最近は人類は月よりも火星に興味があるように思えます。実際に火星への移住計画も始まってますし。
月のほうが火星より近いし、探査も十分に行われているから月面基地を作るなら火星よりも簡単だと思います。
当然、人類はいずれ火星に行くと思います。でもまずは月に基地を作ってそこを前哨基地にして火星に向かったほうが効率がいいと思います。
なぜ火星ばっかなんですか?
月じゃダメな秘密や理由があるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NASAにには再び月へ人間を送ろうと言う計画があるらしいですよ。


それはそれで火星は俄に注目されてきていますし、ハビタブルゾーンにある岩石惑星ですので、将来の人類移住計画の為にも
実際に人間を送って調査する必用もあるでしょうね。
通常は地球より外周にある惑星は地球より大きくなければいけないらしいですが、実際の火星は地球の直径のほぼ半分。
その理由としての仮説が太陽系形成初期に大きな小惑星などが衝突した事が有力らしいです。
その衝突によって地球へ火星の岩石が隕石として飛来したと言う事らしいですよ。
本題ですが、火星のテラフォーミング化と言う計画もあるらしいですが、地殻が冷えて固まって居ますので地磁気が無い。
と言う事は太陽風から火星を守る磁気バリアが存在しませんから、テラフォーミングと言って大気を作りだしても太陽風に
吹き飛ばされてしまいます。
従って火星に移住するにもドームを作って守るしか手段は無いでしょう。

> 月じゃダメな秘密や理由があるんでしょうか。

そんな事はありません。
地球からロケットを打ち上げるより月から打ち上げた方が大気の影響も有りませんから、燃料消費も抑えられますし、
燃料によっては月の資源から補給可能ですしね。
月の裏側に宇宙人の基地があるとか妄想している方も居りますが、ハイビジョンカメラを搭載した日本の「月探査衛星かぐや」が
周回しながら撮影して居るぐらいですから、人工物が存在すれば映っているはずです。
    • good
    • 1

そりゃあだって…月の裏側には宇宙人が居るんだし、他人の家の庭に家作ったら怒られるでしょ?。


オシオキされちゃうかもしれないじゃないの?。

ま、それはともかく。
火星には「大気」が存在すると言われています。
もちろん組成は地球とは全く違うのですが、いわゆる「テラフォーミング」を行う上で使えるかもしれない、という目論見があるわけです。
惑星改造を行った上で、移住をしてしまえ、ということです。

それと距離がそう遠くない。
星が地軸を中心に自転する速度も、地球と似通った「25時間」です。
ちなみに、人間の体内時計は24時間周期ではなく「25時間周期」である、という説があります。
地球人類は、火星から飛んできた物質から生まれた、という説があるくらいです。
地球との関係性として「近しい(かもしれない)」というのもあるんでしょう。

人類はまだ、強力な推進機関を使って、ひたすら宇宙を航行する、という技術は持っていない。
衛星を飛ばすだけでも「スイング・バイ」という方法を使って、星の重力を頼りにしながら、三段跳びみたいに行くわけです。
太平洋に丸木舟で乗り出すようなもんですから、どうやったって、間近な星くらいしか行き場所はないってことです。

正直、まだまだ先の話ですよ。
私らが生きてるうちには実現不可能な話です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『僕の地球を守って』の月基地…

『僕の地球を守って』について、
Wikipediaを見ていたら、「月基地のメンバーの身長は約数cm…」
という記述がありました。

そう言われてみたらそうだったような気もするのですが
記憶が曖昧で、今ひとつこの記述の根拠の部分を思い出せません。
取り急ぎ漫画喫茶に走って全巻読んでみたのですが
急いで読んだせいか、その部分を見つけることが出来ませんでした。

この設定について、たとえば作者の方が別の所でコメントしていたとか、
あるいはファンブックのようなもので設定されたものなのか、
もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
知らなくて死ぬ!というようなことでもないのですが(笑)
気になりだすとどうにも引っかかってしまって…。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

結構最初の方で現世メンバーが会合を開いてる時に誰かが
「私たちって指先よりちっちゃくない?」というようなことを言ってたような・・・

Qアポロ11号月面着陸

月面着陸 信じる派・信じない派?
貴殿はどっち派ですか?

苦しい言い訳じみた内容も中にはありそうですが・・・
NASAも本腰を上げた様ですし。
ちなみに私は・・ネス湖のネッシーが数十年に渡り
信じられた位ですから。。
怪しいですね(笑)

ttp://moon.nasda.go.jp/ja/school/popular/story03/index.html

Aベストアンサー

信じるか?ではなく、あれは事実です。
1969年に人類は月に行っています。
少なくとも月まで行っています。各地の望遠鏡で飛んでいく指令船や帰って来る指令船を補足しています。
ロケットを作り、しかも確実に飛ばしています。そのような技術はあるのです。しかも地球ランデブーについても成功しています。(地球上空で月着陸船を切り離し再度ドッキングする)あとは着陸の部分ですが「フランスの垂直離陸戦闘機」でも垂直離陸、垂直着地が行えていますから、地球上のように風もありませんので、逆に簡単なことでしょう。
月面に置いた地震計、距離を測るためのレーザー反射板などは今も機能しています。
きっと信じない人は「技術的に無理だからねつ造した」という理論でしょうが、上記の理由で技術的には可能なことなのです。
(つまり、技術的にOKならば行っているはずだから)
つまり、技術的には問題ありませんから(お金があれば)行ったということです。

