私は当年40歳です。現在介護保険料を払っていますが、65歳になるまで特定の病気以外は使えないとゆうことに、納得がいきません。
もし、保険料を払わなければ、どうなるのでしょうか?
どのようなペナルティーがあるのかまたは現段階では、罰則が無いのか詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

結局、自分にも突然訪れる病気などについて対応するための保険であることについては、No.2さんが記載されたとおりです。



基本的に、医療保険も同じだと思います。最近話題の混合診療など医療保険でも結局ある程度制限があります。

理由は、色々あるでしょうけれど、前向きに制度を理解しようとすれば、制度を支える財政基盤の体力とのバランスでしょうか?

医療保険の対象は、治療です。その後回復すれば、ほとんどの人は、また働いて、治療費(制度としては支出)を給付するよりも、保険料(制度としては収入)を多く払っていただける人となります。

それに対して、
介護保険の対象は、介護です。適用の対象となった方からは、その後も給付し続けることはありますが、ほとんどの場合は症状がよくなり、保険料を多く払ってくれる状態にはなりません。

社会保障制度は、その時点時点での自分の視点で見ると、一見損をしているように感じるものがほとんどですが、「将来給付を受けるかもしれない」という観点を数字で出すと、結局は「ないよりはマシ」というものがほとんどです。

確かに新聞でにぎわうような不祥事や不適切な支出などを目の当たりにすると、制度の無駄遣いなども多く感じられる場合があるかもしれませんが、
国民皆保険でないアメリカと比べると、自分は、ありがたいと思う場合の方が多いですね。

また、多くの場合、65歳未満の方々の場合、介護保険分のみ保険料を払わないことはできないので、自分で勝手に判断して、医療保険分のみの保険料を払っても、受け手には、そうとらえてもらえず、未納扱いとなり、医療保険についても未納に伴う処分を受けてしまうことになりかねません。ご注意ください。
    • good
    • 0

40歳から64歳までの人は、なぜ特定疾病に


当てはまらないとサービスが使えないのか。

それは、日本の介護保険は、老化に伴う介護についての
特定のものだから。15個の特定疾病は、主に老化による
疾病なのですねー。
40歳というのは、自分の親が高齢になってきて
介護問題が現実的なものになる年齢、そして
自分も、介護される側になりうる年齢だから。

納得いかないから払わない?
そしたら、自分は年金を払いたくないっす。
自分がもらう頃は、ほとんど貰えなくなるんじゃないか
と言う不安が強いから。
年金制度と一緒で、介護保険制度も「支え合い」精神。
あなたも突然、特定疾病にかかるかも知れないし、
親や親戚がそうなるかも知れませんよね。
その時のために、どうぞお支払いください。
自分も、(天引きですが)年金払ってますので。
    • good
    • 0

介護サービスを利用した際の利用者負担は、通常はかかった費用の1割ですが、保険料を滞納していると滞納期間に応じて次のような措置がとられことがあります。


 ○費用の全額をいったん利用者が負担し、申請により後で保険給付分(費用の9割)
  が支払われる形(償還払い化)となります。
 ○費用の全額を利用者が負担し、申請後も保険給付の一部、または全部が一時的
  に差し止めとなったり、滞納していた保険料と相殺されます。
 ○保険料を滞納していた人が新たにサービスを利用するときには、保険料の未納期
  間に応じて保険給付が7割に引き下げられたり、高額サービス費が受けられなくなり
  ます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q65歳以上の介護保険料(被扶養者分)の支払について

下記の65歳以上の「介護保険料」(特に、被扶養者)の支払について、お教え願います。

(1)40歳~64歳で職場の健康保険に加入している人(被保険者)は、加入する健康保険の保険者に医療保険の保険料と合せて「介護保険料」を納付することになっています。

その場合、第2号被保険者に扶養されている配偶者は、64歳まで、直接的には「介護保険料」の支払は無いようです。
65歳以上になれば、健康保険に加入していても、原則、「年金」から「介護保険料」を天引きされることになるようです。
その場合、「夫・被保険者」が65歳となり、「介護保険料」の納付者となった場合で、「妻・被扶養者」が64歳であれば、「妻・被扶養者」の「介護保険料」の支払い(下記例の?)はどうなるのでしょうか。
よく分からないので、お教え願います。

☆健康保険に加入している夫婦の介護保険料の負担の有無の例
(みにくいですが、夫・妻を、上下段セットで見てください。)
夫・被保険者→
38歳× 40歳○ 55歳○ 63歳○ 67歳○※  65歳○※

妻・被扶養者→
43歳× 38歳× 53歳× 66歳○※ 65歳○※   64歳 ?
 
