピアノの先生になりたいと思っている小学5年生の子どもがいます。
小学校卒業までに、どのくらい弾けるようになっていれば音大が目指せるのか教えてください。
習いはじめたのが小学1年の後半で、ピアノ歴は三年半弱。幼稚園の時はリトミックに通っていて、ピアノは遊びで弾いていました。
現在の教本は、
◯ハノン
◯ツェルニー30番の後半
◯バッハインヴェンション残り1曲
◯メンデルスゾーンの小品
◯コンクール課題曲(3曲)
です。
ソナチネは終了し、ハイドンのソナタを数曲、モーツァルトのロンドやベートーベン等の古典を弾いたあと、ロマン派の勉強をするためにメンデルスゾーンを弾いています。
コンクールばかり勧められ、普段の教本の進みが悪いと感じます。
小5でこんな進度で音大が目指せるレベルに到達できるのでしょうか。
先生に焦りはなさそうですが、どう考えても遅いでしょう。現在、学コン(小学生)の課題曲が弾けないレベルにいるので本人も親も焦ります。
この1年で弾けるようになるべき教本、小学校卒業までに到達していなくてはならない教本等、具体的に教えてください。
よろしくお願いします。

ピアノの先生になりたいと思っている小学5年生の子どもがいます。
小学校卒業までに、どのくらい弾けるようになっていれば音大が目指せるのか教えてください。
習いはじめたのが小学1年の後半で、ピアノ歴は三年半弱。幼稚園の時はリトミックに通っていて、ピアノは遊びで弾いていました。
現在の教本は、
◯ハノン
◯ツェルニー30番の後半
◯バッハインヴェンション残り1曲
◯メンデルスゾーンの小品
◯コンクール課題曲(3曲)
です。
ソナチネは終了し、ハイドンのソナタを数曲、モーツァルトのロンドやベートー...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。
もし、コンクールではなくて教則本をすすめてほしいと思うなら、やはりキチンと先生に言ったほうが良いと思います。

私自身はどちらかといえばコンクール嫌いなので(正直に本音を言えば、小学生以下のコンクールの存在意義があまり理解できない)、そういう方向の回答になってしまいますが。。
ただ、本番で人前で弾くのは一番練習になる、というのはそうだと思う。で、現実的に一般家庭の小学生がそれなりの会場で人前で弾く機会はコンクールしかない、というのは確かにそうでしょうし。。
どれくらいの練習時間をかけるかにもよりますけど、年1回3ヶ月とかならいいような気もします。。

Qスズキメソードについて

3歳の双子の男の子をスズキメソードに入れようかと検討中です。音大や音楽家を目指しているわけではなく知能教育の一環として考えておりますが如何なものでしょうか。

Aベストアンサー

母がスズキメソードのピアノ講師で、私も小さなころからスズキメソードで育ち、課程も全てこなしてピアノ科を卒業しました。

楽器は何をやらせようと思っていらっしゃるんでしょうか? ピアノとヴァイオリン(チェロやフルートもありますが)では様子も少し違うとは思いますが、取り敢えずピアノのことでお話させていただきますね。

音大などを目指すわけではなく、知育教育の一環として考えていらっしゃるのなら、スズキメソードはお勧めです。
スズキメソードとは、故 鈴木慎一先生が「どの子も育つ、育て方ひとつ」という「向き不向きではなく、教え方によって誰でも伸びるのだ」という考えのもとに立ち上げられた音楽教育です。技術より音楽性を重視した外国の概念が元になっている(鈴木先生は斉藤秀雄らと共にドイツに留学していた)ため、国内よりは外国のほうがより評価が高いようです。