Qトランペットで音が十分に出なくなってしまった・・・

僕は吹奏楽部でトランペットを吹いているのですが、
ある日を境に急にチューニングBより上の音が出なくなってしまいました。中音域も息の音がまじり、以前のようにハリのある音で気持ち良くふけません。
その日は先生からffでロングトーンをしろと言われて、
30分ほど自分が出せる限界の音量でロングトーンをしていました。
音が十分にでなくなってしまったのはこれが原因でしょうか。
また、解決法などがありましたら教えてください。
文化祭が近く、これが3年生最後の演奏となり、ソロも任されているので非常に困っています^^;
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは

3年生ということは、少なくとも2年半以上は吹いているのですよね。

>その日は先生からffでロングトーンをしろと言われ

アンブシャが固まっていないような新入生あたりが、むやみにこのようなことをすれば、一時的にでもアンブシャやその感覚が崩れたりして、おかしなことにんるような場合もあるでしょうが、3年近くきちんとやっていればそのようなことは、さほど関係ないと思います。

長い期間が使えるのなら、やはりロングトーンやリップスラーの繰り返しが一番でしょうが、短期間のようですので・・・
まあ、あまり高い音にこだわらず、mfぐらいで、アンブシャを自分なりに確認し、意識しながらロングトーンでのアップを十分にすることを心がけるぐらいしかないでしょうか・・・
唇のバランスとか、緊張の具合とか、押さえつけすぎないとか・・・いろいろ自己チェックしながら行うと、何か見えてくるかもしれません。

出せる限界の音量でロングトーン・・・大きな音を出すことだけに集中するあまり、息だけに頼って、アンブシャのことをおろそかにして、半分やけくそでやったりしてないでしょうね?
気を抜いて、大きな音での長時間のロングトーンは、よくないです。

こんにちは

3年生ということは、少なくとも2年半以上は吹いているのですよね。

>その日は先生からffでロングトーンをしろと言われ

アンブシャが固まっていないような新入生あたりが、むやみにこのようなことをすれば、一時的にでもアンブシャやその感覚が崩れたりして、おかしなことにんるような場合もあるでしょうが、3年近くきちんとやっていればそのようなことは、さほど関係ないと思います。

長い期間が使えるのなら、やはりロングトーンやリップスラーの繰り返しが一番でしょうが、短期間のよう...続きを読む

Q趣味を探してます!まずは無料体験をしたいのですが

最近、プライベートが暇なので何か趣味を持とうと思ってます。
そこで、興味のあるものから無料体験をしていこうと思うのですが
どうやって調べたらいいでしょうか?

なにかお勧めのサイトはありますか?

回答お願い致します

Aベストアンサー

その”興味のあるもの”で検索すればよいのでは?

で、見つからなければ、
「こうやって検索したんだけど、良いサイトが見つかりません」って
ここで質問すれば?

Q火星にもラグランジュ・ポイントはあるの?

こんにちわ、さっそくですが私はスペースコロニーを作るなら
「ラグランジュ・ポイント」というところに作ると聞いたことがあるんです、そして、地球だとそのポイントが月とのあいだに5つくらいあるんです、そこで質問なんですが火星にはラグランジュ・ポイントはあるんですか?もしあったらどのくらいスペースコロニーを作ることができますか?おねがいですおしえてください。あ、あともうひとつ、スペースコロニーは最大何人くらいの人が住めるものを作ることができるんですか?よろしくおねがいします!!!!

Aベストアンサー

 もちろん火星にもラグランジュポイントは存在し、スペースコロニーを
作れるだけの安定度は得られます。

 ラグランジュポイントは、主星とその周りを回る星の組み合わせに
より生まれるものです。よって地球では、太陽と地球の組み合わせ、
および地球と月の組み合わせという、2種類のラグランジュポイン
トが存在しています。後者のほうは、宇宙ゴミを集積する候補地に
挙げられたりしていますね。

 火星の場合は、衛星のフォボスとダイモスではラグランジュポイ
ントを形成できるほどの質量がありません。よって、太陽と火星の
組み合わせによるラグランジュポイントのみが存在します。場所は
5箇所あるわけですが、スペースコロニーを作るのが目的であれば、
選択しうるのはおそらく L1 点のみだと思います。

> 最大何人くらいの人が住めるものを作ることができるんですか?

 力学的な観点で見た場合の上限は、ないと考えて結構です。一応
あることはあるのですが、人工物であればどんな巨大なものを作った
ところで地球の質量と比べれば無視できる程度に小さいので、ラグ
ランジュポイントの安定性にはなんの影響も及ぼしません。

 また、どれくらい巨大なスペースコロニーを建造可能かという
ご質問であれば、その方面の知識はないのでお答えできないのが
正直なところです。ただ、1970 年代に提唱されたスペースコロ
ニー構想はコストが掛かりすぎることから実行に移すのは不可能
とみなされているようですね。

 むしろ、宇宙に浮かぶスペースコロニーを建造するくらいなら、
月や火星に人間が住める環境を構築するほうが現実的でしょう。

 もちろん火星にもラグランジュポイントは存在し、スペースコロニーを
作れるだけの安定度は得られます。

 ラグランジュポイントは、主星とその周りを回る星の組み合わせに
より生まれるものです。よって地球では、太陽と地球の組み合わせ、
および地球と月の組み合わせという、2種類のラグランジュポイン
トが存在しています。後者のほうは、宇宙ゴミを集積する候補地に
挙げられたりしていますね。

 火星の場合は、衛星のフォボスとダイモスではラグランジュポイ
ントを形成できるほどの質量が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報