あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

以前から気になっていたのですが、区画整理事業などで、私有地の一部を強制収用する手段として、「減歩」 という制度があるようです。

自分としては、区画整理事業の際、立退きや土地の一部を提供するのは仕方の無い事、従って行政と揉めている人たちは、いわゆるゴネ得を考えているのかな、と思っておりました。

ところが、この減歩と言う制度では、自分の土地の一部がもし行政が線引きした範囲に入れば、その部分は全く無料で取り上げられるとの事と聞きました。

その理由として、区画整理事業を行なえば道路の幅が広がり、残った土地の価格が上がって結果的に持ち主の利益になるから、買い取る必要が無い、という事でした。

しかし、説明どおり土地の価格が上がっても、売らずにずっと住み続ける人たちにとっては、踏んだり蹴ったりにならないでしょうか?  また、住民によっては、家の前の道路が幹線道路になれば、交通量が増えて住環境が悪化する事は考えられませんか?

行政が一定の基準で定められた価格で買取るのならともかく、いかに公共のためと言えど、一方的な考え方で国民の私有財産を没収するのなら、この制度は憲法違反、あるいは他の法令違反にならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

減歩の話もありますが、ほかにも道路の話もありますよ。



・開発道路
 広い土地を開発する、あるいは古い私道などを整備し、かつ役所の言う基準に従って高い下水道や上水道を通し(費用は全部開発する人の負担)、その上で市町村などに寄付する!

・2項道路
 気がつくと指定されていて、指定されたところの道路が4mに満たない場合はセットバックといって道路中心から各2mは道路として使用できない。
で、更にその道路を整備して寄付してくださいと言われる。

見事でしょう。
このようにして道路は少しずつ整備されていきます。

一応上記2つの役所の言い分は、道路が私道のままだと道路の管理費がかかります。でも役所に寄付すれば役所が管理します。更には公道になれば土地の価値も高くなるでしょう。

まあ、一理ありますが、、、、、それで泣きを見る人も沢山います。
#ちょうどそんな人の一人がここで質問をしているところです。

で憲法違反ではないのか?というご質問ですが、憲法違反とはならないように(つまり減歩しても価値が上がらないで損になるとかにはならないように)計画されます。
道路については、、、、利用する側も利益を享受することになるからということでやはりそれ自体は憲法違反にはならないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。 公共の福祉という観点から、こういう制度が考えられたのでしょうねえ。  ただ、見解の相違と行政側から言われそうですが、買い取ってあげたらいいのに、と可哀そうになって仕方ありません。

お礼日時:2004/06/16 10:38

NO.1で解答させていただいた者です。


追記として「換地」の話も少し。

施行区域内に新しく割り当てられた土地のことを「換地」といいます。
法律上の特別な規定によって、換地は従来所有していた土地とみなされますので、原則として従前の土地に「換地」されます。が、施行区域内を整然とするのが区画整理事業ですので、散らばっていた土地をまとめる事も可能です。

質問の中にある「幹線道路」が出来て環境が悪化する。と、ありますが、区画整理の計画で幹線道路沿道は歩道を広めにして緑地帯を設ける計画をして、沿道は商業施設だけしか立地できないように計画するとか、住宅地は幹線道路より一本奥へ入った場所に集合させるとかの計画はするはずです。
仮に従前の土地が幹線道路沿いに面することになるのであれば「換地」を移動することは可能だと思います。

土地神話が崩壊して価格は下がる一方ですが、「減歩」された土地を集めて生み出す「保留地」の価格設定は近隣の価格設定等を考慮しているはずです。
土地区画整理も「土地区画整理法」という法律に基づいて施行運営されています。私が思うにはこの施工法はうまく出来ていると感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。 参考になりました。 少し勉強してみます。 

お礼日時:2004/06/17 10:52

 土地区画整理の基本的な考え方は,整理前の土地と整理後の土地の価値(価格)を同一とするということです。

土地区画整理が行われることによって,土地が整形されたり,街路条件が向上することなどによって,単位面積あたりの土地の価格は上昇します。ですから,整理前の土地と整理後の土地の価格を同一にするためには,当然整理後の土地の面積は減少します。これが減歩の基本的な考え方ということになります。