※65歳以上は、原則、年金から介護保険料を天引き

http://www.shiruporuto.jp/life/hoken/kaigo/kaigo103.html

(2)上記の場合で、退職後も職場の健康保険(特例退職被保険者制度)に加入している時、
65歳からは、「介護保険料」のみ、居住地の市区町村から徴収が始まることになりますが、

「介護保険料」の徴収も健康保険料同様、世帯単位とのことで、上記(1)の例の場合で、「妻・被扶養者が64歳」の時は、引き続き「夫・被保険者65歳」の「介護保険料」とあわせて、健康保険組合が「介護保険料」を徴収する組合があるようですが、この取扱は、健保組合によって異なるのでしょうか、それとも、共通の取扱かをお教え願います。

http://www.hitachi-kenpo.or.jp/retirement/system/tokutai.html

下記の65歳以上の「介護保険料」(特に、被扶養者)の支払について、お教え願います。

(1)40歳~64歳で職場の健康保険に加入している人(被保険者)は、加入する健康保険の保険者に医療保険の保険料と合せて「介護保険料」を納付することになっています。

その場合、第2号被保険者に扶養されている配偶者は、64歳まで、直接的には「介護保険料」の支払は無いようです。
65歳以上になれば、健康保険に加入していても、原則、「年金」から「介護保険料」を天引きされることになるようです。
その場合、「夫・被保...続きを読む

Aベストアンサー

(1)
健康保険に加入していて
被保険者65歳,被扶養者64歳のときには,介護保険料は市町村が徴収します(年金からの天引き)。健康保険組合は,介護保険料を徴収するところと,徴収しないところがあります。
また,上記の表ではxxとなっている被保険者38歳,被扶養者43歳のときには,健康保険組合が介護保険料を徴収するところと,徴収しないところがあります。例えば協会けんぽでは徴収しません。
(2)
健保組合が決めることです。共通の取扱基準があるわけではありません。

Qなぜ介護保険料をまじめに払っているのに、特別養護老人ホームへ入所できな

なぜ介護保険料をまじめに払っているのに、特別養護老人ホームへ入所できないのでしょうか?たとえ入所できても2-3年待ちと聞いたことがあります。保険料だけ取られてサ-ビス無しでは納得いきません。

Aベストアンサー

要介護3の利用者が特別養護老人ホームを利用する場合の
基本的な利用料金(介護福祉施設サービス費)の日額は
8100円ですから、月額は8100円×30日=243,000円となりますね。

利用者の自己負担額は1割なので、24,300円ですが、残りの9割、
218,700円は介護保険から給付されています。

さて、ではその原資がどこから出ているかですが、sappokinさんが
言われているように、確かに40才以上の介護保険の被保険者が
納めている保険料からも支払われています。けれどその割合は
50%に過ぎません。

残り50%は国と県からの交付金、つまり国民の税金でまかなわれて
います。また、特別養護老人ホームの建設に当たる補助金等もまた
税金からですね。

ココで簡単な損得勘定ですが、sappokinnさんが支払われている
保険料、上記利用料金よりも多いですか?
もちろん少ないですよね?
では支払っている月数千円の保険料で、ちゃんとした設備を作り
介護付で老人の面倒をみられますか?

社会保障制度は、Aさんの手術費用が足りない分を、BさんやCさん達や
他のみんなが負担してくれる、という考え方です。
それによって皆が一定水準の医療や介護を受けられる仕組みです。

例えばsappokinさんが風邪で医者にかかったとして、3割負担で
お医者さんに見てもらったり、薬をもらったりしますよね?
のこり7割は他の誰かが支払ってくれてるんです。

ですから本当にそれを必要とする人や、一定の基準を設けないと
あっという間に仕組み=財政が破綻してしまいます。
金を払えば必ずサービスが受けられるという仕組みではないのです

ただでさえ今、医療や介護、年金は財政が逼迫し崩壊寸前ですし。

それを忘れないでくださいね・・・

※補足
実際には介護福祉施設サービス費の他に各種加算費用が追加される場合が
あります。また食費、滞在費(施設毎に違います)も別途必要です。

要介護3の利用者が特別養護老人ホームを利用する場合の
基本的な利用料金(介護福祉施設サービス費)の日額は
8100円ですから、月額は8100円×30日=243,000円となりますね。

