原発撤廃って言ってる人って、

・代わりの火力発電に使われる燃料は年間3.5兆円
・火力発電なので、当然二酸化炭素を撒き散らしている
・稼働率約103%のぎりぎりの運用なので、いつ大停電が起こってもおかしくない

他にもいろいろありますが、この辺のこと分かってるんですかね?
私は原発推進、というわけではないのですが、現状だと稼働せざるをない
と思っています。しっかりと代替のエネルギーを開発してから
廃止するべきではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (28件中1~10件)

あなたが問題提起する「年間3.5兆円の国富の流失、電気料金アップに伴う交易条件の悪化など日本国の衰退の危機意識」了解します。



10月のCOP21に向けて国のエネルギー基本計画の策定が検討されています。

原発の存続、核燃料サイクルへの取り組みは今後の日本の将来を規定する重要な選択になると思います。

2030年へ向け化石燃料の半減と再生エネルギーの導入見通しから原発比率がおのずと決まってくると言われています。

あなたがこの件に抱く危機感と同じく、わたしは逆方向の危機感を抱いています。

当サイトへの投稿「震災4周年」を参照して頂ければ幸いです。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8941231.html
    • good
    • 0

仰る通りであると思います。

火力は化石燃料(石油(多くはC重油)、天然又は石油ガス)を使用していますので環境負荷はかなり大きい(酸性雨、CO2排出等)筈ですし、水力も水が無ければ大きな置物です(電力消費が大きい季節のみ稼働している揚水発電所も多いのでは?)先ずは火力に代わるベース電源を確保する必要があると思うのですが。安定的に電力供給出来るのは今の所、原子力(核分裂炉)だけなのではないでしょうか。(核融合炉はまだ未来の話ですから)
    • good
    • 0

「火力は二酸化炭素をまき散らす」という人たちが、原発が出し続ける放射性廃棄物の処理について妙に言及を避けているように感じられます。

「二酸化炭素と放射性廃棄物のどっちがマシか」といった二択を迫るつもりはありません。現状の知見では、どちらもダメでしょう。原発を推すなら、まずは放射性廃棄物の処理方法をしっかり確立するのが先決です。

「現状では原発やむなし」というのが「現実論」としてまかり通っていることに、恐怖すら感じます。「放射性廃棄物の安全な処理なんて無理」という「現実」を無視しなければ成り立たない論理だからです。

※聞くところによると、将来的に、放射能の影響を数万年→数百年に低減する技術が研究されているそうです。仮にこの技術が確立したなら、原発を進めるのは数百年後であるべきでしょう。

人間は弱い生き物なので、つい目の前の甘い汁に吸いついてしまいがちです。その「甘い汁」が子々孫々に災いをもたらすと知りつつも、それさえ見て見ぬふりをしておけば、少なくとも自分が生きている間は大過なく過ごすことができる。。。

それで本当にいいのですか? 私は否です。

何か、議論が消費者的になっていませんか? 出されたメニューの中から選ぶことしかできない。メニューが出されなければ何もできない。

要は、当事者意識が欠如しているんですよ。

核心にあるのは、人類に必要な電力をどう安全に確保するか、という点に尽きると思います。

電力の代替案なんて、そんなに簡単にできるものではありません。太陽光も風力も地熱もその他の発電技術も、現状では決定力を欠いているように思います。

だからといって、子々孫々に負担を押し付けていいのか。子どもたちや孫たちのために、今を生きる我々の世代が踏ん張るべきではないのか。

今試されているのは、人類の覚悟、本気度です。日本が原発に注いできた予算や技術を他の持続可能エネルギーに注いだらどうなるか。結果は分かりませんが、試してもいないうちに目先の原発にすがろうとするメンタリティが、私は許せません。日本民族は、そんな利己的ではないはずです。

「代替案がないから原発やむなし」というのは、ほとんど言い訳に近いと思います。
    • good
    • 5

同意です。

原発が責任の取れないエネルギーだということは誰にでもわかりますが、代替え案がなければ止めることなんてできません。
発電が追いつかなくなれば、景気や競争力、企業の国際的な信用、犯罪率、国防に直結して影響する、日本の重要なインフラなんですから。