上にも述べたように技術的なものよりも音楽性(いわゆる表現力)に重きを置くため、情操教育に良いとされています。
それではどういう教え方をするかと言うと、とにかくまずCDを子供に聴かせ、耳から音楽を覚えさせるのです。譜読みは二の次です。そしてバイエルやハノン等の教材は使わず、独自の曲集をやっていきます。この曲集は、最初に指のためのリズム練習のようなものをした後、簡単な曲(『ちょうちょ』や『ロンドン橋』など)から徐々に曲のレベルを上げていく感じです。因みにこの教材はヴァイオリン科のものは市販されていますが、ピアノ科のものは市販されていません。
いわゆる練習曲はやらないので、あまり子供にとって「つまらない」という印象はないかと思います。でも先生によっては臨機応変にバイエルやハノン、ツェルニー、他の曲集を併用する方もおられるかと存じます。また、技術的なことを全くやらないわけではなく、簡単な曲を通して先生が技術についても教えていくという方法を取っているというふうにご理解ください。

また、やっていくレベルによって色々な「科」に分かれています。初級の曲をやっている人は「初等科」、中級レベルの人は「中等科」というふうに。「科」にはそれぞれ「卒業曲」というものがあり、その曲を毎年テープに録って提出します。そうして初めて、その科を卒業というふうになります。因みにテープはスズキメソードの本部に送られ、係りの先生がそれを聴いて感想を送ってくれたりします。また、優秀な生徒はその地区で選ばれ、3月にある「卒業式」というイベントで大ホールにて演奏します。

スズキメソードをやることにあたっての利点は、耳から覚えるために耳が大変肥えること、音楽性が育つこと。欠点は、譜読みが出来ないために初見が苦手になりやすいこと、技術面でどうしても甘くなりがちなことです。でも「音楽を楽しむ」ということであれば、苦労はないと思います。

私はスズキメソードを卒業したあと(卒業=その教室を辞めるということではなく、もっとレベルの高い他の曲集をやるなどして続けられます)音高へ進むために他の先生につき、無事音高→音大へ進みましたが、譜読みや技術面での苦労が多く、随分悩みました。でも今までのピアノ人生の中では、スズキメソードをやっていたころが一番楽しかったです。

それから先生の選び方についてですが、No.1さんのおっしゃるような先生も存在します。ですが、スズキメソードの先生には二種類あるそうです。私の母は「研究グループ(?)」という指導者会みたいなものに所属しており、スズキメソードの運営に携わり、色々なことで委員会が催されます。それに所属している先生なら、父兄をこきつかう(言い方悪いですが)ようなことはないです。一方、普通の指導者の先生の教室だと、No.1さんのおっしゃることがよくあるそうです。そのへんのことや、見極めについてはちょっと私も詳しくないのですが…。またピアノよりもヴァイオリンの先生のほうが、よりその傾向が強いみたいなことも聞いたことがあります。
でも、どんな指導者の方でも、人それぞれです。うちでは月謝もかなり安めに設定してありますし、教え方も様々ですからね。要は先生の人柄と、お子様との相性だと思いますよ。いい先生が見つかるといいですね。

母がスズキメソードのピアノ講師で、私も小さなころからスズキメソードで育ち、課程も全てこなしてピアノ科を卒業しました。

楽器は何をやらせようと思っていらっしゃるんでしょうか? ピアノとヴァイオリン(チェロやフルートもありますが)では様子も少し違うとは思いますが、取り敢えずピアノのことでお話させていただきますね。

音大などを目指すわけではなく、知育教育の一環として考えていらっしゃるのなら、スズキメソードはお勧めです。
スズキメソードとは、故 鈴木慎一先生が「どの子も育つ、育...続きを読む

Qバイオリンのピアノ伴奏の謝礼について

都内で活動しているピアニスト(音大卒)です。今度、某小ホールでバイオリン伴奏を依頼され、改めて伴奏の相場を調べたところ、本番10000円~、合わせ5000円~というラインが多くみられました。

今回は、曲数2曲であり、曲の難易度も高くなく、また時折、トリオなどで一緒に演奏している知人でもあるので、合わせ(1回)+本番前日の会場リハ+本番、すべて合わせて10000円(交通費込)と伝えました。

ところが、今回の演奏会の主催者が用意している伴奏者の料金が5000円(本番+前日リハ)であること、軽い発表の場であることから、トータルで5000円(交通費込)にしてほしい、との要望がありました。
(軽い・・・とはいっても、入場料2000円の演奏会で、今回の出演者の大部分は声楽家のようです。)