利用者の自己負担額は1割なので、24,300円ですが、残りの9割、
218,700円は介護保険から給付されています。

さて、ではその原資がどこから出ているかですが、sappokinさんが
言われているように、確かに40才以上の介護保険の被保険者が
納めている保険料からも支払われています。けれどその割合は
50%に過ぎません。

残り50%は国と県...続きを読む

Q老齢扶養家族の介護保険料について教えてください

78歳の母は、妹の会社の社会保険に妹の扶養家族として入っています。この場合、母は別途第一号被保険者として介護保険料を支払うのでしょうか。それとも社会保険の被扶養者は、65歳以上でも介護保険料を払わない=妹の介護保険料は変動しない、のでしょうか。
現状は、母と妹は別居で、母は居住地で介護保険料を徴収されていますが、私の会社の社会保険窓口に問い合わせたら、私の扶養に入れても私の介護保険料は変わらないといわれました。どちらが正しいのか分からずにいます。

Aベストアンサー

65歳になると介護保険第1号被保険者となりますので、お母様ご自身で介護保険料を払うことになります(65歳までについては、被扶養者は保険料を負担する必要はありません)。また、妹様や貴方様が40歳以上なら、当然ご自身の介護保険料を払うことになります。
貴方様がお母様を扶養しても、それぞれ介護保険料を払っているので、なにも変更はありません。

Q介護保険の保険料

介護保険の支給世代って、保険料を払っていたのですか?

Aベストアンサー

介護保険料は、40歳以上は誰でも毎年支払っているのですよ。
40~64歳までの人は、加入している健康保険の組合から差し引かれ、65歳以上は毎年住んでいる地域の役所から納付書が届き、年金の受給が始まれば年金から天引きです。

つまり、介護保険の恩恵を受けている世代でも、等しく介護保険料を負担している、ということになります。

参考URL:https://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/koreisha/6528/6529.html

Q現在、私(28歳)が同居の祖父母(65歳以上)を扶養に入れているのです

現在、私(28歳)が同居の祖父母(65歳以上)を扶養に入れているのですが、祖父母から介護保険料が高くなるので扶養から外してほしいと言われました。実際に祖父母が負担している介護保険料は、扶養に入るとたかくなるのでしょうか。また、扶養を外すことのメリット、デメリットを教えてください、宜しくお願いします。現状:メリットは、会社から扶養家族の手当てが出ている。所得税が安くなっている。デメリットは、特に感じていません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>現在、私(28歳)が同居の祖父母(65歳以上)を扶養に入れているのですが、

これは扶養控除などの税金の扶養と言うことですね。

>祖父母から介護保険料が高くなるので扶養から外してほしいと言われました。

税金の扶養と介護保険料は関係ありません。

>実際に祖父母が負担している介護保険料は、扶養に入るとたかくなるのでしょうか。

介護保険料は扶養とは関係なく世帯の構成によって決まります。
下記をご覧下さい。

http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/01_kakuka-page/03_simin-fukusi/03_kaigohoken/kaigo_dokuji04.htm

足利市の例ですが細かい数字はともかく大枠としてはどこの自治体でも同じです。
そこあるように介護保険料は世帯の市民税(町なら町民税、村なら村民税、区なら区民税)の額によって決まるのです。
例えば祖父母の収入が非課税に該当すれば介護保険料の保険料率が下がって保険料が非常に安くなります、しかし質問者の方が同世帯にいてそれなりの収入があればそれに引っ張られて祖父母は低い保険料率が適用されず介護保険料が高くなるということです。
ですからその場合は質問者の方と祖父母を世帯分離することによって、祖父母の二人だけの世帯にすれば非課税に該当して保険料率が下がって介護保険が安くなるということです。
仮に質問者の方と祖父母が足利市に住んでいたとすると、祖父母が非課税の所得であって世帯分離をすれば第2段階あるいは第3段階になりますが、世帯分離をせずに今のままですと第4段階以上になります。
それだけ介護保険料が違ってくるということです。