そういう面で原発反対派は、エネルギー問題とは別角度で騒ぎ立ててますし、労働そっちのけで活動している人が多くて、ほんとうに気持ち悪いし、話をややこしくしていると思います。

とくにメディアのなかでもテレビ局などは、大電力を背景に成り立っているくせに、エセ反対派にスポットをあてた放送をたびたびしていますが、ほんとうに平和ボケなんだなとつくづく思います。
    • good
    • 0

私自身は科学系なので技術論から入ります。



「しっかりと代替エネルギーを開発してから」に対しては「しっかりと廃棄物対策を開発してから」と代えさせて頂きます。
そもそも核エネルギ―の推進は60年以上前に、核分裂利用の原爆完成から直ぐに核融合利用の水爆が出来たから、核融合の平和利用や放射性物質の処理も可能になるとの見込みにより始められました。

勿論、日米間で利権を作る見込みもあっての事でしたが、その後数多くの研究者が取り組んだにも拘わらず、商業的に実現するどころか実験的にも完成には程遠いのが現実です。

そう言う意味では採算性の実現には程遠いメタンハイデレートの開発よりさらに実現性が無いと言わざるを得ません。

それ以前に放射能の除去は核融合でも解決できず、超新星爆発級の圧縮力が無ければ出来ない事が判っています。

経済的な話として自然エネルギーは技術的に実現出来ても採算性が合わないと言われますが、何万年の厳重管理が必要な廃棄物処理の問題でのコスト転嫁による経済採算性を計算して、事故発生確率に被害想定額を乗じたリスクコストを加えて計算したら、経済的に考えてどうかと言う事は門外漢でも判ります。
化石燃料消費を抑制する原発再稼働には様々なコストがかかりますが、そのコストが差し引きにならないのは、原発が稼働しなくても費用が発生し電力料金に組み込まれると言う制度自体の問題が在ります。原発が動かない間の原発運転会社は史上最高益を上げる決算をしています。


また電力事業に関わっている者としての情報として、現在のコストで最も安い石炭火力発電所の新設計画は目白押しで、東京オリンピック開催時には電力供給は大幅に増加して、原発が稼働したらかなり余る見込みとなっています。
つまり数年の綱渡りを今の節電志向で行うか、原発事故リスクの上で行うかの選択です。

・・で最後に二酸化炭素の問題になります。
核汚染と温暖化リスクの問題については、中国等で核開発が進めば日本で止めてもリスクが拡大と言う話と、日本で二酸化炭素を排出を減らしても中国等で倍増すれば意味ないと言う話により、他国の政策が変わらなければ日本だけでは意味が無いと言う論議は棚置きとします。
日本としての問題を論じるなら再び技術論に戻って、放射能問題の解決は60年研究しても解決不能だったが、二酸化炭素排出抑制の研究は15年経って目処が立ってきたと言う事が在ります。
現に今後の石炭火力発電にはCO2排出抑制装置がつけられて行きますし、さらなる完全解決策のCO2を炭化水素化する方法も、実験段階では可能になっています。
ただ採算性と言う事ですと、新たなCOPによりCO2削減が義務化されてコストを掛ける必要性が無いとまだ合わないだけなので、大いに期待されます。

最期に原子力利用の問題は他の方が指摘されている様に国の安全保障という側面があり、「日本は意思さえ固めれば何時でも即時原爆が出来る」事を安全保障のカードとして持ちたいと言う思惑があります。
この事は一概に否定できませんが、それを出さずにその時その時にそれ以外の理屈で原発推進を主張する政府の政策は、そろそろ限界かと思います。
    • good
    • 3

火力発電だけでは、貿易赤字が拡大し、その皺寄せが電気料金の値上げに繋がっているのです。



原発を再起動すべきです。
    • good
    • 1

確かに、電気は基本的に溜めておけないですから、「お天道任せ、風任せ」には出来ませんしね。

よくドイツの例が出ますけど、実は南の工業地帯では電力を周辺国・・・フランスなどから(当然原発由来ですね)から買っているというのは有名な話で、売電の方が多いというのも、発電されすぎた分を周辺国に安値で売っているからというだけのことで、安定して国内需要を賄えているということではありませんし。結局はフランスという他国の原発を「重要なベースロード電源」として利用しているだけですし、あんまり威張れたことじゃないのではないかと思います。