1回の合わせについては、たまたま別件のリハで予約してあるスタジオでの余り時間(1時間~1時間半)を利用するため、この日についてはわざわざ出向く必要はないのですが、ホールまでの往復が1000円程度かかるため、トータル5000円は厳しいなあ、と思っています。

すでに2週間を切っているのですが前日リハの時間帯(昼か夜かも)もまったくわからず、当日の入り時間も不明という状況。

また当日は仮に出番が早くて、その後なにもすることがなくても終演までいてほしい、との要望もあります。

伴奏の相場については、なかなか難しい面も多いと思いますし、場面場面で変わると思いますが、いかがなものでしょうか?

経験されたかたのご意見など、伺えればと思います。

都内で活動しているピアニスト(音大卒)です。今度、某小ホールでバイオリン伴奏を依頼され、改めて伴奏の相場を調べたところ、本番10000円~、合わせ5000円~というラインが多くみられました。

今回は、曲数2曲であり、曲の難易度も高くなく、また時折、トリオなどで一緒に演奏している知人でもあるので、合わせ(1回)+本番前日の会場リハ+本番、すべて合わせて10000円(交通費込)と伝えました。

ところが、今回の演奏会の主催者が用意している伴奏者の料金が5000円(本番+前日リハ)...続きを読む

Aベストアンサー

ギャラ1万円は妥当な相場だと思いますが、5,000円ではできないならできないとお断りすればよいですし、またソリストがお友達だというのなら、友情出演でノーギャラでよいという考え方もあります。いずれにせよ最初にお話のあったときに、諸条件をキチっと確認して承諾するということでないと、日にちが迫ってからでは、主催者もソリストも、ダメなら他をあたるということができなくなります。
今回の場合は、あなたが、「ギャラはいくらですか?拘束時間は?交通費は?」ということを相手に確認しなかった落ち度がありますし、日にちが迫ってからのドタキャンはお友達も困られましょうし、値上げの交渉はするものの1万円に届かなくても引き受ける他はありません。赤の他人の主催者だけが相手ならお断りするという選択肢もありますが、間に入っているお友達の立場も考えなくてはならないでしょう。場合によってはお友達が不足分を自腹で補うということもあるかもしれませんが、それをさせてよいものかどうかという部分もあります。
出番が終わっても終演まで居てくれという理由は主催者に訪ねて、納得が行けば残ればよいし、そうでなければ他に約束がありますと言って、ギャラだけ忘れずに貰って帰って来ればよいと思います。多分フィナーレで出演者全員がステージに上がって手を振るとか、記念写真を撮るとかだと思います。
質問者さんがアマかプロかは存じませんが、おカネの交渉はキチっとしないと、同じ過ちを繰り返すことになります。基本ギャラ・リハ・練習・食事・交通費などについてしっかりと交渉して納得のいくものなら引き受けるというようにしなければなりません。商店で品物を売買するのと同じです。友達だからおカネのことは言いにくかった、というのであれば、どのような条件であってもやる他はありません。でないとあなたの評判が落ちてしまいます。当日は、ギャラのことは忘れて、伴奏者として完璧にアシストすることに努めてください。

ギャラ1万円は妥当な相場だと思いますが、5,000円ではできないならできないとお断りすればよいですし、またソリストがお友達だというのなら、友情出演でノーギャラでよいという考え方もあります。いずれにせよ最初にお話のあったときに、諸条件をキチっと確認して承諾するということでないと、日にちが迫ってからでは、主催者もソリストも、ダメなら他をあたるということができなくなります。
今回の場合は、あなたが、「ギャラはいくらですか?拘束時間は?交通費は?」ということを相手に確認しなかった落ち度...続きを読む

Q3歳児のヴァイオリン--毎日練習が必要?