ですから扶養ではなく世帯分離をするかどうかと言う話なのです。
世帯分離をするためには市区町村の役所で手続きをしなければなりません。

>また、扶養を外すことのメリット、デメリットを教えてください、宜しくお願いします。現状:メリットは、会社から扶養家族の手当てが出ている。所得税が安くなっている。デメリットは、特に感じていません。

世帯分離と税金の扶養は直接は関係しません。
世帯分離しても実質的に質問者の方が祖父母を扶養しているなら扶養控除は受けられます。
会社から扶養家族の手当は法律で全国一律に決まっているものではなく、会社の規定に依るので会社に聞いて見なければなりません。
もし扶養控除の対象者に対して支給されるという規定であれば、支給されるのではないでしょうか。

>現在、私(28歳)が同居の祖父母(65歳以上)を扶養に入れているのですが、

これは扶養控除などの税金の扶養と言うことですね。

>祖父母から介護保険料が高くなるので扶養から外してほしいと言われました。

税金の扶養と介護保険料は関係ありません。

>実際に祖父母が負担している介護保険料は、扶養に入るとたかくなるのでしょうか。

介護保険料は扶養とは関係なく世帯の構成によって決まります。
下記をご覧下さい。

http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/01_kakuka-page/03_simin-fukusi/03_kaigohok...続きを読む

Q65歳以上なら誰でも介護申請できるのですか?

72歳の父についてです。
10年間疎遠で私の全く知らない人(同じく高齢)と再婚している父が面倒みろと頻繁に連絡して来るのですが、気持ち的にも物理的にも今は出来る状況ではない為、近くの市町村に相談に行ったらどうかと電話番号を教えました。

同居したいとか、面倒みてくれと私を説得する間は、
「身体が動かなくなってきて大変。」とか、「一度会って自分がどれだけ老いぼれたか見てくれ。」なんて言っていたので、申請してもいいのかとも思いましたが、相談先が行政サービスとなると、「まだそこまで生活には困っていない。」と言い、矛盾しています。
どうやら今は家政婦さんのように身の回りの世話をしてくれる人を確保しておきたいようです。再婚相手も体調が悪く(大きな病気ではなが、通院しているようです。)最終的には独りで施設に入ると決めているらしいので、父は今から独りになる心配をしているようです。

(父)一昨年パーキンソン症候群と診断を受け、定期的にMRI検査を受けているが、状態は悪化していない。急に訪ねて来たので一度会いましたが、歩幅が小さく、表情がない。手のふるえあり。話はしっかりとしており、電話で電話番号など聞きメモなどはとれるので認知症などは出ていないと思われます。状態が酷くなってきたら医師からも介護申請の話が出るんじゃないか、それを言われていないという事は普通ならまだ申請は必要ない?とも思います。
(再婚相手)皮膚疾患などで通院したり、何が原因かは知りませんが、点滴を受けたりする事もあるようです。家事は出来るが辛い事もあるのかもしれません。

このくらいの状態の人が夫婦揃って申請に来た場合は門前払いですか?
まだ比較的元気な人が自分の足で歩いて介護申請に行くという事はよくある事ですか?
もし要支援も要介護にもならない場合はどういった扱いになるのでしょうか?
そういう予備軍的存在に気づいてもらうという点で意義のある事ですか?

どのくらいの状態からケアマネージャーさんがつくのでしょうか?
もし二人にケアマネージャーさんがついた場合、私のような人間は叱られるのでしょうか?
再婚相手と私は無関係として見てもらえますか?

私の出来る事は父の手続き関係だと思っています。それもずっと疎遠だったのでいよいよと
なったら、という気持ちしかありません。過去に振り回されて、やっと折り合いをつけて自分の生活を頑張ってきたのに、父は自分の不安を消すために時間も気にせず連絡してくるのでまた振り回されており辛いです。
世話出来ないと断りつつも、いつもどうすれば良いのか悩んでいます。自分の家族を大切にしたいのに、子供との会話も上の空で申し訳ないです。

質問ばかりですみません。詳しく書くと過去の愚痴だらけになってしまうので
なるべく事実だけを書いたつもりですが、わかりにくかったらすみません。
宜しくお願いします。

72歳の父についてです。
10年間疎遠で私の全く知らない人(同じく高齢)と再婚している父が面倒みろと頻繁に連絡して来るのですが、気持ち的にも物理的にも今は出来る状況ではない為、近くの市町村に相談に行ったらどうかと電話番号を教えました。