ある程度大きな電力を得られ、出力調整もしやすいエネルギー源としては、原子力以外には化石燃料利用くらいしかないという現実は認めざるをえないでしょう。
確かに今現在原発ゼロでもなんとかやっていけていますが、このまま化石燃料に大幅に依存していいのか?ということや、機械である以上はやはり故障もありますし、メインテナンスも必要なわけで、その時の代替は大丈夫?いうと、やはり問題ですよね。

個人的には高レベルの廃棄物が大幅に減らせ、安全性も高いという核融合炉・・水素(重水素・三重素)がヘリウムになるわけで、これもある意味「水素社会」でしょうか・・というのに興味はあります。ロッキード社が10年以内に実用化すると言っていますがどうでしょうか。
    • good
    • 0

推進派でも廃止派でもありませんが、以下の3点には疑問を持っていますし、その問題解消ができない状態では、政府、国民、電力会社のどの視点でも「原発を運営する実力が無いのでは?」と思います。



1.危機管理が全然できていない。
 通報遅れ、安定ヨウ素剤の支給問題。発電機が水に漬かると使えないということさえ知らない電力会社。電源コネクタの不一致。etc
2.事故のときにも嘘八百。
 津波がなければ事故は無かったという嘘。地震で夜の森線の鉄塔が倒れなければ冷却できたんでしょ。
3.廃炉、使用済燃料の処分コストを計上しない原価比較
 火力、水力は含んでいるらしいけど。
    • good
    • 1

そもそも推進派、廃絶派の二択で考えることがナンセンスだと思っています。



安全に、効率的に、環境負荷の少ないやりかたでエネルギーを創りだしていけばいいわけですから原発が必要な場合もあるでしょうし、でも極力原発の数を増やさない方向で運用というのもありだと思ってます。
    • good
    • 0

こんなサイトで代替エネルギーなんて出るくらいなら、もう出来ていますよ。

 既存の原発はしょうがない感じですけど。 推進派と言われる方こそ批判だけで、後先考えず、、、。 まあ電気工学学んで自然の仕事とか笑えますけど。 一生独身かな。笑 フランスから核廃棄物持込みした時、何故自分の国からゴミが減るのにフランス国民は反対したのでしょう? 馬鹿な事は止めて! 私たちみたいな国にならないで! それでも日本は持ち込み、もんじゃ? 無限のエネルギーとか、どうなったのでしょう? 火力で足りるなら、それでええがな~! とりあえず。 これ以上増やすのだけは止めてもらいたい。 風力、太陽光も始まったばかりなんだから、これから少しずつでも改善されていくと思います。 それから廃止にしていけば良いのでは。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幸福実現党は原発推進派らしく、原発の稼働は、隣国に核保有国を抱える日本としては原発を稼働させ、いつで

幸福実現党は原発推進派らしく、原発の稼働は、隣国に核保有国を抱える日本としては原発を稼働させ、いつでも核武装できるという核抑止力になるという理由らしいです。
この核抑止力は非核三原則にひっかかったりしますか?

Aベストアンサー

かつて、北朝鮮が核兵器開発計画を放棄する見返りにアメリカが発電用軽水炉を提供するという話があった(実現せず)ことからも明らかですが、原子力発電所、特に日本にあるような軽水炉は兵器転用が非常に難しく監視が容易で、核不拡散上むしろ好ましいとされています。原子力発電所があればいつでも核武装できるなんてのは実情を知らない素人の思い付きに過ぎず、実際には抑止にはならないので、当然非核三原則にも抵触しません。

Q火力発電所は、数時間フル稼働すると壊れるのですか?

火力発電所は、数時間フル稼働(設備容量の数字)すると、壊れるのですか?
壊れるならば、どんな理由で壊れるのですか?