 清算金という話を聞いたことがあると思いますが,これは,整理前の土地と整理後の土地の価格が異なるときに,それを精算するために受け渡しされる金銭だということです。

 減歩で生み出された土地はどうなるかというと,先の答えにもあるように,街路になったり公園になったりします。公民館の用地などにもされることがあります。すなわち,施行区域全体の環境整備に使われるということがあります。

 しかし,これと並んで減歩によって生まれた土地の大きな用途は,売却して工事代金を賄うということにあります。見ればすぐ分かるように,土地区画整理には莫大な工事費用がかかります。一部は補助金(すなわち税金)で賄われますが,これは本筋ではありません。税金を一部の住民にだけ投入することは好ましくないとされます。それで,基本は受益者負担ということになりますが,土地区画整理の対象地の所有者全員が工事代金を賄える資力があるわけがありません。そこで,所有者にはできるだけ負担をかけないようにして工事を施工しなければなりません。そのために,減歩で生まれた土地を「保留地」として土地区画整理事業の施行者が保有し,これを売却して工事代金を調達するということになるのです。

 このようなわけですから,土地区画整理が私有財産の没収になるわけではありません。そのような考え方は,土地区画整理事業の全体を見ていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。 

> 整理前の土地と整理後の土地の価値(価格)を同一とするということです。

行政側のこの考えは、幹線道路が通れば、絶対に土地の価格が上がる、という大前提に基づいているように感じます。

No.3さんへのお礼の欄で申し上げたのですが、幹線道路が家の前を通るようになったため、騒音公害など発生して住環境が著しく悪化する、という発想は行政側には無いのでしょうか ・・・ また、仮に不動産としての価値は上がると仮定しても、それは売却した時の話であって、先祖伝来住み続けてきて、これからも未来永劫、売却なんてしない、と決めている住民にとっては、私有財産の没収となり、あまりにも不合理な話にならないでしょうか?

もちろん、区画整理事業が重要だとは理解していますが、たとえ一般市場より安めでも買取るようにすべきかなと感じています。  だって、幹線道路を利用するのは、そこに住んでいる住民たちだけではないと思いますので、特定の住民たちの不利益を基礎に成立するような制度はどこか間違っているような感じもするのですが ・・・ すみません。

お礼日時:2004/06/16 11:21

 土地区画整理事業の減歩により生じた土地を寄せ集めて,道路・水路・公園等が整備されます。

また,保留地とし,売却することによって,土地区画整理事業に要した経費を捻出します。

 土地区画整理事業は,行政のみならず,組合による施行もできます。
 道路・水路・公園等が整備されることにより,その区域内に住む方の利便性が向上します。

日本国憲法第29条
 財産権は、これを侵してはならない。
2 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。
3 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。
 
 「正当な補償」=土地区画整理事業により,減歩された土地(残った土地)の価値が高くなり,土地区画整理事業前の土地の価値を下回らないので,補償すべき額がない。ということでしょう。つまり憲法違反ではないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。 減歩すれば家の前の道路が幹線道路になって、大型車の交通量が格段に増え、住環境が著しく悪化する事にならないのでしょうか?  大型車が原因で公害問題になり、裁判まで発展した例って日本中の幹線道路にありますよね。

それと、幹線道路になれば、土地の価格が絶対上がると、どうして断言できるのかな、と疑問を感じています。 住宅地の場合には、騒音や振動が激しい幹線道路に面した物件より、一本外れた静から環境の方が、価値としては上じゃないのかな、と思います。  私だったら、値段が半分でもそんな住環境の悪い物件なんて買わないです。