同居したいとか、面倒みてくれと私を説得する間は、
「身体が動かなくなってきて大変。」とか、「一度会って自分がどれだけ老いぼれたか見てくれ。」なんて言っていたので、申請してもいいのかとも思いましたが、相談先が行政サービスとなると、「まだそこまで...続きを読む

Aベストアンサー

私の親は 介護保険のサービスを受けています(私は遠距離で別居です)

介護と名がついている通り 障害が重い、病気が重い というよりは
実際に 介護が必要かどうか? 介護度によってサービスが決定されます(時間数とか、、)

認定は 市職員や認定調査員が家に来てくださるのでお父さまのご負担はありません。
ただ 絶対に お医者さまの意見書は必要なので それはお父さまがお医者さまに行ってもらわないことには始まりません。
一度認定を受けたら 定期的に 介護度のチェック(変動しますので)がありますので その都度 お医者様の意見書は必要ですので 近くがよいかもしれません。(同じお医者さまのほうが経過もわかりますし)

パーキンソン病が本当なら 進行すると思いますので(それでなくとも年齢とともに介護度は高くなりますので)早めに行政のサービスを受けれるようにされたほうが良いと思います。
利用料は 要支援=月額一定 要介護=一割負担

要支援は介護予防的 要介護はいよいよ本格的な介護ですが 最近要介護1の認定が厳しくなったという噂を聞きました。
たぶんお父さまは要支援1程度なのかな?と思われます。
訪問ヘルパーさんに 洗濯掃除調理ゴミだしをしていただくことも可能ですが、要支援ですと週に一回か二回ぐらいであまり役には立たないと思います。

さらに、認定には 介護できるご家族が同居しているか?どうか?がチェックされます。同居の奥様の健康状態で決まります。体は悪くとも家事ができるとみなされると (現実 2人で生活できると判断) サービスは受けれない可能性があります。

そのへんで お父さまは 「同居」「面倒みて」という話だと思うのですが

私は貴女さまの立場と非常によく似ています。
ぜったいに 同居はしてはいけません。
介護は長いつきあいになります。
文面から 貴女さまが最後の砦のごようす 
貴女さまは大切な人です。
早くから消耗すると 先は・・・(想像してください)

よくここでもどこでも 介護していない人にかぎって 親の恩、感謝、「親なんですから」と罪悪感のみ植え付ける方がおられますが、 スルーしてください。 その人たちは 現実に虐待をしてきた親や子を攻撃する親に遭遇されたことのない幸せな人です。

私が親の行政サービスを受けて安定した生活にもちこめるまで 一年以上かかりました。
なぜかといいますと 親は他人の世話になりたくないのです( 外聞を気にして 良い人の演技なんて面倒くさい)わが子なら 育ててやった恩をかさに言いたい放題、なんでも言えます。脅すことさえ可能です。
ですから まず 認定拒否から始まって サービス拒否
この期間 「親を殺す気か!それでも人間か!いつまでも昔のことを、、」と毎朝毎晩罵られ ウソを親戚近所に言いふらされ
親戚からもお説教電話がかかってくる日々でした 

ですが 忍耐です。 ただただ行政サービスを受けるよう言います。絶対に同居はダメです。
そもそも同居したしたら最後自殺する寸前まで追い詰められない限り行政サービスは受けれなくなると覚悟してください。
今後ますます高齢者は増え 介護サービスは受けにくくなりますから。

遠距離とはいえ サービスプランの作成(私は作成もしています。ケアマネは実際忙しく標準的なことしかできませんので)
毎朝と毎晩の電話(親の状態の把握) それを元にケアマネにときどきメールで 「こうゆうことができなくなったので、、」と報告相談 あとは事業所との契約にハンコぺたぺた押しに帰ります。ヘルパーさんの来ない日に 帰省して ヘルパーさんができないことをします。お金の管理も実質していますのでけっこう多忙です。っていうか 正直 二つの家をみるのはきついです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まずは

1 本当の状態を聴き取りし 何が困っているのか何ができないのかをまとめておく 
2 包括支援センターに相談する(なければ市役所の福祉課)
3 指示があるので指示通りにする (ここで認定調査を受けるように言われるはず)
4 親に 介護保険のサービスについて説明し 受けるよう説得する( ここが第一関門 非常に難しい)

  (人でなし 親の恩を忘れたのか 育ててやったのに と罵られる日々を超えて)