2歳になったばかりの頃から本人が興味があるようで、習わせてみようかと思案中です。親も親戚も、全く心得はありません。

色々考えた結果、鈴木メソードの教室が第一候補にあがっているのですが、果たして先生の教え通りに毎日少しでも練習できるのか?
現在の日常から考えると、まず無理なように思うのです。
1歳から保育園に通っていて、帰宅は毎日19時前後(遅い時は20時くらい)、それから夕食・歯磨き・お風呂、で精一杯の日々です。当然のことながら本人は一瞬の隙も無駄にせず目一杯遊ぼうとします。うまくいっても、練習は1回5分で週3回くらいが限度ではないかと…

以前見学に行った鈴木メソードではない教室では、3歳児ならレッスンの日だけヴァイオリンに触るくらいでもやっていけそうなお話でした。ガンガン練習して上達して将来は…なんて考えは全くない親なのですが、せっかくレッスンを受けてもなかなか弾けるようにならなければ、本人が面白くないのではないかというのも気になります。

そうこう考えるうちに、やっぱり早すぎるのかなぁという迷いもありつつ、しかしそんな歳の子供が1年半もの間やりたいと言っているものなんだからやらせてあげたいという気持ちもあって、悩んでいます。

お子さんが習っている方、またはご自身がレッスンの経験者の方、練習時間や教室の指導方針についてご意見をお願いします。

2歳になったばかりの頃から本人が興味があるようで、習わせてみようかと思案中です。親も親戚も、全く心得はありません。

色々考えた結果、鈴木メソードの教室が第一候補にあがっているのですが、果たして先生の教え通りに毎日少しでも練習できるのか?
現在の日常から考えると、まず無理なように思うのです。
1歳から保育園に通っていて、帰宅は毎日19時前後(遅い時は20時くらい)、それから夕食・歯磨き・お風呂、で精一杯の日々です。当然のことながら本人は一瞬の隙も無駄にせず目一杯遊ぼうとします...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。私はバイオリンとは縁がないのですが、子供の頃ピアノを習っていました。私は小学校4年生から習い始めたのですが、7歳年下の妹は3歳から始めました。3歳の妹は練習というより遊び感覚でレッスンを受けていましたね。ピアノ教室の先生いわく「3歳から始めると絶対音感が身に付きます。はじめはお遊びでなかなか上達しないと思われますが、音感は良くなります。小学校に上がるくらいになるとやっとレッスンらしくなってくるので、その時に3歳からやっていた子と小学生になってから始めた子の差がグーンとでてきますね。」とのことでした。

スポーツでも音楽でも習い事は3歳から始めるのがいいとよく言いますよね。3歳くらいの子は柔軟でいろんな可能性をもっているんです。その可能性を引き出して伸ばして上げるとすごい上達すると思うんです。英会話教室の先生も「ヒヤリングは3歳までです。それを過ぎてしまうと微妙な発音の差が聞きとれなくなってしまうんです。」とのことでした。

saru5さんがもしお子さんをバイオリン教室に通わせることになったら、すぐの上達を望んではいけません。はじめはみんなお遊びです。毎日練習なんて意気込んでしまってはせっかくバイオリンに興味を持ったお子さんがバイオリン嫌いになってしまいます。練習ではなく毎日バイオリンを触るという感じでいいと思います。長い目で見るようにしましょう。

今から始めるのはすごく良いと思いますよ!

こんばんわ。私はバイオリンとは縁がないのですが、子供の頃ピアノを習っていました。私は小学校4年生から習い始めたのですが、7歳年下の妹は3歳から始めました。3歳の妹は練習というより遊び感覚でレッスンを受けていましたね。ピアノ教室の先生いわく「3歳から始めると絶対音感が身に付きます。はじめはお遊びでなかなか上達しないと思われますが、音感は良くなります。小学校に上がるくらいになるとやっとレッスンらしくなってくるので、その時に3歳からやっていた子と小学生になってから始めた子の差が...続きを読む

Qピアノの先生を替えたほうが良いのか?