Aベストアンサー

機械の場合だいたい定格出力と過負荷全力があります。
定格出力はだいたい連続運転が可能な出力、過負荷全力は短時間のみ可能な出力です。
(余談ですが過負荷で壊れる部分はだいたいタービン、特にタービンブレードです。)
火力発電所の場合、設備容量は長期で連続運転可能な定格出力を示します。
よって質問の答えは、壊れないとなるでしょう。

ただし非常用発電機の場合もともと長時間の連続運転を前提としていないため、数十時間の定格連続運転で危ないものもあるでしょう。逆に考えると定格容量に過負荷全力に近い能力を定めているケースがあると言えるかもしれません。

Q東京湾岸に原発6基分の火力発電所建設計画

標題のニュースが今朝の新聞に載っていました。
需要地近くに発電所を置くことで送電ロスも少なく有利です。
一方、火力発電は効率が低く、燃料エネルギーのかなりの部分が熱になり排出されます。排出された熱は周囲を温暖化させるばかりでなく、上昇気流となって低気圧を生みます。つまり関東周辺では降水量が増えるということです。この冬は大雪がありましたが、そういう機会も増えることでしょう。
他にどんな副作用が考えられますか?
たとえばごみ処理場のごみを燃料に加工して発電に使えるようにできるとか、ポジティブなものも歓迎します。

Aベストアンサー

現在でも東京湾岸に約3000万kWの火力発電所があります。 40年以上経過した老朽発電機も多いので、これらを廃止して建設することになると思います。全体として熱効率は向上するでしょう。
したがって、急に排出熱量が増えることは無く、気候に影響することはありません。

Q原発と火力発電どちらがお得?

将来の原発と火力発電の選択・・・

結局今の議論は安全性の問題です。
資源の乏しい日本は石油エネルギーに依存する事ができず、将来を原子力発電に依存するしかありませんでした。
しかし今回の東電の事故は、明らかに震災・津波対策が行き届かなかった人災といえます。

安全性重視の火力発電、コストパフォーマンスの原発。 将来どちらが生き残るのでしょうか?

 色々な話からは、必ずしも原発は廉価なエネルギーとは聞こえませんし、地球温暖化・環境保護を考えるのなら火力発電は時代に逆行します。

 安全性、環境問題等々ありますが、結局コスト的な部分抜きで議論できません。個人的には日本の電力発電事業は安全対策をガッチリやれば原子力を選択せざる得ないと思いますが・・・

コスト的な部分で、将来の日本の選択は原子力発電か火力発電か皆さんの意見を教えてください。

Aベストアンサー

日本みたいに世界の1~2割の大地震、津波が起こる国ではどんなに、頑丈な原発を建てても安全な原発は無理です。 
原子力という科学は「人類はサルから進化した」みたいな単純な科学ではなく、複雑すぎて、人間が原子力(核)を理解するまでには2~3百年掛かるという世界の物理学者の平均的見解です。

その証拠に、チェルノブイリ原発事故はまだ収束していません。 福島原発事故もまだまだ、続行中です。
核が暴走すれば、この世の誰もそれを停めることが出来ず、爆発し、放射能を広域に振りまき、人々を殺傷したり、病気にして苦しめ、国の経済も脅かします。 福島の汚染処理は1トンで2億円フランスのアレバに払うそうで、工程表での予想では20万トンの汚水処理が必要といわれていました。 ですから、アレバに払うだけの金額で40兆円です。 アメリカの汚染処理やロボットにしても、兆または数百億単位の金額になることと思います。そのほかに現在の作業員の募集では1日5万円だそうです。チェルノブイリ原発事故では1基の収束に60万人以上の作業員が必要でした。福島は4基以上あります。 
いったい収束まで、いくらの費用が掛かるのでしょうか。 また、8月3日には、「賠償法案」が成立しましたが、5兆円が賠償金に使われ、それは一部だそうです。 これらの金額はほとんどが私たちの税金です。
東電が賠償を将来払うとしても、そのほとんどは電気料金に上乗せされ私たちが払うことになりそうです。 
これはほんの一部です。 このコストを考えても、原発より、火力発電の方がずっと安いことがわかります。チェルノブイリは今年25年を向かえ、石棺が破損し、放射能漏れをしているので、世界中からの寄付で新しい石棺を建設中です。 また、事故後、60万人以上の軍人や建設業者が事故収束に働きましたが、ほとんどの人たちはその後、癌や白血病でほとんどの人が亡くなり、今も病気に犯されて苦しんでいる人も居ます。 