親の介護度が重くなると 生活困難になるので 折れてきます (待つ)

5 認定調査に来られる (貴女さまの同席をお願いされると思いますが断ることが可能ですので断ってください)

  (医者の意見書も妥当で サービスが受けれることが決定になると)
 事業所との契約になります。書類が苦手なお父様でしたら ここで貴女さまの登場です。

 (ここが第二関門 お父さまがおとなしく介護サービスの負担料を払われるとは思えません。 ネチネチネチネチ お前が同居すれば無料なのに、と自分勝手なことを言われるかも、、 なかなかお金を払うことをしぶられます)

ですが金銭的な援助はしてはダメです。再婚されたとのことなので十分に老後の設計はできているはず。ご自分のお金でできる範囲はしていただかないと、、、

この二つの関門をくぐると あとは 流れにまかせて、、いやがらせの電話に耐える強い精神力が大事です。

(皆が皆ではありません)
認知症はじめ精神疾患になると ウソや作話や妄想が始まることがあります。
それも 第三者が聴くと 本当にそうなのかな、と見抜けない巧妙なものもあります。
(なにしろ本人が妄想で本当にあったことと信じていますのでケアマネでさえ騙されます)

善意でいろいろ世話をした貴女さまは 他人から攻撃されることもあります。
つじつまが合わないことが多いので ぜひ記録をつけられるようおすすめします。
わたしは 電話内容等すべて記録しています。

認定調査員やケアマネに なにかの折には 読んでいただいています。
「えっ ここまですすんでいるのか」と認定がひっくりかえることもありました。
ケアプラン変更もしてもらいました。
第三者には 目の前におられる今の今の状態しか見えません。
ですので きっちり記録だけはつけてください。

非常に面倒くさいのですが その記録が 貴女さまをいつか守ると思います。
今 「同居してくれ」等の話も記録しておいてください。

将来 相続でもめることがある時にもきっと役に立つかもしれません。
(奥様のウソや作話防止とかに、、)

現時点で 怖いのは お父さま(奥様)が借金等をして貴女にツケがまわることです。
きっちりその点は 法律的に逃げてくださいね。

とりあえず 包括支援センターに応援を求めましょう
見に行ってもらえるはずです。
「遠くて行けないので代わりに見にいってください」と泣きついてください。

介護は1人で抱えてはダメです
とにかく行政です。行政に動いてもらわないとどうにもなりませんから。

私の親は 介護保険のサービスを受けています(私は遠距離で別居です)

介護と名がついている通り 障害が重い、病気が重い というよりは
実際に 介護が必要かどうか? 介護度によってサービスが決定されます(時間数とか、、)

認定は 市職員や認定調査員が家に来てくださるのでお父さまのご負担はありません。
ただ 絶対に お医者さまの意見書は必要なので それはお父さまがお医者さまに行ってもらわないことには始まりません。
一度認定を受けたら 定期的に 介護度のチェック(変動しますので)があ...続きを読む

Q介護保険料について

介護保険料についてお尋ねします。
私は今65歳で2か月前から厚生年金に加えて国民年金も受け取っております。そんな訳で介護保険料に関してああやこうや文句は言えない立場なのかも知れませんが、やがてはどなたも直面するだろう問題なので、やはり質問することにしました。
 実は、3か月前に自分が65歳に到達するまでは、私の介護保険料は会社からもらう給料明細書により毎月1,800円弱と承知しておりました。
 ところが、誕生日の翌月より私の住む江戸川区の然るべき担当部所から「介護保険料の毎月8,200円(前後)を来年3月まで振込みで払え。そのあとは国民年金からの自動天引きだ」という意味の知らせと払込用紙がとどきました。
 金額があまりに高くて驚いたので、江戸川区の担当部所に電話して問い合わせたところ、誕生日までは会社が介護保険料の半分を負担していたので安かったが、誕生日以降は自分で全額を負担することになっているので今までよりも高くなったのだ。江戸川区は東京23区の中で介護保険料が一番安い。嘘だと思うなら調べてみてくれ、という意味の説明を受けました。
 誕生日までの私の介護保険料を1,800円とした場合、会社が私に代わって半分の1,800円を負担していた訳だから、誕生日まで私は毎月3,600円の介護保険料を支払っていたことになります。
 あまりの突然の話ではないでしょうか、私が毎月請求されている介護保険料8,200円は、会社の分を含めても誕生日までの2倍以上ではありませんか。
 みなさんは今いくら介護保険料を払っていますか。特に65歳以上の方々の実態が知りたいと思っております。それともう一つ、本当に江戸川区の介護保険料は東京23区で一番安いのでしょうか。かなりあやしい気がするのですが。
 介護保険料は年金とは違い、何歳になったら自分に戻ってくるといった種類のものでないだけに、甚だうれしくありません。
 ご意見をお聞かせ戴ければうれしいです。