私の娘は3歳(年少)よりピアノをはじめ、現在6歳(年長)で4月でピアノを始めて丸3年になります。正直娘はピアノに向いていないのかやっと現在両手に入った状態で、一年しかピアノをやっていない子と同じレベルで本当にこのまま続けるのが親としても無駄金を使っているような気がしてなりません。個人レッスンの教室ですが、先生はゆっくりとその子にあったペースでやりましょう。とおっしゃってくださるのですが、私はやる以上はある程度のものになって欲しいし、なぜ他の子は上達して娘は上達しないのか疑問でならず、私のほうが落ち込んでしまっています。ピアノを習っている他のお母さんから先生を替えてみたら上達するよ。というアドバイスを受けて考えています。娘はピアノは辞めたくはないといっていますし、今の先生がいいとは言っていますが、娘にはあっていない気がします。私も子供を比較したくないのですが、同じ年の子はピティナに何度もでており、優秀賞をとる子が何人もいます。その子たちと始めた年齢も大差はありません。娘がそのくらいのレベルになるにはあと3年くらいかかる気がします。指導法があっていないのか、先生があっていないのか、上達が遅すぎるので本当に残念でしかたありません。どうしたらよいでしょうか。専門家の方よろしくお願い致します。

私の娘は3歳(年少)よりピアノをはじめ、現在6歳(年長)で4月でピアノを始めて丸3年になります。正直娘はピアノに向いていないのかやっと現在両手に入った状態で、一年しかピアノをやっていない子と同じレベルで本当にこのまま続けるのが親としても無駄金を使っているような気がしてなりません。個人レッスンの教室ですが、先生はゆっくりとその子にあったペースでやりましょう。とおっしゃってくださるのですが、私はやる以上はある程度のものになって欲しいし、なぜ他の子は上達して娘は上達しないのか疑...続きを読む

Aベストアンサー

ピアノ教室を主宰しています。

・毎日練習している。(幼児であれば、30分やれば十分だと思います。)
・家にあるのは本物のピアノだ。(電子ピアノはピアノではありません。)
・子どもが、その先生を嫌っている
・先生が、他の生徒と比べて「あなたは下手だ。」などと子どもに言う。
などが当てはまれば、先生を変えた方が良いと思います。

逆に、
・ピアノを弾くのはレッスンの時だけ、または、前の日に慌てて練習する
・家にあるのは電子ピアノ(キーボードは論外)
・子どもはその先生が好き
・先生は、多少他の子よりも進みが遅くても、比べずに教えてくれる。
という感じであれば、上達しないのは先生のせいではないので、変えない方が良いです。

質問文を読んだ限りでは、指導力・人間性ともに良さそうな先生ですので、変えない方がいいじゃないですか?
ピアノは、早く始めれば良いってものではないです。
3歳~小3まで、初心者を教えていますが、一番すんなりと上達するのは、年長~小1に始める子のような気がします。
3歳で始めても、5歳で始めても、6歳には同じくらいになります。
その後は、練習量で決まります。

未就学児が、自分の上達のためにテレビや遊ぶ時間を削って自ら練習するはずがありません。
幼児のうちのピアノのうまさは何で決まるかというと、親です。
親が毎日教え込むという意味ではありませんよ。
弾けた楽しさ、理解した喜びを一緒に分かち合ってあげるのです。
幼児の弾く曲ですから、スラスラ弾けたのか、そうでないのかは、音楽を学んできていなくたって、大人にならわかりますよね。
「ここが違うよ。」「これはミの音でしょ」などと言うのではなく、「あー、今ちょっと止まっちゃったね。残念だったね。」「今の、スラスラひけて楽しかったでしょ?」と言ってあげるだけで良いのです。
小さいうちは、うまく弾けた、うまく弾けなったというのは、自分ではわからない子が多いです。
そういう下地を地道に作っていくと、2年後くらいには自分でちゃんと練習できるようになると思いますよ。

センスがない子もいることは確かです。
でも、そういう子だって練習すれば上達します。
回りの上手な子と比べれば下手に感じるかもしれませんが、過去の自分と比べれば絶対上手になっているはずです。
親のあなたが、周りの上手な子と比べているうちは、上達しないと思っておいてください。
娘さんが、素敵な音楽ライフをおくれることを祈っています。