そんな理由で、もし減歩前と比べて、住宅地としての土地の価格が下がれば憲法違反になる、という結論になるのでしょうか ・・・

お礼日時:2004/06/16 10:57

私も勉強不足ですが、区画整理事業の減歩は土地区画整理事業の施行により、整理前の土地に比べ整理後の土地が小さくなる事を減歩といっているはずです。


減歩された土地は保留地減歩、公共減歩に振り分けられ、その保留地は売却されて家屋移転や道路・公園などを整備する事業費に充てられます。
公共減歩はまちの公園や道路などの用地として使用されますの。
そもそも、区画整理事業とは、道路が整備されないまま、住宅が無秩序に建ちはじめ、これをさらに放置しておくと住宅が密集し生活環境の悪化を未然に防ぐことだと認知しております。
質問の解答になっているか心配ですが、私が知っている減歩は以上のように思っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいご説明、ありがとうございました。 よく分かったのですが、ただ、減歩という制度で提供 (没収) された土地に対する補償が、土地の所有者に一銭も支払わない、というのは、民主国家の日本で考えられないような、とても不思議な制度だな、と感じております。 

お礼日時:2004/06/15 17:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q区画整理(減歩)について教えてください

私の住んでる地域が区画整理対象になり、国より一部予算が降りるが、土地の一部が減歩になるので、その減った分は市が固定資産税より算出して肩代わりして払う旨の通達を受けました。
その時に減歩と言う言葉を初めて聞いて、どう言ったものかと行政側に問い返すと、「国民が土地などの固有財産を、国に無償で提供しなければならないと言う法律」との説明を受けました。

今のこの時代、本当にそんな事があるのかと耳を疑いましたが、私が住んでいる市は多額の負債を抱えており、その負債の矛先を変える為だけの無理な計画案を立てた訳なので、実際問題、市が負担できる余裕が全く無いのが実状のようです。そんなムシの良い話は無いと思い過去ログを調べたのですが、「減歩となり4~6割の無償提供をしても、後に帰ってきたときには地価が上がっているので、結局は得をするものである。」との説明がでておりました。しかし地域住民が市から受けた説明によると、今回の場合は代替地保証も商業保証も何も無く、尚且つ減歩で立退き料も減らされると言う、理不尽極まりない内容でした。
実際、このような理不尽な市の言い分は通るものなのでしょうか?
どうかご教示いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

私の住んでる地域が区画整理対象になり、国より一部予算が降りるが、土地の一部が減歩になるので、その減った分は市が固定資産税より算出して肩代わりして払う旨の通達を受けました。
その時に減歩と言う言葉を初めて聞いて、どう言ったものかと行政側に問い返すと、「国民が土地などの固有財産を、国に無償で提供しなければならないと言う法律」との説明を受けました。

今のこの時代、本当にそんな事があるのかと耳を疑いましたが、私が住んでいる市は多額の負債を抱えており、その負債の矛先を変える為だけ...続きを読む

Aベストアンサー

土地区画整理法の大雑把な内容を
1.誰か適当な人が.この地区を土地区画整理法の適応を受けるという申請書を書く
2.説明会を開き同意書をとる(通常.出席者に署名捺印を求めるはずです。これが.同意書になります)。
3.適当に工事をする
4.公共用地(含.工事代金を回収するための売地)として必要な土地を取るだけとる。
5.残った土地を地権者に割り振る。当然.公共用地としてとるだけとっていますから.元の面積に比べて減ります。
この内容が
>理不尽極まりない内容でした。
の意味です。
多分.説明会に出席して.名前を書いていますから.同意したことになります(たしか.新潟県柏崎原発建設指しとめ訴訟の判決を参照のこと)。したがって.土地の取り上げは.実質的に無制限ですね。

Q区画整理の減歩と補償について

区画整理で自営の工場(約60坪)が減歩対象になりました。以下教えて頂けますでしょうか?

区画整理のタイミングで工場を解体し、そのタイミングで以て、このまま営業を
止めようと思っております。区画整理が終わるまでは、営業を止める意思表示は
市役所側にはしないつもりでいます。

質問)
このような状況においても、工場の建物補償(再築補償費)や営業補償、機械移転費用は
「営業継続前提」という扱いで補償算定されるのでしょうか?
市役所は更地にするのが目的であって、営業継続有無は関係ないといっており、
補償もあくまでも営業継続を前提とした補償算定といっておりますが、信じられません。

どなたか教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

建物と工作物(機械含む)について、原則として変わることがないと思います。
営業休止の補償は関係あります。
補償契約締結の時点で操業を停止していれば営業関係の補償はしてもらえません。

嫌がられるかもしれませんが、補償金額の提示を受けたら、一つの項目ごとに納得するまで質問をするとよいと思います。
補償の基準や単価についても、回答を拒否することができません。

Q土地区画整理の精算金払わなければいけないんですか?