また、原発から生み出された使用済み核燃料は今日本では貯蔵場所がなく、普通、使用済み核燃料プールは入れ方の規格があるにもかかわらず、ぎゅうぎゅう詰めに貯蔵され、いつ福島の3号機の事故爆発の様になってもおかしくない状態だそうです。

原発に安全などありません。

玄海原発の再稼動に当たって出された安全宣言の内容は、「電源車、防護服、ドリル、重機の装備」だそうです。 そのことをご存知でしたか。 そんなものは、普通に今までだって備えられていて当たり前のことです。 あまりにも国民を馬鹿にしていると思いませんか。

また、福島第一原発は3.11まで、地震による事故はほとんど起こらないと安全宣言されていました。
それなのに、事故は起こりました。
福島第二や女川はぎりぎりのところでセーフだっただけで、事実は隠されているようです。

現在、東京湾にあるガスコンバインドサイクルや六本木ヒルズの地下の火力発電は原発に比べたら、ずっとCO2の問題が少ないそうです。

原発を推進したい人たちは、原発を造れば造るほど、その人たちに利益が還元する人たちです。 でも、それは、ただ「原発安全神話」を元に、国民から金を巻き上げているだけのいんちきです。
それは、今、「総括原価方式」というものがあるからです。
http://www.youtube.com/watch?v=9m0Qr1gHfpw&feature=related

ANo.4の回答で、「原発を持たず火力発電の国は経済が破綻する」と、言った意見はまったくこじつけで、EUの経済事情を知らない方たちの意見です。

EUにはすでに、約10年の発送電分離、電力自由化があり、日本のように総括原価方式などありませんし、原発を擁護する御用学者もほとんどいません。 また、チェルノブイリ事故のセシウムは数千キロも離れた西ヨーロッパでも、今でも問題になっていて、25年たった今でも、ダウン症の子供や白血病の子供が増え、甲状腺癌なども増えています。 
ヨーロッパの国々は日本のように、奇抜なネオンサインや自動販売機、パチンコなどありません。缶の飲料水もクーラーもほとんどありません。 
放射能の不安抱いてまで、原発の電気を必要とほとんどの人が思わないから、脱原発が簡単に出来るのです。

原発は簡単に解体できません。 廃棄燃料は4万世代先も問題になり、原子力(原発)の科学者や技術者はこれからもずっと必要になります。
また、「オーランチオキトリウム」と言う、藻から石油が採れるそうではないですか。 そういう技術を発展させて、原発は序々に止めて行くべきだと思います。

日本みたいに世界の1~2割の大地震、津波が起こる国ではどんなに、頑丈な原発を建てても安全な原発は無理です。 
原子力という科学は「人類はサルから進化した」みたいな単純な科学ではなく、複雑すぎて、人間が原子力(核)を理解するまでには2~3百年掛かるという世界の物理学者の平均的見解です。

その証拠に、チェルノブイリ原発事故はまだ収束していません。 福島原発事故もまだまだ、続行中です。
核が暴走すれば、この世の誰もそれを停めることが出来ず、爆発し、放射能を広域に振りまき、人々を殺傷...続きを読む

Q大手の電力会社(原発や火力発電所)が無くても電気は充分供給される?

4月から、電気の自由化になるそうですが、
色々な企業が、電気を販売するというニュースを見ました。

大手(関電、東電、九州電力など)電力会社じゃない、電話会社や、あらゆる企業が電気を売るそうですが、大手(関電、東電、九州電力など)電力会社以外の企業によっても、電気は充分に供給されるということでしょうか?

Aベストアンサー

既に回答が出ていますが、ノー です。
今までは、
・発電
・送電
・販売
を、電力会社が全て行ってきました。
4月からの電力自由化は、
・送電
以外を電力会社以外が行える、と言う事です。
例えば、
東京電力から電気を購入して、東京電力(4月からは子会社)に送電してもらって、
販売のみ行う事も可能です。
 会社の社長など役員の給与、本社ビルの維持費など、直接発電に関わらない部分の費用を
 削減する事で、東京電力から電気を買っても、安価に販売する事が可能です。
勿論、電力会社よりも安価に発電できるなら、自社で発電するのも可能ですが、
既存の電力会社の発電規模に比べると、現在は極少ない発電量にしか過ぎません。
↑ このようにする事で、適切な競争がおこり、結果として、電気代が安くする方策です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報