ピアノ教室を主宰しています。

・毎日練習している。(幼児であれば、30分やれば十分だと思います。)
・家にあるのは本物のピアノだ。(電子ピアノはピアノではありません。)
・子どもが、その先生を嫌っている
・先生が、他の生徒と比べて「あなたは下手だ。」などと子どもに言う。
などが当てはまれば、先生を変えた方が良いと思います。

逆に、
・ピアノを弾くのはレッスンの時だけ、または、前の日に慌てて練習する
・家にあるのは電子ピアノ(キーボードは論外)
・子どもはその先生が好き
...続きを読む

Q東京芸術大学音楽学部附属高校の受験に適している中学校ってありますか?

小学生の娘がいるのですが、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を将来的に受けようと考えています。
そこで悩んでいるのですが、都内にある音楽系の私立中学校に入れたほうがよいのか、公立でもいいのか。私立は経済的にも大変だと思いますが、娘も将来オーケストラに入りたいと言っているので、親としては出来る事はしてやりたいと思います。
芸高に入りやすい中学校があるのであれば教えて下さい。

Aベストアンサー

私は都内の某私立音楽大学の出身者です。自身の経験でなにかアドバイスになればと思い、書いています。

音大や音楽高校などの音楽学校で学ぶというのは必ずしも音楽が好き・楽しいというだけでは難しいところもあります。ましてや楽器を始めたばかりということであれば、まだ小学生ですし芸高に入りやすい学校というよりは、音楽を楽しく続けられる、音楽的にレベルの高い学校を探されるのが良いのではないかと思います。(弦楽器やピアノなどは英才教育のような早期教育も必要かもしれませんが、管楽器などであれば、中・高の部活で楽器に出会い、楽器歴3~6年くらいで音大進学というケースもわりと多いので)

もし芸高進学が本人の強い希望であれば、本格的にプロ奏者や指導者の方に師事し、その先生を通じて中学校を紹介してもらうのも良いかもしれません。レッスンと両立しやすい環境の学校や良い指導者がいる、学校に音楽科や音楽コースがあるなど・・・。あと、早い段階から副科的な科目(ピアノや声楽、ソルフェージュなど)も勉強を始め、受験前は専攻実技に専念できるような環境を整えておく必要もあるかと思います。

学校選びという面では、中学校で音楽に力を入れている学校というと2パターンあると思います。

1つは音大の附属中や中高一貫校で高校に音楽科のある学校の中学校など。
この場合は中学からソルフェージュや楽典の授業やピアノ・声楽などのレッスン等が授業の一環もしくは学校生活の一部として定着しており、卒業生の多くが音高・音大へ進学しているケースが多いと思うので、いろいろな情報も入手しやすいと思います。ただ、このような学校のほとんどは私立です。

もう1つは、クラブ活動として音楽に力を入れている学校です。
例えば吹奏楽コンクールやNHK音楽コンクール全国大会出場など国内外の著名な大会で優秀な成績を残しているクラブを持つ学校など。部活動の中で協調性などを学びつつ、みんなで音楽性を身に着けていくという形になるので、音楽学校への進学となると個人的にレッスンに通ったりして技術を磨いていくことも必要になるかもしれませんが、同じ考えを持って一緒に活動する仲間がいるのは励みにもなると思います。こちらは私立だけでなく、公立の学校もあるのですが、公立学校では地域差や指導者によって差があるので教員(指導者)の異動で左右されることもあるので難しいところです。

これらのことを踏まえて、色々な学校を訪れて校風に触れ、その学生さんたちの演奏を聴いてみるのが一番良いかと思います。

お嬢さんが良い指導者や良い仲間に恵まれ、音楽を楽しく学ばれ、夢を叶えられることを心よりお祈り申し上げます。

私は都内の某私立音楽大学の出身者です。自身の経験でなにかアドバイスになればと思い、書いています。

音大や音楽高校などの音楽学校で学ぶというのは必ずしも音楽が好き・楽しいというだけでは難しいところもあります。ましてや楽器を始めたばかりということであれば、まだ小学生ですし芸高に入りやすい学校というよりは、音楽を楽しく続けられる、音楽的にレベルの高い学校を探されるのが良いのではないかと思います。(弦楽器やピアノなどは英才教育のような早期教育も必要かもしれませんが、管楽器などで...続きを読む