土地区画整理の精算金払わなければいけないんですか?
10年前に土地区画整理組合の土地を知人から購入したのですが 最近組合から清算金の支払いを要求されました。精算金の存在すら聞かされていなかったのですごく驚いています。
近所でも同じように請求されている家も何件かあるようです。精算金の存在を聞いていれば購入しなかったか、土地購入代金の値下げ交渉ももっとしていたはずなので売主に対して怒りも感じています。
(だまし討ちにあったかんじ)私は凄く理不尽さを感じているのですが。
こんな場合でも精算金を払わなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

知人の方との直接売買だったのでしょうか? それとも不動産仲介業者を介入させていましたか?
それによって対応が変わると思います

まず清算金についてですが、区画整理が終盤にならないとわからないことなのです なぜなら換地設計の際にすべての換地を過不足なく配置することは技術的に困難であるため、換地相互間にはある程度の不均衡が生じます

この不均衡に対して徴収もしくは交付をするのが清算金です

質問者様の土地は、計画段階よりも価格評定が高くなったので清算金が発生したのでしょう

質問文からお怒りなのは察しますが、知人との直接売買であれば交渉されてはいかがでしょう? もし業者が仲介していた場合は重要事項説明書にて説明しなければなりませんので、書面に記載されていないか確認してください

いずれにしても、清算金は原則
換地処分時の所有者に帰属されます

従って質問者様が支払わなければいけません

Q区画整理地区の立ち退き補償ってどれくらい?

教えて下さい。

区画整理地区で立ち退くことになりました。
土地は代替土地をあてがわれています。

家は、あるメーカーと新築契約予定ですが、
まだ区画整理事務所が補償額を出して
内容が煮詰められない状態です。

補償額は通常、どれくらいもらえるのでしょう?
ちなみに、家は築30年弱の木造33坪です。

知人に聞いた話では、「引き屋相当分」だと
言います。
それでは、あまり額は期待できないと思いました。
また、いわゆる「ゴネ得」は無いよ、とも言われました。

実際のところ、どうなのでしょうか?
おおよその額でもいいので知る手立てが欲しいです。

たとえば、通常の算出方法とか。
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。
事業に従事しているものです。
少しでも御不安が解消できれば幸いです。
早速ですが、通常個人間での売買の場合は、原価償却を考慮し、2000万の家も30年後には限りなく無価値になるのが通常ですが,区画整理事業の場合極端に言いますと減価分はあまり考慮しません。車にたとえるならば、今カローラに乗っている方であれば、カローラの購入費用くらいは出るというもので、決してクラウン並みの金額はでません。また、今の場所から代替地(換地といいます)へ現存の建物を移動する際にひっぱて移動できれば曳家工法に基づく補償費となり、曳家が出来ない場合には再築工法(新築同等)の補償金額になりますので、質問者様のケースがどちらの工法になるかによっても額が変わります。当然ながら曳家と再築では後者のほうが額としては高くなります。一概に曳家が再築の何割とはいえませんが、約6~8割程度ではないでしょうか。大体の方は、曳家の場合でも補償額に自費追加の上新築している場合が多いようです。
 最後に、補償費の積算においては統一基準がありますので、誰が積算しても基本的には同額になりますので、ゴネ徳は無いと考えた方が良いと思います。
裏技として、庭に雑木、果樹など建物調査前に一杯植えとくとその分も補償の対象となりますよ。

頑張ってください

はじめまして。
事業に従事しているものです。
少しでも御不安が解消できれば幸いです。
早速ですが、通常個人間での売買の場合は、原価償却を考慮し、2000万の家も30年後には限りなく無価値になるのが通常ですが,区画整理事業の場合極端に言いますと減価分はあまり考慮しません。車にたとえるならば、今カローラに乗っている方であれば、カローラの購入費用くらいは出るというもので、決してクラウン並みの金額はでません。また、今の場所から代替地(換地といいます)へ現存の建物を移動する際にひっぱて移...続きを読む


人気Q&Aランキング