介護保険料についてお尋ねします。
私は今65歳で2か月前から厚生年金に加えて国民年金も受け取っております。そんな訳で介護保険料に関してああやこうや文句は言えない立場なのかも知れませんが、やがてはどなたも直面するだろう問題なので、やはり質問することにしました。
 実は、3か月前に自分が65歳に到達するまでは、私の介護保険料は会社からもらう給料明細書により毎月1,800円弱と承知しておりました。
 ところが、誕生日の翌月より私の住む江戸川区の然るべき担当部所から「介護保険料の毎月8,20...続きを読む

Aベストアンサー

>誕生日までは会社が介護保険料の半分を負担していたので…

会社の半額負担に加え、国の助成もありました。
それが 65歳になるとどちらもなくなるので一気に高くなるんです。

>あまりの突然の話ではないでしょうか…

私もつい最近その年になった身なので、全く同じ思いをし、市役所へ問い合わせに行きました。
その結果は、質問者さんが聞かれたのとほぼ同じ内容でした。

私も質問者さんと同じ比率ぐらいで上がりましたので、質問者さんも大きな間違いではないと思いますよ。

年を取って働けなくなるのだから次第に安くなっていくものだとばかり思っていましたが、逆に上がるとは何とも理不尽な制度です。

しかも、年金天引き以外の納付方法を一切認めていません。
この介護保険料をたとえば子供が払ってくれそうな家庭はいくらでもありえますが、それもさせないとは・・・・。

Q私は介護保険料を払っているのでしょうか?

私は後3ヶ月で61歳です。
介護保険はどうなっているか心配になって
妻に聞きました。介護保険料払っている?
関係書類を見せてくれない?
とそう聞きました。
そしたら、知らない。払っているとすれば
健康保険料から払っているんじゃないと答えられました。
一体私は介護保険料を払っているのでしょうか?
どなたかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・第2号被保険者(40歳から64歳までの被保険者)については、健康保険と介護保険はセットで請求がきますから、健康保険料は払って介護保険料だけを支払わないという選択は出来ません。

・健康保険料を支払われているとの事ですから、その保険料と一緒に請求がきて一緒に支払うことになっていますから、間違いなく支払われていると思いますよ。

(介護保険)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA
 ↓
第2号被保険者(40歳から64歳までの被保険者)
 それぞれ加入する医療保険のルールに基づいて、設定する。この介護保険料は、医療保険者が一般の医療保険料と一括して徴収を行う。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA

Q介護保険料の納付について

65歳以上で協会けんぽの被保険者は、介護保険料をどのように支払うのですか?

給与からの控除ではなく、市町村に納付(または年金から特別徴収)でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>市町村に納付(または年金から特別徴収)でいいのでしょうか?
それでいいです。

Q150日の健康保険の適用が切れた後でも、自費で払うといえば、入院させ続

150日の健康保険の適用が切れた後でも、自費で払うといえば、入院させ続けてくれるものでしょうか?主人が脳出血のため入院し2ヶ月が経ちます。回復はあまりかんばしくなく、ですが、本人は家族の介護負担を考えて『ひとりでトイレに行けるようになるまでは退院しない』と言います。可能性論として、150日の健康保険の上限日が過ぎた後でも、リハビリ病院に入院し続けることは可能でしょうか?本人は老健には行きたくないので、退院後は自宅に帰る予定です。

Aベストアンサー

私が仕事で経験している範囲では、そのような話は聞いたことがありません。長期入院している人は、療養型医療施設での入院になっているようです。

ソーシャルワーカー(いれば)、リハビリスタッフ、ご本人、ご家族で話し合ってみてはどうでしょうか。リハビリの計画なども作成されていると思いますが、「ひとりでトイレに行けるようになる」という目標は実現不可能な状況かもしれません。それを踏まえて、今後どうするかを検討することになります。


人気Q&Aランキング