Qヤマハ、カワイの子供音楽教室について

もうすぐ3歳になる娘に音楽教室に通わせようと思っています。家の近所にヤマハとカワイと2つあります。出来れば子供だけで通わせたかったのですが、どちらも親子参加のようです。ヤマハはカワイより人数が多く楽しそうでしたが、カワイの方が人数が少ない分一人一人に目が届いているように見えました。この先個人レッスンでピアノを習わせたいと思っています。どちらの方がいいのでしょうか?ココが良い、ココが悪いなどありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

音大出身で、4才と7才の子どもがおります。

生徒数の事情などから、上の子は2才から4才までの2年間をカワイ、4才から現在までヤマハに通っています。

ヤマハは最初から自分の席が決まっており、常にお母さんの隣りにすわり、先生が「立って」と言えば立ち、「歌って」と言えば歌う、学校教育のような感じでした。
レッスンの内容も、カリキュラムに沿って進むという雰囲気が強く、子どもの気持ちが別のところにいっても、注意して修正させたり、他の事をしている子どもは放っておくという感じでした。

カワイのほうは、お母さん達は後ろに座り、子どもたちは先生の近くの床にそれぞれ座ります。
カリキュラムもあり、一応それに添いますが、歌っている時に楽器に興味を持って、太鼓をたたく子がいたら、それに合わせて「次はみんな、楽器さんでやってみましょう」という風に、子どもそれぞれに合わせて常に楽しい雰囲気で進みます。
また、音楽を聴いた印象を絵に描いたりというような、情操教育も行います。

どちらも小学生になると、個人レッスンが可能です。

先生の雰囲気でいうと、ヤマハは小学校の先生、カワイは幼稚園の先生という感じです。

個人的な意見ですが、小さい内はまだ音楽がどのようなものか理解できていないと思いますので、楽しい雰囲気でリズム感や音楽に対する興味を育てて行った方がいいと思いますので、私はカワイの方がいいと思いました。

ヤマハでは、必要以外に楽器を触らせてくれませんが、カワイでは、大太鼓、小太鼓、マリンバ、シンバルなどから、タンブリンまで自由に触れるようにしてあり、いつ使ってもいいようにしてあります。
そんな雰囲気から言っても、音楽に親しむのにはカワイの方がいいかな?と思いました。

#1の方も書いておられますが、うちの息子もカワイからヤマハに変わって、ピアノを弾くのが大嫌いになりました。

いずれにせよ、3才であれば今はピアノを弾いたりするのは無理でしょうから、音楽全体を楽しませたいとお考えであれば、カワイのほうがお勧めです。

余談ですが…
#2の方が、エレピでレッスンをしていると書かれていますが、現在の幼児音楽教育では、小学生以下の子どもがピアノを弾くのは手の大きさや、力が足りないという理由から、キーボードを使うように指導されています。
これは、カワイでも同じでした。

ただ、ヤマハのほうはエレクトーンを使うので、小さな子どもが上鍵盤、下鍵盤と両方を使わけさせられるのはどうかな?と疑問に思い、先生に聞いたところ「無理に両方の鍵盤を使わなくてもいいんですけど…」みたいなあやふやな返事が返ってきて、「将来的に、エレクトーンを売ろうとしているのかな?」と不信感が芽生えました。

長くなってすみません…

音大出身で、4才と7才の子どもがおります。

生徒数の事情などから、上の子は2才から4才までの2年間をカワイ、4才から現在までヤマハに通っています。

ヤマハは最初から自分の席が決まっており、常にお母さんの隣りにすわり、先生が「立って」と言えば立ち、「歌って」と言えば歌う、学校教育のような感じでした。
レッスンの内容も、カリキュラムに沿って進むという雰囲気が強く、子どもの気持ちが別のところにいっても、注意して修正させたり、他の事をしている子どもは放っておくという感じでした。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング